• ベストアンサー
  • 困ってます

小規模な増築の場合の建築確認申請費用は?

木造2階建(築30年)の既存建物に連結(もしくは分離)して、 約8坪(26.4m2)の平屋を増築予定です。 建築基準法の改正で、平成19年6月20以降、建築確認が厳しくなったようですが、 高さ13m未満、軒の高さ9m未満の場合「構造計算適合性判定の対象にならない」とありました。 増築予定の平屋は1階建なので、高さ13m未満、軒の高さ9m未満の条件をクリアしますが、 木造2階建(築30年)の高さは図面で確認しないとわかりませんが、条件をクリアしてれば 構造計算は不要と考えてます。 従って、増築にかかる初期費用として「地盤調査費用」と従来の?「建築確認申請費用」 の2つは最低必要と考えてます。 ※「地盤調査費用」は5~7万円位とみてます。 以上で間違いないかの確認と「今回の場合の建築確認申請費用の相場」を教えて下さい。 参考までに、もし木造2階建(築30年)の高さがオーバーしている場合、どの位 建築確認申請費用が増えるのでしょうか? 質問からそれますが、地盤調査は増築の位置と図面が揃わないと実施できないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3942
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kdjkdl
  • ベストアンサー率46% (13/28)

http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/j_kenchiku/0_etc/index_tesuu.html(千葉)9000円 http://www.pref.miyagi.jp/kentaku/KenchikuSidou/KenchikuKijun/09tesuuryou.html(宮城)14000円 上記、適当に抜粋しましたが地域により異なります。 「○県建築確認申請手数料」で検索できるはずです、貴方の県也でお調べ下さい。 又、民間機関であれば同様にHPに記載されています。(一般に民間の方が高いです) 地盤調査もスウェーデンサウンディングであればその程度が相場です。 >地盤調査は増築の位置と図面が揃わないと実施できないのでしょうか? 大よその増築位置は分かっているはずです、増築部が8坪であれ既存部分も調べたい所ですので増築部2点、既存部2点の4点程度、建物隅辺りを狙って計測してもらいましょう。 図面はおおよその物で良い、となります、図面が無くても隣地からの離れさえ把握出来ていれば調査可能でしょう。 構造計算は不要です。 壁量などのチェックは必要ですが建築士に依頼するのでしょうから原則審査機関への提出義務はありません。 ただし今件の場合既存部が古い為、壁量チェック等の提出は求められるでしょう。 ・・・これらは建築士の仕事、置いておきます。 >もし木造2階建(築30年)の高さがオーバーしている場合、どの位 建築確認申請費用が増えるのでしょうか? 木造の適合性判定は未経験ですので良く分かりませんが単純に考えますと、上記千葉の例では10万程度上乗せ、となるのでしょうね、でもそれは無いでしょう。 初期費用はお見込みの通りとしてもその後の既存部の改修費の方が気になりますね。 行政によって、民間機関によって求めるものは結構違うんですよ。 既存部の筋交プラスで済む場合があれば釘から打ちなおせ(金物を現行法規に合わせろ)等と言う言い換えれば増築不可との指導をするところも一昨年位まではありました。 かなりのスピードで緩和方向へ向かってはいると聞きますが、当たり前の話建築士と相談されて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 地域により異なるようですね。おかげさまで具体的にわかりました。 ちょっと確認ですが・・・ 私の場合、約8坪(26.4m2)増築ですから、床面積30m2以下なので (千葉の場合)5,000円(宮城の場合)8,000円ではないでしょうか? いずれにしろ、地盤調査費用より安いのでホッとしてます。 一般に民間の方が高いとの事ですが、工務店に増築を依頼した場合、 民間でなく県に建築確認申請する事も可能なのですか? いずれにせよ、どちらの場合でも○級建築士がやる仕事ですね? 地盤調査は連結して増築する場合?は、既存部分2点も計測する必要があるのですね。 図面はおおよその物で良いという事で安心しました。 もし、地盤強化工事が必要になったら、約80万円位(30m2以下なので、もっと安いかも?) の費用がかかる話で、増築は断念する事にして、詳細間取り図はあえて作成してないのです。 >構造計算は不要です。 小規模の条件(高さ13m未満、軒の高さ9m未満)をクリアしてれば、 構造計算は不要なんですね。 壁量チェック等の提出は建築士にお任せすればよいのですね? >上記千葉の例では10万程度上乗せ、となるのでしょうね、でもそれは無いでしょう。 条件(高さ13m未満、軒の高さ9m未満)を超えても上乗せはないのですか。 ないにこした事ありませんが... >その後の既存部の改修費の方が気になりますね。 そういう話になれば、増築を断念します(^^;

