• 締切済み
  • 暇なときにでも

コーヒーは脂肪燃焼効果がありますか?

コーヒーには運動前に飲むと脂肪燃焼効果があると聞いたことがあるのですが本当なのでしょうか? 一応有酸素運動の前にコーヒー、運動前中後にクエン酸を飲み、食事制限を行ない、4ヶ月で体重が12kg落ちました。 不思議と空腹感や疲労感などありません。 自分でもどうしてこんなに体重が落ちたのかよく分かりません。 コーヒーのお陰、それとも食事制限でしょうか? 食事もそれほど減らしておらず、運動は何年も前から続けてます。 クエン酸が関係あるのでしょうか?

noname#93006
noname#93006

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数321
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4

>コーヒーには運動前に飲むと脂肪燃焼効果があると聞いたことがあるのですが本当なのでしょうか? あえて「無い」と言っておきます。 コーヒーに含まれているカフェインには、血中の遊離脂肪酸を増やす硬貨がありますが、これも常用しおていれば、人体が同じ刺激に慣れて適応します。他にも脂肪をエネルギーとして使いやすくする、という宣伝文句で売られている商品も、同様です。 それと、血中の遊離脂肪酸が増えた=脂肪をエネルギーとして使っている、というわけではないです。 いくら遊離脂肪酸の量が増えたところで、実際にエネルギーとして使われたかどうかは、一般では判別不可能です。 実際には呼気分析でもしないと、脂肪、糖、どっちがエネルギーとしてより多く使われているかは、分かりません。 スポーツ生理学の常識では、運動前に摂取したエネルギーが、直後の運動では、エネルギーとして優先的に使われる、という傾向があります。 なので、質問者様が、砂糖入りのコーヒーを飲んで有酸素運動を行った場合、飲み物に含まれている糖を優先的にエネルギーとして使う傾向が強くなります。 実際、痩せた理由は、摂取量を絞った上で、余計に消費量を増やす運動を継続されたからでしょう。 >クエン酸が関係あるのでしょうか? あまり関係ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり食事制限と運動のお陰なんですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

1日3杯のコーヒーで脂肪燃焼量が2倍になったという実験結果もあるようですので、コーヒーにある程度の脂肪燃焼促進効果があると思います。 特に、質問者さんの場合は飲んだ後に有酸素運動をされていますので、コーヒー効果がしっかり出たのだと思います。 とはいっても、食事制限の効果の方がはるかに高いと思います。

参考URL:
http://www.ntv.co.jp/omoii-tv/teacher/080430.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コーヒーも多少は効果があったのかもしれないんですね。 でもやっぱり食事制限の効果なんですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

私は無いと思いますよ。 毎日10杯前後ブラックを、食前・食中・食後・食間構わず口にしますが下腹のポコンは、相変わらずです。 コーヒーには、利尿効果があります。 食事制限と運動量でしょう。 クエン酸も効果は???です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

食事制限と運動量ですかね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#146889
noname#146889

「コーヒーは確かに脂肪燃焼効果があるけれど、  本当に微々たるものだ」と、 何かの本に書いてありました。 食事制限したからじゃないですか!?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり食事制限でしょうか。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 脂肪燃焼を阻害する行為について

     毎日のように有酸素運動(踏み台昇降)を50分ほどしているのですが、なかなか体脂肪率が下がりません。何か脂肪燃焼を阻害することをしているのかもしれません。以下のようにしているのですが、何かまずいこと、あるいはこうした方がもっといいという点をご指摘頂けると幸いです。テレビ番組(「あるある」など)に沿ってやっているつもりなのですが…。  踏み台昇降は、なるだけ空腹時、できれば起床後朝食前にするようにしています。運動開始約15分前に、アルファリポ酸のほかカルニチン・オルニチン・アルギニン・BCAAの各アミノ酸を摂っています。運動は激しくはなく、10分ごとにお茶を一口ずつ飲みながらほぼ50分連続で行っています。運動直後に食事することが多いです。シャワー・入浴は運動から30分以上経過してからしています。  ちなみにこれといった食事制限はしていませんが、寝る前2時間は食事しないようにしています。

  • 運動前にコーヒーを飲んで脂肪燃焼効果UP

    コーヒーを運動前に飲むと脂肪燃焼効果UPすると聞きました。 しかし、飲んでいるのですがあまり効果が出ません。 量はどのぐらい飲めば良いんでしょうか。 沢山飲んでしまうと体重が増えてしまうので(水って重い;)あまり飲んでいません。だからでしょうか。 どなたか教えて下さい。

  • 脂肪燃焼に効果的なのはどちらでしょうか?

