• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

キャブレターOHについて

HONDA TODAY AF61のキャブレターOHについて教えてください 先日、1年ほど放置してあったAF61を知人から譲ってもらったのですが、 プラグ、ガソリン、バッテリーを交換しエンジンを掛けましたが、以下のような現象になりました、 (1)始動はできるのですが、1分ほどでエンジンが止まる (2)エンジン停止直後は再始動はできないが、5分程度経てば再始動できる 止まる様子はガス欠なような止まり方をする 私が実施したこと、 (1)ガソリンが来ていないと思い、フーエルホースを取り外し セルを回したところガソリンはホースから勢い良くでる (2)キャブレターを取り外したところ、キャブレター内部にはガソリンがある (3)キャブレターを分解し、MG、SG、本体を清掃、各穴をエアーが通るか確認し再組し取り付けしました しかし、今度は、いくらセルを回しても始動もできなくなってしまいました。 どこが悪いのか是非アドバイスをお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7233
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

アクセルをふかして始動してもエンジンは掛からないですか? オートバイスタータの点検 入力電圧の点検  オートバイスターター2ピン(灰)カプラの接続をはずす。冷間時からエンジンを始動した状態(エンジン冷間時:35度以下)でワイヤーハーネス側(車両側)の黒コード(+)と緑/橙コード端子(-)間の電圧を測定する。電圧がなければ正常である。 オートバイスターター2ピン(灰)カプラを接続し、エンジンを始動する。 オイルドレンボルトの温度を測定し、既定値になるまで暖機運転を行う。 ドレンボルト温度: 60+5度 暖機運転終了後に上記の点検と同様にエンジンが回転している状態でカプラ端子の電圧を測定する。バッテリ電圧があれば正常である。 上記の点検で異常がある場合はオートバイスターターの黒および緑/橙コード、油温センサの黒/白コードおよび緑/白コード、CDIユニットの赤/黒コードおよび緑コードの断線、ショートを点検し、油温センサーの点検を行い、異常がなければCDIユニットを交換して再度点検を行う。 抵抗値点検 オートバイスタータカプラ端子間の抵抗値を測定する。 標準値:2.8-5.2Ω(20度) 作動点検 キャブをはずし、スクリュ2本をはずしオートバイスタータボディを取り外す。オートバイスタータ通路にビニールチューブなどを接続し、吹き抜けるか点検する。 キャブレーターが十分に冷えた状態ではバイスタータ通路にビニールチューブなどを接続し、吹き抜くことができる。 カプラ端子間にバッテリを5分程度接続した後、同様に吹き抜けるか点検する。 このときバイスターター通路は閉じているため吹き抜けない。 上記の点検で異常がある場合はオートバイスタータを交換する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました、確認してみます

関連するQ&A

  • ヤマハ ミント エンジンかからず・・・・2

     再度、ご質問させていただきます。 ヤマハ ミントですが、どうしてもエンジンがかかりません。 負圧ホースを口で吸うと、キャブレターのドレンからガソリンが出てきますが、負圧ホースをキャブレターに繋ぎ、エンジン始動(キック、及びセルにて)では、キャブレターのドレンからガソリンが出てきません。 ホースの接続間違えはないと思います。(負圧・燃料・オイル各ホースのサイズが違うため) それから、エンジン始動時には、キャブレターの口(エアーエレメント接続部)を手でふさぐと吸われているようですので、負圧は発生していると考えてよろしいでしょうか? エンジンがかからない原因がわかりません。 わかる方おりましたら、どうぞご協力のほど、よろしくお願い致します。

  • ヤマハ ミント キャブレターのエアー吸い込み口を・

     こんにちわ、ヤマハ ミントの不都合についてご質問させていただきたく思います。 セルを回してもキャブレターのドレンからガソリンが出てきませんが、キャブレターのエアー吸い込み口を手で塞いで、セルを回すとドレンからガソリンが出てきます。 これは、正常なのでしょうか? それから、キャブレターのエアー吸い込み口を手で塞いで、セルを回すとエンジンはかかるのですが、ブーーーンと勢い良く吹け上がり、止まってしまいます。 そのとき、キャブレターのエアー吸い込み口から手を離してしまっているため、ガソリンがこなくなり、止まってしまうのでしょうか? う~~~~ん・・・わかりません。 2次エアーの吸い込みがあって負圧が規定量かからないということでしょうか? ちなみにインシュレーターの破れ、割れ、欠け等はありませんでした。 わかる方ございましたら、どうぞご協力のほど、よろしくお願い致します。

