• 締切済み
  • すぐに回答を!

源泉を多く支払ってしまった時の処理

昨年の後期源泉所得税を支払った際、間違えて4500円多く支払ってしまいました。もうひとつ、司法書士に払った報酬分が漏れていたため、こちらは800円未払いの状態です。7月10日の前期源泉所得税を支払う時に訂正したいのですが、税務署に何か提出するのでしょうか?また帳簿が預かり金勘定がマイナスのまま決算になってしまいますが、その場合どのような処理をしたらよいか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2837
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#94859

NO.2です。NO.3回答様、補足くださいまして、ありがとうございます。 ご指摘点は説明が詳しくなりすぎる為、省略した点です。 税理士等に支払った報酬に対する源泉所得税は、計算上一緒に記入できる様式になっている点(士業に対する報酬だけです。他の報酬は別)。 これを考えると、同時に計算書を作成して、納付するわけですから、内訳が訂正されるという考えでよろしいかと思います。 つまり、給与としては納めすぎてるが司法書士の源泉所得税は未納であると考えなくてもいいのではないかと言うことです。 但しこれは、税務署長の判断することですので、NO.3様の言われるようにその指示に従うのがベストでしょう。 税務署長が「司法書士報酬の源泉所得税800円は別に支払って下さい」と言ったら、そうする他ありませんが、実務的にそのような「嫌がらせ」はしないように感じます。 なぜなら上述のように「給与と士業者への源泉所得税は一つの源泉所得税徴収高計算書になっており、合計して納めた金額が、正当金額を超えていたとするなら、内訳の訂正にすぎない」と私は考えるからです。 金額的に800円には、ペナルティ(不納付加算税、延滞税)はかかりません(国税通則法119条4項)が、次期の源泉所得税の納税がたまたま遅れてしまった時に、同法67条3項の規定による不納付加算税の免除規定が適用されない可能性があります(これも税務署長の裁量権のうちですが)。 同法67条3項の規定とは 源泉所得税の納期を「たまたま」忘れていた状態と判断できる場合には、不納付加算税を免除するという規定です。 過去一年間の納付成績が期限内納付である等条件があります。 給与に対する源泉所得税だけでなく、報酬に対する源泉所得税についても、この「納付成績」に入ります。 次回の納税を期限内にするよう、これまで以上に気をつけないといけないことになります。 私見ですが、所得税徴収高計算書の内容訂正が認められてる点、一枚の計算書提出で良いとされ様式もそれを採用してる点から、司法書士報酬にかかる源泉所得税を改めて納付するようにという指導がもしされたら、金額的にはささやかですが抵抗したいなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 司法書士の源泉所得税について

    司法書士の源泉所得税について質問です。 (報酬-10,000)×10% が源泉所得税というのはわかるんですが、 これは司法書士のすべての報酬に対してかかるものなのでしょうか? 具体的には、謄本を取ってきただけの報酬についても源泉所得税が かかるのでしょうか? 普段は源泉所得税が記載された請求書が送られてくるんですが、 上記のような内容の場合、記載のない請求書がおくられてきます。  報酬  20,000円   印紙代 50,000円  消費税  1,000円   計  71,000円 といった具合です。 わかりにくい文章だとはおもいますが、よろしくお願いします。

  • 源泉所得税の過納付時の仕訳をご教示下さい。

    皆様、おはようございます。  納期の特例を適用しておりますが、源泉所得税を中間時に多く納めすぎてしまいました。年末調整の後に、これに気付きまして、過納付額を、翌年以降の源泉所得税に充当しようと考えています。  この場合、源泉所得税の仕訳はどのようにしたら、よろしいのでしょうか。源泉所得税を多く納めすぎているので、預り金勘定はマイナスになっています。  預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。ご存知の方、ご教示の程、よろしくお願い致します。  

  • 司法書士の源泉所得税

    こんにちは 司法書士に、建物登記を依頼し、その請求書の源泉所得税の欄が横棒(つまり意図的に消していると思います)で消されていました。 この場合、 (1)請求額通り支払い源泉所得税は納めない (2)請求書金額から10%差し引いた額を司法書士に支払い、源泉所得税を納める。 どちらがよいのでしょうか。 当方は給与支払事務所です。

