• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

メタノールとガソリンの毒性について

自動車の燃料として、様々な案が検討されています。この中でメタノールは燃料電池にも使えるということで、インフラの面からも期待が大きいと思います。しかしながら、ガソリンスタンドの取扱い条件として、メタノールは毒物劇物に該当するため資格者の選任が必要となり負担となっているようです。実際上、メタノールの毒性はガソリンと比べてどうなのでしょうか。ガソリンは混合物であり毒性が特定できないので、法的な規制を逃れているのではないでしょうか。メタノール車の排気ガスにも有毒物があるとのことですが、ガソリン車と比べてこれも同様なことが言えるのではないでしょうか。これはガソリン擁護のための手段ですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2482
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#7146

メタノールとガソリンの蒸気の毒性は、ほぼ同じな様ですが、ガソリンの 方が同じ温度では揮発性が高いので被害にあう確率が高くなるようです http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1997/00120/contents/014.htm メタノールの燃焼ガス(排ガス)の毒性は少ないと思われます メタノールの化学式はCH3OHで炭素と水素と酸素で構成されています ので燃焼すると二酸化炭素と水になると思われ、ガソリンの様に 熱効率は良くありませんが低公害と言えると思います http://www.jari.or.jp/ja/kuruma/kuruma41/engin3.html ただガソリンもメタノール不完全燃焼すると有毒ガスが発生するので 燃焼効率を上げる研究が必要だと思います。 スタンドでの取り扱いについては従来の危険物取扱責任者(乙4類) 資格者に加え毒劇物取扱責任者の資格者を置かなければならないので 負担になると思いますね、 毒劇物取扱責任者になるには毒劇物取扱責任者試験に合格するか 高校の化学科卒業者以上は無試験でなることができます。 毒物劇物取締法 http://www.jvia.gr.jp/kankyou/law/dokugeki.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考URLは興味深かったです。やはりガソリンの毒性も結構ありますね。スタンドの毒劇物取扱責任者の資格用に、簡易なものが出来たようです。化学科卒業者は無試験とのことですが、学校で関連法規等の講義・単位はあるのでしょうか?

関連するQ&A

  • ハイブリッド車はガソリンスタンドでガソリン以外に何か入れる必要があるのでしょうか?

    ハイブリッド車はガソリンスタンドでガソリン以外に何か入れる必要があるのでしょうか?  ガソリンと燃料電池で?うごくシステムの車だと聞いていますが、 ガソリンが無くなれば、ガソリンを足すだけであとは普通のガソリン車と同じで、なにもしなくてもいいのでしょうか? それともなにか燃料を足す必要があるのでしょうか?  それからトヨタのヴィッツ以外にも車種はあるでしょうか?  ハイブリッド車に乗っている方おしえてください。

  • 毒物劇物取扱者試験について

    自動車系の専門1年生です。 2年生になると、卒業研究があり、燃料電池の研究をやろうと思っています。 去年卒業した先輩が燃料電池の研究をやろうとしたそうですが、学校内に毒物劇物取扱責任者が居らず、 薬品が買えなかったそうです。 なので、 生徒が毒物劇物取扱責任者になれるかは、分かりませんが化学系の勉強をやりたかったので、今年の8月に毒物劇物取扱者試験を受けることしました。 ところで、 毒物劇物取扱者試験合格者だけが、扱える薬品はあるのでしょうか? それと、学校など何か組織の中で使用する場合、毒物劇物取扱責任者の設置が必要なのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 燃料電池は石油燃料よりずっとクリーン?水素の取り出し方?

