• 締切済み
  • 暇なときにでも

第一生命の株式について

第一生命の株式について、来年の4月に新規上場される予定のようですが、長く同社の保険をかけていた私にも数株の割り当てがある旨の連絡がきています。そこで教えていただきたいのですが、今の段階の私は、同社の株式の新株引受権があるということでしょうか。新規上場は4月なので、株式の売買はそれ以降なのでしょうが、今の私の地位を合法的に譲渡する方法ってあるのでしょうか(簡単に言うと、お金に換えるということです)。と言いますのも、近々(来年の1月)、まとまったお金が必要なため、降って沸いたような(?)この第一生命の新株がらみでお金を捻出できれば助かるなあと考えているからです。ちなみに、私自身、この株で一儲けしようなんて全く考えていません。お詳しい方、お教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数566
  • ありがとう数103

みんなの回答

  • 回答No.3
  • avocad
  • ベストアンサー率9% (238/2408)

第一生命から株か現金で受け取るかの郵便が9月頃に届いているはずですが来てませんか? 私は受け取りは現金にしましたが どちらにしても4月まで待たないといけません。 http://www.daiichi-kabu.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

僕も新株の割り当てがあり、妻も第一生命に長く生命保険に入っていますが新株の割り当てがありません。 1株未満の端株はお金で指定の預金口座に振り込まれるようです。 この株式割当は無償(株の代金を払わなくてもよい)です。 僕は生命保険契約の予想利回りの良い契約でしたので、低金利時代の続くなかで、運用利回り配当があったのは最初の2回位で、それ以降、数10年無配当でした。こういったことの運用利回りの支払いが長年できなかったことの補償措置として株式の無償割当がなされているようです。家内の生命保険は結構利回り配当が良い女性有利な利殖目的の契約であったため、利回り配当も続いて有利だった半面、株式割り当ては少なく、1株未満の和すかな割り当てしかなく端株処理で公開時以降の株価に基づいて、現金に換金されて指定の口座に振り込まれてくるはずです。 >今の段階の私は、同社の株式の新株引受権があるということでしょうか。新規上場は4月なので、株式の売買はそれ以降なのでしょうが、今の私の地位を合法的に譲渡する方法ってあるのでしょうか(簡単に言うと、お金に換えるということです)。 すべては、株式公開以降しか何もできません(お金に換えることもできません)。 お金がどうしても必要なら、消費者金融や他人から一時的に借りて、株式公開後、株を売り払って、そのお金で、一時的に借りたお金を返済すれば良いかと思います。 公開前の現時点では、まだあなたの所有の株になっているわけではない(受け取る権利発生の通知だけで公式な株が存在しているわけではありません。)ので、売買もできません。 すべては、4月の株式上場以降にあなたの株を処分してお金に換金できると思います。 第一生命の担当者に聞いたところでは、公開時の一株は10万円位か思うと言っていましたが、実際は公開してみないとどれだけの株価になるか、分かりません。また、最初は株価が乱高下することもあり、一定の株価に落ち着くにはしばらくかかる可能性があります。 4月の公開より後は、株を売り払っても問題ないですが、公開されていない今は、株式市場では売買できません。なので換金は4月の株式公開以降になるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • meitoku
  • ベストアンサー率22% (2245/9919)

新株の割り当て数の連絡はきましたか? 1株に満たない場合はお金にて振り込まれます。 1株以上あれば野村証券に株式口座を開設しますか?  手続きの書類が来ていると思います。 現時点では1株幾になるのかわかりません。 上場後に売買するしかないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第一生命の株式化について。

    第一生命の株式化について。 私は、昔会社によく来るセールスレディで、日本生命と第一生命の方がいたのですが、感じのよさそうな、日本生命に加入しましたが、この前に新聞で、第一生命が株式上場して加入者には、無料で株式を割り当てるとの記事を読みました。私は、あの時に第一生命に加入してたら、特だったんですよね? でも、なぜ第一生命に加入していた方は株を無料でもらえるのですか?第一生命に加入している方は、メリットだけで、デメリットはないんですか? 教えてください。

  • 第一生命の株式会社化と割当株式について

    第一生命の保険加入者です。 株式会社化されるということは聞いていたのですが、最近同社より「割当株式数のお知らせ」という郵便物が届き割当株式数3.3という通知を受けました。 同時に割当分を株式として受取るか現金で受取るかの確認書の返送依頼がありました。 今まで株式会社になり上場されるという単純な情報だけで、加入者に株式が割り当てられるなどということは予測していなかったため、具体的にどれ位の株価の規模の話なのか見当がつきません。  大まかな話として株価は1株あたり数万から数十万の値が付くと予測されると聞いています。 そうなった場合、私に割り当てられる金額は株価×3.3ということになるのでしょうか。 株として持つべきか、現金化するべきか?? どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • なぜ第一生命が株式会社になるとお金がもらえるの?

