• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

You had better not drink so much . を、 It is で始まる文章に書き換えなさい。

『You had better not drink so much . を、 It is で始まる文章に書き換えなさい。』 という問題があります。ああ、これは、 『It is 形容詞 for だれだれ to不定詞』の構文を適用すればいいんだな?と、直感的に思いました。  It is better for  you not to drink so much. とやることができれば、事は簡単です。でもこの英文は不自然じゃないかな?と私は思います。もともと設問は、『あなたは、そんなに大量に(お酒を)飲まないほうがいい。』という文章です。 ということは、『It is careless of you to drink so much. そんなに大量に(お酒を)飲むとは、あなたは不注意である。』といった文章にすればいいのかな?と思ったりしました。しかしこの文章は、たくさん飲んでしまった事実に対する、話し手の主観的な評価になりますから、設問の趣旨とは違ってきます。 『It is safe for you not to drink so much.あまりたくさん(お酒を)飲まないことは、あなたにとって、間違いの無いことです。』といった文章がいいのかな?と思ったりするのですが、いかがですか?こういった場合どのように判断すべきなのか、よきアドバイス、よろしくお願いします。    

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数378
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

"It is better for you not to drink so much." とするより、 "It's not good for you to drink so much." とした方が自然じゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よきアドバイスありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。(^^)/ではまた。 PS. ご連絡が遅くなって申し訳ございませんでした。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

It is recommended....とかIt is advised....でも同じような意味を表現できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よきアドバイスありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。(^^)/ではまた。 PS. ご連絡が遅くなって申し訳ございませんでした。

関連するQ&A

  • not so much ... as it is

    The problem with our new project is not ( ) the cost as it is the time required. (1)so (2)only (3)because of (4)so much not so much A as Bの表現なので(4)を選びました。 『我々の新しいプロジェクトの問題は、コストというよりむしろ必要とされる時間だ。』 it is がどうしてあるのか、文法的にわかりません。 よろしくお願いします。

  • but it is not much という文章は、「それはとんでもな

    but it is not much という文章は、「それはとんでもないこと。」という訳であってますか? ご存じの方、教えてください。

  • (~しない事)という文法はありますか?

    (~しない事)という文法はありますか? 例えば (お酒を飲むことはあなたの健康にとって良くない)ですと不定詞を使って It is not good to drink for your health. ですよね? (お酒を飲まない事はあなたの健康にとって良くない)となるとどうすれば良いですか? It is not good that you don't drink for your health. なら表せそうですが・・・。 It is not good to don't drink for your health. などは駄目ですよね?? できれば詳しく教えていただけると嬉しいです。 宜しく御願いいたします。

  • not so much... as... について

    「彼は学者としてとより小説家としていっそう有名だ。」 という文章を作るとき、まず浮かんだのが 「not so much...as...(...というよりむしろ...)」でした。 しかし、もし日本語のまま英文になおしたら He is more famous not so much as a scholar as as a novelist. というふうにas asが重なってしまいました。 これって不自然ですよね? 文法的には正しいのでしょうか?

  • I had way too much to drink.

    I had way too much to drink. アメリカのドラマを見ていたら、「きのうは飲みすぎちゃった。」という訳で、“I had way too much to drink" といっていました。 わたしにはこの英訳は思いつきそうもありません。 “I drank too much yesterday" と訳すでしょう。 ところで、 “I had way too much to drink."  この文章を文法的に解析するとどうなるのでしょうか。 to drink の部分がわかりません。 I have a lot of homework to do. この to do と同じでしょうか。 これは不定詞の形容詞的用法のところに載っている例文です。 この場合はto do がhomework を修飾していると思います。 でも、 上の文章には修飾する名詞がないです。 名詞は省略されていると考えたらいいのでしょうか。 それにしても、不定詞は未来のこと、これから先のことをあらわしているようなイメージがあり、なんだかしっくりきません。 どなたか おしえてください。

  • It is time you had gone

    It is time you went to bed. というのはよく見ますが、 It is time you had gone to bed. といういいかたは可能なのでしょうか? また、 It is time you went to bed. の went は仮定法過去らしいですが、これが仮定法と呼ばれるのがいまいちよくわかりません。なぜ、こんなところで仮定法を使うのでしょうか?

  • "It is ~for you"と、"It is ~of you"との違いについて。

    "It is nice for you to walk in the park"と"It is nice of you to walk in the park"という二つの文が違う意味を持つということは分かるのですが、後者の文について、"Of"というのは、意味上の主語というほかにどういう意味を持っているのでしょうか? 直訳すると、「については」という意味になり、"nice of you"が、「あなたにとっては心地よい」という意味になると思うのです。(ちなみに前者は、"For you to walk in the park is nice"と書き換えられ、to walk in the park=niceとなり、「あなたが~することはすばらしい」となる) ということは、"It is nice about you to walk in the park"でも、文法的にOKということになると思うのですが。よろしくお願いします。

  • what it is / what it is not

    You almost need to understand what something is not, in order to understand what it is. この文の what something is not と what it is の部分の日本語訳を教えてください。正直思い浮かびません。意味も正確に理解しているか自信ありません。ネイティブに聞くと、what something is not の something は it に置き換えていいそうです。 訳すと 「それがなにであるか」理解するために、「?・・・」を理解する必要がある。 おそらくコンテキストによっていろんな訳ができるとは思うのですが、この文だけで訳してくださいといわれたら一体どう訳せばよいのでしょうか。

  • 【not so much as do などの品詞に

    【not so much as do などの品詞について】 度々質問してすいません。 下記の文法の品詞を知りたいです。 ネットで調べたのですが 品詞までは詳しく分からなかったので お伺いしたいです! …………………………… not so much A as B Aというよりはむしろ B →調べたのですが、 so muchは副詞 asは接続詞 Bのあとは省略されていると いう解釈でいいんですよね? ……………………………………… not so much as do ~さえしない これも上記と同じ so muchは副詞 asは接続詞 で ~as do とありますが、 asは接続詞、doの前に主語が省略されているという認識であってますか? 主語だけ省略できるのはandなどの等位接続詞だけという認識だったのですが… …………………… without so much as doing ~さえしないで これもasの後に主語+be動詞が省略されてますか? それともこのasは接続詞ではないのですか?

  • not butとnot so much as

    A. He is not a scholar but a writer. B. He is not so much a scholar as a writer. の違いを知りたいのですが、よろしくお願いいたします。