-PR-
締切済み

葬儀のときの焼香場所

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5640565
  • 閲覧数329
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 28% (15/53)

通夜のときは、お寺さんの後ろの所で焼香しました。
しかし、葬儀のときは、お寺さんの前の所で(お寺さんの机のところ)焼香をしました。
初七日のときは、通夜と同じお寺さんの後ろの所で焼香しました。

なぜ、葬儀のときは前で焼香なのでしょうか?なにか意味があるのでしょうか?教えて下さい!
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 22% (1113/5050)

一般的には、僧侶の後ろに焼香台が設けられます
 宗派・お寺の習慣? 今までに直面した事が有りません
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 32% (3544/10915)

お焼香は、祭壇の仏様に対して手向けるのです。
お坊さんに対して、お焼香するのではありませんから、祭壇の配置やお焼香をする人数で焼香台の位置も変わります。
考えられる事は、お通夜と告別式(葬儀)時のお棺の位置が違って祭壇の直前に焼香台の設置が可能になったのではないでしょうか。
当家の菩提寺で法事を営む時は、祭壇の前に焼香台が置かれますから、お坊さんより前でお焼香してます。
  • 回答No.3

決まっていません。地域・宗派や葬祭会社によって違います。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