• 締切済み
  • すぐに回答を!

リン酸の電離とpH

リン酸は下記のような三段階の電離をすることが知られています。 H3PO4 → H+ + H2PO4-  K1=10*-2.2 H2PO4- → H+ + HPO42-  K2=10*-7.2 HPO42- → H+ + PO43-  K3=10*-12.4 これらの電離定数を用いると [H3PO4]=[H2PO4-]となるのは[H+]=K1 [H2PO4-]=[HPO42-]となるのは[H+]=K2 [HPO42-]=[PO43-]となるのは[H+]=K3 となる。 というところまでは納得がいったのですが、 これらのことから http://images.google.co.jp/imglanding?imgurl=http://www.keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2_kaitei/contents/ch-2/5-bu/5-3-2.files/image012.gif&imgrefurl=http://www.keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2_kaitei/contents/ch-2/5-bu/5-3-2.htm&usg=__ADeHGRvIffl9smr2_1z8IxElv5o%3D&h=219&w=338&sz=11&hl=ja&tbnid=ciGwTxE_BvrUqM:&tbnh=77&tbnw=119&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E9%2585%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%259B%25BB%25E9%259B%25A2%25E3%2581%25A8%25EF%25BD%2590H%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26sa%3DN%26start%3D40&q=%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E3%81%AE%E9%9B%BB%E9%9B%A2%E3%81%A8%EF%BD%90H&gbv=2&ndsp=20&sa=N&start=42#start=46 のようなグラフが得られるところが納得がいきません。 1段階目、2段階目、3段階目の電離が段階的におこる理由はこれらの電離定数でどう説明がつくのでしょうか? またリンク先のグラフからは1段階目の電離が終了するのがpH=4程度になっていますが、電離定数からこのpH=4を導くことはできるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4224
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

お示しのサイトを開くことが出来ません。 多分中和滴定曲線のことだろうと思います。 wikiを引用しておきます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%92%8C%E6%BB%B4%E5%AE%9A%E6%9B%B2%E7%B7%9A 燐酸だけでなく一価の酸、二価の酸、強酸、弱酸ものっています。 求め方も載っています。 この滴定曲線(pHの値の変化)が平衡の式だけで求めることが出来ると習われたのですか。 一価の酸については高校でも出てきます。 このカテの過去の質問にも求め方や必要な式を書いた回答がたくさん出ています。 教科書でもwikiでも過去問でもいいです。 どうやってpHを求めるのかを勉強しなおしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リン酸の電離と中和について

    リン酸と水酸化ナトリウムの中和について質問します。 「0.20mol/Lのリン酸水溶液100mLに、 0.20mol/Lの水酸化ナトリウムを300mL加えたときに 得られる水溶液中のHPO4(2-)の濃度(mol/L)を求めよ。 H3PO4⇄H(+)+H2PO4(1-) …(1) H2PO4(1-)⇄H(+)+HPO4(2-) …(2) HPO4(2-)⇄H(+)+PO4(3-) …(3) (1)の電離定数K1=1.0×10^(-2) mol/L (2)の電離定数K2=1.0×10^(-7) mol/L (3)の電離定数K3=1.0×10^(-12) mol/L また、リン酸水溶液中に 水酸化ナトリウムを滴下して行くとき、 中和反応が一段階ずつ順に進行していく。」 この問題の考え方についてです。 中和反応が一段階ずつ進行するので、 水溶液中のリン酸と水酸化ナトリウムがちょうど反応し Na3PO4が400mL中に0.02mol存在している このあとPO4(3-)がH(+)と順々に反応していき、 平衡状態になったときのHPO4(2-)の濃度を 求めるということですよね? このあとの解き方がわからないので、 わかる方教えて頂きたいです! また、わたしの考え方が変だったら指摘してください。 よろしくお願いします。

  • 電離定数について

    たとえば、リン酸H3PO4は3段階に電離しますが、そのうちの H3PO4<=>H++H2PO4-…(1)の式の電離定数がK1=7.5*10-3とあったのですが、この(1)の式の逆反応であるH2PO4+H+<=>H3PO4…(2)と比べた時に(1)の電離定数K1の値と(2)の電離定数の値とは異なるのですか? それとも同じなのですか?誰か教えて下さいませんか? よろしくお願いします。

