• 締切済み
  • 困ってます

仮登記の本登記

下記のように登記簿がある場合の所有権移転仮登記の本登記について (1)A名義 (2)Bを仮登記名義人とする所有権移転仮登記 (3)C名義とする所有権移転登記 ※Aは、Cへ所有権移転登記後に住所移転した この場合の(2)の仮登記の本登記は、登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違しているので、当該仮登記に基づく本登記の申請には、その住所に関する変更証明情報を添付して申請することになるのでしょうか??

noname#102906

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1345
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.4
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

1つだけ書籍を記載しておきます。 2は登記研究346号記載あります。 安登は自分で調べるように

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 所有権登記名義人住所変更の可否と変更証明情報

    所有権移転仮登記があり、所有権が移転し、その後に、仮登記の本登記を行う場合において 登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違している場合、当該仮登記に基づく本登記の申請には住所に関する変更証明情報を添付してすることになるのでしょうか?? 所有権登記名義人住所変更登記の対象は、現に効力を有する登記名義人のことっとテキストにあります。 類似?で (1)売買を原因とする所有権移転登記について、所有権更正登記を申請する場合の、前所有者(2)「受戻し」を原因とする所有権移転を申請する場合の、権利者(仮登記義務者であった者) の場合、変更証明情報を添付するとテキストに解説があるのですが、 仮登記に基づく本登記においても、同様の取扱いになるのでしょうか?

  • 仮登記の抹消についてお教えください。

    所有権移転仮登記を登記権利者と登記義務者が共同で申請した場合、仮登記された時の登記識別情報は、仮登記権利者に通知されると思いますが、 この仮登記を本登記にするときは、登記義務者(所有権登記名義人)の登記識別情報を添付することで申請できます。 そうすると、仮登記時に仮登記権利者に通知された、仮登記の登記識別情報はどのようになるのですか? また、仮登記を単独で抹消するときは、仮登記時に仮登記権利者に通知された登記別情報を添付して仮登記を抹消できる。いうことですが、共同で抹消するときも、仮登記時に仮登記権利者に通知された登記別情報を添付して抹消することになるのでしょうか?

  • 所有権移転登記についてお教えください。

    過去問をしているのですが、以下の「答え」の理解ができません。 問題: 被相続人から相続人の一人に対して始期付贈与(始期は被相続人の死亡)を原因とする始期付所有権移転登記の仮登記がなされた後に、その本登記を申請する場合は、受遺者が登記権利者、その他の相続人が登記義務者となって申請する。 答え: 被相続人が推定相続人の1人へ不動産を生前贈与した後、贈与による所有権移転登記がされる前に相続が開始した場合は、当該所有権移転の登記は、受贈者を登記権利者とし、共同相続人全員を登記義務者として申請する。 これは、推定相続人の1人のために死因贈与契約がされたことにより、目的不動産について、始期付所有権移転の仮登記がされた場合において、当該仮登記の本登記を申請する場合も同様と解される。したがって、受贈者を含む相続人全員を登記義務者として申請する 始期付死因贈与契約に基づき、所有権移転登記の仮登記を申請する場合、贈与者を登記義務者、受贈者を登記権利者として、贈与者の生前に所有権移転の仮登記をすることになると思います。 そして、贈与者が死亡したことで、仮登記を本登記にすることになるので、この本登記の登記権利者は受贈者、登記義務者は贈与者の相続人(贈与を受けた者を除く)が請することができると思うのですが・・・。 なぜ、受贈者も登記義務者になるのですか、受贈与も登記義務者になるということは、受贈与は登記権利者であり、登記義務者でもあるということなのでしょうか?

  • 回答No.3
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

1,2,3 は登記先例、書式精義で認められています。 実際の登記実務には、判例は関係ない。判決で認められても、登記できないこともある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問箇所は、過去の登記名義人であるAの住所に関してです。 もう一度言います。 回答には、条文先例判例等のこちらで確認できるものを添えていただければ、幸いです。

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

原則 必要 例外 先例で省略の認められている物のみ省略可能 1,抹消の義務者 2,更生登記するときの、現所有者と前所有者の両者が義務者となる場合の    前所有者の住所等   現所有者は変更登記必要 3,相続登記の被相続人の住所 などと思います。 Cは抹消されるので、 Aが現所有者となる よって、Aの住所変更登記必要

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答には、条文先例判例等のこちらで確認できるものを添えていただければ、幸いです。

  • 回答No.1

あのさ、そこらの受験本にすら書いてるよ? 正しい氏名等で登記を受けた後に、氏名等に変更が生じた場合、 変更登記を。 当初から誤った氏名等で登記を受けた場合は、更正登記を。 ということは、おのずから、結論は明らかだよね? 一体、何を見て調べてるのかしらないけどさ、もうちょっと 自分で勉強しようね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

登記名義人の定義は、現に効力を有する登記名義人のことです。 過去の登記名義人は、所有権登記名義人住所変更登記を申請することは出来ないのです。

質問者からの補足

回答には、条文先例判例等のこちらで確認できるものを添えていただければ、幸いです。

関連するQ&A

  • 仮登記抹消登記の利害関係人

    所有権移転仮登記後、所有権がAからBへ次いでBからCへ移転している場合、仮登記名義人の承諾を得て抹消登記の単独申請ができる利害関係人にBが含まれますか?