  • キャブレターOH後 初期設定(購入時の状態)

    ジョーカー50のキャブレターをOHし 取り付けました。現在不動です。 ガソリン、火花、セル良好です。 キャブレターバラす際初期の設定というのは有るのでしょうか? (閉めた状態から1回転半)など ガソリン、火花、セル良好の場合他にどのような掛からない異常が考えられるでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • 6750-sa
  • ベストアンサー率26% (428/1637)

   先週、全く同じ現象で悩みました。 原因はフロートバルブの接着でした、その経過を以下に記します。  1 最初の原因は古いガソリンを給油したことで燃料フィルタが詰まった。  2 フィルタの掃除でガソリンは、キャブまで来るようになり、始動から停止、その後再始動不能。  3 フロートバルブとシートフェースが、古ガソリンのせいでややネバ付き、軽い接着現象が発生してエンジンストップ。   恐らく、最初のガス欠でバルブが乾燥してネバネバが残ったと思われる、一見すると正常に動いて見えます。 このわずかなネバ付きに気付かずに、何度もキャブレターの分解をする結果となりました、    古ガソリン恐るべしです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました、フロートシートをもう一度確認してみます

  • 回答No.2

もともと、エンジンが掛かってたのに、全くかからなくなったと言うことは、組み付ける際に何らかのミスをしてる可能性は否定できないかもしれませんね。取り付けミスがないかを点検し直した方がいいと思います。あと、始動ミスを繰り返してるうちに、燃焼室内にガソリンがたまりすぎてるとか。。。念のために始動不能または始動困難の時の故障診断を書いておきます。 始動不能または始動困難 ステップ1 始動装置の点検 スターターモーターでクランキングできるか点検する クランキングできるか? NO→バッテリー上がりor始動装置の不良orエンジンの焼き付き Yes→ステップ2へ ステップ2 スパークテスト スパークプラグのスパークテストを行う (強い)火花が飛ぶか? NO→点火装置の不良 YES→ステップ3へ ステップ3 燃料装置の点検 キャブレータからフューエルチューブをはずす。 燃料コックの負圧チューブに負圧をかけたときガソリンが十分に出るか? NO→フューエルフィルターのつまりorフューエルチューブのつまり、折れorフューエルタンクキャップのエアベント穴のつまりor負圧コックの負圧チューブの劣化または外れ YES→ステップ4へ ステップ4 圧縮圧力の点検 シリンダーの圧縮圧力を点検する 圧縮圧力は正常か? NO→シリンダヘッドまわりの不良orシリンダ・ピストンまわりの不良orバルブクリアランスの調整不良 YES→ステップ5へ ステップ5 スパークプラグの点検 スパークプラグの状態を点検する。 スパークプラグが濡れていないか? NO→ステップ6へ YES→始動要領を間違えているorエアクリーナーのつまりorキャブレーターフロート油面の調整不良 ステップ6 始動状況の確認 通常の始動要領に従って始動してみる。 爆発の兆候はあるか? NO→ステップ7へ Yes→ガソリンの劣化orアイドル回転の調整不良or二次空気の吸い込みorキャブレーターのつまり ステップ7 オートバイスターターの点検 メインスイッチをOFFにして30分放置後キャブレータをはずし燃料増量回路にビニールチューブまたはストローを接続し口で吹いてみる。 吹き抜けるか? No→オートバイスターターの不良 YES→点火時期の不良orバルブクリアランスの調整不良

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

オートバイスターターが怪しいのではないか?と感じました もう一度確認してみます。

  • 回答No.1

おそらくはキャブが原因でしょう。 MJ、SJ掃除とありますが、SJは細かい穴が開いていて、一見綺麗になったと思っても詰まっていることがあります。 良く見て頂いて細い針金などで掃除する事ですが、緑青などでがたっぷり付いているなら新品に交換した方が良いでしょう。 MJも同様に確認しますが、あとはフロートとフロートバルブでしょうね。 これはバイクを知っている方に見て頂くのが良いと思います。 フロートバルブが固着していたりすると、どうしようもありませんから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

MJ,SJの交換も考えて見ます、ありがとうございました

関連するQ&A

  • FTR233のキャブレターについてですが、

    FTR233のキャブレターについてですが、 OHして、再度、キャブレターを付けたのですが、 エンジンが始動できません。 現象としては、ニュートラルランプが点かなく、 クラッチ切って、セルを押しても何の音なく、 ヘッドランプがパチパチ点滅します。 気になる点としては、キャブと繋がっている側の チョークケーブルを入れようとしたのですが、 なかなか、入りにくく完全に繋げていな状態です。 これが原因なのでしょうか?

