• 締切済み

どうしても分からないです。

0.050mol/Lシュウ酸水溶液20mLをとり、硫酸を加えて酸性にした。 これを約60℃に温めたのち、濃度不明の過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、16mL加えたところで終点に達した。 (1)この反応をイオン反応式で示せ (2)過マンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか この問題で(1)は解けました。 5H2C2O4 + 2MnO4 → 10CO2 + 2Mn2 + 8H2O ですが、(2)についてはどうやってだせばいいのでしょうか? 説明もしていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。 もし、(1)も違うようでしたら、教えてください。

みんなの回答

noname#160321
noname#160321
回答No.1

(1)はこれで結構です。酸性での過マンガン酸はMn^7+→Mn^2+、の五電子反応です。 (2) シュウ酸 5molに対し 過マンガン酸 2molで釣り合いますから、 0.050 (mol/L) × 20 (mL) ÷ 5 = C (mol/L) × 16 (mL) ÷ 2 1.0 (mol) ÷ 5 = C (mol/L) × 8 (mL) C (mol/L) = ?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 化学Iの酸化還元滴定について

    以下のような化学Iの酸化還元滴定の問題が分からず、皆さんの知恵を拝借できればと投稿しました。 この分野はとても苦手なので、出来れば詳しい解説も添えてくだされば嬉しいです。 濃度の分からない過マンガン酸カリウム水溶液がある。この濃度を調べるために次のような実験を行った。下の問いに答えよ。 ・操作1 0.050mol/lのシュウ酸標準溶液500mlをつくった。 ・操作2 シュウ酸標準溶液を10mlとり、少量の硫酸を加えたのち、温めながら濃度の分からない過マンガン酸カリウム水溶液で滴定したところ、25mlを要した。 (1) 操作1でシュウ酸結晶H2C2O4・2H2Oは何g必要か (2) 硫酸酸性における、シュウ酸と過マンガン酸カリウム水溶液との反応の化学反応式を示せ。 (3) 過マンガン酸カリウム水溶液の濃度は、何mol/lか。 (4) この滴定における反応の終点は、どのようにしてわかるか。

  • 中和反応の問題

    0.040mol/lのシュウ酸水溶液10.0mlを三角フラスコに取り、少量の希硫酸を加えて酸性にした。これを温めながら、濃度0,010mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を少しずつ加えて過不足なく反応させた。この過マンガン酸カリウム水溶液は何mlか。という問題が解けないです。 イオン反応式出すところまでならできるんですが・・・。関係ないかな?? 考えても答えが合わないので困ってます。

  • ある濃度の過酸化水素20.00mLに、硫酸酸性0.01000mol/L

    ある濃度の過酸化水素20.00mLに、硫酸酸性0.01000mol/L過マンガン酸カリウム水溶液を、その赤紫色が消えるまで反応させると、24.00mLを要した。この過酸化水素水のモル濃度を求めよ。ただし、過マンガン酸カリウムと過酸化水素は、それぞれ以下のように反応する。答えは有効数字四桁でこたえよ。 MnO4- + 8H+ + 5e- → Mn2+ + 4H2O  H2O2 → 2H+ + O2 + 2e- という問題なんですが式をまとめたあと何するかさっぱりわかんないです。まとめたしきもあっているかわからないのでよければとき方を教えてください。

  • 酸化還元の問題です

    シュウ酸二水和物((COOH)2・2H2O)0.756gをとり、水に溶かして100mlにした。このシュウ酸水溶液10mlをコニカルビーカーに測り取り、ここへ6mol/l希硫酸10mlを加えたものを70℃に温めておいた。 この溶液が温かいうちに、濃度未知の過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、16.00ml加えたところで、溶液の色が無色から淡赤色に変化した。 この過マンガン酸カリウム水溶液のモル濃度を求めよ。 詳しい解説お願いします。がんばって理解したいです><