  • pH=7.4の緩衝溶液の作り方。

    pH=7.4の緩衝溶液の作り方について考えてみたので、考え方としてあっているか見てください。 Henderson-Hasselbalchの式が適用できる緩衝溶液において、 緩衝能を示すpHの値の範囲は、pka-1<pH<pka+1であるので、 ここで対応するリン酸のpkaはH2PO4-のpkaであるから、 H2PO4-の解離の基準を考えると、 KH2PO4→K+ + H2PO4- H2PO4-←→H+ + HPO4(2-) Na2HPO4→2Na+ + HPO4(2-) HPO4(2-) + H2O←→H2PO4- + OH- (ここで、HPO4(2-)←→H+ +PO4(3-)も起こっている可能性があるが k3=[H+][PO4(3-)]/[HPO4(2-)] pH=pk3+log([PO4(3-)]/[HPO4(2-)] 10^(pH-pk3)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] ここで、pH=7,4、pk3=12,32を代入すると、 10^(-4,92)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] したがって、[PO4(3-)]:[HPO4(2-)]=10^(-4,92):1であり、 [HPO4(2-)]>>[PO4(3-)]であるので、HPO4(2-)←→H+ + PO4(3-)の反応は無視する。) 質量収支により、C(KH2PO4)=[K+] C(KH2PO4)=[H2PO4-]+[H+]-[OH-] C(Na2HPO4)=[Na+] 電荷収支により、[K+]+[Na+]+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] 質量作用の法則より、 k2=[H+][HPO4(2-)]/[H2PO4-] pH=pk2+log([HPO4(2-)]/[H2PO4-]) [H2PO4-]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(Na2HPO4)+2[H+]-2[OH-]=2[HPO4(2-)] 1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-]=[HPO4(2-)] したがって、pH=pk2+log(1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-])/(C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]) pH≒pk2+log(1/2C(Na2HPO4))/(C(KH2PO4)) pH≒pk2+log(C(Na2HPO4))/(2C(KH2PO4))

  • 化学について

    化学について質問です。回答して頂けたら嬉しいです。 リン酸を溶かすと三段階の電離をする ()内はイオン化数です (1) H3PO4⇔H(+) + H2PO(4-)     K1=7.5*10(-3) [mol/L]※マイナス三乗 (2) H2PO4(-) ⇔ H(+) + HPO4(2-)     K2=6.2*10(-8) [mol/L] (3) HPO4(2-) ⇔ H(+) + PO4(3-) K3=4.8*10(-13) [mol/L] 今、0.020 mol/L のNaH2PO4 水溶液50mLに 0.020 mol/L のNa2HPO4 水溶液50mLを加えてかき混ぜると (1)(2)から出た 2 H2PO4(1-) ⇔ H3PO4 + HPO4(2-)  …(4) (2)(3)から出た 2HPO4(2-) ⇔H2PO4(1-) + PO4(3-)  …(5) の平衡はルシャトリエの原理より左側に移動する。 したがって、溶液中では、近似的に[H2PO4(1-)] = [HPO4(2-)] = X mol/L が成立する また、溶液中では(2)の化学平衡が成立しているので、混合溶液の水素イオン濃度[H+]はYmol/Lとなる。 問:XとYを求めよ。 どうか、皆さんのお力を貸していただきたいです。 失礼しました。

  • pH7.0でイオン強度0.1のリン酸塩緩衝液

    pH7.0でイオン強度0.1のリン酸塩緩衝液を調製したいのですが、イオン強度の計算方法がどうしても分かりません。お手数をおかけしますがどなたか分かる方がいらっしゃれば教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。 pH7.0のリン酸塩緩衝液の調製法は日本薬局法によると リン酸二水素カリウムKH2PO4 (0.2mol/L, 50mL) と 水酸化ナトリウム NaOH( 0.2mol/L, 29.54mL) を混合し, 全量が200mL となるように蒸留水を加えることで調製できます。 ここからイオン強度の計算になるのですが・・・ リン酸二水素カリウムは水に可溶であるため次のように電離します。 (1)KH2PO4 → K+ + H2PO4- となります。 KH2PO4は0.2×50/1000 = 0.01 (mol) となるため, K+とH2PO4- はそれぞれ 0.01(mol) となります。 更に電離は続き次の2つの反応が起こります。 (2)H2PO4- ⇄ H+ + HPO4- (3)H2PO4- + H2O ⇄ H3PO4 + OH- ここから分からなくなりました。 (2)と(3)の反応はどのようなpHでも同時に起こっていると思うですが、今私が調製したいpH7.0に存在するイオンの量はどのようにして求めたらよいのでしょうか? ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式に代入しようとしても(2)と(3)には分子型は存在しないため使えません。 どうしたらここから計算できるでしょうか?