  • SRDIO(ディオ)AF28のキャブレターについて質問があります。

    原付DIO(AF28)エンジン始動キックを踏むとキャブ横の穴からガソリンがでてかかりません 原付スクーターのDIO「SR」(AF28)中古で購入し一週間に1~2回を6年間のっています。今までのメンテナンス等は 簡単な記録として、オイル補充とプラグ交換とエアフィルター交換は年一回自力でおこない、ベルト関係は2年に一度バイク屋で交換してもらっていました。 今回、エアフィルターのBOXが破損したため取り外し、バイク用品店で網の着いた簡素なフィルターを取り付けキャブのO/Hをして乗っていました。 そのフィルター交換とO/Hをしてから2週間後の現在、キック始動を主としていたのですがエンジンがかからなくなりました。 キックを踏むとプスンプスンと2~3回(かかりそうでかからない) (なぜキックでの始動かというと= バッテリーが上がり、セルが回らなくなったのですが、キック始動が出来ることを知っていたので、特に新しいものも必要ないかと考えました、そのため新しいバッテリーをいれずに乗っていました。 バッテリーが上がってから半年程度たっています。) 今朝エンジンがかからなくなったときに、軽く点検を(目視してみると)キャブあたりから液体が漏れているのを発見し、液体を確認するとガソリンでした、なぜ出ているのか最初分からず、つづけてエンジン始動のためキックを踏むとキャブ横の穴からガソリンがキックを踏むたびに、ぴゅぴゅとでていることに気がつきました。 この原因として考えられるのはどのようなものがあるのか知りたくて ご相談させていただきました。 エンジンがかからなくなった理由はこのキャブレターの状態だから? 等を分かる方は是非ご回答よろしくお願いします たんなる、マフラー交換時期とかでしょうか? それとも、O/H時になにか、不良があったのでしょうか? ホースがついていてような記憶がありますが、劣化していて、はずした 事があります、しかし、記憶が定かではないため、ここから、ホースをはずしたかどうかあまり思い出せません。 ねんのため、写真一枚はりつけさせていただきます。

  • NSR125F(JC20)のキャブレター

    NSR125F(JC20)のキャブレターが壊れました。 下記のような状態で、困っています。よろしくお長居します。 どうやってもオーバーフローが止まりません。 ある日、車体の下を見るとガソリンが落ちていました。漏れている場所は、キャブレターの下の部分のパイプからです。 分解して掃除をしても無理でした。何度かやっているうちに紙製のパッキンが壊れてしまいました。(メインジェットの所)仕方がないので、8ミリの銅製の平ワッシャーの穴をリーマを使って10ミリに広げて、800番の紙やすりでバリを取ってから付けました。とりあえずガソリンは漏れていないので、これでいいかな?と思っています。心配は、厚さがもとと違うので、メインジェットの場所(高さ)が違うので大丈夫かな?というところです。 でも、オーバーフローは治りません。液面が高すぎるのかなあ?と思って、フロートについている金具(フロートが上がった時にについている弁みたいなものを支える金具)を少しゆがめてみました。やはりだめです。  ガソリンのホースをつないでフロートを手で上げたときはガソリンは止まっているのですが、組み立てるとオーバーフローしてしまいます。この加工により、正しい高さがどこであるかわからなくなってしまっています。 ちなみに、この車体、ガソリンが時々漏れている状態で、約一年ほぼ毎日走っていました。ガソリン漏れがひどくなったので、分解しました。 途中で一度組み立てました。組み立て後、セル一発でエンジンがかかり、2Kmほど走行(かなり高回転でエンジンを使いました。違和感はありませんでした。)して、エンジンをOFFにしました。(ガソリンコックは停止後OFF)その翌日の朝、セルモータを回転させるとエンジンが焼け付いたような感じで回りませんでした。押し掛けでもタイヤがロックしました。(2速)もう一度セルモータを回転させてみると回転しました。しかし、エンジンはかかりません。点火している様子がありません。圧縮はあるようです。異音もしていません。やはりガソリンの関係?昨日は、調子よく動いて、そのままなのに・・・。  なぜ焼き付いたような症状になったのかは疑問です。キャブレターにつながっているガソリン以外のホースを全部正しくつないだか不安なので、これが原因で焼けたりするかどうかも知りたいです。ひょっとして、キャブレターでオイルを混ぜている?でも、キャブレターにつながっているゴムホース全部外してしばらく置いていたけど、オイルは落ちていなかったのだけど。。。。 現在、オーバーフローはしているので、再度分解した状態です。やはりオーバーフローが止まりません。  オーバーフローの原因はどこが考えられますか?もし、フロートで抑えている弁の役をしているもの(名前がわからないが、超小型の鉛筆みたいなもの)であれば、他の車種は合うのかなあ?それ以外に考えられる原因はあるのかな?  キャブレターを交換するとすると、この古いバイクのキャブレター販売しているのだろうか?  他のメーカー?社外品?等で取り付け可能なキャブレターはあるのだろうか?等々たくさんの知りたいことがあります。 どうすればベストであるかと合わせて教えていただければありがたいので、よろしくお願いします。