  • 酸化還元反応について

    酸化還元反応についての質問です 過マンガン酸カリウムの濃度は0.0200モルで16.1mlで終点に達し、オキシドールは10.0mlでした。オキシドールに含まれる過酸化水素のパーセント濃度を求めるにはどうしたら良いのでしょうか。 また、オキシドールの密度を1.00g/mlとして、前文で求めたモル濃度を質量パーセント濃度に直すにはどうしたら良いのでしょうか。教えてください。 実験は、 ・オキシドールを10ml取り、希硫酸を加え酸性にする ・ビュレットで0.0200mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下する ・反応の終点まで慎重に滴下する という手順です。

  • 化学I 酸化還元反応式???

    化学Iのレポートについて質問です。急いでます! 0.010mol/Lシュウ酸水溶液10.0mLを三角フラスコにはかり取り、 少量の希硫酸を加えて酸性にした。これを約70℃に温めた後、 濃度不明の過マンガン酸カリウム水溶液を加えて反応させたら、 12.5mL加えたところで終点に達した。 (1)この滴定で起こった反応を、イオン反応式で表せ。 (2)この滴定の終点では、溶液の色は何色から何色に変化したか。 (3)過マンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。[答:3.2×10-3mol/L] 以上のような問題なのです。 (1)~(2)は勿論の事ですが (3)については、答えは書いてあったのですが、式が分かりません。 式と答、あと出来ればどうしてそうなるのかという説明があると嬉しいです。 根本的に分からないので・・・本当によろしくお願いします!

  • 酸化還元滴定 考察について

    シュウ酸水溶液の標準溶液を用いて、濃度の分からない過マンガン酸カリウム水溶液の濃度を求める実験をしました。 シュウ酸の濃度は0.05mol/Lです。 シュウ酸10mLをコニカルビーカーに入れ、希硫酸(5滴)を入れ、過マンガン酸カリウム(4滴)を入れ湯煎し、色が消えるまで湯煎する、という方法です。 色が消えなくなった時の過マンガン酸カリウムの目盛りを読みとったのが6.3mL(平均)でした。 ここで過マンガンカリウム水溶液の濃度はどのように求めたら良いですか?? あと、3回記録を取ったのですが、結果に誤差が生じたのは何故ですか? また、シュウ酸を入れたコニカルビーカーに過マンガン酸カリウムを滴下し、溶液の色が消えるまで温めたのですが、ここで何故温める必要があるのでしょうか? できれば、なるべく早くお答え頂くとありがたいです。 多くの質問ですみませんが、よろしくお願いします!

  • 酸化還元滴定の問題で、質問があります。

    酸化還元滴定の問題で、質問があります。 以下の問題について、解いてみたのですが答えがあっているのか分かりません。 明日テストなのですが、もう確認できないので、こちらに投稿させて頂きます。 シュウ酸二水和物(COOH)2・2H2O(式量126)0.756gをとり、水に溶かして100mlとする。 このシュウ酸水溶液10mlをコニカルビーカーに測りとり、ここへ6mol/L希硫酸10mlを加えたものを、 約70℃の湯で温めておく。 この溶液が温かいうちに、濃度未知の過マンガン酸カリウム水溶液をビュレットから滴下したところ、 16.00ml加えた時点で、ちょうど溶液の色が無色から淡赤色へ変化した。 この過マンガン酸カリウム水溶液のモル濃度を求めよ。 この問題を僕は 0.756×(90/126)×(10/100)×2=x×(16/1000)×5 ※x…過マンガン酸カリウム水溶液のモル濃度 と立式し、これを解いて過マンガン酸カリウム水溶液のモル濃度を0.741mol/Lと導きました。 これで正解でしょうか? 解答・解説を宜しくお願いします。