  • 高校化学 アミノ酸の電離

    アミノ酸の一種であるグリシンは、弱塩基性のアミノ基と弱酸性のカルボキシル基を1つずつもつ。そのため、水溶液のpHに依存して電離状態が変化し、+1, 0, -1 のいずれかの価数をもつイオンまたは分子となる。ブレンステッドとローリーの定義によれば、価数+1のグリシンを2価の酸としてみなすことができる。実際にグリシンの酸性水溶液を水酸化ナトリウムで滴定すると反応は2段階で進行し、2つの電離定数( K1=4.5×10^(-3), K2=1.7×10^(-10) )がもとめられる。ところが、正味の電荷をもたないグリシンには、アミノ基もカルボキシル基も電荷をもたない分子型と、アミノ基の電荷とカルボキシル基の電荷が互いに打ち消しあっている双性イオン型の2種類が存在するため、その電離平衡は4つの電離定数 Ka=[G±][H+]/[G+], Kb=[G0][H+]/[G+], Kc=[G-][H+]/[G±], Kd=[G-][H+]/[G0] で記述される。ここで、 G+, G±, G0, G- はそれぞれ陽イオン型、双性イオン型、分子型、陰イオン型のグリシンを表す。 滴定実験から得られる電離定数K1, K2とこれら4つの電離平衡Ka, Kb. Kc, Kd の間には K1=(ア), K2=(イ)の関係がある。 (イ)の答えがKbKc/(Kb+Kc)となる理由を教えてください。

  • バス車体の上の小さな空間は何でしょうか

    こんにちは。 ずっと気になっているですが、バス車体の上に出てるもの(基本的に四角形で小さな空間) は何でしょうか。 イメージは、下記リンクページに載っているバスをご参考ください。 http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/i/2006/bus_p_200608172_h_01.jpg&imgrefurl=http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/bus/2006/bus_p_200608172_h.html&h=333&w=530&sz=57&hl=ja&start=499&tbnid=BFN3N9Y6Mj6WYM:&tbnh=83&tbnw=132&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9%26start%3D480%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26newwindow%3D1%26sa%3DN http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://rail.hobidas.com/blog/rmm/basukan001-thumb.jpg&imgrefurl=http://rail.hobidas.com/blog/rmm/archives/2007/10/2_6.html&h=300&w=480&sz=18&hl=ja&start=494&tbnid=8_1UtGyuXJWWcM:&tbnh=81&tbnw=129&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9%26start%3D480%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26newwindow%3D1%26sa%3DN http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.city.saitama.jp/www/contents/1194593070739/simple/071109180714_1.jpg&imgrefurl=http://www.city.saitama.jp/www/contents/1194593070739/index.html&h=320&w=320&sz=35&hl=ja&start=437&tbnid=XedP28nHnmpEkM:&tbnh=118&tbnw=118&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9%26start%3D420%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26newwindow%3D1%26sa%3DN 排煙装置か、エアコンか、ご教授ください。 よろしくお願いします。

  • 多塩基酸について

    『ある一定量の二酸化炭素を25℃の水に溶解させたとき、水中の[H2CO3]、[HCO3-]、[CO32-] をそれぞれx、y、zとすると、[H+]はx、y、zを用いてどう表せるか(水の電離による[H+]は無視する)』、という演習についてです。多塩基酸の水溶液ではH2CO3⇔H+ +HCO3-とHCO3-⇔H+ +CO32-の二段階電離を起こし、そのうち第二段階以下の電離が第一段階の電離に比べ無視できるほど小さいので、第一段階の電離に依存し、多塩基酸の水溶液も一塩基酸の場合と同じの解き方でよいとあることから、答えは[H+]≒[HCO3-]=y、でよいのでしょうか?この後に続く設問で初めて電離定数K1、K2が与えられているので、上記の設問を解く上では使えないであろうから、困ってました。基本的なことで本当に申し訳ありませんが、教えていただけないでしょうか? 

  • 濃度計算!!

    先日緩衛液とpHに関する実験を行いました。 0.1Mの水酸化ナトリウム水溶液を用いて、 リン酸水溶液との滴定曲線を描くというものなのですが、 その滴定曲線から滴定の終点(当量点)を読み取り、 その結果からリン酸水溶液の濃度を計算する、 というものです。 そこで、条件があって、リン酸は H3PO4←→H(+) + H2PO4(-) Ka1=7.1 ×10(-3乗) pKa1=2.1 H2PO4(-)←→H(+) + H2PO4(2-) Ka2=6.2 ×10(-3乗) pKa2=7.2 HPO4(2-)←→H(+) + H2PO4(3-) Ka3=4.8 ×10(-3乗) pKa3=12.3 の3段階で電離することを考えなければいけないのですが、 本で調べても式の立て方が載ってないんです(泣) どなたか式の立て方を教えてください!!

  • このデザインを探しているのですが。。

    このタイルカーペットのデザインを探しています。 http://images.google.co.jp/imglanding?imgurl=http://www.asahi-hp.co.jp/m13-03.jpg&imgrefurl=http://www.asahi-hp.co.jp/m13.htm&usg=__CMq_C3KUyjMi5EwBLXVmpe8crbM%3D&h=258&w=350&sz=37&hl=ja&um=1&tbnid=TaoQfPG1A2iuCM:&tbnh=88&tbnw=120&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259A%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%25E3%2580%2580%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DN%26start%3D160%26um%3D1&q=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80&ndsp=20&lr=&sa=N&start=156&um=1 販売しているところをご存知でしたら、 アドバイスをよろしくお願いします。 (デザインに名称などあるのかな?)