    燃料電池はクリーン?水素の作り方? 燃料電池について興味があっていろいろ自分なりに調べてみました。ちょっと燃料電池について興味があって、過去ログや自動車会社のページを見ていたのですが疑問があります。 (1) トヨタ・本田などのページをみると、燃料電池の水素はメタノールやガソリンなどから取り出すようです。そうだとすると、どっちにしろ、水素を取り出す過程で二酸化酸素が出ると思います。クリーンになったといえるのでしょうか?石油燃料との比較の問題でしょうか?硫黄などが出ないから? (2) たとえば、メタノールなどをそのまま燃やす場合と、環境へのやさしさやエネルギー効率はどう変わるのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

ガソリンの代替燃料としてメタノールを使用することは技術的に可能です(実際、ブラジルで輸入石油製品が高価格であり経済的な負担が大きいことや農業政策等から過去に政策的に実施されていました)。 しかし、メタノールが使用できるのは「対策車」であって、現在街中に走っている車に即時適応可能かは問題があるようです。この辺りの情報は検索エンジンにて「高濃度アルコール」と検索すれば多数の情報がでてくると思います。 ガソリンの成分についても、過去にベンゼンが1%以下と規制されたように、有毒性が法的に示された物質については適時対応が取られています。品格法?という法律にて規制されており、きちんと管理されているようです。 (個人的感想ですが、日本のキチンとしたスタンドで販売されているガソリン等燃料は、確かに中身が見えないので実体は不明ですが、虚偽表示の問題となっている食品よりは何十倍も信頼できると感じています。メタノールのように単一成分ではないにも係わらず、違う石油会社のガソリンを入れても問題が起きませんし、通常の使用では極端な性能の差も感じません。石油を擁護する訳ではありませんが、キチンと品質が管理されているからだと思います。) ちなみに、有毒性の指摘されている化学物質については、PRTR(化学物質排出把握管理促進法)にて石油製品も管理されているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。機械工学的な面からのご意見であると感じます。ベンゼン等の有害物質の規制、管理がきちんとされているし、性能の差も感じないとのことですが、ガソリンはその主成分自体にも毒性があるわけで、性能の差を生じない程の品質管理がされても、人の健康に対しどの程度の効果が保証されるのでしょうか。やはりガソリンは、その使用が既成事実であるので擁護されているのではないでしょか。

  • 回答No.3
noname#7146

「毒劇物取扱責任者の資格用に、簡易なものが出来たようです」 平成6年度より「特定品目 特定品目(内燃機関用メタノールに限る。)」でメタノールに限定した試験が行われているよですね 「化学科卒業者は無試験とのことですが、学校で関連法規等の講義・単位はあるのでしょうか?」 詳しいことは分かりませんが少々の講義はあると思います、一般的に考えると試験に合格したにしても直後しばらくは頭にあるかもしれませんが、取得後何年も使わないでいて、その後忘れたり、法律改正があっても、資格があればなれるわけなので化学の知識はあるので、前からだともっといいですが、毒劇物取扱責任者として届け出し正式になってから行政指導や独自に勉強しても問題ないとは思います。 応用化学に関する学課を修了した者とは http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/yakumu/dokugeki/gakureki.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答ありがとうございます。責任者よりも、やはり実際に取り扱う人への教育が重要ですよね。

