• 締切済み
  • 困ってます

事実上の倒産の認定について

長文失礼いたします。 どちら様か詳しい方いらっしゃいましたらご回答をお願いします。 給料が一か月分もらえない状態で会社を退職し、会社に支払い能力はないのですぐに労働基準監督署に「事実上の倒産の認定」の申請をしたいと思います。 私が勤めている会社は同じ代表取締役で二つの屋号が同住所で存在します。 そのうちの1つは今月末で多分2回目の不渡りを出し事実上の倒産になるんじゃないかと思いますが、私は不渡りを出していない方の会社に勤めていることに書類上はなってます。 その場合、辞めてから「事実上の倒産の認定」の申請をしても認定されるのでしょうか。 もしそれで認定されなかったときに、「債権者からの会社更生手続き」又は「債権者からの破産手続き」を申請するため未払い給与の支払い催促訴訟を行い、「法的に債権者であること」「債権が実存すること」「支払いの最終期限」を設定し、その上で「最終期限をすぎても支払われないので、債務不履行である」として「債務が履行できない状況」を完成させて、「債務不履行で、支払い不可能な状況だから、継続は困難である」として再度労働基準監督署に認定申請をすれば「事実上の倒産」として認定されるのでしょうか。 裁判所を通す手続き(自分でもできるもの)で他に何か良い方法はありませんでしょうか。 ちなみに、自分が勤めている方の会社名での借金で延滞し、債務不履行ですでに保障会社が立て替え払い済みや現実保証人が払っているものはあります。 そういうことは「事実上の倒産」の認定のときにはちゃんと調べられて認定される要素にはなるのでしょうか。 それから、「事実上の倒産」は一度の不渡りでは不十分で該当はしないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1015
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「事実上」の倒産 って?

    会社が不渡りを出したり、会社更生法や民事再生法を申請すると、[事実上の倒産]と言われますよね。「事実上」という言葉は「同然」というような意味だと思いますが、そうすると事実上の倒産というのは、「実際は倒産していないけど倒産同然」ということになります。 では、本当の倒産と言うのはどういう状態を指すのでしょうか。前からずっと気になっていました。ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 支払いの期限のない契約の場合、債務不履行となるのは

    契約の際に代金の支払いについてその期限を設定しなかった場合、その債務不履行はいつの時点で成立するのでしょうか。債権者が支払いを要求した時に指定した支払い期限がそうでしょうか。

  • 倒産について教えて下さい

    じつは会社が2回目の不渡りを出してしまいそうです。(ほぼ確定事項) 未払い賃金なんかも有るので手続きをしようと思っているのですが、2回目の不渡り=倒産と言う事でいいのでしょうか? また倒産のときには必ず「管財人」がはいるのでしょうか? 会社事体は更生する事は不可能のようで、おそらく整理する事になると思いますが、会社に資産は残っておりません(1回目の不渡りの後、筆頭債権者に債権を譲渡した様です)

  • 給与未払い立替え制度 事実上倒産と認定されるために

    今年の3月分~6月分の給与が未払いです。 (パート40名/社員20名ほどの小さな会社です。) 経営状態が厳しいだけではなく、多額の借金も抱えています。 3月中には必ず払う、4月中には2ヶ月分、5月末には支払う、 ・・・などと引き伸ばされて3ヶ月になります。 すでに労働基準監督署には申告をしていますが、 6月初旬に、私たち労働者に向けて、 『会社を整理する事になった。』と発表がありました。 しかし、その後も会社は倒産する気配がありません。 今でも、少人数が出勤して、営業している様です。 『顧客の整理や債権者への対応をしている。』と言っていますが パート労働者数名にも現金を支払い、極秘に出勤させています。 会社幹部からは、『整理する件について社外へ口外しない様に』 ・・・と注意がありました。 それだけではなく、 労働者に対しては『整理する』と発表しておきながら、 今月に入り、会社紹介がメデイアに載りました。 (ネット上のニュースサイトを含め、メデイア2件に。) 『某大手会社と契約した新サービスを提供する会社』として、 会社の紹介が載りました。 また市が出しているビジネス紹介雑誌にも載りました。 まるで急成長をしている会社、という事実と異なる内容です。 このまま営業を続けられていたのでは いつまで経っても、事実上の倒産とは認定されません。 会社は、『整理する』という表現を使います。 一切、『倒産』という言葉は使いません。 このまま労働基準監督署に任せていたら良いでしょうか? それとも、事実と異なる報道をしたメデイアにも報告すべきでしょうか? その場合、メデイアへの報告方法も教えて下さい。 私たちは早く辞めたいのですが、離職の手続きも引き伸ばされています。 現在、ほとんどのパート/労働者は、出勤停止(自宅待機)です。 会社は離職の手続きをしているので、待って欲しいと言っています。 嘘ばかりの会社に対抗するには、私たち弱者には何が出来るのか、 詳しい方、どうかお知恵をおかし下さい。宜しくお願い致します。

