• ベストアンサー

無段変速機構 摩擦車 

摩擦車の無段変速機構について教えてください。 円盤型の摩擦車を 原動側にします。そして従動側の円盤に動力を伝えます。原動側と従動側の軸は 直角をなしています。 原動側の円盤を従動側の円盤の中心に近づけたり、遠ざけることによって 変速します。 そこで、原動側の回転速度を一定にするという条件で 原動側の円盤を従動側中心に近づける→ 従動側の円盤の回転速度 低くなる 従動側の円盤を従動側の中心から遠ざける→従動側の円盤の回転速度 高くなる というようになるらしいのですが・・。 自分としては 従動側の中心に近づけるほど 回転速度は大きくなるのではないのかと思ってしまします。なぜなら従動側のトルクは小さく伝わるから その分、速度が速くなるのではないだろうかといった感じです。 このような現象は どのように説明するのでしょうか? 初心的な質問で わかりにくい記述がもしれませんが、どうぞご教授下さい。  

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#94887
noname#94887
回答No.4

No.1です。初めご質問文から想像したのはNo.3の方の絵の通り で、入-出力軸が逆のものでした。が、これだと質問者様の言う とおり逆ではないかと思い、何か別の機構を言ってるのかと考え たのですが...。 例えば今、水平に巨大な出力側円盤があり、直角に駆動(入力)軸 円盤が「上から、その側面を」接触してるとすると、どう考えても それを端っこに持って行った方が出力側円盤は遅く回ると思うの ですが。トロイダルの例でも、仲介してるパワーローラーが一定回転 として見れば、出力軸の中心近くに接触してる状態が高速駆動です。 初めのご質問に返ると、質問者様の考えで合ってる気がしますが、 何か違う例なのかもしれませんし、どうも解りません...。 従動側に掛かる負荷が巨大であればスリップによる摩擦損失で 中心側を駆動した方が遅い状況もあるかもしれませんが...。

tatunono1
質問者

補足

ありがとうございます。申し訳ありません。私の考えで あっていたようです。皆様、お手数かけました。ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (4)

noname#100814
noname#100814
回答No.5

>というようになるらしいのですが・・。  なるらしい、というあいまいな表現が気になりますが、 その記述の出所はなんですか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)
回答No.3

もうひとつあるよ 円盤変速機 図を見てください 入力軸と出力軸は直交します

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)
回答No.2

リングコーン変速機 二つの円錐とその間に挟まって移動できる回転円盤で構成されている 入力側の円錐の回転が円盤に伝わり円盤の回転が出力側の円錐を回転させる 円盤を移動させると出力側の円錐の回転が無段階に変化する

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#94887
noname#94887
回答No.1

これ↓とは違うのでしょうか。 ジャトコ トロイダルCVT http://www.jatco.co.jp/PRODUCTS/s_tcvt.html

tatunono1
質問者

補足

ありがとうございます。それとは違います。 どのように説明したらいいか難しいのですが、傘歯車みたいな感じに 交わっています。ベルトなどは使わず、直接、原動と従動くの円盤が 交わっています。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 摩擦車機構の接線力について

    回転軸を持った2つの円盤がある力Nで押し付け、その摩擦力によって回転を伝達する時の接線力Fは、 F=μN(μ:摩擦係数)とある専門書に書いてありました。 仮にある回したい円盤の周りに円盤中心から各45°の位置に4つのローラを配置して回転させた場合、円盤に掛かる接線力Fは単純に4倍になるという考え方でいいのでしょうか?(下にイメージを載せます) それともモータによる駆動ローラの数に依存するのでしょうか? 今まさに下のイメージ図の機構を考えており、上2つを従動ローラ(連れ周り)下2つをモータによる駆動ローラとした場合、円盤を回しているのは駆動ローラだから2倍なのか?それとも接しているのは4箇所だから4倍なのか?と分からなくなってしまったので・・・    ○ ○  ○:ローラ     ●   ●:回したい円盤    ○ ○ 非常に素人質問で申し訳ありませんが、どなたか御教授よろしくお願い致します。

  • バイエル無段変速機の回転速度について

    バイエル無段変速機の回転速度単位は0.2、0.3、0.4、・・・なのですが、 これを一般的なrpm単位にすることはできないのでしょうか? 撹拌機の回転速度マニュアルでは、90rpmなのですが、 利用する撹拌機がバイエル無段変速機で0.2、0.3、0.4、・・・の単位では どこに合わせて良いかわかりません。 お解りの方よろしくお願いします。

