• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ISDNの2B+Dについて

  • 質問No.52238
  • 閲覧数567
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 34% (13/38)

ISDNはBチャネル2つとDチャネル1つから構成されると本に書いてありました。電話とインターネットが両方できるのはBチャネルをTELとインターネットに分けているからでしょうか?。工事により回線を1本から2本にしているのでしょうか。かなり初心者の話なのですがお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

>一本の腺に統合したとありましたがアナログではできなくて、なぜデジタルはできるのですか?

アナログでも出来るんですよ。それがADSLなどになっているんです。もちろん色々な技術的な方法は違いますが使う線は一緒です。

どうやって送っているかは参考URLを見ると分かりやすいです。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

ケーブル自体は今までのアナログ回線と同じメタルケーブルを使っています。
そこに2つののBチャンネル(データ通信用)と1つのDチャンネル(通信機器の情報制御通信用)を通しています。
このBチャンネルを利用してデータ通信や電話通信などを行います。
信号は統合化、多重化されて送信されてこの2つのBチャンネルと1つのDチャンネルが送受信されています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (91/314)

64kbit/sのBチャネル2本と16kbit/sのDチャネル1本から構成されています。
ただし、ISDNは物理的に3本の線を持つということではありません。現在使っているアナログ電話用のメタルケーブルをそのまま使い、もともと個別に行われていた通信をディジタル化することによって、1つの回線に統合・多重化して伝送できるようにしたものです。

<NTTのページより抜粋>
補足コメント
ses3

お礼率 34% (13/38)

すいません続けて質問です。一本の腺に統合したとありましたがアナログではできなくて、なぜデジタルはできるのですか?
投稿日時:2001/03/15 22:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