  • 回答No.3

参考までにお伝えします。 給与等に係る源泉所得税については、先の回答者の対応で問題ないと思いますが、司法書士に対する源泉徴収の未払いについては、納付期限に収めていないのでペナルティが発生します。 これは、給与等については過誤納金に対する取り扱いを定めているからです。 しかしこのような僅少な税額について細かく言及してもしかたないので、書類一式をもって税務署に相談することが良いと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#94859

「源泉所得税の過誤納額の還付請求書」あるいは「源泉所得税の過誤納額の充当届出書」を税務署に提出します。 20年の7月~12月支払分で21年1月10日納期分につき、この金額が正しいという資料と現実に納めた金額がわかる資料(源泉徴収簿の写し等)を添付します。 ご質問の場合だと3,700円が納めすぎになってることになります。 納めすぎの3,700円を還付してもらう方法と、これから納期の来る分から差し引く(充当といいます)方法のどちらかを選択できます。 充当届けを提出して、21年1月~6月中に支払った給与に対する源泉所得税から3,700円差し引いて納める事ができますが、この場合には上記の届出書を納期限である、7月10日までに税務署に提出する必要があります。 期間的に届出書の準備ができないなら、差し引いて納める方法ではなく、税務署から還付して貰う方法にしましょう。 実務的には充当届けを出すよりも還付を受けたほうが、納めすぎた金額が還付されたというのが記録として判りやすいので、こちらを勧めたく思います。 「国税還付金支払通知書」が来るので、納めすぎた税金が戻ってきた事が書面で残ること、口座振込みになるので、入金額(還付額)の確認チェックができることからです。 「前期に納めすぎた源泉所得税が還付された」という方が単純で判りやすいという点もあります。 なお「源泉所得税の誤納額還付請求書」と「源泉所得税の誤納額充当届出書」は同一の用紙で、いずれかを選択するようになってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答を有難うございました。早速資料を整えて準備したいと思います。

  • 回答No.1

税務署に対しては差引した金額を納付し、その内容の内訳を 納付書に記入します。 帳簿の預かり金勘定マイナスは、もはや前年度決算の変更は 不可能と思います。B/S科目なので、次の納付額の調整で 回復できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。何分初めての事が多く手さぐり状態の毎日ですが皆さんの回答を参考にして、処理してみたいと思います

関連するQ&A

  • 司法書士さんの源泉税について

    司法書士からに支払う際の源泉税の仕訳の方法についてご教示願います。 請求金額が、18,050円で、内訳は 登記など手数料 19000 消費税       950 源泉所得税額   1900 なのですが、この場合の仕訳を教えてください。 源泉所得税は、予め先方で差し引いて請求してきているので、当方では源泉税の仕訳は全くしなくてよいという事ですか。 また、源泉税はその司法書士事務所で差し引いて請求がくるところと、差し引かず、当方で預かるというところもあるのですが、なにか決まりがあるのでしょうか。

  • 源泉徴収税の扱いについて

    司法書士事務所で経理を担当しています。 司法書士事務所等では、取引相手が会社などの法人の場合は、源泉所得税を引いた金額を請求します。 この金額(源泉所得税)についてですが、単に報酬額から差引して計上していますが、こういう取り扱いでいいのかちょっと自信が無いので、誰か教えていただけないでしょうか? 源泉所得税分を、新たに仕訳を発生させ、確定申告時に何らかの対応を取った方がいいのでしょうか、誰か詳しい方のご回答をお待ちしております。

  • 源泉徴収税

    経理初心者です。 先日司法書士の方のお世話になりました。 内訳は報酬額として合計33500円、印紙税等23000円、消費税1675円で 源泉所得税2350円を差し引かれた55825円を司法書士の方へお支払いしました。そこで質問なのですが、この源泉所得税はこちらが支払に行くものなのですか?恥ずかしいほど初歩的な質問で申し訳ありません。 それと源泉税を支払う前の現金出納簿の記帳の仕方ですが、源泉税を支払の方に書くと実際に払った額より多くなってしまいます。どうしたらよいのでしょうか。宜しくご教授お願いいたします。

