• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「位相空間 (X、T)の二つの部分集合A,Bについて、 Aが開集合のと

「位相空間 (X、T)の二つの部分集合A,Bについて、 Aが開集合のとき、 A ∧ (Bの閉包)が (A ∧ B)の閉包 に含まれることを示せ」 という問題がわかりません。 証明の仕方を教えて下さい。 教科書はちゃんと読んだのですが、挫折しました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数423
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#109123

cl(Y)で集合Yの閉包(closure)を表すとします。 A∩cl(B)が空集合のときはOKですね。 A∩cl(B)が非空のとき、x∈A∩cl(B)を任意にとってみましょう。 xの任意の開近傍Vについて、V∩(A∩B)が非空であることを示せば、x∈cl(A∩B)となって、質問の主張が示せることはいいですか?(A∩Bが空集合のときは、A∩cl(B)も空集合) x∈AでAは開集合なので、x∈U⊆V、U⊆Aとなる開集合Uが存在するのはわかりますか? x∈cl(B)なので、さっきのUとBは共通部分が非空になるのはいいですか? すると・・・そのあとはわかりますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アタマが 混乱しているのですが、 こんな感じの証明は合っているでしょうか? Aかつcl(B)がxを含む ⇒ xを含む任意の(X、T)の開集合 t に対し、tかつAは非空 かつ tかつ Bは非空 ⇒ t かつ(AかつB) は 非空 ⇒ cl(AかつB)はxを含む

関連するQ&A

  • 位相空間

    位相初心者です。次の問題がよく分かりません。 問.実数直線R1の位相をTとする。   BをTに各無理数についてそれだけを元とするRの部分集合を   すべてつけ加えたRの部分集合族     B=T ∪ {{x}:x∈P}   とする。このBにおいて生成されたR上の位相T_Mに対して、   位相空間(R,T_M)をMで表す。     このMについて、次を求めよ。(証明付きで。)  (1) i(Q)、i(P) (iは内部を表す。)  (2) Qの閉包、Pの閉包 (1)は、Qは有理数全体の集合だから、Qに含まれるMの開集合全体の 和集合は、Φ となる。 (2)も同様に、Qを含むMの閉集合全体の共通集合はQである。 こんな感じでいいのでしょうか。もっと適当な証明があれば、 教えてください。

  • 位相空間

    位相空間(X,T)の2つの部分集合A,Bについて (1) (A∩B)_ ⊂ A_∩B_    ※『_』は閉集合 この証明の方法を詳しく教えて下さい! 両辺は=(イコール)にはならないのでしょうか?? (2) Aが開集合のとき A∩B_ ⊂(A∩B)_ この証明方法も詳しく教えて下さい。お願いします。  

  • 位相空間の問題についてです。以下の問題がわかる方い

    位相空間の問題についてです。以下の問題がわかる方いましたら、一問でもいいので、教えてくださると助かります…! 次の各集合が開集合あるいは閉集合いずれであるか判定せよ。 (1) (1,4)U{5}(Rの部分集合として) (2) {( x , y )∈R^2 ; 3 < x + y , x^2 > y}(R^2の部分集合として) (3) {( x , y , z )∈R^3 ; x^2 + y^2 + z^2≦ 1}(R^3の部分集合として)

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#109123

証明の流れは、No.5の補足欄に書かれた感じでOKだと思います。 位相の概念にまだ慣れていないということですので、実際に解答する際は「論理を展開するときにどういう性質を使っているか」を丁寧に補って証明すれば理解も深まるのではないでしょうか。 Aが開集合でないときの例としては、X=R、Tをユークリッド位相として、A=(-1,0]、B=(0,1)などがあります。 一般的な位相は抽象的すぎてイメージがつかみにくいと思いますので、まずは距離空間、特にRやR^2などのユークリッド空間にしぼって、いろいろな具体例に触れてみたほうがよさそうですね。また、わからないときは、教授に聞いてみるのがベストだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最後まで親切に教えていただいて ありがとうございました!!