  • キャブレターからガソリン漏れ

    ゼファー750に乗っています。 今日普段どおりチョーク使用しエンジンかけ走り出すとなんかスムーズに走らない(一気筒死んでいるような感じ)為見ると四番キャブレター付近からガソリンが漏れていました。エンジン止めると漏れず始動するとポタポタ漏れてきます。又、他のキャブレターのように熱くなく冷たかったです。 どのような原因が考えられるでしょうか。聞くところではキャブの下についている六角レンチではずせるナットを一回はずしガソリン抜きキャブレターのゴミを落とし又元に戻したら直る。と聞いてその部分探しましたがいくら探しても六角レンチで緩めるところ見当たりません。キャブレター一度分解してみなくてはいけないでしょうか。バイクショップに頼んだほうが良いでしょうか。よろしくお願いします。

  • キャブレターの液面が低すぎる時の症状

     NSR125F(JC20)2ストローグです。キャブレターの調子が悪かったため、オーバーホールをしました。(したつもり)ガソリンタンクからの燃料ホースと燃料フィルター交換。フロートとニードル弁とそれの受け側(当たる部分)の真鍮製のもの、パッキン・シール類・チョークジェット(折れていた)も交換。燃料ホースを取り付け、ガソリンの溜まる所を外した状態でフロートを動かすと燃料のON・OFFは正常にできています。点火プラグを外して点検すると火花はかなり強力に飛んでいます。でも、念のため新品のプラグに交換しました。この状態で、ニードルピンの長さ(で正しいのかなあ)は、かなり短く(混合気は濃い目)しました。  気温0度くらいの寒い時でもチョークなしで一発始動できています。気温がマイナスの時には、チョークを使います。これも、一発始動。このエンジンで、時々(かなりの頻度)調子が悪くなります。調子の良い時には、2速3速では、11000回転くらいまで一気に吹き上がります。調子の悪い時には、力不足の上、6500回転付近で頭打ち状態になって回転が上がりません。時折、ガス欠のような症状でエンジンが止まってしまうこともあります。止まってしまった時には、2~3分時間をおいてエンジンをかけるとまた普通に走ります。  原因が分からずに困っています。RCバルブ?と思ったのですが、これの場合は、ガス欠症状で止まったりはしないですよね。多分。今のところ、素人考えでニードル弁とフロートがスムースに動いていなくて、ガソリンの液面が低くなっているのではないだろうか?と考えているのですが、液面が低すぎた場合の症状を知らないのでよく分からないのです。でも、これだけエンジンの振動があれば、動きそうなものなので、原因が他にあるのかなあ・・・・。  どなたかわかる方いましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • Todayのエンジンストール

     HONDA Today(AF61 前期)走行距離2000km を友人から譲り受けました。  使用していない時期がほとんどだったのでセルは回らず、キックでエンジン始動はできましたが、アクセルをあけても吹け上がらないのでキャブのOHをおこないましたが、あまり変化なし。(アクセルを開けても回るときもあれば回らないときもある)  その後調べてみるとウィンカーをだすとエンジンストール、ブレーキをかけるとエンジンストールこのような症状がでたのでレギュレータがだめだろうと思い、中古のレギュレータを購入して交換したのですが、エンジンがかかりません。エンジンすら始動しなくなると自分にはお手あげなので、何か知ってる方がいましたらよろしくお願いします

