• ベストアンサー
  • 困ってます

有機化学の実験 エーテル抽出

強酸・弱酸・中性・塩基性の物質が混合物になっていたとして、それをエーテル抽出していくとしますよね。 はじめに、飽和NaHCo3aqを入れなければならないところに間違ってNaOHaqをいれてしまったら、その後はどうやって各物質を抽出していけば良いのでしょうか?

  • cmr
  • お礼率75% (9/12)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数858
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

最初にNaOHを入れると,水相に強酸と弱酸の化合物が移動すると思います.有機相には中性と塩基性の化合物が残っているので,ここで2種類ずつの分別は可能でしょう.水相中の化合物は塩になっているので酸性にしてもう一度有機相に移動させてからNaHCO3水を使って分別すれば抽出できるのではないでしょうか.最初の有機相にあった中性と塩基性の化合物は酸性(塩酸?)水溶液で抽出すれば有機相に中性化合物が残ると思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 助かりました♪

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

 #2 さんの回答で充分ですが,『はじめに、飽和NaHCO3aq を入れなければならない』であってますか?  この手の系統分離の場合,最初に塩酸などで酸性にするのが通常の方法だと思います(例えば,参考 URL)。  もし,そうであって,NaOHaq を入れた直後(エーテル抽出する前)に気付いたのであれば,塩酸を加えて酸性にする事から始めても構いません(水層が多量になるので好ましくはありませんが)。  ご参考まで。

参考URL:
http://homepage2.nifty.com/organic-chemistry/divide.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はじめに、飽和NaHCO3aq を入れなければならない、であってます。 間違ったとこは、液性を元に戻して最初からやり直せば良いわけですよね。 助かりました。ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#21649
noname#21649

入っている物が見当つかないのですが. 私が関係していたようなぶしつの場合には. ソーダによって.変質した(不可逆な化学変化が発生した)事が想定されますので.試料を破棄します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 硫酸ナトリウムについて

    硫酸ナトリウムについて質問します。有機化合物の混合物(2gの酸性物質、塩基性物質と中性物質をそれぞれ1gを含み、それにエーテルを加えた全部で100mlの混合液)を抽出分離して、最後に出てきた有機層内の塩基性物質や他の有機層の中性物質を硫酸ナトリウムを使って、析出させたのですが、そのときに硫酸ナトリウムを入れすぎると、固まるから、後処理が大変になるとか、薬さじで一杯ずつ加えて、かたまってくるようだったら、また硫酸ナトリウムを加えてよく混ぜるようにだとか言われて頭が混乱してしまいました。硫酸ナトリウムはこの場合、溶液の中でどんな状態になっているのですか。この場合というのは主に溶液中にジエチルエーテルとある塩基性物質あるいは中性物質がはいった状態のことです。誰か教えてくれませんか。お願いします。

  • 化学

    0.01mol/Lの塩酸と0.01mol/Lの水酸化カルシウム水溶液を同体積ずつ混合した水溶液は塩基性を示す。 とあるんですが、 強酸と強塩基は中性じゃないんですか?

  • 有機化学の問題

    C 83.88%, H 6.34%, N 9.78% の重量組成をもつ芳香族アミンがある。この化合物とサリチル酸の混合物と過剰量の無水酢酸とを反応させたところ 90gの酢酸が副成した。反応生成物をすべてジエチルエーテルに溶解させて溶液をつくり、これを水酸化ナトリウム水溶液で完全に抽出したところ、エーテル層からは芳香族化合物が185g得られた。さらに水酸化ナトリウム水溶液層に塩酸を加え pH3とした。この水層をジエチルエーテルで抽出して得られる芳香族化合物の質量[g]を求めよ。ただし、サリチル酸のカルボキシル基は無水酢酸とは反応しないものとする。 解答には 2回目の抽出操作でエーテル層に得られた芳香族化合物はアセチルサリチル酸である。 と書かれていたのですが、塩酸を加えたことによってエステル結合が加水分解されることはないのですか?

