• 締切済み
  • すぐに回答を!

なぜ天罰が当たらないのか

悪いことをしたり、他人に迷惑をかけたり、嫌な思いをさせたり、ひどいことをした人が、どうして、のうのうと生きているのでしょうか。中には、ひどい目にあった人もいますが、ほとんどの人に天罰が当たらないのが、不思議です。天罰が当たったという事例があったら、教えて下さい。また、こういうことは、どう考えたらよいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数22
  • 閲覧数732
  • ありがとう数24

みんなの回答

  • 回答No.22

例えば窃盗で逮捕されたとします。裁判によって「刑」が確定します。 刑期を終えれば社会上、±0になります。 裁判で死刑になった人がいます。死刑までの間に違う犯罪を犯したとしても、裁判は行われません。死刑以上の罰はないからです。 天罰が当たらない人…いい死に方はしないでしょう。 人間は死ぬ寸前がどうだったか、ではないかと私は思っています。 他人の顛末はともあれ、自分はどういう人生を送るのか。それが問題です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。確かに人生は、死ぬ寸前までわかりませんね。今回、いろいろな方のご意見をお聞きして、まず、自分がこれからどんな人生を送っていきたいのか、もっとよく考えてみようと思っています。

関連するQ&A

  • 天罰信じますか?

    良く悪いことをすれば天罰があたるなどと言われますが本当に天罰ってあたると思いますか?

  • 天罰について

    題名の通りの質問です。 他人を平気で傷つけて笑っているような奴って、いつか痛い目に遭うときが来るのでしょうか。 恋愛でいい加減な奴は恋愛で天罰がくだるのでしょうか。 仕事でいい加減奴は仕事で天罰がくだるのでしょうか。 いろいろな意見をお待ちしています。

  • 天罰なんてないと思ってしまう(駄)

    小さい頃ことあるごとく、「そんなことをしたら罰があたる」と言われて育ちました。 例えば口内炎が出来たら「昨日お父さんに憎まれ口を叩いたから口罰があったのよ」と言われたり…(多分ストレスとビタミン欠乏でしょう) 大きくなっても何かいらぬことをするとすぐ罰が下る人間なんじゃないかとどこかで劣等感を感じていました。 しかし世の中見渡すととんでもない人もいて、「天罰なんてありえないのでは?」と考え方が180度変わってしまいました。 ・金持ちできらびやかな生活をしている人が不倫三昧だったり・不正なことで金儲けをしている人(生活保護の不正受給)、汚い政治家がいたり ・とてつもないイジメモラハラ人間が会社で幅をきかせ、たいした能力もないのに、高給取りだったり(上司と寝て座を勝ち取った人も) なんだ、天罰なんて存在してないじゃないか、罰を下るべき人に下ってないことがざらにある。 これが私が親元離れて感じたことです。 悪いことをしたら警察につかまるのは結果である。 うちの父は大酒飲みで体を患い早死にしてしまいましたが、それも天罰のようでただ、体に悪いことをし続けた結果なだけである。 天罰天罰と言うならば、生きたいのに難病と戦う人やハンディのある人、天災でお亡くなりになった人は過去にそんな大罪を犯したのか?!と問いただしたくなります。 天罰なんて存在しない! と絶対に思うのですが 様々な意見をお伺いしたいです。 ちなみに子供には「ごはんつぶを残したら罰があたる」 ではなく 「大事にお米を育てた人の気持ちになって食べようね」と教えて行きたいです。 だってコンビニじゃあ毎日のように廃棄弁当が出ます。 米を残すで罰が当たるならコンビニは毎日大火事にでもならなければつじつまが合わないです(笑)

