• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

pH7.0でイオン強度0.1のリン酸塩緩衝液

pH7.0でイオン強度0.1のリン酸塩緩衝液を調製したいのですが、イオン強度の計算方法がどうしても分かりません。お手数をおかけしますがどなたか分かる方がいらっしゃれば教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。 pH7.0のリン酸塩緩衝液の調製法は日本薬局法によると リン酸二水素カリウムKH2PO4 (0.2mol/L, 50mL) と 水酸化ナトリウム NaOH( 0.2mol/L, 29.54mL) を混合し, 全量が200mL となるように蒸留水を加えることで調製できます。 ここからイオン強度の計算になるのですが・・・ リン酸二水素カリウムは水に可溶であるため次のように電離します。 (1)KH2PO4 → K+ + H2PO4- となります。 KH2PO4は0.2×50/1000 = 0.01 (mol) となるため, K+とH2PO4- はそれぞれ 0.01(mol) となります。 更に電離は続き次の2つの反応が起こります。 (2)H2PO4- ⇄ H+ + HPO4- (3)H2PO4- + H2O ⇄ H3PO4 + OH- ここから分からなくなりました。 (2)と(3)の反応はどのようなpHでも同時に起こっていると思うですが、今私が調製したいpH7.0に存在するイオンの量はどのようにして求めたらよいのでしょうか? ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式に代入しようとしても(2)と(3)には分子型は存在しないため使えません。 どうしたらここから計算できるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数7630
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • KURUMITO
  • ベストアンサー率42% (1835/4283)

回答No1です。 中性付近で考えなければならない分子はリン酸ということになりますね。 そこでリン酸の電離を考えると次のようになります。 H3PO4 ⇔ H2PO4^- + H^+ H2PO4^- ⇔ HPO4^2- + H^+ HPO4^2- ⇔ PO4^3-  +  H^+ あなたの式ではOH^-などの式が使われていますがアルカリ性が高くなるにつれて上の式では電離して発生したH^+がOH^-と結合して水分子になるわけで最下段までの反応が進み強いアルカリ性の溶液ではPO4^3-のみが存在することになります。H2PO4^-が水と反応しOH^-が生成するといった反応は起こりません。 試薬として用いられたのはKH2PO4ですがこれは溶解してH2PO4^-が生じるわけですが溶液の酸性度によって上記のような反応が進み存在するイオン種が異なるのです。酸性が強ければH3PO4が多くなりますし、アルカリ性が強くなればPO4^3-が主なものとなります。上の反応については酸解離定数が求められており例えば最上段の反応では K1 = [H^+][H2PO4^-] / [H3PO4] logK1 = log[H^+] + log[H2PO4^-]/[H3PO4] -logK1 = -log[H^+] - log[H2PO4^-]/[H3PO4] pH = pK1 + log[H2PO4^-]/[H3PO4] ここで pK1 については2.12 となっており、その意味はpHが2.12の溶液中ではH2PO4^-の濃度とH3PO4の濃度が同じ値となることを意味しています。 回答1でも示しましたように3段階の解離についてpKの値はpK1=2.12 pK2=7.21 pK3=12.32となっており、pHが7.21ではH2PO4^- とHPO4^2-が同じ濃度で存在することになります。他のイオン種は無視できる濃度です。 [K^+]=C1+C2についてのことですが試薬として添加したものはリン酸2水素カリウムですね。カリウムの濃度と溶液中に存在するリン酸のイオン種(このpH領域では主にH2PO4^- とHPO4^2-)の濃度は同じになりますね。 上の式自体ではH^+の濃度は考える必要もありませんし、pH7でのH^+の濃度は10^-7mol/Lですので完全に無視することができます。 酸の解離定数などについてもう一度教科書なりで勉強されてはいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KURUMITO様 なるほど!! 理解できました、そしてもう一度教科書などで勉強し直してみます。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • リン酸塩緩衝液のpHの求め方を教えてください