  • 回答No.5
noname#109123

No.3さんの回答が、いちばんシンプルで一般性があり、いいのではないでしょうか。 > これだと 二番目の ⇒ が少し違う気もするのですが・・・ ですから、No.2では、Aが開集合であることを利用して、U⊆V、U⊆Aとなる開集合Uを見つけています。UがBと共通部分を持ったとき、その共通部分がA内にある(A∩Bとも共通部分を持つ)ことが保証されます。 Aが開集合でないときに質問文の主張が成り立たない例を考えてみると、理解の手助けになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こんな感じの証明でしょうか Aかつcl(B)がxを含む ⇒ xを含む任意の(X、T)の開集合 V に対し、Vに含まれ、かつAに含まれるようなxの近傍Uが存在する ⇒ (AかつB)かつUは非空 ⇒ (AかつB)かつVは非空 ⇒ cl(AかつB)はxを含む 具体例は 思いつかないのですが・・・未だに 開集合と閉集合の概念が良く理解できません。 数直線の 「開区間」 や 「閉区間」 と何か関係があるのでしょうか?

  • 回答No.4

>これだと 二番目の ⇒ が少し違う気もするのですが・・・ その通りです。やり直し。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

「位相空間(X,T)の二つの部分集合A,Bについて、Aが開集合のとき、 A∩cl(B)⊂cl(A∩B)」の証明 A⊂X & B⊂X とすると A∩B⊂cl(A∩B) だから → B=(B-A)∪(A∩B)⊂(X-A)∪(A∩B)⊂(X-A)∪cl(A∩B) X-A 閉 & cl(A∩B) 閉 → (X-A)∪cl(A∩B) 閉 cl(B)はBを含む最小の閉集合だから → cl(B)⊂(X-A)∪cl(A∩B) → A∩cl(B)⊂A∩((X-A)∪cl(A∩B))=A∩cl(A∩B)⊂cl(A∩B)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足を間違えて付けてしまい、すみませんでした。 回答して下さり、ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

質問者からの補足

アタマが 混乱しているのですが、 こんな感じの証明は合っているでしょうか? Aかつcl(B)がxを含む ⇒ xを含む任意の(X、T)の開集合 t に対し、tかつAは非空 かつ tかつ Bは非空 ⇒ t かつ(AかつB) は 非空 ⇒ cl(AかつB)はxを含む これだと 二番目の ⇒ が少し違う気もするのですが・・・

  • 回答No.1

閉包の定義を補足に書いて、次にどの辺で挫折しかかも補足して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

知識を整理することで 見通しが良くなりました。 アドバイス ありがとうございました。

質問者からの補足

迅速な回答ありがとうございます。 今 考え中です。また二、三日したら ご返答したいと思います。(すみません 今 やらなければならないことが多すぎて・・・)

関連するQ&A

  • 位相空間と写像について学習している者です。

    位相空間と写像について学習している者です。 位相空間における閉包の概念等の理解に苦しんでいます。。。 では、質問させていただきます。 位相空間(X,Т)の二つの部分集合A,Bについて、 cl(A∩B) ⊂ cl(A)∩cl(B) ※cl(X)で集合Xの閉包(closure)を表すとします。 を証明したいのですが、過程が分かりません。 以下で、証明できていますか? x∈cl(A∩B) ⇒ x∈cl(A) かつ x∈cl(B) ⇒ x∈cl(A)∩cl(B) x∈cl(A) かつ x∈cl(B)にたどり着くまでの過程が足りない気がしています。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • 数学 位相空間の集合問題を教えてください。

    大学の授業の問題ですが、解き方が分かりません。教えてください。 位相空間(X,Τ)とする。 (1).部分集合A,BがA⊂Bならば、cl(A)⊂cl(B)である を証明せよ。 (2).自然数の集合Nを添字集合とするXの部分集合族{An:n∈N}を考える。この時、 ∪{cl(An):n∈N} ⊂ cl(∪{An:n∈N}) を証明せよ (※AnはA1,A2...という意味で用いています) (※Cl(x)はxの閉包という意味で用いています) (2)は(1)を使えば自明という解しか導けていません。何か落とし穴がありそうな気がしています... よろしくお願いします。

  • 位相空間で困ってます!