  • 回答No.21

私の回答について、その実例を指摘します。追加補足ということになります。 >介護の必要な老人がいても、お金があれば、高くても有料の施設に入れて、家族は介護をしなくてもよい。 できることなら家族介護が当然良い。家族は金で買えないかけがえのない存在です。 たとえ贅沢な施設であっても、そこに入れられただけの年寄りは孤独だ。できれば家族介護が望ましい。 単に平穏だけを望まない家族もいる。介護は大変だが、そこに喜びや生きがいを感じる家族もいる。 そしてそういう親子関係が出来上がるためには、お互いの心の問題が『解決』されなければいけない。 「家族に介護してもらうことが嬉しい」「大変だけど家族を介護したい」という関係であれば、 それはそれで、一つの幸せな家族関係である。これは金では買えない。 家族全員が心の問題を『解決』している、そういう家族関係。決して金で買えるものではない。 >私立の雰囲気の良い学校に、子供を行かせることができる。 学校とは、子供が何を学べたかでその価値が決まる。 公立だろうが私立だろうが、金の力による雰囲気作りの程度だとか、そんなことはその本質には関係ない。 「殆ど」というのは、それはかなり高いパーセンテージを意味するものである。 公立・私立を比べて、私立の方が遥かに高いパーセンテージで「本質的な教育」 が行われているなどという統計は、元よりどこにもあるはずがない。 公立でも立派に育つ子供は大勢いる。私立でもダメになる子供は大勢いる。 それは「教育にとって一番大切なもの」と金は殆どまるで関係ないことを証明する一つの材料だ。 貧困の環境から立派な人間になった人はゴマンといる。そして「立派な人間」とは 何も金持ちになったことを意味するものでも決してない。 ダメになる子供は心の問題を抱えている。その『解決』に金は殆ど何の役にも立たない。 結局一番大切なものは、殆ど金では『解決』されない。 >今回の相談は、そういうことではなく、天罰のことについてです。 そもそも、元より、殆どのことは金で解決できるという聞き捨てならないことを言い出したのは 私からではないし、又、こういう私の論旨に反した言動が「お礼」とは何事か。 >こういうことは、どう考えたらよいのでしょうか。 これに対する回答をするためには、出てしまった「金~」という、この言葉を決して避けて通ることはできない。 こちらも痛みと怒りを堪えながら必死に回答をしているのであり。 これがお礼とは…。 あげくの果てに、お礼と銘打って私の回答が回答という主旨からズレていると、あらぬ歪曲をされ 侮辱されたことについては、これは必然的に大変な怒りと憎しみを感じるものである。 しかしこの怒りと憎しみは、長くは続かない。 これだけ分かっていない人なんだから、別に私が憎まなくても、この人は生きるのが辛いだろう。 これからも、辛い思いをし続けるだろう。 誰かを憎んでいるにしても、己がこういう態度なら、時には相手がこの人を憎んで当然だ。 回りの人は正当な怒りを感じることも多々あるだろう。この人はそういう人だ。 懸命に家族を介護する人々を、公立でがんばっている人々を、極論すれば敵に回した。 それなのに自身それに気づかず、一方的に、時には相手に天罰が下ればいいとさえ思い、 憎しみのかたまりになって、重苦しい、ざわざわした心を抱えて生きている。 何も私が憎まなくても、この人はこれだけで充分天罰が下っているに等しい。 憎しみで澱んだ重苦しい心を抱えて生きていなければならない。これは天罰だ。 結局、なんだかんだ言ってもこの人は、未だに親を卒業できていない、ただの子供だ。 子供に目くじら立てても仕方ない。 それより少しでもそれを伝えられないだろうか。 この人が親を卒業するというのは、それはよっぽど大変なことだ。それができたら、よっぼど凄い人だ。 それができたら、たとえこの人が金持ちになろうとなるまいと、まごうことなく「立派な人」だ。 それがこの人の運命だ。それができるかどうかなのだ。それがこの人の人生の意義だ。 それこそが、天罰ということを「どう考えたらいいのか」に対する回答の核心なのだが…。 私もそうだった。そうだった。 あー憎しみが遠のく… 憎いというか、悲しいね。悲しい人やね。 そのうち忘れるから放置しよ。もういい。もう気が済んだ。 これ以上何もできん。自分なりに精一杯やったから、もういい。 あー憎しみが遠のく… ≫介護の必要な老人がいても、お金があれば、高くても有料の施設に入れて、家族は介護をしなくてもよい。 >できることなら家族介護が当然良い。家族は金で買えないかけがえのない存在です。 >たとえ贅沢な施設であっても、そこに入れられた年寄りは孤独だ。できれば家族介護が望ましい。 だからって別に、無理する必要はない。 この老人が「市民ケーン」の主人公ならば、一人で死なせなさい。 貴方の方が死にそうなら、無理する必要はさらさらない。もしそうなら、心ある人は誰も貴方を責めない。 私の言っていることが、少しでも分かるか? 今すぐ分かってたまるか! 5年や10年位では、貴方には分かるまい。…いや、もう諦めた。貴方に知らせるのは、私は諦めた。 だから貴方もせめて今すぐ「分かったような口」をきくのだけは止めなさい。 以上実例。及び完全終了。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.20