  • キャブにガソリンがいかなくなりました

    3YKジョグZです。一週間ぶりにエンジンをかけよう としたら掛からず、ガソリンタンクからのホース(画像 のピンク色)を見たら空の状態で、ホースを外して セルを回してもポタポタとしか出ません。 以前、停車後もエンジンの回転が下がらなくるという 症状になり、一週間前にキャブを外してみて、ガタついて いた所があったので、そこのネジを締めこんでキャブを 組んだのですが、その時もエンジンが掛らず、ピンクの ホースを外してみたら一発で掛かり、すぐにホースを 繋いで、その後しばらくは再始動は問題ありませんでした。 もちろんガソリンは入っています。 考えられる事、やってみるべき事、アドバイスを 頂きたいです。 宜しくお願いします。

  • タクトAF16キャブレターセッティング

    ホンダタクトフルマークAF16昭和63年5月登録車のキャブレターセッティングについてご教示ください。 ふたつの質問がありますのでよろしくお願いいたします。初めの質問は、朝一のエンジン始動はセル一発で一秒もかからずにすぐ始動しますが、ある程度走り一度エンジンを止め、数十分時間をおいた後再びエンジン始動を試みると、セルにて七秒から十秒でやっとエンジンがかかります。しかしアクセルを開けてもすぐに吹き上がらず、エンストするかしないか数秒間くすぶった感じの後、やっとアクセル開度と同じ吹き上がりに戻ります。かなり年数の経った旧車ですが、エンジン、キャブレター、他ほとんどの個所をオーバーホール済み、ハイスピードプーリー、ベルトを組み込み、プラグの番手を一つ上げています。トップスピードは75キロメートルは可能です。どなたかこの症状を改善する方法をご教示頂けましたら、誠に幸せに存じます。次の質問は、キャブレターに、アイドリング調整のネジとエアー調整のネジが付いていますが、マニュアルによると、前記のものがネジを奥まで締めて2回転半戻したところ、後記のものが同じくネジを奥まで締めて1回転半戻したところが基準の位置ということです。その位置から調整をしていくらしいのですが、どうも今ひとつ、どのように調整をすればキャブレターをベストコンディションにしてあげることができるのか分かりません。初めの質問と合わせて、メカニックについてのプロフェショナルの方がいらっしゃいましたら、どうかこの悩みを解決してくださいませ。心よりお願い申し上げます。 補足 フロートバルブ、パイロットスクリュー、前記の各調整ネジ、またピストン、ピストンリング、オイルタンクはすべて新品の物と交換済みになります。

  • 耕運機のキャブレター掃除

    耕運機のキャブレター掃除について質問をしたいのでよろしくお願いします。 VAR545という耕運機ですが、エンジンをかけて低速にすると、エンジンが止まってしまいます。 色々と調べてみると、エアーフィルターを外して、その奥に入っているのがキャブレターであることがわかったのですが、キャブレターの■パイロットエアスクリュ■メインノズル■メインジェット■パイロットジェットという部品を外して、キャブクリーナーで掃除をすれば良いようなのですが、キャブレターを見ても、どの箇所がどの部品に当たるのか良くわかりません。何か画像付きで説明いただいているようなサイトでもあると良いのですが、検索をしても出てきません。このような場合はどのようにすれば良いでしょうか? また、オイル交換をした際にエンジンオイルを入れすぎてしまったようですが、そのような場合エアーフィルターからエンジンオイルが逆流してくることはありますでしょうか? エアーフィルターを外したところ、ガソリンだかオイルだかわかりませんが、垂れていました。 どなた様か、ご教示の程よろしくお願いします。

  • ヤマハ ミント エンジンかからず・・・

    はじめまして、ヤマハ ミント50について質問させていただきたいと思います。 キャブレター洗浄・マフラーつまりなし・負圧コック正常ですが、エンジンがかかりません。 キャブレターまでガソリンがきていません。 負圧ホースを口で吸うと燃料ホースからガソリンが出てくるのですが、その負圧ホースをキャブレターに繋いでも燃料ホースからガソリンが出てきませんでした。 この辺の不都合かと思うのですが、何が原因なのでしょうか? 圧縮漏れなのか、二次エアーの吸い込みなのか、はたまたキャブレター内部に問題があるのかわかりません。 どうぞよろしくお願いします。