• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

賃貸物件の引渡し契約について

賃貸物件を借りていて契約満了で物件を引き渡すときに契約上では 「乙が本物件を明け渡す時は、甲の承諾のもとに行った改装模様替えについては、現状のまま甲が引き継ぎ、乙は所有権動産を撤去し明け渡す」 と契約書にはあるのですが 乙が物件を改装した時に建物の一部にあった古い屋根を取り壊し新たにテント式の屋根を取り付けたのですが 甲が元の状態の屋根に直して欲しいというのは契約上では認められるのでしょうか? 最初の物件は酷く古い建物でそれを新しく床パネルを付けたりクロスを張ったり階段も急な階段をなだらかにしたのですが全て最初の古い酷い状態に戻したほうがいいのでしょうか?甲は結構年配で頑固親父みたいな人です。お互いに業者を立てて話すのは経費が掛かるから止めようと話しました。 長々と書きましたが宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • rinkus
  • ベストアンサー率73% (33/45)

契約書にある通り、改装時、甲(賃貸人)の承諾を得ていれば、賃貸借契約終了による明け渡し時に改装部分の所有権は甲に移転します。 そして、改装時の承諾により、甲は改装部分の所有権を放棄する意思を表示しているので、後に改めてその権利を主張し、原状回復を請求することはできないでしょう。 したがって、乙(賃借人)は改装部分について、甲の承諾を得ていれば、原状回復義務を負いません。 また、乙は改装部分について、民法608条2項(→196条2項)により、賃貸目的物の価格の増加が現存する範囲において、甲に費用の償還請求をすることができます。 本件で言えば、改装により不動産の価値が増加し、その利益が現存している範囲において質問者様は貸主に費用の償還請求権を有します。 もっとも、頑固親父みたいな人がすんなり払ってくれるとは限りませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#103160
noname#103160

ポイントは、甲の了承を得て改装したか、了承なしに勝手に改装したかだな。 それによって、今後の対応も変わってくる。 あと、償還請求権についてだがその「最初の状態」がさっぱりわからんから、ここでは何とも回答のしようがないな。 契約書を再度熟読しな。 そんでも分からんかったら、弁護士に相談しな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • cowstep
  • ベストアンサー率36% (756/2081)

気になるのは、「建物の一部にあった古い屋根を取り壊し新たにテント式の屋根を取り付けた」時、乙は甲からその承諾を得ていたのかどうかという点です。テント式の屋根を取り付けることは、承諾を得ていた「改装模様替え」の範囲を超えていると考えられる余地がありそうです。どういう内容の承諾を得ていたのか、確認できないと争いになる予感がします。乙が勝手にテント式の屋根を取り付けたことに、甲が立腹している状況ではないことを祈ります。 損害賠償なので、参考にならないかも知れませんが、私が起こした水漏れ事故で、マンションの階下の絨毯を張り替えた場合、既にぼろになっていたにも拘わらず、新品の費用を払いました。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#108428
noname#108428

管理者・所有者の許可なく建物を改変したのであれば、 元の状態に戻して明け渡す必要があります。 賃貸契約を結んだ際の書面に、 普通は、そのように書かれています。ご一読ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • テナント居抜き物件の賃貸契約書の内容について

