• 締切済み
  • 困ってます

平衡状態図(wt%,%)

合金の2元系平衡状態図について質問なのですが、 一般的に、横軸にはwt%がとられていると思いますが、たまに%が用いられてることがあります。 これは、意味合いてきに同じなのでしょうか? (Cu-35wt%Ni)と(Cu-35%Ni)は同じ意味なのでしょうか? また、別の話になるのですが 全率固溶の二元系状態図を考える場合 例えば、温度が液相線に達すると固体が生じますが それぞれの固体が(Cu-46wt%Ni),また(Cu-46%Ni)だった場合、 その1つの固体についてみると、Cu:Ni=54:46の割合で組成されてると 考えてよろしいのでしょうか? 初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1819
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

>> (Cu-35wt%Ni)と(Cu-35%Ni)は同じ意味なのでしょうか? No1さんがおっしゃる通り、wt%(質量%)とat%(原子数%)の二種類が 使われていますので単に%だけではわかりません。 たとえばA成分とB成分が1:1に化合した相が50%の目盛りのところにあれば at%かなと見当がつきますが、全率固溶傾向にある場合やA成分とB成分の 原子量(または式量)の差が小さいと分からないこともあります。 あと、軸の目盛りはwt%でもスケールはat%にとられている図もありますので 注意が必要です。 >> それぞれの固体が(Cu-46wt%Ni),また(Cu-46%Ni)だった場合、 すみませんが「それぞれの固体」という意味がよくわかりませんでした。 全率固溶ですから固相が二種類以上同時に現れることは無いと思うのですが。 温度を下げていくと、L→(L'+S')→S、のようになるはずです。 (Lが液相、Sが固相です) Cu-Ni系の場合Niのほうが融点が高いですから液相線、固相線とも 右上がりの線になります。 液相領域から線を下ろしていって液相線とぶつかったところから 右に行き固相線とぶつかったところの組成が初析固溶体の組成です。 英語のサイトですがページ中ほどにわかりやすい図が出ています。 参考にしてください。 http://www.sv.vt.edu/classes/MSE2094_NoteBook/96ClassProj/examples/cu-ni.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Zincer
  • ベストアンサー率44% (89/202)

一般的にどちらを用いるかは存じませんが、 at%(原子個数の割合)を示している場合が有ります。 単に”%”だけの表示の場合、どちらを示しているか不明であれば金属間化合物が示してあれば区別することが出来ます。 >それぞれの固体が(Cu-46wt%Ni),また(Cu-46%Ni)だった場合、 >その1つの固体についてみると、Cu:Ni=54:46の割合で組成されてると >考えてよろしいのでしょうか? wt%の場合は重量比、at%の場合は原子の個数の比になることは理解できていると思いますが、二元系の場合はそのように考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 全率固溶型の平衡状態図

    全率固溶型の平衡状態図において とある温度での固体の成分を示せと言われました。 これはどういう意味なのですか?

  • 合金状態図について

    アルミニウムの合金状態図を探しています。 Al-Siの2元系状態図は探し出せたのですが、 Al-Si-Cu-Ni-Mg合金(AC8A)の状態図が見つかりません。 そもそも、この合金の状態図って有るのでしょうか? Al-Siの2元系状態図を転用しても影響は無いのでしょうか? どなたか教えて下さい!

  • 二元合金 金-亜鉛 平衡状態図

    二元合金の平衡状態図を調べ、その平衡状態図を利用して、主反応、相変化を詳しく説明せよ。ただし、状態図が高温で終わっているときはそれ以下の温度では変化しないものと考えて良い。という課題が出たのですが、平衡状態図が全くどんなものか分かりません。 ちなみに、僕の場合はAu-Zn系、26wt%Zn,72wt%Znの平衡状態図を調べることが課題です。 そこで、参考になるサイトや文献がありましたら、教えて下さい。 (金-亜鉛の平衡状態図がそのまま載っているものはないんですかね?) また、26wt%Zn,72wt%Znがどういう意味なのかも教えて下さい。 今も自分で調べているのですが、よく分からなくて…

  • 二元合金 Au-Zn系 平衡状態図

    二元合金の平衡状態図を調べ、その平衡状態図を利用して、主反応、相変化を詳しく説明せよ。ただし、状態図が高温で終わっているときはそれ以下の温度では変化しないものと考えて良い。という課題が出たのですが、平衡状態図が全くどんなものか分かりません。 ちなみに、僕の場合はAu-Zn系、26wt%Zn,72wt%Znの平衡状態図を調べることが課題です。(図を参考に方眼紙にもう一度書き直す) そこで、参考になるサイトや文献がありましたら、教えて下さい。 (金-亜鉛の平衡状態図がそのまま載っているものはないんですかね?) また、26wt%Zn,72wt%Znがどういう意味なのかも教えて下さい。 今も自分で調べているのですが、平衡状態図がどんなものかという本はあるのですが、実際にAu-Zn系の状態図がないんですよね。

