• 締切
  • 困ってます

http://okwave.jp/qa/q5607311.htmlのな

  • 質問No.5621415
  • 閲覧数95
  • ありがとう数5
  • 回答数4

お礼率 66% (26/39)

http://okwave.jp/qa/q5607311.htmlのなかのリンクhttp://okwave.jp/qa/q5584880.htmlの回答番号#2について質問.わたくしもたしかに日本語として難解な文と判断したわけではありませんが,すくなくともわたくしにはかような文は作れません.それを出来るようにしたいので今回の質問です.<改段落>
<改段落>
一|字の認識,ニ|語の識別,三|構文の抽出,四|修辞を想像,これらのいずれかの点で質問発行者は欠損があります,,,,ここまで作成して最後にまとめ、,,,,はやり文全体を理解するための鍵が思考の中に浮かんできません.分野相違を指摘されたのでpHILOに置きます.<改段落>
<改段落>
まとめのまとめ.日本語力向上以前になにか訓練するべきものあるのでしょうかね.あるとおもいますよ.なのでそれをご指南ください.<ばいとぉぉだぁまぁく>

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 23% (4/17)

パソコン直りました^^。

心の問題というと 難しい言い方となってしまいますが、

ともか訓練というよりも、

今MUTUKINANAさんにとって必要なのは、 人を信じて前に進み続けることと思ったのです。

実際走って走って その後に、自分らしさも、自分らしい文も生まれてきます。



人は誰も 善悪あります。 長所短所もあります。 ご自身にもあるでしょう。

善悪というのは 生身の人間における状況の深さも関係してますから、 気づきにくいですが、 わたしもともかく同じだということです。

でも 自分も人も信じて、つらくても 走り続けることです。

チャンスは、考えずに、掴んでいってください。

走らなければ チャンスは来ませんが、 人や信じるべきコミュ二ティがみつかれば、そこで走ればチャンスはきっと 誰にもおとずれるということです。


あと、考えることよりも、感じることが文に火を(情熱を)もたらし、 それも訓練より以上に、いろいろな観点から文を磨く事になりますし、

MUTUKINANAさんの場合、 詩が鍵とも思っています。


そこから散文においても、MUTUKINANAさんらしい文が生まれてくるとおもいます。

詳しくは ここでは略しますが、…。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (202/1212)

 お応えいただきありがとうございました。
 No.2です。

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 わたくしからみれば、あの文章は、きわめて月並みな内容であり平凡な文体である、とは思えない高度なもの、に感じられます。
 ・・・
 実参照子でペルソナ礼を挙げてしまいますけども、たとえばきぐるみ子、たとえば、なんえって子、などの方々も本当に凄いと唖然としてしまいます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《なんえって子》は分かりません。もうひとつのほうでしたら 承知しています。

 趣旨説明で取り上げられた文章をその流れに沿って批評していきます。
 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何事もそうですが、状況を変えようと思う場合は、
 まず「現状を正しく理解する必要」があります。

 つまり「なぜ嫌われ(てい)るのか、を把握する」ということです。
 これは仮説でも構いません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ そのことと同時に もっと重要なことは 《自分は嫌われているのか?》どうかをまづ確かめることです。
 実際のことではなく一般的に言って《嫌われないないようにする》ということでしたら  《人を嫌う・人に嫌われる》とは一体どういうことか? これを考える必要があります。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 次に「どうすれば変えられるか」を検討し、
 アクションプランを立案し、後は実行・反省・プランの練り直し、
 の繰り返しです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ですからこれは 《人に嫌われることが何たるかを知ったあとで それは悪いことだから 自分は避けたい。それにはどうすることが必要か》という段階でのひとつの処方箋です。
 つまりは 《嫌われること》が悪いことではなかったなら 必要ありません。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 貴殿は、仮説を立てることができない…という時点で
 悩んでおいでのようですが、貴殿の言う通り、
 他者の気持ちを推測することは出来ても、理解することは出来ません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ もし《嫌われることが悪いことで これは回避しなければならないことだ》となれば なぜ嫌われるのかの仮説を立てることも必要なのでしょう。
 ところで MUTUKINANAさんは 《仮説を立てること一般》が苦手なのか それとも《この嫌われる問題で仮説を立てることが苦手なのか》 どちらですか? 前者なら 少しづつ表現の訓練をしていけばよいでしょう。
 後者なら ここで結論めいたことを言いますが いちいち《嫌われる》ことについて気にする必要はないとわたしは考えます。理由は ひとつに お互いさまだということです。好いたり嫌ったり 好かれたり嫌われたり こんなことは 多かれ少なかれ 意識しうる・しえないにかかわらず 誰もが似たり寄ったりのことです。

 誰からも好かれるからと言って 何にも問題無しかと言えば 言えない場合があるでしょうし 誰からも嫌われているからと言って 問題ありかと言えばまったく無いという場合さえ見られます。
 わたしなどは その減らず口をたたくいぢわる人間ですから みんなに嫌われる口ですが みんな敵でいいぢゃないかと思ってやって来ました。けっこう好かれますよ。遠山の金さんに惚れない奴はワルだけさと言いますが ブラジュのロンヌにはワルも惚れるようですよ。