質問者からの補足

後から調べました。 木造2階建てで「高さ13m以上、軒の高さ9m以上」は異常な高さですよね。 下記Q&Aを参考に、我が家の屋根の高さは最大でも9mとみてます。 以前、別場所に3階建て店舗を検討した時、高さ10m制限があって苦労した事を思い出しました。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310814668

関連するQ&A

  • 増築による地盤調査と既存建物の補強工事

    このカテは何度かお世話になってますm(_ _)m 木造平屋建(30m2未満)を2階建既存建物(高さ13m未満,軒の高さ9m未満) に棟続きで増築を検討してます。 具体的に、どの法律から「地盤調査が完全義務化された」か不明ですが 地盤調査は必ず行います。※調べたところ「平成12年(2000年)の法改正 により事実上、地盤調査は義務化されました」とありますが、その当時 は完全義務化ではありませんよね? 確認ですが、既存建物の高さは13m未満、軒の高さは9m未満なので 「構造計算適合性判定の対象」とはならず、構造計算の必要はないですね? 【質問】 地盤調査の結果「土地改良不要」であれば、地盤強化工事はもちろん、 既存建物の強化工事も不要ですよね? 万一「要改良」と判断された場合、増築予定土地の地盤強化工事は必要 だと思いますが、既存建物の地盤強化は解体しない限り、不可能と思い ますが、建物の補強工事は免れないのでしょうか? もし、これが棟続き増築でなく、分離して増築した場合、既存建物の 補強工事は不要になるのでしょうか?

  • 建築確認申請

    手狭になった家の増築をDIYで考えています。 増築部分は4.5坪で計画していたのですが 3坪以上は建築確認申請が必要だと知りました。 確認申請が必要な建築物の規定規模では ・階数が3以上のもの ・延面積500?を超えるもの ・高さ13mを超えるもの ・軒高9mを超えるもの このうちいずれかの1つ該当するものと なっていますが我が家はこれに該当しません 我が家の場合も必要なのか教えてください。 物件は、未設定区域、築8年(3年前に中古購入) 木造平屋建て、22坪、田舎です ちなみにこの前、断熱材なしの手抜き住宅が発覚!

  • 建築確認申請費用。

    建築確認申請とはどんな内容ですか?またその費用は業者や建物の大きさなどによって違うものでしょうか?ちなみに我が家を建築しようと思っているのですが、40坪で総額が4000万円ほどです。総2階で3LDKの予定で、建築確認申請費用が30万円なのですが、妥当な金額なのでしょうか・・?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

たびたびお邪魔します。No.2です。 おそらく、既存の建物で心配しておられるのは、建築基準法第6条第1項第2号の物件に該当するか、という事でしょうか? >木造の建築物で三以上の階数を有し、又は延べ面積が五百平方メートル、高さが十三メートル若しくは軒の高さが九メートルを超えるもの これに該当する、いわゆる2号物件であれば、おっしゃっている通りに30年前に建てられた時に構造計算を必要としたはずです。 確認通知書が無くても、当時の工事の図面があれば、これに該当するかどうか、わかると思います。 心配ならば、当時は指定確認検査機関は無く、特定行政庁が確認処分をしていたので、そちらの確認台帳にどのように記載されているか、特定行政庁に確かめるのも手です。 仮に4号物件(通常の規模)で確認が処分されていて、実態は2号物件であった場合は難儀します。 実態がばれれば、離れとして増築することもむずかしいかもしれません。 (確認申請は、基本として敷地単位で全体が現行法に適合しているかどうかを確かめる) 方法は、信頼のおける設計者に一任してください。 既存の建築物の軒高を測ることは実際は無いので、シカトして4号物件のふりをして、増築の計画を進めることもありそうですが、決してお薦めはしません。 万一ばれたら火に油を注ぐこととなります。 費用に関して言えば、追加で多大な調査費用、設計書の作成費用がかかると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 No.1の補足通り、木造2階建(築30年)は、おそらく図面を見るまでもなく 「高さ13m未満、軒の高さ9m未満」でしょう。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310814668 ←参考 つまり、「構造計算は不要」という事になります。 一番の心配は、地盤調査の結果、「要改良」と判断された場合の既存建物の 補強工事費用です。 地盤調査の結果、「改良不要」なら建物の補強工事も不要なのですが・・・ もし、「要改良」の場合は増築を断念するか、棟続きでなく、離れに増築 しようと思案中です。