  • 回答No.2

メタノールについてお話しします。 メタノールは人体の体内に吸収される可能性がガソリンとは比べものにならないくらい高いです。 つまり、呼気の中にメタノールが気体として含まれている場合、肺から吸収されてしまいます。また、皮膚についた場合、皮膚からも吸収されてしまいます。お酒のように飲んだ場合、腸からも吸収されます。 ですから、体のどこからも吸収可能な物質なのですよ、メタノールというものは! メタノールの毒性によってどのような身体的な影響がでるかともうしますと、メタノールの中毒症状は単に「失明」するだけです。中毒症状によって死に至ることはありません。 なぜ失明するかといいますと、人間はメタノールを分解する能力が非常に低いため、人体内に吸収されたメタノールは長い間分解されないまま血液中に滞在し体の中を移動します。さらに、アルコール類は何ら制限を受けることなく脳内に入り込むことができる物質でもあるので、脳内に容易に入り込めるメタノールは、視床下部に作用しその一部を破壊するため失明が起こるといわれています。 ただし、一度に何リットルと飲んだりしなければ、または、毎日連続して飲む・吸飲するなどの行動をとらなければ失明することは起こらないでしょう。 ですから、ガソリンスタンドなどでメタノールを取り扱う場合、毎日、何千リットルというメタノールと接する機会が増えるわけですから、「気づかないうちに多量のメタノールを体内に吸収してしまい失明に至る」という可能性は非常に高いといわざろう得ません。 これに対して、ガソリンの場合、はっきりと人体に現れる影響というものが特定されていません。そのために、皮膚病・ぜんそく・ジンマシンといった症状が、果たしてガソリン・ガソリン車の排ガスによって起こったものなのか? といった「疑問」の形でしか表されていないのが現状なのでしょうね。(「ガソリンを吸収すること・ガソリン車の排ガスを吸うことによって、◯◯◯という症状が必ず出る」とハッキリすれば法規制の対象となるのでしょうが・・・。ですから、「ガソリンだから・・・」、と擁護されているわけではないと思いますよ。) >メタノール車の排気ガスにも有毒物があるとのことですが、 >ガソリン車と比べてこれも同様なことが言えるのではないでしょうか。 現時点で、メタノール車の排気ガスとガソリン車の排気ガスに含まれる有毒物は人体に影響が出るほど出ていない、というものです。(もしこのことを大きく取り上げるようになったら、次の日から自動車すべてが「使用禁止」となり、パニックが起こるでしょうね。笑) ところで、メタノール車の排ガスに含まれているものは水と2酸化炭素の2種類しかありませんから、ガソリン車の排ガスよりクリーンです。問題のなるのは、燃焼不完全により残ったメタノール・ススなのでしょうが、ガソリン車・ディーゼル車が排出している排気ガスの方がずっと有害物資を含んでいると私は考えます。(ススは多いし硫黄酸化物・窒素酸化物が多く含まれていますから酸性雨などの原因としておおいに問題だと思いますが・・・。まぁ、それによって「死に至る」ことは起こらないでしょうけど・・・。笑) では、参考になさってみてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。メタノールの毒性は有名ですが、ガソリンの毒性については、一般の人にはあまり知らされていないのではないでしょうか。労働安全衛生法によれば、メタノールは2種、ガソリンは3種でメタノールの方が毒性が上とされますが、ガソリンにもやはり毒性があるのは明らかです。今まで、ガソリンがこの法規に規制されなっかたのは、取扱いが屋外であったためで、メタノールも屋外であれば法的には同じような扱いになります。やはり、メタノールは単一物ですので症状との因果関係が明確ですが、ガソリンは混合物でその混合割合も幅が有り、症状の因果関係が特定できないため、厚生省の法規を逃れたているのだと思います。言われるように、メタノールは皮膚からも吸収されますので、スタンドではゴム手は必需でしょうが、呼気による障害は同じようなものだと思います。また、ガソリンにはベンゼンが含まれており、排気ガスにもそれが出てくるそうなので問題は大きいと思います。管理者は資格をとるため勉強しますが、実際にスタンドなどで有機溶剤を取扱うのはアルバイトやパートの方が多い様で、安全教育(防火等とは別に作業者自身の安全衛生に対いする)を充実して、健康に注意してもらいたいものです。

関連するQ&A

  • エタノールでの発電

    最近、バイオエタノールが注目されていますが、ガソリン用途が中心だと思います。 このエタノールでガスタービン、ガスエンジン、燃料電池などの発電用エネルギーとして利用できないでしょうか。 メタノール燃料電池は既にあるので、エタノールでもできそうな気がするのですが よろしくお願いします

  • 燃料電池自動車は「燃料電池から発生する出力は直流で

    燃料電池自動車は「燃料電池から発生する出力は直流であるので交流に変換して利用する」そうですが、なぜ直流のまま利用出来ないのですか? わざわざ交流に変換してから利用しないといけない理由は何なんでしょうか? ガソリン車もガソリンから直流で出力されて交流に変換して利用しているのですか?

