解決済み

混合による、融点の低下のメカニズムについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5372009
  • 閲覧数3756
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 80% (40/50)

こんにちは。表題について疑問を持っております。

金属は、合金化すると、融点が下がりますよね。また、セラミックスも、助剤などを混合すると、焼結温度が下がったりする。時には、液相ができたりします。

なぜか?と疑問を持っても教科書は、「状態図のとおり~」といった説明となっており、詳しいメカニズムがよくわかりません。
活性化エネルギー?とかが関係しているのでしょうか?

少しでも良いので、お力を貸していただければ、と思います。よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 71% (846/1182)

学生時代、相図から情報を読取るのに苦労した思い出が有ります。でも、相図は
どうして作るのと言うことは、あまり考えたことが有りませんでした。

合金を異種の金属の混合物と考えると、理論的にはGibbsの自由エネルギーの
考察から相律が求められます。
金属の場合圧力による体積変化が小さいので、自由エネルギーFは、
内部エネルギーをE、エントロピーSとすると
F=E-TS、 平衡条件 dF=0     となります。

Eは原子の配列のみからの寄与Eoと温度Tでの熱容量の項Etからなります。
Sは混合のエントロピーSoと温度Tでの熱エントロピーStの項からなります。

Eは二種の金属A,Bが固容体を作るか、それぞれ全く自由な配置をとれる場合
(相分離が起こらない場合)、A,Bの組成比に応じて単純に加えたもの(加法性)
より小さいか等しくなります。
-TSも同様なA,B組成比依存性を示します。
結果として、自由エネルギーFは組成A→Bを横軸にした場合、下に凸な曲線
となります。
温度TをパラメータとしてT1<T2<T3<・・・<TnでFの曲線を描くと、
温度上昇に応じて曲線Fは上方にシフトします。

金属Aと金属Bの合金のある組成での融点が、加法性より低くなる事実は
この自由エネルギーFが下に凸であることからきています。
したがって、エントロピー効果が主と考えられます。
お礼コメント
neosoftuma

お礼率 80% (40/50)

大変ご丁寧なご回答、感謝です!

なるほど、混合によってエントロピーが増大し、それによって自由エネルギーが低下するため、融点が降下するのですね?

少し解ったような気がします。物理化学の教科書なども読んでみようと思います。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2009-10-20 04:41:51
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

「相図」に従って「結晶系」を探せばそれぞれの混合比での性質は分ります。
お礼コメント
neosoftuma

お礼率 80% (40/50)

ご回答ありがとうございます。
融点降下の、エネルギー的な視点からみたメカニズムはどのようなものでしょうか?
投稿日時 - 2009-10-18 07:52:02
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