  • 回答No.2

こんにちわ。 まだ増築の形態が確定していないようですが。 棟続きで増築をする場合、既存部分にどこまで法を遡及するか、最近扱いが変わってきています。 既存建物の確認通知書はありますか? 既存建物は検査済証を交付されていますか? 既存部分の報告を求められれば、追加の調査が発生すると思いますが。 EXPで接続する場合も、確認申請を提出する予定の指定確認検査機関にあらかじめ打ち合わせをしておいた方がいいと思います。 でも、これは施主の心配することではなくて、設計者の仕事ですが。 >参考までに、もし木造2階建(築30年)の高さがオーバーしている場合、どの位建築確認申請費用が増えるのでしょうか? おっしゃられている意味がよくわかりませんが、現在の建物が高さに違反のある違反建築物だったら、という事? この場合は、是正する計画を作成することと、実際に現地を是正する必要があります。 当然、確認申請をする最低限の定型の費用の他に、追加の作業や工事の費用が発生すると思いますが。 確認申請にかかる費用は延床面積によりますが、そのための設計図書を作成する費用は、依頼の内容によると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >既存建物の確認通知書はありますか? >既存建物は検査済証を交付されていますか? 30年前の建物なので、探してみないとわかりません。 建築当時の建物の図面や土地と建物の権利証はあるようです。 >既存部分の報告を求められれば、追加の調査が発生すると思いますが。 もし、そうなった場合は追加調査費用にもよりますが、増築を断念するか 離れに増築します。 >おっしゃられている意味がよくわかりませんが、現在の建物が高さに違反のある >違反建築物だったら、という事? 高さ13m以上、軒の高さ9m以上の場合、構造計算が必要という法律があるようで 木造2階建の既存建物の高さがオーバーした場合です。 つまり「構造計算が必要な場合」という事になります。 一般的な木造2階建ての建物なのですが、建物の図面で確認するか 計測してみないとわからないのです。 一般的な木造2階建の住宅の高さ(軒の高さを含)はどの程度でしょうか?

質問者からの補足

その後、既存建物の確認通知書で確認したところ、 間違いなく「高さ13m未満、軒の高さ9m未満」でした。 従って、棟続きで増築しても既存建物と増築建物の「構造計算は不要」と考えます。 地盤調査の結果、要改良なら地盤改良と既存建物の補強工事を要すると思われるので、 場合により、今回の増築は断念しようと思います。

関連するQ&A

  • 増築に地盤調査

    2度目の質問になります。よろしくお願いします。 築15年の30坪の木造2階建住宅に、平屋の7坪の増築(洋室)及び既存の一部リフォーム(間仕切り壁・建具の追加)を考えています。 そこで教えていただきたいのですが、この場合増築部分に対して地盤調査は必要なのでしょうか? 住宅団地の一角であり、最近建てられた近隣のお宅も特に地盤改良等された様子も無く、我が家の既存部分も当時地盤調査は行っていません。 また、既存部分は布基礎であり15年経過しても何も問題ないことから、今回の増築も同仕様で行えばよいのでは、と思っていたのですが、 最近あるサイトで建築基準法の改正により実質義務化となっているという内容をみて、 自分なりに調べてみたところ、建告1347の地耐力による基礎の形式の事を指しているのだと理解しました。 平屋の小さな増築であり心配要らないと思うのですが、地耐力の測定のための地盤調査はやはり義務で行わなければならないなのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 建築確認申請

    建築確認申請に関して教えてください。 床面積200m2以下の木造の事務所は法6条1項4号の建物だと思うのですが、6月20日以降必要となった、構造計算適合性判定とは関係ないのでしょうか。また構造罫線適合性判定ってなんですか。 あと事務所の申請にあたり、地上2階建ての場合消防設備は特に何も設けなくてよいのでしょうか。

  • 建築確認申請(審査)について教えてください。

    10月に建替え予定です。無事に建築確認申請も通るようです(営業の方の話)基礎は直接基礎で計画しています。しかし、現在の建物を取り壊しボーリング調査をした上で、最終的に基礎の形状を決定するとのこと。そこで、質問です。仮に調査の結果、地盤が弱くて杭基礎にするとなった場合は、改めて建築確認申請をすることになるのでしょうか?となると、着工も遅れてしまうのでしょうか。営業の方はそのようなことを言ってました。とても心配です。どなたか教えてください。

  • 建築確認申請費

    建築確認の申請費用について お知恵を拝借出来たらとこのカテゴリにおじゃまさせて頂きました。 現在新築一戸建ての設計中。工務店に建築設計施行をお願いしています。 先日見積をいただき、ざっくりでずが下記のように。 その中の費目で建築確認申請関連費用が140万と かなりの金額だったので、びっくりしました。 申請関連は外注に出すらしく、削れない費用だそうです。 建前としては「必要な費用なら仕方ない」と思ってはいても 納得できるほどの知識もないので これが妥当な金額かどうか分からないのです。 <見積> (木造住宅40坪)3300万 (RC外階段+RC地下駐車場*既存の外壁と外階段を壊し作り直す)700万=合計約4000万 内、建築確認申請関連費として ・現場調査費 \25000 ・手続き機関への事前審査及び調査費 \50000 ・風致地区許可申請費 \250000 ・建築確認 申請図面及び申請費 \400000 ・工事管理者及び工事施工者選任届 \20000 ・工事管理業務及び工事施行業務の請負契約締結証明届 \60000 ・中間検査申請及び立会、受領 \80000 ・完了検査申請及び立会、受領 \80000 ・車庫、構造計算及びペース配筋、スラブ配筋検査立会 \300000 ・上記 予備現場立会、検査費 \30000 ・各公納金(許可申請/確認申請/完了検査申請) \70000 更に来年10月から改正される法律によって、申請書類の数が増えて さらに金額が増えるというのですが。 (100万を目安にと言われています。) お聞きしたいのは ◎妥当な金額なのかどうか。  ※当方の情報が乏しく判断が付かない場合、ご質問下さい。 ◎下げる方法はないのか。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 建築確認申請書が3面までしかない