  • 硫酸で酸性にした濃度が未知の過酸化水素水20.0mLを、0.0400m

    硫酸で酸性にした濃度が未知の過酸化水素水20.0mLを、0.0400mol/L過マンガン酸カリウム水溶液で滴定したところ、10.0mLを加えたところで、反応が終了した。 このとき、過酸化水素および過マンガン酸カリウムは次のようにはたらいている。 H2O2 → O2 + 2H+ + 2e- MnO4- + 8H+ + 5e- → Mn#2+ + 4H2O まず ◎どうして硫酸を使って酸性にしているのに過酸化水素水のイオン反応式にSとかが含まれないのかということ ◎過酸化水素の濃度は何mol/Lか。 という問題の解説が、電子を消去した式から考えて、 5H2O2 + 2MnO4- …… となるので 比の式で 5:2=n×20:過マンガン酸カリウムのモル となってるのですが? mcv=mcv の公式で使うような価数ってこの場合のモル濃度を求めるときは必要ないのですか? ◎この反応で発生した酸素の体積は、標準状態で何mLか。ただし、発生した気体は水溶液に溶けないものとする。 という問題で、 模範回答は、過酸化水素と酸素の係数?が一緒なことを使って過酸化水素で体積を求めているのですが、 私は酸素で式を作ったところ答えが違いました。どうしてできないのでしょうか? 長々と失礼しました。回答お願いします。

  • 頼みます!!  助けてください。 酸化還元反応

    ~酸化還元反応~ 1、Fe2+の適量 硫酸鉄(II)水溶液25.0mLを硫酸酸性にしたのち、0.020mol/L 過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、次の反応が起こり、20.0mLを加えたとき終点に達した。 MnO4- + 8H+ + ( a ) → Mn2+ + 4H2O ・・・(1) Fe2+ → ( b ) + ( c ) ・・・(2) (1) 上式の( )を埋めよ。 (2) 硫酸鉄(II)と過マンガン酸カリウム反応を、イオン反応式で表せ。 (3) 硫酸鉄(II)水溶液の濃度は何mol/Lか。 2、H2O2 水の濃度 ある過酸化水素水を 〔20倍にうすめた〕a のち、 〔10.0mLをとり〕b、 硫酸を加えて賛成にしてから3.16g/Lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、9.12mLで反応が完結した。 (1) 過酸化水素の行う反応をe-を含む式で表せ。 (2) 過マンガン酸カリウムの行う反応をe-を含む式で表せ。 (3) この滴定反応で参加数が変化する元素(原子)を挙げ、参加数の変化を記せ。 (4) 〔 〕 a b の操作に用いる器具の名称を記せ。 (5) 滴定の終点は溶液が何色を呈するときか。 (6) 滴定用いたかマンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。 (7) うすめる前の過酸化水素水の濃度は何mol/Lか。 3、希硝酸の反応 (1) 希硝酸の酸化作用を表す次の式の( )を埋めて反応式を完成せよ。 HNO3 + ( )H+ +( )e- → ( )H2O + ( ) (2) 銅と希硝酸の反応の化学反応式を記せ。 (3) (2)で、酸化剤としては働いている硝酸は、銅1molあたり何molか。 4、酸化剤と還元剤 次の文の( a ) ~ ( h ) なごく、化学式、数値を入れよ。 過酸化水素水に硫酸酸性の過マンガン酸カリウム水溶液を加えると ( a ) の泡が 発生する。この反応で、過酸化水素は ( b ) 剤としてはたりている。 過酸化水素水に二酸化硫黄を通じると、次のように反応する。 H2O + SO2 → ( c ) このとき硫黄の酸化数は ( d ) から ( e ) に変化しており、過酸化水素は ( f ) 剤、二酸化硫黄は ( g ) 剤である。 また、硫化水素水に二酸化硫黄を通じると ( h ) が生じては砕くするが、この反応 は次式で表される。 2H2S + SO2 → ( i ) + ( j ) この場合、硫化水素の硫黄の酸化数は ( k ) から ( l ) に変化しており、硫化水 素は ( m )剤、二酸化硫黄は ( n ) 剤である。 よろしくお願いします。