• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ISDNの2B+Dについてpart2

  • 質問No.52490
  • 閲覧数190
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 34% (13/38)

前回の質問でTDM方式によりデータを転送しているのはわかったのですが、音声データなどはどのようにして運ぶのでしょうか?TDM方式だとインターネットなどのデータは大丈夫でも音声データは途切れるようなきがするんですが・・・。
なぜTDM方式で音声データが運べるのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

TDMそのものよりも音声のディジタル伝送のURLの方がいいでしょう。
少し難しいかもしれませんが、絵だけでもじっくりご覧ください。
3章のb,音のディジタル化、c,標本化・量子化・符号化
あたりを中心にお読み下さい。

蛇足ですがTDMについて。
「あいう」を3本の「ようかん」とします。「赤色」「黄色」「青色」
です。これを送るのに、それぞれの「ようかん」を薄く切り、相手に見本
として別々に送って、向こう側で新しい「ようかん」をならべると考えて
下さい。薄切りの「ようかん」の見本から完全な「ようかん」の並びが復元
出来るはずです。TDMの部分では薄切りのようかんが流れています。
お礼コメント
ses3

お礼率 34% (13/38)

非常にわかりやすかったです、わからないと気になるもので。
またこんな質問をすると思いますのでそのときはお願いします。
投稿日時:2001/03/16 16:22

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

もちろん送れます。
TDMはISDNで初めて使われたわけではなく電話局間などで使うことで1本の線で複数の音声を送っていました。
補足コメント
ses3

お礼率 34% (13/38)

すいません教えられたホームページ難しくてちょっとわかりませんでした。
TDMの説明の絵がありましたが、「あいう」→あ い  う →「あいう」みたいに書いてあったのですが「あ い  う」のような間隔で転送されているのになぜ「あいう」として届くのでしょうか?。すいませんがお願いします。
投稿日時:2001/03/16 15:07
お礼コメント
ses3

お礼率 34% (13/38)

答えていただいてありがとうございました。またこんな質問をすると思うのでそのときはよろしくお願いします。
投稿日時:2001/03/16 16:24
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