  • 不動産登記法 仮登記について

    『相続を原因とする所有権移転仮登記または移転請求権仮登記はできない』 と某テキストにありました。 しかしながら、厳密にはできる場合もあるとの説明もされています。 これは具体的にはどのような場合になるのでしょうか? 自分なりになんとか考えてみたのですが… 仮登記された所有権の仮登記名義人が死亡した場合、「相続」を原因として仮登記申請できる。(できるというより、この場合は仮登記するしかない??) また、相続を予約することはおかしいので「相続」を原因とする所有権移転請求権の仮登記はできませんが、2号仮登記で登記の目的を「条件付所有権移転仮登記」として原因を「年月日相続 (条件○○の死亡)??」のような記載による登記申請はできるということで良いのでしょうか? ご説明お願いします。

  • 不動産登記の仮登記について

     司法書士を受験しようと思っていますが、ちょっとした事例です。  2例ありますのでよろしくお願いします。  (1)仮登記  甲区1番でAさんが所有権を取得し、その後、甲区2番で「条件付 所有権移転仮登記」で(条件 農地法第5条の許可)Bさん名義で仮 登記のある不動産があります。この度、Bさん名義で所有権移転の登 記申請をしたいと思いますが、仮登記と同じ原因日付で本登記ではなく、3番で所有権移転登記ができるのでしょうか?  なお、地目は仮登記後にすでに農地から他の地目に変更しています。    (2)利益相反行為(不動産登記)  所有権移転登記をする際、A株式会社の取締役の名義からA株式会 社への所有権移転登記は利益相反行為に該当し、議事録等が必要にな るのでしょうか?  

  • 仮登記について教えください。

    売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記の登記がされている土地に、その後、根抵当権が設定されました。 所有権移転請求権仮登記を本登記として所有権移転登記を行ったときには、仮登記後に登記された根抵当権はどのようになるのでしょうか、教えて下さい。 そして、仮登記を本登記にしたいのですが、所有権者が応じないときには、どのような方法で対処するのでしょう、ご教示をお願いします。

  • 不動産登記「仮登記」について勉強中です。

    不動産登記「仮登記」について勉強中です。 お世話になります。 「仮登記」について、 確信が持てないことがいくつかあって、、、 (1)所有権に関する仮登記の抹消を、  義務者(仮登記名義人)が単独で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書(仮登記名義人自身のもの)…いる (2)所有権ではない権利の仮登記の抹消を、  義務者・権利者が共同で申請する場合、  登記識別情報(仮登記したときのもの)…いる  印鑑証明書 …いらない (3)仮登記の変更・更正・抹消の申請は、  利害関係人の承諾書が得られなければ、  することができない。  (裁判による方法を除けば打つ手なし?) ↑これらは正しいですか? いちばんわからないのが(3)です。 ((1)(2)(3)、ぜんぶ間違っていたら、、、  、、、ショックです )

  • 不動産登記法109条 仮登記

    不動産登記法109条 仮登記 1項に、所有権に関する仮登記に基づく本登記は第三者の承諾があるときに限り申請できる旨かかれていますが、 2位 抵当権設定冬季 3位 所有権移転登記 みたいになっているとき、1位の所有権移転仮登記を本登記するには、2位と3位の承諾が必要ということでしょうか? もしそうだとして、承諾がなかった後はどのようになるんでしょうか? ご教授のほどよろしくお願いします。

  • 仮登記について

    所有権移転仮登記について教えて下さい。 例えば、Aが住宅ローンが残ってるある建物をBから購入したとします。 しかし、抵当権を持っている銀行が移転登記の承諾が得られなかったので、 所有権移転仮登記したとします。 後日、Cがその建物を相続で取得し、所有権移転登記(本登記)したとします。 この場合、AはCに対抗できないのでしょうか? 仮登記について、いま1つ理解できていないので、アドバイスの程よろしくお願いします。

  • 所有権移転請求権仮登記の本登記

    (1)所有権移転請求権仮登記に(2)付記でその移転請求権が仮登記されている場合、(1)の仮登記に基づく本登記をする時は(2)の登記名義人は利害関係人となり、承諾を証する情報が必要とされますが、これは何故でしょうか?

  • 所有権仮登記に重ねて移転請求権仮登記は可能?

    B名義の所有権仮登記について移転請求権仮登記がされている時、重ねてB名義の所有権仮登記に移転請求権仮登記をすることはできるでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 仮登記の可否について

    仮登記の可否について 相続を原因とする仮登記をすることはできないと聞いたことがあります。 でも、仮登記抵当権の場合、もともとが仮登記なので、相続を原因とする移転仮登記をすることができるというのも聞いたような気がします。 質問(1) 相続を原因とする抵当権移転仮登記の移転仮登記は申請できるのでしょうか? 質問(2) 相続を原因とする所有権移転仮登記の移転仮登記は申請できるのでしょうか? はっきりしないのですが、所有権と所有権以外で取り扱いが異なっていたような気もして混乱しています。どうかこの点について教えてください。お願いします。