• ベストアンサー
  • 困ってます

ルイガノLGS-TR 2 と ブリヂストン マークローザスタッガード

  • 質問No.5795055
  • 閲覧数11875
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 81% (44/54)

春から自転車通勤になるのですが、2車種で迷っています。
自転車はもう10年以上乗っていない初心者です。

ルイガノLGS-TR 2
http://www.louisgarneausports.com/bike/bikes-tr-2.html
マークローザスタッガード
http://www.relaxybike.jp/markrosa/staggered.html

フォルムはほぼ似たようなもの(というかパクリレベル?)ですが
マークローザの方がライトやチェーンカバーが標準で付いても安い。けれど重い…ルイガノは3kgくらい軽いようです。
東京西部のゆるやかな勾配を片道8kmの通勤になるのですが、この差はどれくらい出てくるものなのでしょうか?
またそれぞれのメーカーの造りの差があれば教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (291/777)

あくまで個人的な意見ですが、
スペックだけを見る限りでは、ルイガノのほうがよさそうですね。
ほとんどのパーツがシマノのマウンテンバイクのパーツですので、
長く乗りたい場合には交換部品が簡単に入手できますし、パーツのグレードアップも可能です。

フレームも6061アルミなので、マウンテンバイクなどによく使われる材料ですね。
さすがマウンテンバイクのメーカー(実際には製造はしていないですが)らしいこだわりを感じて好感が持てます。

ライトが無い分には、最近は電池式のLEDライトが良いのがありますので、それをお勧めします。
ダイナモみたいに重くならず、電池もかなり持ちますし、明るくていいですよ。

チェーンガードが無いことですが、ジーンズなどの場合はすそを止めるテープが市販されていますので、
くるっと止めてしまえば問題ないですが、スカートの場合はどうしようもないと思います。

ちなみに、ルイガノというのは、デザインと企画だけを行うメーカーで、実際には
台湾の自転車メーカーなどで製造されています。
自転車好きの中にはマガイモノ扱いする人もいますが、結構いい物を作るのでファンも多いですよ。

以上、ご参考になれば。
お礼コメント
dai5

お礼率 81% (44/54)

確かに、ネットで見るかぎりルイガノの評価はバラバラですね……。
デザインだけで選んでいる、と見なされてしまいがちなのでしょうか。
とはいえ自分も例外ではなく、デザインに惹かれたのは間違いないのですが(笑

パーツの交換がしやすいのはよさそうですね。将来、自分が自転車にどれくらい
入れあげることになるかは分かりませんが、選択肢があるのは悪いことではないですもんね。

本体の素材やアクセサリーについてもいろいろ教えていただき、参考になります。
回答ありがとうございました!
投稿日時:2010/04/02 22:15

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 45% (46/101)

No.1回答者です。

詳細データを見ずに「WHEEL :ALEX ACE24 / ALLOY NUT HUB」だけで24インチと勝手に判断してしまいました。
大変申し訳ありません、お恥ずかしい・・・・・

改めて詳細を見てみました。
見た目とターゲットはやはり似ていますが詳細が違いますね。
フレームは同じアルミですが。

○LGS-TR
・ブレーキが前後Vブレーキ(マウンテンバイク用で使われてる物のよう)
・タイヤが26x1.5と太め
・パーツ全体がマウンテンバイク系を使っているよう

○マークローザ
・ブレーキが前ロード系、リアがドラムブレーキ(お買い物自転車と同じ系)
・タイヤが26×1-3/8(これもお買い物自転車仕様)
・スポークが少ないのでホイール自体が軽いかも

総じて、LGS-TRはマウンテンバイクを町ち乗り女性向けにした商品で、マークローザはお買い物自転車を高性能女性向けにしたという感じに見えます。
なので必然的にLGS-TRが軽く値段も高くなっているようです。

個人的には、
長く乗り続ける予定でしたらマークローザをお勧めします。
理由はタイヤがマークローザの場合お買い物自転車と同じですので何処でも手に入るのに対し、LGS-TRは26x1.5のロード仕様タイヤが手に入りにくく値段が高いからです。
ブレーキも同じくの理由です。