    独学で位相空間を勉強していますが、さっぱり分かりません。 参考書を読んでも、何がなんだか分からなくなってしまってる状態です。 まったく分からない相手に教えると思って、教えてくださるとありがたいです。 否定の線―が上に書けなかったので見にくいですが、よろしくお願いします。 位相空間(X,T)とする。 自然数の集合N={1,2,3…}を添字集合とするXの部分集合族{An:n&#8714;N}を考える。 An={1/n}⊂Rとおくとき、 U{An:n&#8714;N}〈←Anの上だけに―があります〉 と U{An:n&#8714;N}〈←上すべてに―があります〉 とは等しいかどうかを述べ、証明せよ。

  • 位相空間(入門レベル)

    次の問題の証明がわかりません。 問.位相空間(X,T)の2つの部分集合A、Bについて、   Aが開集合のとき、           A∧B ̄ ⊂(A∧B) ̄   が成り立つことを証明せよ。 いくつかの参考書を見て、以下の回答例があったのですが、         x∈A∧B ̄ とし、A’をxを含む任意の開集合とすれば、  A∧A'もxを含む開集合で、  x∈B ̄であるためには (A∧A')∧B≠Φ でなければならない。  すなわち、A'∧(A∧B)≠Φ である。  したがって、          x∈(A∧B) ̄ この内容は理解できるのですが、証明として、4行目の「≠Φ でなければならない」が何となく気になります。(うまく伝えられないのですが)この回答は適当(ふさわしい)ですか。

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。

  • 位相空間における連続写像の条件について

    (X,T),(Y,U)を位相空間とし、fをXからYへの写像とする。 このとき、Xの部分集合Aに対し、f(cl(A))⊂cl(f(A))ならば、 fが(X,T)から(Y,U)への連続写像であるといえますか? ※cl(A)はAの閉包を示す。

  • (X,U)を位相空間,A⊂Xとします.

    (X,U)を位相空間,A⊂Xとします. このとき, 「Aが閉集合 ⇒ A=A'」 の証明が分かりません. A'はAの閉包(A∪{Aの集積点})です. {Aの集積点}∩Aの補集合≠Φ になることを示せばいけそうなのですが出来ません.Aの補集合の元はAの集積点でないことを背理法示そうと思ったのですが上手くいきませんでした.また,Aが閉集合だという条件もどこで使えばいいのか….そもそも証明の仕方が違うのでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 集合・位相

    集合・位相初心者です。 授業で開集合と閉集合、近傍の定義を教えてもらったのですが、理解できず、困っています。 以下は、授業で使っているプリントに載っている定義です。 X:集合 T:Xの部分集合からなる集合族 (X,T):位相空間 とする。 Xの部分集合UがTの元であるとき、Uを開集合という。 また、Xの部分集合Fの補集合がTの元であるとき、Fの閉集合という。 点x∈Xに対して x∈U゜ を満たすXの部分集合Uを近傍という。また、このような近傍全体のなす集合族をxの近傍系といい、U(x)で表す。 具体的な例で教えて頂けると助かります。 例えば、集合X={1,2,3,4,5}、位相T={φ,{3},{4},{3,4},{1,3},{1,3,4},X}として、位相空間(X,T)をつくると、この(X,T)の開集合、閉集合、点3の近傍(点は適当に選びました)はどうなるのか。 集合・集合は初心者なので、詳しく教えて頂けると嬉しいです。 ご教授、よろしくお願い致します。

  • 位相空間の証明

    (問題) 位相空間(X,T)とする。自然数の集合N={1,2,3,…}を添字集合とするXの部分集合族{An:n&#8714;N}を考える。 An={1/n}⊂Rとおくとき、∪{(An ) :n&#8714;N}と(∪{An:n&#8714;N} ) &#773;とは等しいかどうかを述べ、証明せよ。 ( )は閉集合を表しています テキストを読んでもまったく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 位相空間の本で

    読んでいてあまりわからない所が2点ありまして、 1.XにXのすべての部分集合を開集合とする位相を入れると、   Xの部分集合Cがコンパクト ⇔ Cが有限集合 という部分と、 2.Xをコンパクトハウスドルフ空間、Yをハウスドルフ空間とするとき、   写像f:X→Yが全単射連続なら逆像f-1:Y→Xも連続になる という部分に疑問が残りました。 1.については、コンパクト⇒閉集合であることや、Cが有限集合なら有限個の開被覆で覆えるからコンパクトである、ということが使える(?)のではじめの「XにXのすべての部分集合を開集合とする位相を入れる」部分が必要ないのではないかとも思うのですが・・・ 2.については、Xがコンパクトハウスドルフ空間ならその部分集合Cもコンパクトでその写像はやっぱりコンパクトで・・・その逆像もコンパクトで・・・・? どこから連続の議論に持っていけばよいのかが分かりませんでした。 「証明は読者に委ねよう」というお得意の言い回しで飛ばされてしまっていて、なんだか消化不良のままです>< ご返答よろしくお願い致します。