• 締切済み
  • すぐに回答を!

シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウムを混ぜ中和滴定の実験をしました。

シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウムを混ぜ中和滴定の実験をしました。 電気伝導度の測定では第一中和点がはっきり見えましたが、第二中和点があまり見えませんでした。 しかし、pH計の測定では、第二中和点は、はっきり見えましたが、第一中和点があまり見えませんでした。 この見えにくいことには、なにか理由があるのでしょうか。教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3840
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.2
  • nious
  • ベストアンサー率61% (370/606)

0.1M程度の2価の弱酸(H2A)を強塩基で滴定する場合に、 第一当量点(中和点)付近でpHジャンプするには少なくとも次の条件が必要です。 -log(Ka)=pKa として、 pK1<8、pK2>6、pK2‐pK1>4 此によると、pK2=4.27 が小さい為にジャンプしないと言えます。 pK2が小さい(K2が大きい)と主反応である次の反応、 H2A + OH^- → HA^- + H2O と同時に次の反応、 HA^- + OH^- → A^2- + H2O が無視できない程度進行するので、[H2A]/[HA^-] の濃度比が当量点付近で急激に減少せず、 [H^+][HA^-]/[H2A]=K1 より、 結果として[H^+]も急激に減少しない事になるからpHジャンプしないのではないかと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

シュウ酸のpKa1=1.27、pKa2=4.28ですから、第一中和点は強酸です。そのためにpH測定では見づらいのではないかと思います。 電導度測定ではイオン数の変化が第二中和点で小さいからだと思います。 詳細に論じると結構大変ですが…。(汗)

参考URL:
http://en.wikipedia.org/wiki/Oxalic_acid

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定について

    高1化学についてです。 こないだ授業で食酢と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定の実験をしました。 その課題に「今回の中和滴定でメチルオレンジを用いることは可能か?」とあるのですか誰か教えていただけませんか?理由もお願いします!!

  • 中和滴定

    中和滴定の時に必ず酸性の溶液に塩基性の溶液を滴定しなければならないと聞いたんですが、それはなぜですか? 実験ではシュウ酸と水酸化ナトリウム、酢酸と水酸化ナトリウムで行いました。 また、実験後すぐにビュレットを洗浄しなければいけないのはなぜですか?

  • 中和滴定(シュウ酸と水ナト)です。

    こんにちは。中和滴定でシュウ酸に水酸化ナトリウムを入れて、滴定をしました。シュウ酸は2価の弱酸ですよね。そうすると滴定をするときには多段階で中和点があると本には書いてあるのですが、そのときの化学式などを教えていただけませんか? また実験をしたときに水酸化ナトリウムのmol/Lを求めるのが目的でしたが、誤差が0.1mol/Lを目標にしていたのに、0.06~0.14となりました。pOHの範囲がそのくらいだとれすると、pHの範囲とはどのくらいになるのですか?自分が計算するとおかしい数字が出てきてしまうので、やり方もお願いします。 すみません。上手く説明ができなくて。

  • 中和滴定の問題を教えてください

    シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定の問題を教えてください。 シュウ酸水溶液の採取量10ml、水酸化ナトリウム水溶液の平均使用量11.7ml、シュウ酸溶液のモル濃度0.05mol/Lの時、 ①水酸化ナトリウム溶液のモル濃度 ②使った水酸化ナトリウム水溶液の濃度(g/L) ③上記の濃度(%) はどうなるかをお願いします。 できれば途中式を書いていただけるとうれしいです。 本日の15時までに解答をできる方、お願いいたします。

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験に関する質問です。 (1) 実験において、ビュレット、ピペット、コニカルビーカーなどを用いますが、これらを水洗いした直後に使用するときはどうする必要があるのでしょうか? また、その理由も詳しく説明していただけるとありがたいです。 (2) 実験は、濃度のわかっているシュウ酸水溶液に濃度未知の水酸化ナトリウム水溶液を加えるというもので、このとき指示薬はフェノールフタレインを使用しました。 これはなぜメチルオレンジ溶液ではだめなのでしょうか? フェノールフタレイン溶液を用いた理由もあわせてお願いします。 稚拙な文章ですみません。 どちらかひとつでもよいので答えていただけると助かります。 お願いいたします。

  • 中和滴定

    硫酸、シュウ酸、リン酸の中和滴定を行ったのですが、リン酸、硫酸はそれぞれ3価、2価なのにもかかわらず滴定曲線でpHジャンプが2、1回しかないのはなぜですか? また、シュウ酸の中和滴定においてメチルオレンジとフェノールフタレインの変色がはっきりせず、曲線が緩やかなpHジャンプを描くのはなぜですか?詳しくお願いします

  • 中和滴定のレポートについて

    化学の実験で中和滴定の実験をしたんですけどそのときに水酸化ナトリウムとシュウ酸・水酸化ナトリウムと乳酸でやったんですけど指示薬としてフェノールフタレインをいれてそれを放置して置くと色が薄くなっていく(酸性が強くなる)んですけどそれはなぜでしょうか???教えてください!!!

  • 塩酸-水酸化ナトリウムの中和滴定の問題です

    塩酸-水酸化ナトリウムの中和滴定の問題です。水酸化ナトリウムの滴下量が(1)~(5)の場合の溶液のpHを求める過程の式をできるだけ簡潔に(少ない行数で済むように)教えてください。答えも教えて頂ければ幸いです。 問題本文) 0.2mol/Lの塩酸10mlに0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ加えるとき、水酸化ナトリウム水溶液の滴下量が以下のときの溶液のpHを求めよ。 (1)0.00mL (2)10.00mL (3)19.99mL (4)20.00mL (5)20.01mL ※水酸化ナトリウムの滴下量はvとしてください

  • 中和滴定

    なぜ水酸化ナトリウムの濃度を直接求めないてシュウ酸標準溶液との中和滴定によって濃度を求めるのですか?

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験について教えてください。 実験は (1)シュウ酸二水和物0.63gをメスフラスコに入れ、純粋を少量加えて溶かす。 完全に溶けてから、さらに純粋を加えて100mlとする。 (2)ビュレットの中を、まず少量の水酸化ナトリウム水溶液で洗ってから(洗浄液は捨てる)、あらためて水酸化ナトリウム水溶液を入れる。活栓よりも下の空気を液を勢いよく流して追い出した後、活栓を閉じて目盛りを読む。 (3)ホールピペットで(1)の液10mlをコニカルビーカーにとり、フェノールフタレイン溶液1~2滴加える。 (4)(3)の液に混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ滴下していく。フェノールフタレイン溶液による着色が消えなくなったらビュレットの目盛りを読む。 です。 『結果』 滴定に要した溶液量 10.23ml ここから質問です。 1.(1)のシュウ酸化水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 2.結果より水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 3.ビュレット、ピペット、コニカルビーカーはそれぞれ水洗い直後に使用するときどうすればよいか。 4.(3)の操作で、指示薬としてメチルオレンジ溶液を用いてもよいか。フェノールフタレイン溶液を用いたののはなぜか。 5.滴定に要した溶液量の誤差について。 を教えてください。 長文すいません。 全てでなく部分的でもよろしくお願いします。