    0.2M KH2PO4溶液50mlと0.2M NaOH溶液15.2mlを混合してCyDTA 0.07gを溶かし込んだものを作って、使用していたのですが、これのpHがどうも分かりません。 使用目的や市販の緩衝液から、6.5付近だと思うのですが。

  • 緩衝液の問題です。よろしくお願いします

    化学に詳しいかたよろしくお願いします。 酢酸(液体)と酢酸ナトリウム(個体)を混ぜ合わせて0.2mol/L、pH4.9の緩衝液100mLを作るには、酢酸何mlと酢酸何mgを加えればいいかという問題です。 ※分子量:酢酸(60.05) 酢酸ナトリウム(82.04)   酢酸のpka:4.76 ヘンダーソンの式などを使って考えてみたところ、酢酸のmol数は0.0084molとなり、酢酸ナトリウムのmol数は0.0116molとなりました。この値から酢酸ナトリウムは951mgと導き出せたのですが、液体の酢酸の方の導き方がどうしてもわかりません。 ご存知のかたがいらしたら教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 緩衝液のpHの求め方

    NaH2PO4(0.1mol)50mlと Na2HPO4(0.1mol)100mlの緩衝溶液のpHを求めたいのです。 pH = pKa + log(Cs/Ca) を使えばいいのだと思いますが、体積比が違うのでどうもわかりずらく計算できません。 また、この緩衝液20mlに水100ml加えたpHってどうやって計算するのか教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • KURUMITO
  • ベストアンサー率42% (1835/4283)

リン酸は3段階の解離でその解離定数はpKaの値でそれどれpK1=2.12、pK2=7.21、pK3=12.32となっています。 このためpH7付近で存在するイオン種はH2PO4^-およびHPO4^2-と考えることができます。 ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式からpH7.0の溶液ではH2PO4^-の濃度をC1、HPO4^2-の濃度をC2とすれば 7.0 = 7.21 + logC2/C1となりますので  C2/C1 = 0.617 となります。 ところで溶液のイオン強度は μ = 1/2 {1^2* ([Na^+] + [K^+] + [Cl^-]) + 1^2 * C1 + 2^2 * C2} ところで ご質問のケースでは [K^+] = C1 +C2 , [Na^+] = [Cl^-] [K^+] = 0.05 mol/L [Na^+] = 0.02954 mol/L 0.05 = C1 + 0.617 * C1 C1 = 0.03092 C2 = 0.01907 μ = 1/2(0.02954+0.05+0.02954 + 0.03092 + 4 * 0.01907) = 1/2 (0.14 + 0.07628) = 0.108 調整した緩衝液のイオン強度は0.108となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KURUMITO様 ご丁寧に分かりやすい解説をして頂きありがとうございます。 おおよそ理解することができました。 ですがまだ疑問に思うことがあるのでお答えして頂けないでしょうか? KURUMITO様の解説の中には  [K^+] = C1 +C2 という式がありました。 疑問点は、この中に H+ について、式に含まれていなかったのですがこれは無視してもよろしいのでしょうか? KH2PO4 ⇄ K+ + H2PO4- H2PO4- ⇄ H+ + HPO4- といった反応が起こるため H+ の存在は無視できないと思ったため疑問に思いました。 もう1点疑問があります。 pH7.0 における 以下の式について触れられていませんでした。 H2PO4- + H2O ⇄ H3PO4 + OH- この式にある各種イオン濃度や、H3PO4から解離してくるイオンについて求めていなかったのですが、こちらは考えなくても良いのでしょうか? 疑問に思うことが多く質問ばかりなのですがどうかよろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • リン酸二水素カリウムの緩衝液のpHの計算