  • 正則溶体の状態図

    近日、物理化学の試験があり、 その過去問で分からない所があり、 材料の物理化学の教科書や、材料学の本などを調べても、 記載されておらず、困惑している状態です。 宜しくお願いします。 今、共晶反応のAg-Pbの状態図が与えられています。 また、熱力学データとして Ag 融点 960℃ 融解熱 11kJ/mol Pb 融点 327℃ 融解熱 5kJ/mol です。 問題文は、「Ag-Pb液体合金は、正則溶液である。700℃における液相線温度は、Xpb=0.23 である。この温度と組成におけるAgの活量(純粋固体Agを標準状態)を求めよ。また、同じ温度、組成におけるAgの活量(過冷した純粋液体Agを標準状態)を求めよ。そこから、相互作用パラメータを求めよ。」です。(700℃では、液体合金と固体のAgとの二相になっています。) それで、今、固体のAgの活量を求めようとしているのですが、 状態図をみると、700℃での固体のAgのmol分率は、Xag=1.00でした。 だから、この固体のAgの活量は1ということでよろしいのでしょうか? また、Xpb=0.23、液相線温度が700℃のときの液体Agの活量の求め方がわかりません。本をしらべても、状態図から活量を求める方法が記載さえれていませんでした。液相線での物質の活量はどのように求めればいいのでしょうか? そして、その後の相互作用パラメータの算出の仕方も悩んでいます。 これは、液相線では、液体Agと固体Agの化学ポテンシャルが等しいという条件を用いて、化学ポテンシャルから計算をすればいいのでしょうか? お分かりになった方どうか教えてください。

  • 2元系合金の状態図で幅が狭い場合って

    A、B元素の合金の2元系状態図があって、A2B、AB、A2B3など色々な割合の合金ができる場合で、例えばA2Bの合金ができる状態図の幅が非常に狭い場合(5mol%くらい?)のときを考えます。A2Bを作成目的としたが、組成分析などでA2Bの化学量論組成よりも若干Bの割合が多かったとき、A2B+Bの析出物が生じていることよりも、A2Bの中にBが固溶していることがあると聞いたのですが、なぜですか?その理由がわかりません。ラインの幅がどう関係あるのでしょうか?

  • 共晶2元系状態図

    合金の2元系状態図で共晶反応が起こるときの各相の体積分率について考えていたのですが、混乱してきてしまいました。 共晶組成からずれた組成の合金を一旦全体が液相(l)になる温度まで加熱してから冷却する場合を考えます。このとき、液相線とぶつかったところで固相のα相が出てきて、温度を下げるとどんどんその量が増えていきます。このとき、量の比はてこの原理で求められます。ここまではOKです。 さらに温度を下げて共晶温度に達したとき、共晶反応が起こって l->α+β に分解します。このとき、α:βの量比はα+βの2相領域の幅と初期組成から同様にてこの原理で求められると思うのですが、このときのα:βには共晶温度より高温ですでに出ていたα相も含まれているんでしょうか?それとも、この場合のてこの原理から求められる量の比はあくまでも共晶温度直前での液相が分解したものについてのみについて成り立つ関係でしょうか? なぜこのようなことを気にしているかというと、もし後者の解釈が正しいとすると、初期組成を決めて一定温度でどの相がどれくらい存在するかを状態図から判断するときに、熱処理の最高温度から履歴をつねに考えなければならないことになると思ったからです。いくつか本などで調べてみたのですが、あまりにも基礎的すぎるせいか記述されているものを見つけることができませんでした。どなたかよろしくお願いします。

  • 合金というか、二元系状態図について。Lever Relation

    A-B合金系の天秤の法則(Lever Relation)についてお聞きします。L+S共存相において、ある温度を決めた時の合金の濃度(その点から真下に下ろしたときのA-B軸との交点)をX0とします。また、その温度において、タイラインを引いた時の液相線、固相線との交点までのの濃度(液相、固相の平衡濃度)をXL および XSとして、平衡する液相、固相の量を WL WS とすると。 この5つ変数の関係(天秤の法則)が、 WL*(XL-X0)=WS*(X0-XS)~(1) -WL*(X0-XL)=-WS*(XS-X0) WL*(X0-XL)=WS*(XS-X0)~(2) であらわされる。とありました、 しかし、違う授業では、天秤の法則は WL*(XS-X0)=WS*(XL-X0)~(3) という形で示されました。 おそらく、(1)~(3)のどれかが間違っている可能性があるのですが、どれが正しいのでしょうか?それとも、状態図の形で、(1)~(3)の使い分けが必要なのでしょうか?

  • 原子の拡散/合金

    CuはSiに拡散するけど,Niは拡散しない,というように拡散する(これを固溶というのでしょうか)現象の(1)メカニズムはなんでしょうか?また,(2)ある金属Aとある金属Bは拡散し合うのかどうかというのはどうやって調べるものでしょうか?固溶するしないで考えればよいのでしょうか?それならば二元合金相図をみればわかるような気がしますが,いかがでしょうか.金属学に明るくないので,俄仕込みところがあります.見当違いなことを言っていたら,ご指導の程お願いします.よろしくお願いします.

  • 磁性と錆の関係に関して

    現在ニッケル合金の仕入れを行っています。 もともと若干の磁性を持つNi-Cu合金なのですが、 あるものはまったくつかなかったり、あるものはカチンと音がするほど勢いよくくっつきます。 組成分析では材料にばらつきはなさそうなので、結晶構造のばらつきによるものと思っているのですが。 質問は、このバラツキにより耐食性に影響が出るかということです。 磁性と錆に関して、因果関係はあるのでしょうか? Ni合金の文献が少なく、この手の情報がなかなかはいりません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。