    賃貸契約書について 内装・設備はそのまま(居抜き状態)で事業を展開してましたが、8月末日に撤退することにしました。 賃貸契約書の原状回復義務のところには (1)乙(私)借主は営業場所内の乙(私)の設備造作商品その他の物品一切を、乙の費用で撤去すると共に、営業場所の甲の設備造作の破損、故障、損耗、故障箇所を乙の費用負担によって修復し、原状に回復する。 と書いてあります。 こちらは、原状回復について、借りた時がすでに居抜き物件の状態であり、あくまで借りた状態に戻すとゆう解釈でいましたが、家主さんから、まっさらな状態(設備造作物を含めた商品その他の物品一切を撤去=スケルトン状態)に返してほしいといわれました。しかし賃貸契約書内や、それ以外に特約や重要事項にもスケルトン状態に戻さないといけない事を証明する書類もないので、賃貸契約書を見る限り、居抜き物件で借りた場合の原状回復の意味は、あくまで借りたときの状態に戻す事であり、設備造作商品その他の物品一切を、乙の費用で撤去すると書いてあっても、スケルトン状態にはしなくて良いと解釈してます。とは言え、私も家主さんと円満に解決した上で、気持ち良く撤退したいので、撤去できるものに(備え付けの物以外の動かせるもの)ついては、できるだけ撤去や処分した上で原状回復のための費用が許容範囲の金額以内で収まるのであれば応じるつもりですが、家主が連れてきた見積もり業者と家主さんとのやり取りを見る限りでは、家主側は、備え付けの物の撤去はもちろんの事、床の張り替え、天井や壁の修繕・張り替えや空調の取り外しなども要求してきて許容範囲の金額は軽く超えるだろうと考えてます。こうゆう場合 どこまで原状回復について行えばいいのか、なるべく詳しく教えていただきたいです。 皆様、どうぞよろしくお願いします。

  • 賃貸契約について

    東京都内にて、下記内容を含む契約を検討しております。 (契約) 甲は丙から丙の転勤中に限って借受けた標記の家屋(以下「本物件」と称する)を、丙の転勤による丙または丙の家族が不在の間に限って、一時使用の目的で乙に転貸する。 (契約期間ならびに、借地借家法第3章借家の不適用の確認) 本物件の契約期間は標記のとおりとする。なお、本物件は従来丙が住居として使用したものであり、丙の転勤による丙または丙の家族が不在の間、本物件を借地借家法第3章借家の適用を除外する一時使用の目的で甲が丙より賃借し乙に転貸することを甲・乙相互に確認する。 上記内容の契約に判をつくということは、当然、借家借家法の適用はされないということですよね? ネット上で、貸主都合による退去の対応としていろいろ助言されている、金銭面で退去に関わる費用を貸主に負担してもらう。という方法は上記契約で無効になるのでしょうか?

  • 賃貸不動産管理委任契約書における善感注意義務

    賃貸不動産管理委任契約書における忠実義務について。 現在、投資用にオフィスに投資しています。その際、管理を投資不動産を紹介・買付けた不動産会社に「賃貸不動産管理委任契約書」を作成し、テナント探し、管理を一任しています。ただし、テントが入れ替わる時に連絡も無く、その結果、3カ月も空家状態になったりしました。契約書には連絡義務は入っていませんが、「管理業務の内容」項目に「その他甲(私のこと)より特別に指示を受けたこと」とあり、以前テナント撤去の際には連絡を要望しました。(文面無く口頭)。また契約書には「乙は誠実かつ善良なる管理者の注意義務をもって委託業務を行い、本書に記載無き偶発事項は民法および慣習に従い甲乙協議し円満解決図る」となっています。テント退去の告知や空室期間などによるロスは忠実義務に違反していないでしょうか?テント契約時に礼金1カ月管理会社に入るので一部戻ってくればと考えているのですが。

  • 賃貸契約内容の解釈について

    賃貸マンションの賃貸借契約書について。 「敷金もしくは保証金」という項目に 「本契約が終了し、乙(賃借人)が本物件を完全に明渡し、かつ甲(賃貸人)に対する一切の債務を完済した日(乙の原状回復に要する日数を含む)より特別な場合を除き1ヶ月以内に甲の定める方法で敷金もしくは保証金を乙に返却する」 とあります。 これに従って、仲介である不動産が敷金清算をして、賃貸人である大家が、賃借人である私に敷金を返金してきました。 しかし、敷金返金後に、大家がこの清算に納得できないから、賃借人が負担すべき修繕費を負担しろと言っています。 でも、すでに敷金を返却してきたと言う事は、大家は納得の上でと解釈され、大家の言い分は無効となるのでしょうか?