>「お金があればほとんどの問題は解決出来る。」 >お金があれば、ほとんどのことは、解決出来てしまうのも事実 →私の回答番号:No.14に対するお礼からです。「こと」と「問題」に違いがあるということですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.19

いや、正確な言い方ではなかったですね、失礼。お金持ちにはなってもいいですよね、私もなってみたいものです(笑)。誠実な努力でスキルアップすることで収入が増えるなら、勿論何も言うことはありません。しかし「金があれば殆ど何でもできる」っていうのは、心配です(苦笑)。まぁ言葉のアヤというのか、そんなこともあると思うので、これ以上よしましょう。偉そうに申しましたが、私だって憎しみの心はあります。現世に生きている以上、時には憎しみの心も湧く。世の中にはハゲタカもハイエナもうじゃうじゃ居ます。しかしそういう人間に引っ掛かった時には、引っ掛かった自分の心も反省してみると、何かが見えることもままある。加藤 諦三さんの本など読むと、よくそういうことを考えされられます。しかしあの人も、アメリカで悪徳不動産に引っ掛かったことがあると告白してましたよ(笑)。あの人でさえも、です。 とにかく、憎しみの心は最後は放置です。貴方が放っておいても、きっととっくに貴方が忘れた頃に、天罰が下ります、必ず。帳尻は必ず合いますから。 …そう、私は結局、やはりこれを「天罰」と呼びたい。できれば貴方にもそう考えて欲しいと感じてしまう。押し付けでしょうが。 全く的外れかも知れませんが、「親」って何だ? ということについて回答したことがあるのです。もしかしたらそれをご覧頂ければ、私が「天罰」と主張する気持ちを少しでも分かっていただけるかも知れないと思い、リンクを掲げさせていただきます。 こんなしつこい人間にお気遣いは無用ですよ、ホント。レスなくてもいいですから。どうかお元気で。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4985591.html 回答番号:No.9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございました。お金の件については、私の言い方が悪かったと思います。「お金があればほとんどの問題は解決出来る。」と、言うべきでした。介護の必要な老人がいても、お金があれば、高くても有料の施設に入れて、家族は介護をしなくてもよい。家庭は平穏。近所の公立の学校が荒れていても、私立の雰囲気の良い学校に、子供を行かせることができる。低賃金で、重労働をしなくてもすむ。いくらだって、メリットはあるのです。ただ、今回の相談は、そういうことではなく、天罰のことについてです。 貴方のご指摘は、鋭いと思いました。私が1番許せないのは、自分の両親と夫の両親だからです。他人は所詮他人です。嫌な思いをさせられても、そのうち忘れてしまいます。天罰(かどうか)が、下った人だってたくさんいます。まあ、人間生きていれば、悪いことだっていろいろ起きるわけだし。いつか、帳尻は合うでしょう。今後は、ハイエナに引っかからないように、気をつけて生きていきます。