  • 締めトルクおよび開けトルクに寄与する静摩擦および…

    締めトルクおよび開けトルクに寄与する静摩擦および動摩擦の影響 キャッピングマシーンの閉めトルクを設定するために、開けトルクとの相関関係を調べています。しかし、キャッピングマシーンにより締められた開けトルクはかなり標準偏差が大きく、その原因についてはキャッパーの回転速度が速いのが原因と考えています。この場合回転速度が速い場合、動摩擦依存になることから開けトルクの標準誤差が大きくなるのでしょうか? また、同ロットのサンプルを回転速度の低いキャッピングマシーンで締めると標準偏差が小さくなるのは静摩擦依存が大きいため標準偏差が小さいのでしょうか?この仮説を証明するには締めトルクを一定にして回転速度と開けトルクの相関関係を求めるのが適切でしょうか?

  • 位相可変直動機構

    位相可変直動機構 定速回転する原動節に従動して直線運動する節において、ストロークを変えないまま動作タイミング(位相)を可変とする機構 についてアイデアを頂きたいです。 以下条件です。 ・従動節はストローク方向以外に並進運動しない ・可変機構は原動節とは別の動力源により駆動される ・可変用モータ停止時には従動節は一定の位相で往復直線運動する ・位相は瞬時に切り替えられる ・原動節は並進運動しない その他の条件は必要に応じて補足致します。

  • 摩擦材の選定(静摩擦係数は大きく、動摩擦は小さく)

    機械設計で悩んでいることがあります。摩擦材の選定で、静摩擦は大きく、動摩擦は小さくなるような組み合わせです。 装置は動力伝達の一種なのですが、同軸上に3つの要素がありまして、そのうち2つの間に摩擦が必要です。具体的には、固定された軸と、入力部分と、第3の軸があります。中心の固定された軸に軸受けを介して入力軸(筒状)がかぶさっており、第3の軸はさらにその外側の筒という感じです。 課題は、入力部(プーリー等が付きます)を回した時に、第3の軸がそれに追従するようにしたいのです。しかし一体というわけではなく、入力部(回転方向、回転スピードは変動します)の動きに多少(半回転とか)遅れてついてくる方が良く、また入力部の回転を上回っても困るので、二者の間に回転方向には遊びを設け、さらに中心軸と第3の軸の間に摩擦を発生させれば良いかと思いました。 ただ、入力部が一定の回転を続ける間は動力損失を減らしたいので、上記要件を満たすべく、静摩擦が大きく、動摩擦の小さい材料の組み合わせを求めて考え込んでいます。材質の候補としては、中心軸と第3の軸にはALやSC等の金属、その間にかます摩擦材としてニトリル材のOリングまたは金属バネなどを考えましたが、自信がありません。もちろん、適しているならPOMなどのプラスチック系素材にも興味があります。雰囲気としてはシールされた機械内部で、周辺メカニズムの関係で常時グリースまたは油で潤滑される状況です。入力軸の回転速度は、最大で500rpm程度です。 条件に合う材質、または設計を見直すべき箇所などご存知でしたら、お知恵を貸して頂けるとありがたいです。 分かりにくいアプリケーションでご迷惑をおかけします。 出力は、入力部からワンウェイラチェット等を通じて取り出す予定です。 通常の機械でしたら、それなら入力→ラチェット→出力でOKだと思うのですが、出力先が外力で逆回転することがあります。そして、その場合には、動力伝達を切り離して逆回転するままにしておきたいのです。そのために、入力部にワンクッション設けて、第3の軸と入力部の位相差でラチェットの通常動作と完全オフを切り替えようと思いました。つまり、出力側が逆回転する前に入力側を一度逆回転させて切り替えておけば、切り離されてキックバックが来ないということです。入力は人力なので、そうした操作は苦にならないものとします。 先述のように、位相差というのは半回転程度で、その遊びを過ぎたらなんらかのストッパで両者が噛み合い、一緒に回るという構想です。入力側を正回転させ続ける時には摩擦が発生したままになるので、動摩擦係数が低い方が良いと思いました。静摩擦係数は高くないと件のスイッチ機能が実現できなさそうなので、その差が大きいものを探していたということです。 まだまだ言葉足らずな部分もあるかもしれませんがよろしくお願いします。