  • 賃貸契約の特約とは?

    お世話になります。 この度、約7年間住んだ賃貸マンションを引っ越すことになりました。 今月中に立会いがあるので、賃貸契約書というのを読みかえしてみたところ、 ・乙は、乙又は同居人の故意又は過失の行為により、本物件又は、本物件の属する建物に破損、汚損、  を生じさせたときは、甲の承諾のもとに、乙の費用負担で現状回復しなければならない。  但し、乙が任意に現状回復をしない場合には、甲は、乙の費用負担のもとに、原状回復することができる。 ・乙が行う現状回復は次に掲げるものとする。  クロスの貼りかえ  ハウスクリーニング  シャワーカーテンの交換  諸経費の負担 と、記載されていました。 これは、クロスの貼りかえ・ハウスクリーニング・シャワーカーテンの交換・諸経費の負担をすべてこちらが負担しなければいけないのでしょうか? 「特約」とは書いてありませんが、特約というものなのでしょうか? 私が入居した時すでに築7年でクロスは貼り替えてありませんでした。ただしそれを証明する写真などは撮ってありませんが・・・。 ながながとすみません。 初めての引越しで不安です。 よろしくお願いします。

  • サブリース業者と契約した賃貸物件の「修繕」について

    あるサブリース業者と契約した賃貸不動産物件を所有しています。契約書に、「[1]修繕」という項目があり、その項目には、「本物件の修繕等は甲の負担で乙または乙の委託したものが行うことを甲は承諾する」とあります。また、「本物件の修繕項目及び修繕の時期の目安は別表1の通りとする」とあり、設備ごとの耐用年数が記載された表が添付されています。 さらに、「[2]転借人の体質に伴う修繕等」という項目があり、そこにも、「甲の負担で乙または乙の委託したものが行う」 とあります。また、「甲は、耐用年数経過前でも前項の修繕等が必要と乙が判断した場合は転借人の通常使用により生じた損耗の部分を負担する」とあります。 <質問> この、「修繕等」は、どこまでの範囲の工事を含みますか? (私の考え) [1]修繕 の項目には、耐用年数を指す記述があり、[1][2]とも、「修繕等」として使われている用語は、 ①償却に伴う経年劣化分の修繕工事(従前とほぼ同じ材料を使ってほぼ同じ機能を提供するようにする)を指していると考えます。 また、耐用年数が前提になった用語と読めるため、「耐用年数経過前でも前項の修繕等が必要と乙が判断した場合は、、、」の部分を除き、②いわゆる原状回復工事(故意や過失による損耗の修復(経年劣化分の修復は含まない))も含まないと思います。 さらに、③グレードアップは、そもそもこの[1][2]の文言とは馴染まず、この工事は含まないと思います。 以上、お詳しい方、教えていただけませんでしょうか? 背景は、空室発生時にサブリース業者が提案してくる工事見積書が異様に高く、「乙の委託した業者」を締める一方で私からも手数料を挙げようとしていることが明らかなので、工事委託する範囲を極力狭めたい、もしくは、例えばグレードアップ工事の部分について相ミツを提示して値段を下げさせたい(乙に迷惑がかかるのは本意ではありませんが) という目的です。 よろしくお願いします。