  • エネルギー効率について

    燃料電池自動車,天然ガス自動車,ガソリン車,ディーゼル車のエネルギー変換効率を教えてください.燃料電池はたしか40%くらいだと思うのですが... 水素,天然ガス,ガソリン,ディーゼルの燃焼熱は,それぞれ140MJ/kg,29~42MJ/m3,45MJ/kg,43MJ/kgぐらいなのですが,エネルギー変換効率を考慮するといったいどの車が一番効率が良くなるのでしょうか?教えてください. よろしくお願いします.

  • メタノールの毒性

    メタノールは飲むと健康被害があるのはわかっていますが、揮発物の吸引または皮膚についたときの健康被害はどのていどあるのでしょうか? 工業用アルコールとしてメタノールを頻繁に使用していますが、エタノールに変更することも検討していますが、価格が高いので問題なければメタノールをそのまま使用したいのですが

  • No.44064 毒劇物の保管について、 が煙に…

    No.44064 毒劇物の保管について、 が煙に巻かれている内容に関して、 -? No.44064 毒劇物の保管の質題について、にて、 > 毒劇物取締法施行規則第四条の四 二 イ  では、 > 「毒物または劇物とその他のものを区分して貯蔵できるものであること」とあります。 > これは、保管庫そのものを別にしないといけないものなのでしょうか。 > それとも、一つの保管庫の中で間仕切りして「ここが毒劇物のスペース」とするだけで > よいのでしょうか。 の問い合わせに対して、 >> 毒劇物保管のために鍵付きの保管庫を買ったのですが、仕事場全体のスペースに余裕がなく、 >> やむなく保管庫に毒劇物でないものもいれて保管している状況なのですが、法令違反に >> あたるのか知りたく思いお尋ねします。 > の記載内容から、そんなに大量(ドラム缶のような200ℓを超える)な取扱いをして >いないなら、原則最低限度の法令順守で問題ないと思います。 と記載すると、iwanaiこと岩魚内や虎が、他人批判の記載。 そして、別に質題 No.44070   No.44064 毒劇物の保管について、 が煙に巻かれている内容に関して、 をすると、“反社会的な質問内容”と記載。 実用的範囲を質題者の負担が少ない見地から記載しただけのことで、法令違反とではない。 従って、“反社会的な質問内容”でもないが、如何でしょうか? 上記URL初段に、 > 毒物劇物取扱者は、「一般」・「農業用品目」・「特定品目」の3種類があります。 > それぞれ、全種類、農業用のみ、特定品目のみの毒劇物を扱うことができます。 > また、「一般」合格者は製造・輸入・販売すべての、「農業用品目」・「特定品目」では > 輸入・販売のみの、 毒物劇物取扱責任者になることができます。(つまり製造業は「一般」 > が必要) 受験にあたっては、それぞれの取り扱うことのできる毒劇物の範囲内で出題され > ます。 > 私が受験した平成16年度東京都でいうと、農業用品目と特定品目の受験者数は、 一般の > 受験者数に比べ、それぞれ約5%、約1%となり、圧倒的に「一般」の受験者が多いです。 > また、それぞれの合格率や受験料も殆ど変わりませんので、どうせ受験するなら多用途な > 「一般」がいいでしょうし、私もそうしました。 > 上記3種類に加えて、「内燃機関メタノールのみの取扱いに係る特定品目」という種類が > ありますが、実施している都道府県はそれほどありません。 とあり、 毒劇物の製造・輸入・販売業を行わない場合には、法令内容確認はできないのではないか? また、農業用品目もあるが、法令をしらない山間部の農家さんが農薬等の保管で、法令を 遵守していない保管をしていたら、取り締まられる?反社会的なことをしている? ちょっと、可笑しい。 大手電気メーカーT社が、随分前に自社の敷地内に薬品処理費用を浮かすため?? 薬品を地中に廃棄し、周辺住民からの地下水汚染抗議からそれが発覚。 その頃の当事者がいないから、……で……となった経緯があるが、その方が反社会的。 毒劇物の製造・輸入・販売業を行わない場合は、自動車の法令点検的な自己責任と自己管理 であるために、実用的範囲を質題者に決めていただくが一番です。 反社会的質題ではない記載だし、質題です。 やはり、 毒劇物の製造・輸入・販売業を行わない場合には、法令内容確認はできないのではないか? また、農業用品目もあるが、法令をしらない山間部の農家さんが農薬等の保管で、法令を 遵守していない保管をしていたら、取り締まられる?反社会的なことをしている? ちょっと、可笑しい。 「毒物及び劇物取締法」 第七条に定められている通り、毒劇物の製造・輸入・販売業を行う場合には各店舗に専任の 「毒物劇物取扱責任者」 を置かなければなりません。この責任者になるための資格が今回の「毒物劇物取扱者」です。 毒物劇物取扱責任者の業務について 自動車の定期点検について http://www.umekkii.jp/data/career/poison/intro/ http://www.umekkii.jp/data/career/poison/intro/668.cgi http://menkyo-web.com/kiso/p06.html

