-PR-
解決済み

詠み人知れず?!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.54281
  • 閲覧数1645
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 77% (7/9)

「憂きことのなおこの上に積もれかし限りある身の力試さむ」
この詩は、誰が詠んだのか知ってる方、是非教えてくださいませ。
宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

山中鹿之助ではなかったでしょうか?
尼子家十勇士の一人で、主家の再興の為、苦心惨澹、苦境に立つ毎に己を奮起させる為に歌った物だったと思います。
お礼コメント
James

お礼率 77% (7/9)

はじめましてasucaさん。早速のお答え、本当に有り難う御座います。
で、ちょっとした情報をjubakoさんから頂いたのですよ。
どうやら・・・
「山中鹿之助の歌として知られているが、これは誤りで、陽明学者・熊沢蕃山(1691没)の作と考えられる。」らしいのです。
いや~、私なんて両方とも知らなかったので、かなりお勉強させて頂きました。
また、分らない事がありましたら、是非教えて下さいませ。
よろしくお願い致します♪この度は本当に有り難う御座いました。
投稿日時 - 2001-03-21 18:09:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

熊澤蕃山 だと思います。

江戸時代初期の儒者で、中江藤樹に学び、岡山藩主池田光政に仕えて
儒学を講ずるとともに、治山・治水、飢饉対策などでも功績を上げましたが
その激しい政治的主張が幕政批判ととられ、下総古河に幽閉されてその地で
亡くなりました
お礼コメント
James

お礼率 77% (7/9)

はじめまして、JUBAKOさん。この度は、本当にありがとう御座いました。
そうだったのですか。陽明学者の熊沢蕃山だったのですか。
asucaさんからも回答を頂いて、
「山中鹿之助の歌として知られているが、これは誤りで、陽明学者・熊沢蕃山(1691没)の作と考えられる。」
と言う事がわかりました。
私は二人とも知らなかったので、Jubakoさんasucaさんの知識の豊富さに感激です!
本当に助かりました!
また分らない事がありましたら、お力を貸してくださいませ。
投稿日時 - 2001-03-21 18:18:12


  • 回答No.3

すみません、私が間違えていました。m(__)m
確かにその歌を検索にかけると、私の書いた人が
出てくるのですが、どうやらそこだけ間違ってたみたいです。
ごめんなさい。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