 そんなことより 文章をみがくことです。それには ものごとをしっかりと見つめ 《ものの見えたる》という境地に近づくことです。そのほうが うんと大事ですし 中身が充実すること請け合いです。
 (でも き・・・さんの文章がすぐれていると見ておられるぶんには どうも趣味がちがうのかも知れませんから そろそろ退散しようかとは思っています)。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この際、良く言われるのが「相手の立場になって考える」つまり、
 自分と相手の立場を入れ替えて推測をする、ということです。

 このスキルはビジネスや恋愛等、広く応用が出来るので、
 それが出来ない、と気付いただけ儲け物です。頑張って磨きましょう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ これは間違いです。《相手の立場になって考える》のは 《立場を入れ替える》ことではありません。自分の立ち場をしっかりと捉え その上で 相手の立ち場をも推し測って いったいどうすれば互いに満足のいく結果が得られるか これを考えることが 《思いやり》というものです。自分がわざわざ犠牲になることではありません。またむろん 相手を出し抜くことを意味するものではありません。
 それには 全体の情況や 関係者それぞれの立ち場や状態 またその事業なら事業の内容をどのように位置づけて社会にとってもどうするのがよいか これらなどを考えます。何も《立ち場を取り換えっこする》ことではないでしょう。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 で、まあ頭で考えても分からないのなら実践するしかありません。
 このような対応をすれば喜ばれるだろう、という目的意識を持って接し、
 それでダメだったら、次はこうしよう…と予めプランを練っておくのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 相手が・つまりその相手だけがよろこべばよいかという問題が抜けています。それが 全体観の問題です。思いやりの問題です。《ものの見えたる》境地です。そうなれば みなさんの間に入って 調整役をこなすことも出来るでしょうし みなさんそれぞれの立ち場や実際の利益をも考慮していけるようになるでしょう。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何も考えずに行動すると、ダメだった場合「白紙」に戻ってしまいますが、
 そうやって最初からプランがあれば、ダメならこう、okならこう、/ と流れていきます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 計画は計画 白紙の方針は白紙の方針です。どちらもあります。

 ◆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 人間関係に悩む人は少なくありませんので、
 恐らく「貴殿だけが出来ない」わけではありませんから、
 前向きに取り組みましょう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 当たり前のことです。おまえに言われたくないと言い返すところでしょう。

 き・・さんの文章は 世間の中庸をうまく取って その代弁をしている部分がときどきあります。それ以外は 井戸端会議で――井戸端会議じたいは いいのですが――つねに同じことを十年一日のごとくしゃべる文体に似ています。聞き飽きます。一生をかけて何かをやるといった長期的な思いやのぞみといったことは あの人には分からないのだと思います。目先のことを調整しようとするのみです。

 さぁ これで はっきりと嫌われましたから これでお役御免というところだと思います。では。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 16% (202/1212)

 こんにちは。

 もうお邪魔しないと一たん思っていましたが。・・・

 ふたつ申し上げます。

 そんなことは質問のどこにも書いてないのですが MUTUKINANAさんは 心の問題がおありなのですか? そういうことも質問に含まれていますか?

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 わたくしもたしかに日本語として難解な文と判断したわけではありませんが,すくなくともわたくしにはかような文は作れません.それを出来るようにしたいので今回の質問です.
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ その文章は きわめて月並みな内容であり平凡な文体であるとわたしも考えますが MUTUKINANAさんは ほんとうにそのような文体と内容が書けるようになりたいのですか? 
お礼コメント
MUTUKINANA

お礼率 66% (26/39)

WAわたくしからみれば、あの文章は、きわめて月並みな内容であり平凡な文体である、とは思えない高度なもの、に感じられます。
 ※ 
本当にそのような文体と内容が書けるようになりたいのかについてです。・・・それらを超越した能力を獲得したいとは感じます。ああいう文章に型キャストされるというか月並みで平凡な文にdIECASTされるのではなくて、かような文章もoNEoFtHEMと位置づけられるほど俯瞰的な広い視野と能力はほしいのです。わたくしでもできる努力の範囲で。 
 ※ 
実参照子でペルソナ礼を挙げてしまいますけども、たとえば、きぐるみ子、たとえば、なんえって子、などの方々も本当に凄いと唖然としてしまいます。わたくしの能力は氏らの一万分の一程度なのかしらと劣等感を持ちますS。
 ※ 
謝々 。
投稿日時:2010/01/26 15:33
  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (4/17)

今 PCの故障で、書く時間がかかるので、手短に書きます。

》一|字の認識,ニ|語の識別,《

MUTUKINANAさんは 一と二は、問題ないはず。 本が読めるのですから。

言語野に 波があるにしても、そう考えていい。



普通は 本が読めるなら 三と四も問題ないはず。

》三|構文の抽出,四|修辞を想像,《  に問題ないはずと言う事です。


ところが MUTUKINANAさんの文は 三の 「構文の抽出」 に問題があるわけです。


心の問題あると思います。



時間なくなり、  →  また 書きます。
お礼コメント
MUTUKINANA

お礼率 66% (26/39)

ありがとう。あと二万秒後にも・・・。
投稿日時:2010/01/26 15:35
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