• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

subject to no other duties...について

subject to no other duties than such as are equal to the other duties, if it were imported, could be viewed that it makes the domestic market disordered.という文について質問があります。 これを直訳すると「他の税と平等であるような税以外の対象(課税対象?)は、もしそれが持ち込まれるとするならば、国内市場に混乱を招くと考えられるかもしれない」、つまり「他の税と不平等であるような税の課税対象が持ち込まれるとするならば、国内市場に混乱を招くと考えられるかもしれない」でいいのでしょうか…? 'He has no other shoes than what he's wearing' 「彼は今履いている靴以外は持っていない」 'subject to a custom duty' 「関税対象」 という二つの例を参考にして自分なりに考えてみたのですが、'subject to no other duties than'の部分が文法的にどうなっているのかよくわかりません。 解説して頂ける方いらっしゃいましたら、お手数ですが教えて下さい。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • waamos
  • ベストアンサー率71% (33/46)

あまり自信が無いので参考程度にしてください。 subject to A はAの支配下にあるという意味です。 Aがdutyですので、「税金の支配下にある」= 「税金がかかる状態で」と訳せると思います。 than以下ですがsuchとasの間にdutiesが 省略されているのではないでしょうか? (be動詞がareになっているので) subject to no other duties than X X以外の税金がかからない状態で such (duties) as are equal to the other duties その他の税金に相当するような税金 「その他の税金に相当するような税金以外が課されない状態で、 仮にそれが輸入されるのであれば、それが国内市場を混乱させると みなされる可能性がある。」 文脈が分からないので推測ですが、消費税のような「その他の税」だけかけて 関税をかけずに輸入すると~ という内容なのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。文脈は、「同じ商品だと見なされるものに課される税金が違うと、それが摩擦となり産業の自由競争を妨げる可能性がある」というものなので、おしゃるように'subject to no other duties than'を考えると、文意にぴったりです^^ 丁寧に解説していただいてありがとうございました!

関連するQ&A

  • "nothing but" "to have no choice but to"

    "They have nothing but water to drink." とか "They had no choice but to obey." などという時の"but"は何という品詞ですか。 また、"but water" や "but to obey" は どこをどう修飾しているのでしょうか。 そしてもう一つ: "He had no way of quitting the program other than rebooting his machine." (He had no other way of quitting the program than rebooting his machine) などと言う時の、"other than"は何という品詞ですか? 英語を文法的要素に分解することに関して知識の豊富な方にお答えいただければ幸いです。

  • 比較英作文 No other~

    比較英作文 No other~ よろしくお願いします。 比較を使った英作文です。 ●この国で、彼ほど有名な野球選手はいません。(Noで始めて2通りに) No other baseball player in this country is more famous than he. No other baseball player in this country is as famous as he. これでいいでしょうか?

  • 所得税

    毎月の給与の課税対象額に対する所得税と賞与に対するそれとは違いますか? 明細をみたら・・・ 賞与課税対象額184666で所得税が14773 対して、12月給与は 課税対象額が244237で所得税は9940円。 なんで24万の課税対象額のほうが安いんでしょう? ちなみに年末調整は含まれていません。 宜しくお願いします。

  • 税の控除ってなんですか?

    いまだに税の控除って理解できないんです。課税対象に課税するときにその課税対象から何らかの控除理由で課税対象額が減る。その減った課税対象額に課税するともとより払うべき税金が少なくなるという理解で正しいのですか? つまり控除された分の課税対象額には課税されないので結果、その一部の課税対象額であったはずの金額については免税に等しくなるということですか?

  • 内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。

    内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。 例えば、 外税商品で、本体価格1,000円の商品、 つまり課税後、1,050円になる商品では、課税対象額は、1,000円だと思います。 では、 内税商品で、1,000円の商品(本体価格953円、税額47円の商品)では、 どの金額を課税対象額、と表現するのが正しいでしょうか? 商品価格1,000円に対して税計算を行うため、課税対象額は1,000円と考えるべきでしょうか。 それとも、税額を抜いた、953円を、課税対象額と考えるべきでしょうか。 規則をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

  • 控除の理解はこれでいいのでしょうか

    青色申告の複式簿記で申請した場合、 65万控除がありますけどそれは以下の理解でいいのでしょうか。 ・控除がない場合 (1)課税対象所得金額:100万円  課税対象所得金額×10%=所得税10万円 (2)課税対象所得金額:500万円  課税対象所得金額×20%-33万円=所得税67万円 ・65万控除がある場合 (1)課税対象所得金額:35万円  課税対象所得金額×10%=所得税3.5万円(6.5万円の節税) (2)課税対象所得金額:435万円  課税対象所得金額×20%-33万円=所得税54万円(13万円の節税)

  • 英語の訳 ・ No one sound means more than any other.

    No one sound means more than any other. 上記の英文ですが、meansが何なのかがわからず意味がいまいちと通りません。 例えば、He is taller than any other boy in his class. ならば「彼はクラスで誰もよりも背が高い。」なので上記の英文を自分なりに訳すと 「何よりも方法と聞こえるものはない」となるのですが、さっぱり?です。 ちなみに上記の文の前後は以下の2文です。 A buzz of meaningless noise surrounds him. No one sound means more than any other. Unlike his ears ,the hearing center of his brain is still immature. (この文のhimはbabyを意味します)

  • 所得税率(給与と賞与)

    基本的な事かも知れませんが、教えてください。 毎月の給与の所得税と、賞与の所得税の税率は違うんですよね? 控除対象者はゼロとして・・・・ 例えば、給与の課税対象額719948円に対し、          所得税67630円。     賞与の課税対象額717259円に対し、          所得税157796円。 だいたい同じ位の支給額で、同じ課税対象額なのに、 なぜ所得税にこんな差がでるのかな~と思いまして・・・。 税務署に電話して聞けばいい事なんですが、 どうしても、急に気になって正月明けまで待てなくて投稿しました。 よろしくお願いします。

  • 相続開始時に無制限納税義務者の場合

    相続開始時において、無制限納税義務者です。 贈与時においては、贈与者と受贈者がともに5年以上、外国に居住している場合、国外資産は生前贈与財産として相続税の課税対象にならない んでしょうか。それとも、国内資産は課税対象になるんでしょうか?

  • 月の所得税について

    こんにちは。 月の所得税額について教えてください。 私の会社の給与明細には給与総額や、課税対象額などの欄があり、きちんと記載されています。 去年の3月、課税対象額が149388円で、所得税が13390円でした。 2月は36万が課税対象額で所得税が13010円でした。 いままで17万位の課税対象額のときは3900円あたりでしたが、3月だけは異様に高いな、と思っていました。 取られすぎた分は年末調整で返ってくるのかな、と思っていましたが、今回の年末調整では1円も返ってきませんでした。 この所得税は正しいものなのでしょうか? よろしくお願いします。