  • 労働基準監督署

    先日、勤務先の債務不履行(セクハラ)について労働基準監督署へ相談に行ってきました。 当方としては、債務不履行であることを労働基準監督署に説明・証明できれば、行政からの指導がはいるものと思っていたのですが、違う・・・・んですね? 労働基準監督署の担当者不在とのことで正式な応答・返答は無かったのですが、 その代理人(正規の職員ではないらしい。多分退職者)の話を私なりに解釈すると、 先ず、私が勤務先を債務不履行で民事裁判を起こし勝訴します。その判決内容に勤務先が従わなかった場合に、初めて労働基準監督署が動き出す。 というような説明を受けたのですが、そうなんですか?? 債務不履行についての労働基準監督署の仕事ってなんですか? このQ&Aにいただける回答には、男女雇用機会均等室云々の話は結構です。労働基準監督署について回答いただけますようお願いいたします。 もう1点。 この代理人からは、「違法行為に時効は無い」という説明を受けたのですが、 弁護士からは「債務不履行の時効は10年」と説明を受けています。 この違いってなんですか?意味が解りません。

  • 法定責任説

    法定責任説は、「413条の責任は、信義則に基づいて、法が特別に課した、法定責任である。すなわち、債権者は給付を受領する権限は有しているが、給付を受領すべき義務は負わない以上、債権者になんら義務違反はなく、債務不履行と解することができない。」 と習いました。413条には「債権者は遅滞の責任を負う」と書いてあるのに、なぜ、「すなわち、債権者は給付を受領する権限は有しているが、給付を受領すべき義務は負わない以上、債権者になんら義務違反はなく、債務不履行と解することができない。」という結論になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 倒産した会社との契約はどうなるの?

    某コンサルディング会社に、1月の終わり、飲食店の新規店舗、改装工事の契約書を交わしました。 しかし、2月1日にそのコンサルディング会社が倒産しました。 店舗改装の費用を払っていて、尚且つ、契約書にも工事終了までが契約期限とするとも記していました。 泣き寝入りするしかないのでしょうか? なにか今すべきことはないですか? そもそも、倒産すれば、債務不履行してもいいものなのでしょうか?

  • 債権侵害に対する不法行為責任

    債権侵害に対する不法行為責任というものがありますが、これは債権者 が侵害者に対して責任追及を行うものと考えられますが、第三者による 債権の侵害については債務者も侵害者に対して行うことは出来ないので しょうか? 債務者からみますと債務(債権)が第三者に侵害されたために債権者か ら債務不履行責任を問われるという損害があれば、債務者にも保護の必 要性があるように思えます。 尤もこのような場合には、債務者は第三者からの債務(債権)侵害とい う理由があるために債務不履行につき過失が否定されるのかもしれませ んが・・・。

  • 過去に詐欺で逮捕歴のある債務者

     数年前、詐欺で新聞に逮捕されてた記事が掲載された人物に債務不履行をされました。 質問は、債権者が債務名義を取得できた場合、債務者の住民税納税証明書を取得できないか?です。債務者本人に取ってもらうのではなく、債権者が取れるか?です。債務者の委任状がなければ取れないか?ということです。債権回収が困難なため、いっそ回収できないのなら債務者を破産に追い込みたいと考えています。債務不履行で取得した財物を換金して生活しているわけですから、おそらく申告額も少ないと想像しております。収入が少ない証拠を盾にして、債務者に迫りたいことが目的です。ちなみに債務不履行のお相手は政治結社に所属して、日本をよくするために努力しているはずです。

  • 自己破産制度

    よろしくお願いします。 零細企業の会社社長が、多額の債務を抱え、支払い不能の状態にあります。 弁護士に委任し裁判所に自己破産の申し立てを行いました。 今は弁護士が委任を受け、準備中らしいです。 私も債権者のひとりですが、時間ばかりが過ぎていき、破産管財人がいつ擁立されるかも わかりません。 1、自己破産が出来なければ、不渡りを出した会社は、まだ事実上の倒産とは言えないのですか? 2、裁判所が自己破産の却下(取り消し)をくだすことってありますか? 3、債権者は、早く債権を回収したいので、第三者に約束手形を安売しようと考えますが、   法律上、問題ありますか?