  • 業務上にて毒物劇物を使用する際の申請について

    社の業務にて、新規にめっき事業を開始し、毒物劇物を使用することとなりました。 業務を開始するに当たりどのような登録・申請が必要となるのか、お教え下さい。 ・公共下水道事業認可区域外流出に関する事前協議依頼書(市下水道課) ・公共下水道特別使用許可申請書(市下水道課) ・特定施設設置届出書(市下水道課) ・公共下水道使用開始届(市下水道課) ・除害施設設置届出書(市下水道課) ・除害施設完了届(市下水道課) ・除害施設管理責任者選任届(市下水道課) ・特定施設設置届出書(県民局) ・汚濁負荷量測定手法届出書(県民局) ・特定施設設置届出書(県民局) ・特定施設使用開始届出書(県民局) ・有害ガス発生施設設置(使用・構造等変更)届出書(県民局) ・公害防止統括者選任届(公害防止管理者選任届)(県民局) ・建設物機械等設置届(労働基準監督局) ・圧縮アセチレンガス等の貯蔵又は取扱いの開始届出書(消防本部) ・毒劇物取扱責任者設置届(保健所) ・毒物劇物業務上取扱者届書(保健所) 現在これだけの書類をリストアップしていますが、漏れや逆に申請不要なものなどありますでしょうか?

  • エタノールとメタノールの毒性について

    はじめまして、お世話になります。 最近有機化学を勉強し始めた者ですが エタノールとメタノールの毒性について この両方はメタンとエタンにOH(ヒドロキシル基)がくっついた物だと思うのですが(ドキドキ^^;)エタノールはお酒の原料(酵母の嫌気発酵)のより生産され体内でアセトアルデヒドに変わると記憶してます。でもメタノールの毒性があり、量によっては失明の可能性があるとも聞きました(粗悪な酒・偽ウォッカとか)形の似たこの2つ、毒性を生むのは何が違うからでしょうか? 体の中で何がおきてるのでしょうか?胃酸と関係が… 今現在の知識を総動員して(泣)質問を書いてみました^^;どなたかご存知の方よろしくお願い致します。 どこか違う場合容赦なくつっこんでください(うっ)

  • メタノールはガソリンに溶解しますか

    車にガソリンを給油するときに、水抜き剤と間違ってメタノールを少量(50ml程)タンクに投入してしまいました 水抜き剤はイソプロピルアルコールですが、同じアルコールでもメタノールはガソリンに溶け込まないのでしょうか そのまま運転していても問題ないでしょうか、それとも水抜き剤(IPA)を追加投入するのはどうでしょうか

  • メタノールはどこで買える?

    メタノールはどこで買えるのでしょうか。

  • メタノールについて

    植物から、メタノール(メチルアルコール)かエタノールを 作り出すことができるのでしょうか?教えてください。 (方法を具体的にお願いします。)