    第一生命に加入していました。 先日、「株式会社化にともなうお支払い金額のお知らせ」という通知が届きました。 第一生命が株式会社になったことは知っていましたが、それで何故自分がいつの間に「株主」になってしまったのか、よく分かりません。 また、株主になったからと言ってなぜいきなりお金がもらえるのかもよく分かりません。 今までの、私の掛け金はどうなったのでしょう? 契約内容には何か変わりがあるのでしょうか? 届いたハガキを読んでみても、第一生命のHPを見てみても、その辺りの明確な説明はないように思われます。 不安なので、誰か素人向けに分かりやすく教えて頂ければ幸いです。

  • 単元未満株式を売るには?

    株式割当増資により新株式の引受けの権利があります。この会社の単元株式数は1000株ですが、私に割当てられるのは900株です。単元未満株式は「株主名簿に登録します」ということですが、この株を売るときはどうするのでしょうか?また、「新株引受権の譲渡」とはどういう意味でしょうか? まったくの初心者ですので宜しくお願い致します。

  • 第一生命の上場株式について

    第一生命が来年3月に上場します。 株式の割当ての通知がきてまして、保有か売却を決めなければなりません。 1株どの位の見込みなのか) 売却と保有どちらがよいのか) 配当はおおむね何%くらいつくのか) 保有後、売却するにはどういう手続きが必要なのか) 株式は全くの素人です。情報をお持ちの方はご教授願います。 大同の時は、迷わず売却したのですが、後に株価がかなり上がったと記憶しています。

  • 具体的新株引受権とは、どういうことなんでしょうか?

    商法を勉強していて、具体的新株引受権というものがでてきたのですが、これはどういう意味なんでしょうか?定義みたいのはあるんでしょうか? ブアツイ法律用語辞典にも載っていないので、なんとなくあいまいな理解になってしまいます。 自分なりの解釈では、取締役会が新株の発行を決議し、各株式引受人に新株が与えられると決定した時点で具体的新株引受権となり、それ以前では抽象的新株引受権であると考えているのですが...あっているんでしょうか?

  • 第一生命の株式上場の件なんですが、現金で受け取る人と株式で受け取る人が

    第一生命の株式上場の件なんですが、現金で受け取る人と株式で受け取る人がいますよね。 現金で受け取る人の価格って、確定した公募価格相当分?、それとも上場日の初値相当分?。 どちらで計算されるかご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。

  • 第一生命株式化にあたっての割当株式数

    第一生命が株式会社化・上場することになり、 我が家にも「株式の割り当ての計算式」が書かれた冊子が送られてきました。     保険契約上の債務を     履行するために確保すべき     資産の額       ↑ (1)-(2)=(3)契約ごとの寄与分  ↓ 契約ごとの収支 (3) ÷ (4)= (5)契約者ごとの寄与分割合       ↓  全ての契約者の      寄与分の合計 発行株式総数 ×(5)=契約者ごとの割当株式(1000万株)            数            計算式は上記ですが、わたしにはまったく分からないので、自分の割当株式数が正しく計算されているか知りたくて電話で問い合わせしたのですが、秘密だと言われました。 納得しなければいけないのでしょうか?

  • 第一生命を解約

    第一生命を解約予定しています。 4月から株式になりますが、3月中に解約しても 株の権利はあるのでしょうか? いろいろ調べてましたが4月1日以降に解約したほうがいいという 書き込みもありよくわかりません。 詳しいかたおしえてください。

  • 第一生命の株式会社化

    第一生命の一般財形を長年続けて来ましたが、住宅購入のため解約しようと思っています。1000万ぐらい貯まっています。 住宅ローンは預金連動型のため、全額を銀行口座に入れるつもりでいましたが、第一生命からのお知らせで、将来株式会社化するとのことで、契約者の寄与分を計算し、契約者ごとに株式を割り当てるとのことが書いてありました。 その基準日となる補償基準日が当初のお知らせだと未定であったため、あまり考えずに解約しようと思っていたところ、念のために調べてみると、2009年の3月31日との情報がありました。 そこで質問ですが、1000万ぐらいの一般財形ですと、寄与分はどのくらいになると思われますか? 株価の値として、5万円より多いようでしたら、4月になってから解約ではなく、一部引き出しで対応しようかと思っています。それより少ないようなら、2月に解約して、預金連動型の金利を下げようと思っているのですが。 あくまでも予想になるとおもうのですが、株はやっていないので、まったく想像がつきません。何かアドバイスを頂けると助かります。