  • 司法書士の消費税、源泉所得税額について

    司法書士に成り立ての者です。 司法書士が依頼者に渡す、領収書内の消費税と源泉所得税額について分からない点がありますので、ご存知の方がいましたら教えてください。 報酬額×消費税(5%)‥A (報酬額ー1万円)×源泉所得税(10%)‥B AーB=請求額‥C(司法書士の受領額) まず、消費税ですが、これは、受け取った司法書士の私はどうすればよいのでしょうか。 次に、源泉所得税ですが、源泉徴収した依頼者側はこの税額をどのように処理するのでしょうか。 会社員だったため、税金の扱いが全く分からなく困っています‥。

  • 源泉 納期特例 廃業

    個人事業をしており、給与等の源泉所得税の納付については、いわゆる納期特例で半年分ずつの納付となっています。 3月31日で事業を廃業した場合、給与の源泉所得税1月分~3月分はいつまでに納付すればよいのでしょうか? 7月10日でよいのでしょうか?

  • 源泉所得税・預かり金処理について

    いつもお世話になっております。 源泉所得税の件で質問があります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 給与136,800円に対して、 源泉所得税が3,990円だったため、 従業員には132,810円を支払ました。 納付はそのまま3,990円を所得税として支払ました。 そこで誤って、仕訳を 給与 132,810円 /現金 132,810円 としてしまいました。 誤りに気づいたので、 給与 136,800円 /現金 132,810円          預り金  3,990円 と仕訳を修正したのですが、 預かり金で処理をしていなかったため、 (納付もそのまま従業員の給与から引いた分を 仕訳せずに納付していました。) 預り金の残高が異なってきてしまいました。 どこを修正すればよいのか 頭が混乱してよく分からなくなってしまいました。 誤った処理としては、 仕訳を通さず、給与から所得税分をひいて、 そのまま納付したという点だと思います。 分かりにくい説明ですが、 よろしくお願いいたします。

  • 源泉所得税の特例納付の納付書がこないのです。

    源泉所得税の特例納付の納付書がこないのです。 うちの会社は源泉所得税の納付を半期に1回行っています。 特例納付というものです。起業時に申請をしており、過去5年間かならず税務署から納付書が送られてきました。 6期目を迎えている今年ですが、そういえば納付書が届いていません。 毎年7月には前期分を納付しているのですが、納付書がこないためすっかり忘れておりました。 納付書が税務署からこないということはあるのでしょうか? 通常であれば7月10日が納期限となるのですでに期限を過ぎてしまってることになるのですが、今から 納付することはできるのでしょうか? たとえ納付書が来なくても、自分から払い込みに行くべきだったのでしょうか?

  • 決算期 預り源泉税の処理

    10月決算の小規模法人です。昨年までは、税理士事務所へ決算のみお願いしておりましたが事務所固定・携帯との不通状態で今回は自分で決算処理をしようとしております。 会計ソフトはミロク情報センターのかんたん法人会計を使用しております。 ところで昨年の決算で不具合があり、いかように処理をすべきか悩んでおります。 前々年度決算期末処理で預り源泉所得税で処理されており、それに気づかず前期首にその預り源泉所得税を現金で精算していました。 結果、預り源泉所得税が残ってしまいどのような振替をしたら良いかをお教えください。 ネットでみていると  2017.10月 振替    給与    280,000    266,500 〇〇銀行                            13,500 預り源泉所得税  2017.10月 決算修正  預り源泉所得税13,500     13,500 複合   上記処理してあったこと認識不足で下記処理する  2018.11月        預り源泉所得税13,500    13,500 現金   現在に試算表に預り源泉所得税13,500が残ったままになっている   2019.10月期末処理で下記内容で良いかです。  2019.10月 決算修正  雑損失    13,500     13,500 預り源泉所得税

  • 源泉所得税の納付について。

    こんにちは、タイトルの件でご質問があります。 納期の特例で源泉所得税を納めている法人です。 先日源泉所得税を支払ったのですが、外交員報酬の源泉所得税を天引きしていたのに、その分だけ納付していませんでした。 この場合は、支払っていない源泉所得税分だけの納付書を再度記入して、納付すればよいのでしょうか?教えてください。

  • 源泉所得税について

    顧問契約の源泉所得税について教えて下さい。 私の会社が、個人の方と顧問契約を結び、月20万円+交通費をお支払しております。 その場合、交通費を除いた金額20万円に対して10%の源泉所得税を徴収しなければならないのですよね? ですが、源泉所得税を徴収せず、20万円+交通費分を毎月その方にお支払しております。 なので、源泉所得税を納めていないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?