  • 化学の水溶液性について

    NaHCO3→NaOH+H2CO3はなぜ水溶液が弱塩基性なのか。 NaOHは1価の強塩基であり、H2CO3は2価の弱酸です。 塩基が強いので塩基性になると思っていたんですが、なんでなんですか? 詳しく教えてください。 よろしくお願いします。

  • 正塩を構成する酸や塩基の強弱について

    正塩の水溶液の液性ついて参考書等には、 強酸と強塩基からなる塩=中性 弱酸と弱塩基からなる塩=中性 強酸と弱塩基からなる塩=酸性 弱酸と強塩基からなる塩=塩基性 と書かれていますが、この「強酸」「弱塩基」等の 酸と塩基の強弱はどうやって判断すればいいのでしょうか。 正塩の化学式をみるだけでわかるものなのでしょうか。 ご回答お願いします。

  • 溶媒抽出

     未知試料混合物を溶媒分画によって酸性、中性、塩基性物質に分画する実験を行いました。初めに、HClで抽出して、そこで得られた水層(1)をpH12に調整してから、クロロホルムで抽出して、有機層(2)(塩基性区)を得ました。また、初めにHClで抽出したときの有機層(1)をNaHCO3で抽出して、水層(3)と有機層(3)(中性区)を得ました。さらに水層(3)をpH2に調節してから、酢酸エチルで抽出し、有機層(4)(酸性区)を得ました。  質問は、溶媒をクロロホルムと酢酸エチルの2種類使った理由はどうしてでしょうか。同じものを使ってはいけないのでしょうか。比重のことや、pHのことなどをあれこれ考えてみましたが、どうしてもわかりません。  

  • 有機化学  p-ヒドロキシアゾベンゼンについて

    塩化ベンゼンジアゾニウムの水溶液に,フェノールのアルカリ水溶液(フェノ-ルはナトリウム塩となる)を加えて,p-ヒドロキシアゾベンゼンが沈殿する(ジアゾ)カップリング反応は,専門書には塩基性の条件下で行うと書いてあります。塩基性下ならば, p-ヒドロキシアゾベンゼンは分子の形ではなく,Na塩の形(-ONa)で沈殿するのでしょうか? 高校レベルの教科書や参考書(新研究 等)は分子で示されています。 もし,p-ヒドロキシアゾベンゼンの -OH が極めて弱酸ならば(電離定数のデーターがないので仮定ですが), -ONa が加水分解して -OH の形にもどる可能性があります。しかし,塩基性中では水酸化物イオンの存在により加水分解はかなり抑制されていると思うのですが。 どなたか詳しい実験書をお持ちの方がいらしたら教えていただけますか。 また,フェノールとNaOHの物質量がそれぞれ計算できるような数値が記されていれば,反応後残ったNaOH(mol)を概算したいので実験書のデーターも教えていただければありがたいです。)

  • 塩の酸性または塩基性の判断方法について

    FeS+2HCl→FeCl2+H2S (弱酸の塩)+(強酸) → (強酸の塩)+(弱酸) ここでFeSはなぜ、弱酸の塩ですか。 教科書には一切説明もなく、参考書にも全く説明がありません。 それでFeSはなぜ、弱酸の塩なのかと 塩の酸性、塩基性を判断する普遍的な方法を教えてください。 また、FeS以外に塩の例をいくつか出して、その方法で酸性または塩基性、中性の見極めた解答を 記してください。NaClの例もお願いいたします。 (それと注意していただきたいのですが、液性ではなく塩の酸性、中性、塩基性の判断方法です。)  

  • 有機化合物の分離について

    こんばんは 有機化合物(中性、酸性、塩基性)をそれぞれエーテル層に分離し、ここに飽和食塩水を加えて、分液ロートで下層から水を出しNa2SO4を入れ・・・という操作で 飽和食塩水を入れる操作は何の目的で行っているのでしょうか  また 2,4-DNP反応とは何の確認をするものなのでしょうか

  • 中和滴定について

    Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl の反応で右辺の二つはどちらも塩と言って 大丈夫ですか、 あと回答にNaHCO3は弱酸と強塩基の塩で Hが残っているので水溶液は弱塩基性 とありますが、どうしてNa2CO3は強塩基、HClは強酸で 塩は弱酸ではないんですか?