締切済み

線維筋痛症の専門医

  • 困ってます
  • 質問No.5371483
  • 閲覧数2141
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

福島県郡山市在住です。
線維筋痛症の専門医を近隣でご紹介いただけませんか?
友の会記載の郡山市、仙台市の病院では改善できませんでした。
山形県尾花沢市の医院が非常に理解があったのですが、遠方のため、
頻繁に治療を受けることができません。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (28/60)

随分痛みますか?
先日、大阪で線維筋痛症学会が開かれましたが、治療法に関してはまだ手探りの段階のように見受けました。
 が、一方“トリガーポイント療法”が期待に応えつつあり、その選択肢には鍼(はり)も注目されています。

・今年3月に、NHKさんが【“慢性痛”徹底対策2】と題して、ペインクリニックの仕事を紹介していました。
http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090304
 この時の講師、近畿大学麻酔科の森本昌宏ドクターが「鍼治療も有効です」と一言。

・以下はその鍼灸の考え方の一つです。 お手すきの折にご一読下さい。
 鍼灸療法― とりわけハリ療法は、撫で擦る小児鍼のような軽~い刺激から、硬化変質した病変部を切り崩すような外科的なテクニックまで。
治療ポイントは、頭のテッペンから足の裏まで、その守備範囲はとても広いものです。

“ハリ”は微小な“きず”、“お灸”は軽~い“ヤケド”
どちらも、脳や身体を誤魔化さない(我々の生体が熟知している)素朴な刺激であるが故に、潜在自然の治癒力も速やかに反応してくれる。
傷病の経過が長く、慢性的なほど、修復に手間取る可能性は高いですが・・・
 
けれど、「線維筋痛症だ」「へルニアだ」「脊柱管狭窄症だ」「手術だ」と言われながらも、その実態をよく見極めて、納得の行く治療法を希求し続け、“筋肉”の大切さに気付いた患者グループがあります。
 
 彼らが見出した治療法が、“トリガーポイント”の注射療法と鍼療法でした。 
その患者方グループが、立ち上げた掲示板が有ります。
 【Yahoo!掲示板-治療、療法-ヘルニア治療をされているかた】   http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1834884&tid=a5xa5ka5ka5a2bca3nea4ra45a4la4fa4a4a4ka4aba4bfa1a3&sid=1834884&mid=1です。
 自らの体験を通して、質問にも答えてくれます。裏付けとなる資料も満載です。ぜひご参考に。    
      選択肢を広くして、良い治療に巡り合われますように!
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