    先ほどの質問で脂肪燃焼に効果的なのは、 二酸化炭素の排出と知りました。 そこで思ったのですが、 1 マスクをして有酸素運動をおこなう 2 酸素ボンベを吸入して運動を行う 3 酸素含有量が多いと表示してる水を補いながら運動をおこなう いずれの方法が効果的でしょうか、 また全く間違っているトレーニング方法はありますか? 具体的なアドバイスをいただきたいです。 例えば、 (かってな憶測です→)マスク運動は脂肪燃焼には悪いがスタミナをつけるには効果的などといったようなコメント (スタミナの点では「○」脂肪燃焼の点では「×」といったようなものをお待ちしています。)

  • アミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果ありますか?もちろん有酸素運動の前に取る場合です!

    DHCの方に有酸素運動の前に飲むとよりいい脂肪燃焼系サプリについて聞きました。 わたしは25歳なので、コエンザイムQ10やカルチニン、αリポ酸は十分作られてる、必要ないと言われました。 20代の有酸素運動前に飲む、脂肪燃焼にいいのは、アミノ酸ということでした。 そこで、質問なんですが、コーヒーなどに含まれるカフェインも、運動の20~30前に飲むといいとよく聞きますが、アミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果が高いのでしょうか? 、

  • お腹の脂肪燃焼について

    高校2年でバスケ部に入っています。 僕はお腹の脂肪にいつも悩んでいます。 腹筋はできなくなるまでやって、背筋はキツイなぁと思うぐらいにやってます。 大体3セットぐらいしてます。 なるべく腹筋が割れるようにいろんな体幹トレーニングをしています。 トレーニングは2日に一回のペースです。 ですが、何日何ヶ月と経ってもなかなか割れないです。 僕は水分の摂り過ぎか脂肪のせいで隠れているのでは?と考えました。 水分はこれから撮り過ぎないように制限をするつもりなのですが、脂肪燃焼に悩んでいます。 少し調べたのですが、有酸素運動がイイと分かりました。 朝の有酸素運動や、有酸素運動のあとに腹筋をすると効果があるとわかったのですが、気になる点を見つけました。 朝の有酸素運動は脂肪がエネルギーとなって燃焼してくれると分かったのですが、栄養士の講演会でお腹を空かした状態で運動をすると筋肉がエネルギーとなって筋肉量が減ると言っていました。 朝の有酸素運動はどっちがエネルギーとなるのでしょうか? あと、筋肉量が減らない、かつ脂肪燃焼できるトレーニングを教えて欲しいです! 長文になって申し訳ないですが、よろしくお願いします。

  • 脂肪燃焼に関する疑問点(1)

    タイトルの件、いくつか疑問が生じています。 ◎前提 A.ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動 の流れで、ウエイトトレで血中遊離脂肪酸濃度を高め、効率の良い有酸素運動での消費を考えています。 B.筋肉を動かすときの運動エネルギー源は、アミノ酸、グルコース、そして、脂肪酸。このうち、アミノ酸が運動エネルギーとして使われる割合は常に15%程度。 残りの85%は脂肪酸とグルコース(糖)が競合して用いられ、  (1)トレーニング状態  (2)運動の強度や時間  (3)運動前・運動中に摂取する飲食物 等の影響を受けて、それぞれの割合が大きく変動する (疑問1)運動前・運動中に摂取する飲食物 運動の前後に糖質を摂ると脂肪燃焼が止まってしまう。ただし、例外として、果糖(フルクトース)は、脂肪燃焼を止める作用が著しく小さい。だから、ウエイトトレから有酸素へのインターバルでは果糖(フルクトース)を摂取しなければ、却って有酸素運動の脂肪燃焼効率が下がる結果になりかねない。果糖(フルクトース)はネットで1200円/kg程度で販売しているようだ。 ウエイト・トレーニング → (10分程度のインターバル) → 有酸素運動という流れの中で、筋肉を維持し、効率よく脂肪燃焼を行うためには、それぞれの運動中になすべき水分と栄養の補給は? また、やってはならない補給は? 例えば、ジョグ中のアミノバイタルなどを飲むことは脂肪燃焼を妨げるか? (疑問2) 安静時に消費されるエネルギーは、凡そ糖質:脂質=1:1か? 最大心拍数の60~75%程度の有酸素運動が最も効率よく脂肪燃焼をする。それを超えると糖質に依存する割合が増える。 ウエイトトレではほぼ100%糖質。 最も効率よく脂肪燃焼をした場合、エネルギーの何%くらいまで期待可能か?そういった研究データはありますか? 言い換えれば、ランとジョグの消費エネルギーが拮抗するのは、凡そ7.5km/hというデータがあるようですが、ここからファットバーンゾーンの最大心拍数×60~75%までの、脂質と糖質の消費割合を示すような数式またはグラフなどはありますか? 質問項目が多いので、とりあえず2つ。 仕事の合間で文章を推敲せず、ぶっきらぼうでごめんなさい。m(__)m

  • 効率の良い脂肪燃焼とは?