  • 回答No.18

再レスありがとうございます。 はい。結局裏も表も同じことです。 振り出しに戻りましょう。同じことです。 もしもですよ、もしも誰かを憎んでいるとしたら、天罰は下らないかも知れませんが、 貴方の言葉を借りれば、その誰かはやがて自業自得に陥ります。 貴方の憎しみの祈りは、やがて成就されます。ですから憎しみは捨ててください。 もしもですよ、もしも貴方が、憎しみをバネにする心が強い人なら、 金は得られるかも知れません。 でも金を得た分だけ、心はどんどん虚しくなっていきますよ。 下手をすると最後は、その誰かと同じ穴のムジナになってしまいますよ。 私は本当に、そういう実例を見たことがあります。 それでは貴方の言葉をお借りして、最終回答ということにさせていただきます。 天罰は下らないかも知れませんが、自業自得にはなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ずっと考えていたことについて、今回、貴方をはじめとして、いろいろな方が、親身な回答を寄せてくださったこと、感謝いたします。前向きに楽しく生きる、そこまで出来なくても、余計なことは考えない。そう努力しましょう。 お金に関してですが、私の仕事は専門的な仕事で、この仕事は大好きなので、もっと上を目指して頑張っているところです。それによって収入が増えればうれしいですが、お金に執着しているわけではありません。

  • 回答No.17

レスありがとうございます。追加補足させていただきます。 まぁ、天罰のようなもの、というお話です。「ようなもの」です。 生来生まれ持ったもの、それから親から与えられた心の土台、 まず、ここまでは自分の力ではどうしようもありません。ここまでは運命です。 運命を誰かが与えた、運命に意志があるとすれば、その意志をもった存在とは神であると。 私はそういう考えなものですから。事前の説明が足りていませんでした。 この点追加補足させていただきます。 そうするとこれは天罰のようなものだ、ということです。 バラのつぼみを隠したのは神の仕業です。公案です。 しかしそれを解けなかったのは、それは人のせいです。 しかして解けなかった人をも含めて、最後は神は許すものなのかも知れません。 そう考えると、天罰などない、と言うこともできるかも知れません。 ほとんどのことは金で解決できるというのは、長く生きているとたまに聞くセリフです。 そういうセリフを言った人の何人かの末路を、実際に見たこともありますよ。 映画だと、うーんそうだな… あっ! 典型的なのは「市民ケーン」です。 主人公は、何でも金で解決しようとした人です。まるで絵にかいたように、です。 …実に面白いですね。一巡りしましたね。 「ほとんどのもの(こと)」ですから、「全て」ではありませんよね。 金で手に入らないものこそ、この上なく大切なものではありませんか。 だって金で買えるなら、誰だって金さえあれば手に入れられるのですよ。 そんなものが一番大切でしょうか。 まぁ私の価値批判を押し付けるつもりは、元よりありません。 よって何ら議論するつもりはありませんので、どうかご容赦下さい。 それにしても、どうしてこのような一巡りが起きたのか? お分かりになりますか? これは一つの合理的解釈です。絶対にこれだと決めることはできません。 貴方はひょっとして、自分に天罰が下るのではないか、 と考えてはいませんか。 だとしたら一応説明はつく。 つまり、貴方が天罰だと思っていたものと、私が天罰のようなものだと言ったそれは、 あながち遠くないものである、ということになります。 失礼致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。私は、自分に天罰が下るなどとは思っていません。むしろ、利用された側ですから。もちろん、日常生活の中で至らない点は、いろいろとあるでしょうが、他人を利用したり、恩をあだで返したり、そういうことは、していませんから。

  • 回答No.16
  • divi
  • ベストアンサー率22% (43/194)