ですが決めるのはご自身ですので、やはり出来るなら一度試乗して良く見比べて、店員さんに話を聞いて決めた方が良いと思います。
お礼コメント
dai5

お礼率 81% (44/54)

パーツの入手のしやすさと単価も気にしたほうが良いようですね。参考になります。
クロスバイクといわゆるママチャリを基点にお互いに寄せていった2台、という感じがしますね。
通勤に使うつもりの自転車なので、信頼性と使いやすさは重要だと思います。
毎日乗るものなので、試乗はしてみたいと思っています。
ご回答ありがとうございます!
投稿日時:2010/04/04 01:17
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (3/14)

SPECを見ると、ルイガノもBSも26インチとなっていますよ? 乗り比べれば重い軽いは分かると思いますが、10年ぶりなら見た目か予算だけで選んで乗っても“こんなもん”と思ってしまうかもしれませんね。私は実際にこの2車種に乗った事がないので、乗り味に関してはコメントできませんが…。乗った事があったとしても、体力等個人差がありますし、インプレッションに関しては参考程度に留める方がいいかと思います。勾配で3kgの差がどう響くかわかりませんが、軽いのにこしたことはないと思いますよ。 他にはブレーキの方式が違いますね、BSの方がママチャリ感があるブレーキかと思いますが、これもどっちが効くのか私には分かりませんが…。 買ってそのまま通勤で使われるのでしたらBSの方が便利そうですね、ルイガノはライト等を買い足さないといけないですし。どんな服装で乗られるのかわかりませんが、ズボンで乗られるならチェーンカバーはあった方がいいかと思います。 私は今ロードに乗っていまして、買い物用にママチャリは嫌なのでこういう自転車を買いたいのですが、ルイガノの方が若干スポーティーな感じがするので、どちらかと言われたらルイガノかな~。実車を見たら色とかも写真とは違うと思いますし、試乗できなくても実車は見れたら見たほうがいいと思います。私はスペックおたくなんでつい数値とか人の評判を気にしてしまうのですが…毎回非常に良くないと反省しております。
お礼コメント
dai5

お礼率 81% (44/54)

あれれれ……おっしゃるとおり、タイヤは同じ26インチですね。
見直してみました。上塗りをしてしまったようです……お恥ずかしい。

そうなんですよね。ブリヂストンは標準装備が充実している上に安価なのですが、
写真だけで見比べると本当に微妙な差でルイガノの方がカッコいいんです。(タイヤサイズが同じとなるとさらに微妙な違いです)
フレームの組み付きのわずかな角度やバランスなのでしょうけど……悩ましいところです。
ご回答ありがとうございました!
投稿日時:2010/04/01 23:17
  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (46/101)

とりあえずですが。

見た目は良く似ていますが、記載データに間違いがなければ、

「ルイガノLGS-TR 2」は24インチタイヤで7段変速。
「マークローザスタッガード」は26インチタイヤ6段変速。

ですので見た目は良く似ていますが基本設計自体が違います。

ルイガノは小さめのタイヤに7段変速を入れて出足の良さと中高速性を調整出来るようにチューニングしているようですね。
逆にマークローザは大きめのタイヤに6段変速なので出足は遅めですが巡航スピードを維持するようにチューニングしてる感じに見えます。

ルイガノは街中を軽快に走る向け、マークローザは少し郊外をスピードに乗って走る、という感じでしょうか、そう思えます。

見た目が同じでも乗り味が違うと思うので実際に試乗してみる事をお勧めします。
重さやメーカーの方向性は試乗で判ると思いますので。
お礼コメント
dai5

お礼率 81% (44/54)

なるほど、インチ数がそもそも違いましたね……初心者まる出しになってしまいました……(汗
タイヤの大きさと変速機の関係をわかりやすく解説いただいてありがとうございます。
通勤経路は郊外というよりは住宅街や幹線道路なので、やはりルイガノでしょうか。
なんとか両方の試乗の機会を作りたいところです。
回答ありがとうございました!
投稿日時:2010/04/01 17:33
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