    最近太り気味でジムに通うことにしたのですが、クロスという器具で有酸素運動を20分やって、その後筋トレをするということを3回繰り返しているのですが、効率よく脂肪燃焼するには20分以上有酸素運動したほうがよいとのことですが、1時間継続して有酸素運動するのと有酸素運動を20分やって筋トレを10分、すぐに有酸素運動をまたやるという繰り返しとでは、効果はさほど変わらないものでしょうか?あとスポーツドリンクでヴァームが脂肪燃焼によいと聞いたことがあるのですがどうでしょうか?他にも脂肪燃焼に良いサプリや飲料水、運動方法などがありましたら教えてください。お願いします。

  • 脂肪燃焼について分からなくなりました。

    お世話になります。 有酸素運動に最適な脈拍数で運動していてジワっと汗が出ている時はいい感じがするのですが、考えてみれば、一日の摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回れば体重を下げられる訳ですから、筋トレとかの無酸素運動や糖が燃えるというようなハアハアするようなランニングでも消費カロリーの増加には貢献するので、狭義に脂肪燃焼の運動に余りこだわらなくてもいいんじゃないのかな?という素朴な疑問がわきました。 そこらあたり何だか分からなくなってきましたので教えてください。 よろしくお願いします。

  • 脂肪燃焼 食事の摂り方について

    今、体脂肪を減らすことと、体を引き締めたいと思い 今週金曜日からジムに通う予定でいます。 (身長157cm 体重53kg 体脂肪29,2%) 会社帰りにジムに通う場合と、 休日にジムに通う場合の食事の摂り方について、 質問させてください。 ◆会社帰りジムに通う場合  朝、昼は普通に食事を摂ります。  会社が18時で終わり、ジムに着く時間は19時半頃になります。  お昼から18時の間、お菓子などの間食はしませが、  ジムに着く頃には、お腹が空いてしまい運動するのが、  辛くなるのではないかと心配です。  なので、16時頃会社でプロテイン入りのドリンクをさっと飲み、  運動する前に、脂肪燃焼効果のあるドリンクを飲む。 ◆休日にジムに通う場合  基本的に午前中に行きたいと思っています。  脂肪を燃焼させるには、空腹時が良いと聞いたので、  朝は食事は摂らず、プロテイン入りのドリンクのみ飲んで、  運動する前に、脂肪燃焼効果のあるドリンクを飲む。 上記の食事の摂り方を考えていますがどうでしょうか。。? プロテインの飲むタイミングがいまいち分かりません。。 これで効果的に脂肪は燃焼できますでしょうか。。 余り知識が無く、心配なので どなたか改善点などありましたら教えて下さい。

  • 脂肪燃焼の効果について

    脂肪燃焼の効果について 正しい有酸素運動のやり方として、次の二点が推奨されています。 (1)朝食後より朝食前の有酸素運動が脂肪燃焼を高める (2)筋トレで成長ホルモンの分泌を促し、脂肪分解酵素であるリパーゼの量を増やし、その後で有酸素運動をすると、脂肪がより効率的に燃える。 いずれも生理学的には正しいことなのでしょう。 特に前者(1)は川崎医療福祉大学による実験でも明らかになっています。RQ値(呼吸商)も示されています。 しかし、このようなことを実践することにより、体脂肪率と体重の減少に、どういった条件下で、どれ位の期間で、どのような数字となって、より良い効果が出たかについての検証には一切触れられていません。 もちろん個人差があるでしょうし、過剰な糖質・タンパク質の脂肪への変換能力などの要因も絡むでしょうから、そのようなことを考慮しないで、ラフな数字で良いので教えて頂けませんか? 私はダイエット→シェイプアップを経て、現在はバルクアップの段階にあり、「増量期」と「減量期」に分け、筋トレと有酸素運動の比率をその都度変えながらエクササイズしていますが、冒頭のようなやり方による顕著な効果は、残念ながらこれまで体験していません。インターネットGoogleで「ダイエット」を検索してみると、検索結果の件数は、何と1億件近くあるので、びっくりしました。蓋し多くの人達の関心事だからなのでしょう。それだけにセンセーショナルな情報が誇大化され、一人歩きしているケースが多いのではないかとも思っています。