• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

宿主って一体何ですか?

よく感染パニック映画などで登場する宿主の存在ですが、私は以前からこれの意味がよくわかりません。 宿主によってウイルスが広められるとありますが、その宿主自体はそのウイルスによって死なないのですか? そして、宿主を見つければそのウイルスをやっつけるワクチンが出来ると言われていますがどういう意味でしょうか? どうもこの辺のことがよくわかりません。 ぜひアドバイスよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4075
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kt1965
  • ベストアンサー率34% (116/339)

回答します。 「宿主」とは、「ウィルス」や「細菌」、「原虫」、「寄生虫」などを飼うことが出来る宿のことです。宿主の側から見れば、それらは寄生虫となるわけです。 一般的には、宿主そのものには、それらに対する「免疫力」があるため、毒性が薄いのです。しかしながら、もしも仮に何らかの形で、それが感染できるようになってしまうと、別の生き物には免疫がないため、病気にかかります。これを毒性と言います。 最近話題になっている、インフルエンザの場合も同じで、普段は鶏やアヒル、豚などを宿主にしているのですが、もの凄い勢いで遺伝子が組み変ります。たまたま、飛まつ感染や経口感染できてしまうようになると、人に害をもたらします。これが、ヒトインフルエンザになります。 他の例を上げておくと、HIV(エイズウィルス)などの場合にも、アフリカの赤毛猿という猿の仲間を宿主としているのですが、猿に引っかかれたなどの方法によって血液感染を起こして、現在のエイズと呼ばれる病気が発生したとされています。 これらの宿主を明らかにすれば、ウィルス遺伝子などの構造を解明して、ワクチンなどを開発することで感染を防げる事になります。 なお、突然変異的に現れたウィルスを、エマージングウィルスと言います。例えば、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、そして今回の豚インフルエンザなどのことです。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 宿主にとって、そられのウイルスは寄生虫であるので、宿主を家代わりにしているってことですね。その家が無くなると住めなくなるという理屈ですね。となるとその宿主だけが持つ抗体を入手することにより、寄生虫に対する免疫力を持つワクチンが出来るのですね! すごく勉強になりました。

関連するQ&A

  • 宿主、キャリア、免疫について

    宿主とキャリアの違いは何ですか? 例えば、エボラウィルスに感染したが、潜伏期間を過ぎても発症しない人がいた場合、その人は宿主と言えますか? また、その人は感染源となり得るでしょうか? また、ワクチンにより免疫を獲得した人は、ウィルスに感染しないので、感染源となり得ないと言えるでしょうか? よろしくお願いします。

  • デング熱の宿主のウイルスは・・?

    デング熱の宿主になった場合、体内のウイルスはどのくらいの間存在しつづけるのでしょうか?

  • 生ワクチンについて

    生ワクチンは、ウイルスの病原性をなくしてあるけれど、増殖性はあるので、細胞性免疫応答を起こし、弱毒化ワクチンより効果的であるとありました。ここで、ウイルスの病原性をなくすという意味が分からなくなりました。ウイルスは細胞寄生は必須なので、宿主細胞で自らの遺伝子を発現させ、細胞を破りまた外へ放出します。感染したら、細胞障害性T細胞などにより破壊されたりILにより様々な悪影響が体に起きる事は分かるのです。すると細胞に感染したら宿主に悪影響は必然的に起こると思うのです。病原性はないのに増殖性はある、の意味を教えて下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

寄生関係で栄養を取られる側を「宿主」と言いますが この場合の「宿主」とは、 初期感染者を含めウィルス保有者のことですね。 ウィルスが広められる= 発症していなくて、 本人が感染してる自覚が無いまま行動および人と接触し続けてる状態。 未知の毒性の強いウィルスに感染したら、宿主も発症すれば死にます。 宿主は、感染することにより免疫細胞がワクチンとなる物質を体内に作ります。 これは、ウィルスでなくても行われます。 蛇毒も似たような作り方で ヤギなどに蛇毒を薄めて与えて生ワクチンを作ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ウイルスのことなんですが、わかる方お願いします

    ウイルスとウイルスが感染する宿主相互の影響と ウイルス側及び宿主集団に生ずる生態学的変化に どのようなものがあるのでしょうか? お願いします。

  • 天然痘

    感染症撲滅には三つの要件が必要で 明瞭な症状がある 自然宿主が人に限られる ワクチンがある これが満たされると撲滅可能という話を聞きました。 では天然痘はサルや牛には感染しないのでしょうか?

  • 子宮頸がんについて

    子宮頸がんについて 『一度でも性交渉の経験があればウイルスに感染している。 すでに感染していても、ワクチンを接種すれば、次の感染を予防できる人が多くを占める。』 の”次の感染”の意味がわかりません。 *癌細胞に変わってしまうのを予防するのではなく、感染するのを予防するんですよね? だとしたら、 新しく違う人と性交渉しなければワクチンの接種はしなくていいのですか? それとも同じパートナーとでも、性交渉の行為の度にウイルスに感染していて、 ワクチン接種をしないといけないのですか? TVの言い方が『性交渉』をいつも曖昧にして言うのでわかりずらいです。

  • PCR再陽性の人はコロナウイルスが常在ウイルスに

    なった人でしょうか。こういう人が周囲の人にウイルスを感染させていくのかなと思いました。ワクチンの意味も分からなくなりました。どのように考えるべきなのでしょう。

  • 交差感染

    ウイルス感染に関する読み物を読んでいて出てきました。 ウイルスって宿主は決まっているものだと思うんですが、通常は陸上の動物に感染するものでも、水圏生物に感染してしまう、というようなことですか?