天罰というものが、人間が見る事が出来たり、知る事が出来たりするものであるとは限らないわけですよ。 神を明確に見たと証明できる人がいないのと同じです。 でも、だから「神などいない」「天罰などない」とも言い切れませんし、決めつける事もできませんよね。 神に救われたと言う人もいますし、 天罰覿面!ざま~みろ!なんて言う現象もありますよ。 (本当に天罰であったのかは、わからないままではありますけどね) 人の世界では、まだまだ人の知らない事というのが山ほどあります。 見える事だけ、わかることだけが全てではないですよ。 >また、こういうことは、どう考えたらよいのでしょうか。 質問者さんの知らないところで、人にはわからない方法で 天罰は執行されているかもしれない、と考える事はできませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。天罰があるかどうかは、わかりませんが、人知れず、苦しんでいる人もいます。どんなに恵まれた人でも、生まれてから死ぬまで、順風満帆ということはないでしょう。表面上は何もないように見えても、どこかで自分のやったことへの代償は払っているのかもしれません。

  • 回答No.15

罰というものが、ヒトが考えた方便だからです。 もともと仏教でも神道でも「現世利益」という考えはありません。あるのは「原因と結果」(因果)だけです。 多くの霊能者や研究者が輪廻を説いています。その中で多いのが前世の生き方の結果来世の課題が決まるという仕組みです。 つまり、悪い事をすればその課題を解かなくてはならないのは来世でしかありません。 罰という考えは、現世利益の対義語として生まれた言葉であるから、悪い者が得をするという矛盾が起きてしまうのです。 利益の最も大きなものは解脱ですから、罰の最も大きなものは解脱出来ないという事です。いつまでもこの世に留まり、繰り返し繰り返し人生の浮き沈みの苦労をし続ける事なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。宗教的なお話は、とても難しいですね。来世ですか。来世では、自分だってどうなっているかわかりません。人間以外のものになっている可能性もあるし。なかなか、理解できません。

  • 回答No.14

天罰のようなものは、ありますよ。 人を利用するだけ利用して、人から搾取するだけ搾取して、 地位や名誉や富を得る。憎しみだけをバネにして。 時には偽りの正義を掲げ、それが偽りだとは気づかず、 ただひたすら、自分だけを愛して生きてきた。 気づくチャンスは幾らでもあったのに、遂に最後の最後まで気づかなかった。 例えばそうやって生きてきた人は、年老いて力が無くなると、 回りにだーれもいなくなります。 人を利用すれば、同じように人を利用しようとする人ばかり集まってくる。 人から搾取すれば、同じように人から搾取しようとする人ばかり集まってくる。 自分だけを愛して生きれば、本当に自分を愛してくれる人などいない。 だから自分に力がなくなると、回りに誰一人いなくなるのです。 誰一人自分を愛してくれる人など、元よりどこにもいないままです。 そして、何故そんな悲惨な最期になってしまったのか、 気づかないまま死んでいく。 或いはもし最後に気づいても、もうどうしようもない。もう人生の残り時間はない。 そして、途方もない程の大きな大きな後悔の心を抱えて、 のたうちまわって死んでいく。 これは天罰といってもいいでしょう。 こういう人は、実は子供の頃に大切なものを失って、 ずーっと気づかないまま生きてしまったのです。 例えば、市民ケーンという映画を観たことがありますか? 古い白黒映画ですが、未だ映画史上最高傑作とも謳われています。 主人公は最後の最後に気づいたのです。バラのつぼみです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。天罰と言うよりも、自業自得と言った方が良いのかもしれませんね。確かに、そういうことはあります。でも、お金があれば、ほとんどのことは、解決出来てしまうのも事実です。歳を取ったり、病気になったりして、困っても、お金があれば何とかなります。誰も助けてくれなくても、お金を払えば、大抵のものは手に入るし、サービスだって受けられます。 私は、映画大好きですが、残念ながら「市民ケーン」は、観ていません。機会があったら、是非観てみたいと思います。

  • 回答No.13
  • dai-ym
  • ベストアンサー率22% (848/3824)