  • 建物賃貸借契約書について

    現在事業用店舗のため賃貸契約書がありますが、明け渡しが済んだかどうか、原状回復に戻ったかどうか等契約が終わるときにもめることが多々あるとお聞き記しました。少し訂正して明確にすべき箇所があるようですので 下記補足添削いただきたく存じます。(貸主 甲 借主 乙) 先方と文字情報としての再確認として確定事項で合意していただくような流れを取りたいと思っております。ご教示いただきたく存じます。 1.賃料  甲の指定する銀行口座に振り込みにより支払う。  指定口座 ○○○ とあります。  →  他の口座がある場合があった場合は 変更合意書が必要?そのための文言はどのような    表現が良いでしょうか? 2.賃貸人の書面による承諾を得ないで、本物件の造作、模様替え建増等原状をへんこうしてはならない。  →ここの賃貸人のところは 甲 相手が乙という記入が必要?そのための文言はどのような表  現が良いでしょうか?  3. 乙は後記建物をはなはだしく汚損する営業に使用してはならない。  →ここは営業ではなく 事業という表現になりますか? あとはなはだしくではなくどんな程  度であれ汚損してはならないというための文言はどのような表現が良いでしょうか? 4. 甲は乙に対し次の場合に即時本契約を解除することができる。   ・・・・その他本契約が著しい違反か゛あったとき   →著しいというのは本当に大きなものという意味合いになるのですべての違反行為というた   めの文言はどのような表現が良いでしょうか? 5. 後記建物の主要構造部分についての修繕は 甲がこれを行い、部分的な小修繕は乙が費用を  負担して自ら行うものとする。  → ここがとても不明確であるようです。   甲行うもの  主要大きいもの小さいもの   乙が行うもの 主要、非主要小さいもの   どちらかわからない 非主要のおおきいもの   どのような文言にするとよいでしょうか。 6.本契約が期間満了、解除そのたの事由により終了したときは、乙は直ちに次の条項に従い本物 件を明け渡さなければならない。・・・(4)乙は本契約終了後明け渡し完了にいたるまでの 賃料相当額を明け渡し完了の際甲に支払う。  →明け渡しのところが不明確といわれますがどのような文言が良いでしょうか?  ・・・(2)乙は私有物を直ちに搬出すること。乙がこれをしない時は、甲は最小限度1週間の 期間を指定し、なお、この期間内に搬出しない時は、甲は任意に処分することができる。乙  は、これがため生じた損害につき、甲に賠償を請求できない。  →この文言は如何でしょうか?搬出後?何か注意する箇所がございますでしょうか? 7.甲は賃貸借契約が終了し且つ乙が賃貸物件を明け渡したときは、敷金の7割を乙に返還する。前 条により敷金をもって弁済に充当し、なおその残額があるときも同じとする。。なお、敷金に は利息を付さないものとする。  →残賃の7割を返還する。という表現が正しいでしょうか?どのような文言もよろしいでしょ うか。 以上、宜しくお願い申し上げます。   

  • 賃貸物件の契約途中退去の特約事項について

    住居ではなく賃貸の店舗です。 ★契約書に記載されている内容 契約期間内において、乙の都合により本契約を解約するときは、明け渡し3か月前に甲が解約するときは契約期間満了6か月前に各々書面をもって相手方に通知するものとし、乙は予告に代えて三か月分の賃料相当額を支払うことで、即時解約できる。 ★私の行動 11月30日に「12月末日で退去する」と伝える この場合、12月~2月までの家賃分を支払えばいいのでしょうか? それとも1月~3月ですか?

  • 持ち主行方不明の空家を取得する方法は?

    甲の土地の上に乙の建物が建っていますが、20年ほど前から空家のままで、乙の行方はわかりません。甲は乙との土地の賃貸契約が終了した際に、その土地の上の建物の所有権移転登記をすべきだったと思いますが、なぜか行なわれないまま20年以上放置されていました。建物は土地所有者である甲の管理下にありますが、乙の行方がわからないので、取り壊しも改装もできない状態です。 甲は、不在者財産管理人を裁判所に選定してもらってその管理人から甲への所有権移転登記をすべきか、時効取得を主張すべきか、お教え下さい。

  • 競売物件内のの動産の処理

    会社が倒産したため競売にかけられている物件で、不動産は破産管財人によって破産財団から放棄されています。物件内は空屋状態ですが、不動産(倉庫)内部に動産が残されています。 この場合、動産の撤去について交渉をする相手は破産管財人でいいのでしょうか? また、物件目録にはない未登記付属建物がありますが、これは物件(倉庫)と一体のものと考えていいものでしょうか?