  • H5N1★新型インフルエンザ パンデミックの際・・・・

    昨今騒がれている H5N1 強毒型インフルエンザのパンデミックについてお尋ね致します。 当方、ウイルス、及びワクチン等についての、ある程度の(ネットで収拾出来得る程度の)知識は 素人レベルで有るつもりなのですが・・・・。 現状、パンデミックに備えてせっせと食料、日用品の備蓄に励む毎日です。 タミフルも備蓄用に40カプセル程、入手に成功致しました。 さて、このH5N1鳥インフルエンザウイルスについて質問ですが そもそも、ウイルスが増殖する本来の目的は自己の個体数を増やすこと、要は「種の保存」であって、 宿主の殺傷では無いですよね? 宿主が直ちに死んでしまうということは、ウイルス自身が増殖する機会をも、自ら逸してしまう事になる (まあ、元々ウイルスという存在はそういう背反した要素を持つものなのでしょうが)。 鳥インフルエンザウイルスが、鳥→ヒト から ヒト→ヒトへと、 やがてパンデミックに至る程の、完全なヒト→ヒト型へ進化を遂げる場合、 強力な殺傷力を維持しながら直ちに増殖力(感染力、タミフル耐性など)を高めるのは、結構困難だったりはしませんか? (どういう理論でそう思うの?と問われると、何も言えませんが・・・。) 殺傷力を少しづつ弱めてでも、より感染力を高めて更に個体数を増やす事を選択した方が ウイルス自身としても手っ取り早く、本来の目的を遂行出来る訳で・・・。 要は、パンデミックにまで至った場合、H5N1型ウイルスはヒト→ヒト感染、及びタミフル耐性などを 得ることと引換えに強毒性を失い、弱毒型に変化してしまう可能性はないのでしょうか・・・というのが質問です。 専門家の方々、上記 素人の楽観的予測は如何でしょうか。

  • ウイルスについて基本的なこと

    ウイルスについて基本的なことを教えてください。 映画「感染列島」では、未知のウイルスの感染が広がってもなかなかウイルスが発見されません。 1.ウイルスの発見はどのような方法でしますか?電子顕微鏡で感染細胞を覗くのでしょうか?だとしたら簡単に発見できると思うのですが。 また、映画「アウトブレイク」では、感染源である猿が発見されたらすぐに血清が作られ、治療ができました。しかし「感染列島」では、感染源のコウモリが発見されてから半年後にワクチンが作成されました。 2.血清とワクチンの違いは何でしょうか?ワクチン作成に時間がかかるのはどうしてでしょうか? よろしくお願いします。

  • HBワクチンについて。感染の可能性のある職場。HBワクチン接種し、一旦

    HBワクチンについて。感染の可能性のある職場。HBワクチン接種し、一旦HBs抗体が上昇したことを確認しています。物の本によると、数年すると陰性になることが多いようです。一般的には、抗体価が陰性化したら、ブースターのために、再度HBワクチン接種をすることが望ましいとされているようです。ところが、静岡県のとある有名医療機関の感染症管理の有名な先生のお話によると、「一旦HB抗体価が陽性になれば、たとえあとで陰性化しても、感染事故を起こした際に、ウイルスが肝臓で本格的に増殖する前に、ウイルス自体のブースター効果で、速やかに抗体価が上昇してウイルスは排除される。したがって、一般に、HBワクチンのブースター再投与は不要である。万が一感染事故おこしたときは、ガンマグロブリンを使用すれば大丈夫である」と伺いました。HB抗体価陰性化後のワクチン再投与は必要でしょうか?不要でしょうか?

  • ぼくの地球を守ってでちょっと気になる部分

    久しぶりに読んでいて気になった所があるので質問です。 (1)ウイルスに感染して秋がワクチンを作って、紫苑に打とうとしていた時に、紫苑が秋に「君をひどく誤解していた。許してくれ」というセリフがあるけど、これはどういう意味なのでしょか? 秋が木蓮と仲良くしているのが嫌だったから?秋が自分の為だけにワクチンを打って、生きようとしているのを紫苑が知って軽蔑していたとかでしょうか?この辺がよくわかりません。 (2)紫苑と木蓮は婚約はしたけど、穏やかな感じでの決め事ではなかったし、他のメンバーも不信に思っていたと思うけど、現世で会合で集まった時にバメンー達は運命の2人で素敵なカップルという解釈になっていたのはなぜでしょうか?

  • 世界で一番恐ろしいウイルス、細菌は何だと思いますか

    あなたが世界で一番危険だと思うウイルスまたは細菌は何だと思いますか? ちなみに私は、この辺が最強候補だと思います。 狂犬病ウイルス(あらゆる哺乳類が感染源となる、発症したら致死率100%) 黄熱ウイルス(蚊が媒介する、致死率50%) エボラウイルス(治療法もワクチンもない、致死率50%以上) 天然痘ウイルス、炭疽菌(テロに使われたら怖い) ペスト菌(中世ヨーロッパで猛威を奮った悪魔の病気)