  • 変速ギア

    動力装置の変速ギアで丸い取っ手の付いたハンドルを回すと回転速度が変わる仕組みを教えてください。

  • クラッチの摩擦係数算出方法

    自動変速機における変速時のクラッチの摩擦係数を算出しようと 試みたのですが、うまくいきませんでした。 いろいろと参考となりそうな資料を探してはいるのですが、 なかなか見つけられていない為、質問させていただきます。 摩擦係数の算出に用いた値は、出力トルク、クラッチ押付力、 クラッチ摩擦面数、クラッチ内径・外径、変速前後のギヤ比です。 計算は、出力トルク引き込み開始点~出力回転数の変化開始点までと、 出力回転数変化開始点~クラッチの係合完了までとを分けて行ないました。 その結果、後述側は予想と近い値が得られたものの、 前述側がとんでもない値になりました。 (基本とした計算式)  摩擦係数=トルク/(摩擦径×摩擦面数×押付力) 特別に考慮しなければならないことがあるのでしょうか... アドバイスをよろしくお願いします。

  • 回転する円盤、摩擦の向きと摩擦のする仕事。なぜ

    こんにちは、現在一点質問させて頂いておりますが、もう一点お伺いしたい ことがありどうか宜しくお願いします。 回転する円盤にかかる摩擦力についての質問です。 図のように水平面を回転する円盤があり、その上端にはある質量の物体(緑色) が載っているとします。円盤は滑らずに回転しています。 今、円盤が私たちからみて反時計回りに回っている場合、 (1)円盤「が」、床「から」、受ける摩擦力の向きは、左右どちらでしょうか。 滑らずに、とあるため、静止摩擦力が働いており、その向きは左向きと思いま す(そして同時に円盤は床に摩擦力を与え、その向きは右と考えて います)。けれども、何となくそう思うだけで、明確な理由が分かりません。 右向きなのかと言われたら、そうかも知れないと思ってしまうくらい、理由がはっきりしません。 もしかしたら、円盤の回転方向だけではどうにも分からないことなのでしょうか。 (2)また、円盤「が」、物体(緑色)「から」受ける摩擦力はどうでしょうか。 これは右向きと思います。しかしながあら、上と同じく、明確な理由がありません。 どうかお教え下さい。 (3)さらに、もともとも問題は添付の図の最下段のような状況でして、 静止状態にあった緑色の物体が、10Nの力で左に引っ張られています。 円盤の重さ、半径、物体の重さが与えられており、2.5秒後の緑色物体の速度 を求めよ、という問題です。 模範解答では、10Nの力がした仕事 = 運動エネルギーの変化(物体と円盤の線速度 、円盤の回転運動) という式を立てて解いており、(1)(2)で挙げた摩擦の仕事が入っていません。 なぜ、摩擦のした仕事は負でも正でもなく、ゼロなのでしょうか。 物体の進行方向と同じ向きまたは正反対の向きに力をもち、その物体はある距離進んで いれば、正または負の仕事をすることになると思うのです。ところが、摩擦のした仕事は なく、外力(10N)がした仕事だけで解いています。まったく分からず、悩んでおります。 基本的なことと思いますが、どうにも分かりません。 どうか、ヒントだけでも頂きたく、宜しくお願い致します。

  • トルク

    700φ、重量20kgの円盤を回すのに必要なトルクを考えるのですが、回転中心にはベアリングを用います。ベアリングの摩擦係数を0.1とすると、円盤の慣性モーメントも1/10になるとみなして計算してもよいのでしょうか?

  • 回転体の摩擦力について

    先程も似たような質問をしていますが、条件を足して再度質問します。 厚み10mm直径1000mmの円盤があります。 円盤は横に寝かせて使用します。 円盤の上部から一定荷重をかけます。 円盤の下部にかかる摩擦力を考察します。 追加条件  円盤は0rpmから300rpmまで可変に回転(自転)します。  円盤の中心には管があり、10L/min、0.1MPaの水が流れます。  円盤の下部には碁盤目状に水の通る溝があります。  ピッチ20mm幅2mm深さ2mmの溝です。  円盤の下部は十分に広い床面があります。 回転数50rpmの場合と回転数300rpmの場合で その摩擦力に変化はでるでしょうか? 考えているのは円盤下部の溝のない箇所への水の浸入の度合いが 変化するのではないか、ということです。 ハイドロプレーニング現象のようなものが発生し、摩擦力が劇的に 変化する点があるのかな、と。 はたまた、他の作用が働いてまた別の現象が発生するのか。 アドバイスをよろしくお願いします。