元々神話だろうが宗教だろうが天罰って悪いことをした人に公平に下るものでなく、神様の気まぐれなんじゃないのという感じで下るものです。 だって、どんな聖人君主でも生きている中で一度も悪いことをしたり考えたことがない人などほとんどいないでしょう。 すぐに天罰が下るようでは人間がすぐにいなくなってしまいます。 そういう気まぐれに下るから、多くの人間は悔い改める猶予を与えられる。 また、実際には天罰が下っているがその天罰に負けないくらいにバイタリティのある人というのもいます。 悪いことをしたところまでは知っているが、天罰が下ったことは知らないということもあるでしょう。 実際の事件でも犯人が捕まらなければその犯人がどうなった家などわかりません。 実際には天罰が下って死んでいたり、死んだ方が良いとおもうような環境に居るのかもしれない。 でもそういうことは普通の人は知りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。天罰という言葉が良くなかったのかもしれません。大げさだったのかもしれません。でも、自分がやったことと同じ位のことは、返ってきて当然だと思うのです。人知れず、返ってきているのかもしれませんが。そういう事例も、結構あるのかもしれません。

関連するQ&A

  • いじめは天罰

    以前、ここのある質問に対し「いじめの加害者には、それ相応の天罰が下るんだ」というような 回答をお見かけしました。悪いことをすれば、巡り巡って自分に返ってくるのだと。 そのとき沸いたささやかな疑問。 「じゃあ、いじめられてる人は、昔悪いことをしたからその報いとしていじめ(天罰)られているの?」と。 いじめ被害者は天罰がどうとか、神さまがどうとか、因果応報とか、凄く曖昧で頼りない何かの存在に 縋らなきゃいけないのか。今の状況から抜け出したい人への回答が、それなのか。 遊びだと言われ、守ってくれるはずの教師に笑われ、自分さえ我慢すれば丸く収まると諭される。 すべては、その人が昔悪いことをした報いなのか。  いじめの被害者は、天罰が下ったからいじめられるのですか?

  • 天罰って怖くないですか?

    「よくバチが当たる」とか、「祟りがある」といいますが、私はこの「バチ(天罰)」、とか「祟り」というのが怖いです。 以下のような行為で天罰は当たるのでしょうか? ・嫌いな人を避ける。例えその人が自分に好意を持っていても。 ・不謹慎なことを考える、もしくは心のどこかで期待する。 ・持っているだけで運が良くなるなどの開運グッズの類のものを「こんなの迷信だろ...」と思ったりする。 ・自分で勝手に信仰の対象にしたもの(おまじないの類。面白いキャラクターとか)を「やっぱりアレだな。」などと思い捨ててしまう。 以上のことを今までやったことがあるのですが、こういった場合どのような天罰が待っているのでしょうか? 私の場合は病気になったりツイていないことが起こることが猛烈に嫌なので何をしたかに関わらずこうなったりするのでしょうかね?

  • 天罰が降るとき・・・

    ●あなたは、今まで相手に酷いことして、自分に天罰がくだった経験や天罰を受けた人を見た経験はありますか?(コンビニで、中華まん買いますか・・・)

  • 天罰はあるのですか

    今までに、天罰を受けた人っているのでしょうか。考えただけでも緊張します、誰か教えてください。

  • 神様はちゃんと見ておられた!?★やっと、天罰!

    言葉では表現しきれないくらい根性の腐った人間に、出合 った事ありますか? 人の足を引っ張るような事を繰り返したり、自分が気に 入らない事があると誰彼かまわず嫌がらせの限りをつくしたり・・・。 そんな人間に、私は一度だけ出合ったことがあります。 私だけではなく、周りの人も”あんな人間はそういない” というぐらい根性の腐った男でした。 その人に恨みを持つ人達は口々に”いつか天罰が下る!” と言っていますが、当の本人は天罰どころか昇り調子。 あれだけ人に恨まれても(本人は自覚してます)あの血色 の良さをみてると、生霊とか祟りとか天罰とかいうのは 本当はないのかも・・・っと思っちゃいます。 みなさんはどう思いますか? 天罰ってあると思いますか? 実際に周りで天罰下った人を見た事はありますか? 聞かせて下さい!