    とある論文を読んでいて、その論文がリン酸二水素カリウムを使ってpH4.5の緩衝液を作っているのですが、私にはどうしてもpH4.5にならないような気がしまして、私が大ボケをしているのでしたら、ご指摘ください。 その論文によりますと、10.21gのリン酸二水素カリウムと9.75mgのアジ化ナトリウムを50mLの純水に溶かしてpH4.5の緩衝液をつくったと書かれているのですが、 大雑把に計算しますと、量が少ないアジ化ナトリウムを無視してリン酸二水素カリウムのpKaが7.2ですので、Kaは10^-7.2=6.1666 x 10^-8 リン酸二水素カリウムの濃度が(10.21/136.086) x (1000/50)=約1.5 mol/L Ka=[H3O][A-]/[HA] の式を使えば、 6.1666 x 10^-8 = x^2/(1.5-x) なのですが、xの値が1.5に比べてあまりにも小さいので、簡略化して考えると √(6.1666 x 10^-8 x 1.5) = x x = 0.000304 これに-log(0.000304) でpHを求めると、pH約3.51となります。 大雑把に計算するとどうしてもこうなります。しかし複数の論文で緩衝液をこのレシピで作られていまして、どういう事?と理解できずにいます。 繰り返しますが、私が大ボケしているのでしたら、どうかご指摘ください。(問題の論文へのリンクを乗せるのが本当は良いのだと思いますが、予期せぬ事態への発展が怖いので、載せませんすいません。) よろしくお願い致します。

  • リン酸緩衝液の緩衝能

     私はpH7のリン酸緩衝液をKH2PO4溶液とK2HPO4溶液の混合溶液を用いて調製しているのですが、たとえば、KH2PO4のみを水に溶かし、NaOHでpH7に調製した溶液はどのような緩衝能を持つのでしょうか?  pH7から酸性側にだけ緩衝能を持ったり、pH5付近でのみの緩衝能を持ったりするのでしょうか?  なぜかもご存知の方は理由も教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

  • 緩衝液調製

    初めまして。どうしても分からない問題が出てきたので、今回初めて質問させていただきます。 0.2mol/L酢酸-酢酸ナトリウム緩衝液(PH=4.80)500mLを調製するのに必要な酢酸および酢酸ナトリウム(CH3COONa:82.04)の質量(g)を求めよ。 0.2mol/Lアンモニア-塩化アンモニウム緩衝液(PH=9.0)500mLを調製するのに必要な局方アンモニア水(5.87mol/L)の容量と塩化アンモニウム(NH4Cl:53.49)の質量を求めよ。 この2問がどうしてできませんでした。教科書や問題集にも載ってないですし、ネットでも必要な体積の求め方ばかりでしたし、条件も合いませんでした。 できれば12月7日までに回答していただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 緩衝液のモル濃度。

    25℃でpH4.00の0.20mol/L酢酸緩衝液中に存在する酢酸CH3COOHのモル濃度を求めなさい。ただし酢酸のKa=1.8×10^-5とする。 という問題なのですが、これはヘンダーソン・ハッセルバルヒ式に入れて出せるものなのでしょうか? もしくは、pH=-log(Ka)+log(CH3COO-/CH3COOH)の式を使って出すものなのでしょうか? もうわからなくてパニックです・・・ 解説お願いします!

  • リン酸を使った緩衝液とpHについて

    (1)リン酸とリン酸一塩(とういのでしょうか?)を使ったリン酸緩衝液の理論上のpH計算は pH = pKa + log {[H2PO4(-)] / [H3PO4]} でよろしいのでしょうか? (2)また[H(+)]を足したときは pH = pKa + log {[H2PO4(-)] - [H(+)] / [H3PO4] + [H(+)]} でよろしいのでしょうか? (3)リン酸のpHの求め方は? リン酸の解離度はα=0.27となっていたのですが、酢酸などの弱酸の解離の計算方法でよろしいのでしょうか?(二段目以降は無視してOK?) [H(+)] = [H2PO4(-)] + [OH(-)] 電気的中立 (酸性なので [H(+)] = [H2PO4(-)] と仮定)・・・A C = [H3PO4] + [H2PO4(-)] 質量収支 (Aを代入するが、弱酸で解離度が小さいのでC = [H3PO4]と仮定)・B Ka = [H(+)][H2PO4(-)] / [H3PO4] にA、Bに代入し計算 Ka = [H(+)]^2 / C よりpHを求める もちろん実験的にはpHメーターを使って調整した方がよいのでしょうが、pH4のリン酸緩衝液を作りたいのですが、理論も不確かで難航しています。 (4)もし、よろしければpH4のリン酸緩衝液の作り方・あるいはpH4くらいの他の緩衝液の作り方も教えていただければ幸いです。