    家を新築しようとしています。住宅ローンの申請に建築確認申請書と確認済証が必要だったのでハウスメーカーからコピーをもらったところ、建築確認申請書は1~5面を提出、と銀行から指定されていたにも関わらず、1~3面までしかありませんでした。それでも構わず銀行に提出したら、ローンの審査は無事通りました。 今更ハウスメーカー等に聞くのもあれなので、ここで質問をさせて下さい。 ・なぜ3面までしかなかったのか ・なぜ3面までしかないのに審査で指摘されなかったのか P.S. ネットで調べたのですが、明確にはわかりませんでした。もしかしたらと思ったのが、4号特例です。確かにうちは木造二階なので、これかな、と。

  • 建築確認申請の変更について

    地上 3 階建の木造住宅を建築中のもの(施主)です。 内装の変更に関して、「建築確認申請の変更手続きが必要」と 工務店に言われています。変更の具体的な内容は、 「壁にクロス(壁紙)を貼らずに、石膏ボード(表面は下地用の 茶色いクラフト紙のような紙貼り)のままの仕上げに」する、 というものです。(以前にこちらで相談しています) http://okwave.jp/qa4681030.html 要約すると、建築確認申請後、クロスを貼ることを辞めようとしています。 このこと自体には建築法上も問題はないということなのですが、 お聞きしたいのは、これにより生じる変更手続きには大体どれくらいの時間が かかるのでしょうか?ということです。 2~3週間?1ヶ月くらい?半年とか…? 決まった期間などないとは思いますが、GWに引っ越しが間に合うかどうか、 という状況なので、本当に大体のところでもいいから知りたい、という 心境でご相談しています。 手続き申請中は工事が出来ない、とも聞いたことがあり、不安です。 またこれにかかる費用も、ケースによる相違も含めて(もし相違があれば) 教えていただけるとうれしいです。 あと、現段階で着工始まって屋根もかかっているのですが、 窓の有無や位置・大きさなんかは今からでも変更できるみたいなんです。 …窓の変更には建築確認申請の変更って必要ないのでしょうか? それとも、内装と建具類では申請の種類や内容が違っているから、とか そういう理由があるのでしょうか。 いろいろ聞いちゃってすみません、よろしくお願いします。

  • 建築確認申請費用と設計費用

    建築士を別に雇った場合、設計監理費用を払いますが、その中には何が含まれているのでしょうか? 建築確認申請の費用など、設計に携わる費用は全部含まれているのですか?一般的にいう設計関係の費用(本体の10~15%くらいだと思いますが)どこまで含まれているのでしょうか? また普通の30坪くらいの住宅で、建築確認一般の費用はいくらくらいなのでしょうか?

  • 増築

    両親との同居で、今ある庭に増築を考えています。といってもギリギリ建てても11畳ほどになりますが…あるリフォーム会社で契約しました。怪しい所ではないと思います。先日地盤調査をしました。今ある家は13年前に積水ハウスで建てましたが、地盤改良はほとんどなく出来ました。しかし、先日の調査結果から改良が必要だといわれました。おまけに、既存の建物も今は13年前より規定が厳しくなっているので、今の規定だと建築不適合だといわれました。 本当でしょうか? 契約は取り消せないし、金額は少なくても50万多くて100万上乗せといわれ困ってます!! おまけに、この家を建てたときの構造計算とか地盤調査書類があれば、今回の改良もしなくてすんだかも…といわれました。そんないい加減なものなのでしょうか?

  • 建築確認申請

    こんばんは。 家を新築することになりました。 そこで、教えていただきたいのですが、現在、建主にあたる主人の住民票が他県にあります(単身赴任)。 週の半分は自宅に帰ってこれます。 その場合、建築確認申請の建主欄の住所は住民票のある住所としなければならないのでしょうか? できれば、妻(私)、子供のいる自宅の住所として申請したいと夫は言っています。 宜しくお願いします。

  • 建築確認申請の日数

    お願いします。 木造3階立ての新築住宅の建築確認申請の日数はどれ位かかるのでしょうか?よろしくお願いします。大阪市です。