  • 天罰について

    天罰、ばちがあたるってあるんでしょうか? 「ばち」とは何でしょうか? 神様が与えているそうですが、いくら神だからといって自分の判断だけで人間を好きなようにしていいのでしょうか? また、人間以外の動物や植物にも天罰は与えられるのでしょうか? 人間だけが邪な心を持っているという人もいますが、この根拠はどこにあるのですか? 天罰は、関係のない後ろめたいことをした場合でも与えられるのでしょうか? 例えば ・道にゴミを捨てた罰でテストで悪い点を取る ・親が見ていない隙に戸棚から食べ物を盗って食べた罰でバイトの面接に落ちる ・同僚を酔わせてその場の食事代を払わせた罰で翌日妻から「あなたとはもうやって行く自信がないわ。別れましょう」と言われる(同僚は酔っていて気付いていない) ・人の家の窓を割ってしまい、誰も見ていない・家の人も気付かない(留守)のをいいことに何もなかったことにして逃げた罰で交通事故にあい大怪我する などです。 よろしくお願いします。

  • 天罰とかばちってあると思いますか?

    神という存在が居て罰を下すというのはあまり信じていないのですが でも、そういう事が本当にあるなら別に構わないとも思うし また、悪いことをしたという良心の呵責から来る 小さな身体の異常が積もり重なって 病気になってしまうとか、注意散漫になって 事故を起こすとか仕事で失敗するとか そういう因果関係があるかどうかも分かりませんが こういうことを全部ひっくるめて 天罰とかばちとかってあると思いますか?

  • 天罰を与えてくれる神様や仏様はいますか?

    お世話になります。 くだらない質問で申し訳ないのですが。。。 たとえば、恩を仇で返すような人が、他人を裏切ったり、踏みつけたり、騙したりしながら、うまくのし上がったとして、裏切られたり、踏みつけられたり、騙された人は一文無しになったとして。。。 裏切られたりした側が、裏切った相手に天罰を与えてほしいと望むとしたら。。。 どこの神社やお寺の神様、仏様が力を貸してくれますか? 天罰でなくても構いません。 その裏切った相手を見返せるくらいになれるよう、力を貸してくれるような神様、仏様はいますか? 崇徳上皇とか、平将門とか、後醍醐天皇とか、菅原道真とか・・・ 元々、自分には罪はないのに、理不尽な扱いを受け、非業の死を遂げ、後に祀られた人たちなら、同じように裏切られたり、騙されたりした人間の想いを汲んでくれやすいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 不倫に天罰はくだる?

    知人縁者で不倫をしている人は何となくチラホラいます。 不倫というのは人倫を踏み外した行為だと思いますが、天罰はくだりますか? 不倫カップルで「・・・天罰だね」と思うようなケースを見たことはありますか?

  • 持病=天罰?

    持病=天罰? 分かりにくいタイトルですが、私の知り合いに「てんかん」という持病を抱えた人がいます。 知り合いいわく、発症したのが中学生でした。 私も、ポケモンの一件でこの病気を知ったのですが、その知り合いが最近、この病気になったことを「私(知り合いのこと)に天罰が下ったんだ」と言っています。 病気になったことで「こんな体にして・・・」などと、親を責めているかどうかは知りませんが、だからと言って「天罰」と軽々しく言えるのが不思議ですし、傍目から見てもいい気分はしません。 (特にその知り合いは宗教に入っているとかはありません) 持病といいますと、他にもいろんな種類があって、「持病がある人=特別な人」とは思えないし、「持病だから」と特別扱いをしてはいけないことは、特に、教師や親など持病を抱えた子どもと接する人なら余計のこと思うかもしれません。 持病を抱えた人や、身近に持病を抱えた人がいる人(例えば持病を持った子どもの親など)にお聞きしたいのですが、それを「天罰が下った」と思いますか?