  • pH4.9の緩衝液を作るために必要な試薬の量の計算

    0.2mol/LCH3COOHとCH3COONa緩衝液(pH4.9)100mLを作る際にCH3COOHとCH3COONaの必要な量を教えてください。 この緩衝液を使って実験を行うのですが、 実験の手順としては メスピペットを用いて酢酸緩衝液の計算量を共栓付三角フラスコに入れる。薬包紙に量り取った計算量の試薬は、共栓付三角フラスコに入れ、水を100mL加える。調製した緩衝液の約半数を100mLポリビーカーに移し、pHを測定(pH=4.9であることを確認)する。 というものです。 緩衝液のpHが4.9、酢酸のpKa=4.76で、 pH=pka+log CH3COO^-/ CH3COOH=4.90-4.76=0.14 10^14=1.38 ここから先がどうやって計算すればよいのかわかりません。よろしくお願いします。 また、[CH3COOH]+[CH3COO^-]=0.20mol/L CH3COOHの分子量=60.05 CH3COONaの分子量=82.04 という条件が提示されています。

  • 緩衝液+HClのpHを求める

    pH4.5、濃度0.1mol/L、200mlの緩衝液を1mol/L CH3COOH と 1mol/L CH3COONaと蒸留水で作りました(pKa=4.74)。 この緩衝液を20mlビーカーに移し、そこに10mlのHCl(0.1mol/L)を加えました。このときのpHはどうやって計算で求めることができるのでしょうか? 色々と参考にして自分なりに解いてみると以下のようになりました。 0.1mol/LのHClを10ml = 0.1mol/L×0.01L=0.001mol HCl 緩衝液 0.1mol/L×0.02L=0.002mol (0.002mol-0.001mol)/0.03L=0.033mol/L [H+]=-(log 0.033) pH=1.48 自分の計算は正しいでしょうか?どう計算したらpHが求まりますか?宜しくお願いします。

  • 緩衝液の計算方法を教えてください。

    pH5.00の緩衝液1Lをつくるために、酢酸ナトリウム(無水)を0.5mol準備した。この時必要な酢酸は何gか。ただし、混合による溶液の体積変化は無視できるものとする。酢酸の電離定数(mol/L)は2.0×10-5乗 答えは15.0gです。 計算の仕方がわかりません。教えてください。

  • 化学(緩衝液)について

    この問題の解き方を教えて下さい。 NH4Clのモル濃度0.2mol/L、pH=10のNH4Cl-NH3aq緩衝液を200mL調製した。 このときに必要なNH4Clの質量と、NH3aqの体積を求めよ。 (NH3aqの濃度を14.5mol/L、NH3aqの解離定数(25℃)を1.75*10^(-5)  (溶液温度は25℃で一定とする。) 液中で NH4Cl→NH4^ + Cl^- NH3+H2O→NH4^ + OH^- のように電離するのは分かるのですが、このあとの過程が分かりません。 よろしくお願いします。

  • 緩衝液の調製について

    pH=10となるアンモニア緩衝液の調製の仕方を教えてください。 与えられてる値は、 塩化アンモニウム 53.49 g/mol アンモニア 17.03 g/mol 30%アンモニア水の密度 0.8920 アンモニアの解離定数 Kb=10^-5 です。よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう