• ベストアンサー
  • 困ってます

all の副詞用法について

よろしくお願いします。 「ジーニアス英和辞典 第3版」 に記載されている all の 「副詞用法」 を読んでいました。 ここには [形容詞・副詞・前置詞句を修飾して] 「全く」「すっかり」の意味が出るようなことが書かれています。 ところが例文として It was all a waste.(すべてが水の泡だ) が載っています。 これはどう考えれば良いのでしょうか? a という形容詞を修飾していると考えれば良いのでしょうか? それとも文全体を修飾していると考えれば良いのでしょうか? しかし http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=468044 でのご回答の中で all の副詞用法について ご説明してくださっているかたがいるのですが これを読む限りでは文全体を修飾しているとは考えられないようです。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1876
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#3519

こんばんは。以前このカテゴリでお会いさせていただいた者です。 またしゃしゃり出てきてしまいすみません^-^;。 私もジーニアスの第5版を持っていますが、確かに、副詞allの解説部分には『形容詞・副詞・前置詞句を修飾して』 と、いかにもそれ以外はダメなんだと思わせるような書き方がしてありますよね(ちなみにIt was~の例文は5版には載っていないようですが)。 でも、It was all a waste.も、問題はないと思います。 前の動詞wasにかかっていると考えて大丈夫だと思います。 副詞は、名詞以外なら基本的に何を修飾しても構わないと思います。 「すっかり」だとか「まったく」といった『程度』を表す言葉が、(品詞で言うと)形容詞や他の副詞にかかる場合が(数的に)多いので、そうやって書かれているだけなのでは。 このIt was all a waste.の場合、allを取ったら残るのは名詞と動詞だけですから、たまたまその1コある動詞にかけているというだけ・・・と、私は(無理矢理?)解釈しています。 絶対に動詞にかかってはダメなんだ!ということはないと思いますよ。 ジーニアスの辞書って、よくありがちな間違いをわざと表記して、そこに赤字で×をつけて、こういう間違いをしてはダメですよと注意している箇所がありますが、ああいったものに気をつけて語法を覚えれば、あとはあまり気になさらなくとも大丈夫だと思います。 辞書に断定的に書かれてあることですから、それが絶対だと思われるお気持ちも分かりますが、案外辞書どおりの文法から外れた言い回し、又は辞書には載っていないのに、かなり重要だったりする語法もあると思います。 私はなんと、副詞のespeciallyが文頭には絶対に来てはいけないということを、つい最近発見しました。(結構勉強したにもかかわらず)ちょっと恥かしいかも^ ^;。 日本語の「特に」は文頭に持ってくることが多いですから、ついつい英文でも“Especially,~~.”としてしまいそうになっていた自分を、慌てて矯正しました。でもこの規則、あんまり辞書や参考書では見かけません。。。 どうでもいいことをツラツラ打ってしまい、申し訳ないです・・・。 英語の勉強、頑張って下さい。 私も頑張ります・・・^-^;。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

pinkcolorgirlさん、ご回答ありがとうございます! >こんばんは。以前このカテゴリでお会いさせていただいた者です。 こんばんは。 お返事が遅くなって申し訳ありません。 前回に続き、ご指導ありがとうございます! >確かに、副詞allの解説部分には『形容詞・副詞・前置詞句を修飾して』 と、 >いかにもそれ以外はダメなんだと思わせるような書き方がしてありますよね そうなんです・・・。 さらに、ジーニアスに限らず、 ロングマン現代英英辞典[3訂新版]でも all の副詞用法の説明で [always + adj/adv/prep] と書かれているんです。 always と指示されてしまうと気になりますよね・・・。 でも、基本は、 >副詞は、名詞以外なら基本的に何を修飾しても構わないと思います。 ということなので、ちょっと気にし過ぎているのでしょうか、、、。 >副詞のespeciallyが文頭には絶対に来てはいけない 私も今はじめて知りました! ついつい文頭に書いてしまいがちですよね。 >英語の勉強、頑張って下さい。 >私も頑張ります・・・^-^;。 ありがとうございます! pinkcolorgirlさんも、さらに上へ進めると良いですね^-^

関連するQ&A

  • 文法について教えてください。

    We each work for a different company. オーレックス英和辞典の例文です。この each は代名詞で、We と同格となっています。納得したのですが、ジーニアス英和辞典で調べて混乱しました。 They each have their own room. 用法は同じだと思いますが、ジーニアスでは、この例文の each は副詞の扱いになっています。これはどういうことでしょうか?主語を修飾していると書かれていますが、副詞が名詞を修飾できるのですか?あまり気にしない方がいいとも思いますが、わかる方いましたら、教えて下さい。

  • [S have O C]でCが名詞となる例ってありますか?

    [S have O C]でCが名詞となる例ってありますか? GENIUS英和辞典で[S have O C]で「Cは形容詞・名詞・副詞」となっているのですが、 Cが名詞となる例文がなかなか見つかりません。 [S have O C]でCが名詞となる例をご存知の方いらっしゃいますか? よろしくお願いします。

  • 不定詞 形容詞用法 副詞用法

    以前同じような事を質問させていただきました。 英語の不定詞で形容詞用法は名詞を修飾する 副詞用法は動詞を修飾するということでしたが、いざ問題練習にとりかかると問題では文が長くてどっちがどっちだかよくわかりません。 そこでもしわかりやすいような方法があったらと思い質問させていただきました。 宜しくお願いします

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

文を解釈する上で特に拘る必要はないと思いますが…、 文法のレポートでも書いておられるのでしょうか? > a という形容詞を修飾していると考えれば良いのでしょうか? 違います。そもそも"a"は形容詞ではなく、冠詞です。 文全体を強調していると考えるのが自然ですが、 何を修飾しているかを強いて限定するなら、"was"と考えるのが妥当です。 [形容詞・副詞・前置詞句を修飾して]という説明に載っていなくても、 (副詞の最も基本的な機能として)動詞を修飾できるのは当然のことです。 "all"の副詞的用法には、"wholly", "completely", "so much"などの意味があります。 お尋ねの文では、"a waste"となったことを強調したいのです。 完全に、一つも良いところなく、無駄になったということを言いたいのです。 The can was all empty. I'm all tired. He gave us directions that were all wrong. などのような例文なら分かりやすいと思いますが、 形容詞ではなく"a waste"と名詞句が来ているので混乱してしまったのでしょうか。 形容詞が続いても、名詞が続いても、「すっかり~だ」という構造に違いはありません。 It was all a lie. という文も同じ構造ですが、違和感を感じますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Ambitionさんご回答ありがとうございます! > 文を解釈する上で特に拘る必要はないと思いますが…、 申し訳ありません。 必要がありそうに思えたので質問しました。 > 文法のレポートでも書いておられるのでしょうか? いいえ学生さんではありません・・・。 近頃英語の勉強を再び始めました。 > 違います。そもそも"a"は形容詞ではなく、冠詞です。 冠詞は形容詞の一種だと思っていました。 > 形容詞ではなく"a waste"と名詞句が来ているので > 混乱してしまったのでしょうか。 はい正にその通りです・・・。 さらに It was all a waste.(すべてが水の泡だ) は斜体の太字で書かれている例文なので もしかしたら慣用・決り文句などの例外的な文である可能性も考えています。 まだ悩みつづけています。

関連するQ&A

  • 不定詞の形容詞的用法か副詞的用法か

    We raised all the money to come six thousand miles to tell you that you must change your ways. という文があります。 (1)後ろの to tell you that ~ は,不定詞の副詞的用法でまちがいないと思います。 (2)前の to come six thousand miles は,前のall the moneyを修飾しているのではないかと思い,形容詞的用法と思います。いいのでしょうか? (3)一方では,(2)は,副詞的用法とも,とれなくもないと思います。 「6000マイル来るために,すべてのお金を工面した」というふうに。 (4)一般に,どちらともとれる場合は,文脈で判断でしょうか? 形容詞的用法の最後の用法の「~するという・・・」=(intend to ~)は,副詞的用法とかぶさってるように思えますが。。

  • large-scaleの用法について

    ジーニアス英和辞典によりますと、形容詞のlarge-scaleは通例限定用法であるようですが、叙述的用法はできないのでしょうか? 例えば、The view is large-scale.のような使い方は可能でしょうか? この例文は「その眺めはスケールが大きい」という意味で作ってみたのですが、そもそも、large-scaleは「スケールが大きい」「雄大な」といった意味で使えるのでしょうか? 単に「規模が大きい」「大規模な」という意味でしか使われないのでしょうか? また、grand-scaleやbig-scaleも同様の使い方と考えてよいのでしょうか? どなたか、ご説明をいただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • ジーニアス英和辞典 第3版以降掲載されていないものは?

    ジーニアス英和辞典で、2版までは記載されていたのに、3版以降掲載されなくなった記述がなにか教えてください。 形容詞の限定用法や叙述用法についての記載はありますよね? なにか、用法のことで掲載が割愛されたものはありますか?

  • ジーニアスの英和辞典第五版と英和大辞典について

    僕は例文や解説が豊富なジーニアス英和辞典を好んで使っています。今まで使っていたのは、ジーニアス英和辞典第四版です。新しいジーニアスの購入を軽く考えているのですが、調べてみたところ、(もし間違ってたら教えてください)ジーニアス大英和辞典は2001年に発行されて以来一度も改訂されていないこと、ジーニアス英和辞典第五版は第四版から大幅にリニューアルしたことなどがわかりました。 ここで質問です。 (1)かなりの語数を集録してるとはいえ発行から15年も経てば当然現在普通に使う言葉が載ってなかったりすると思います。それなのになぜジーニアス大辞典は改訂されていないのですか? (2)ジーニアス英和辞典の第四版と第五版を使ってみた上での感想を聞かせてください。第五版だけ使った方でもいいです。それぞれの長所と短所など、個人的な意見で構わないのでよろしくおねがいします。

  • 英語の副詞がややこしくて覚えられないです。

    英語の副詞がややこしくて覚えられないです。 主に~lyで終わる単語で、英和辞典で調べても元の動詞や形容詞と意味の関連性が把握し辛くて困っています。上手く理解する方法はないでしょうか?

  • 副詞について。thereは副詞?

    お願いします。 go to the city go there thereは副詞句だから前置詞がいらないということだと 思います。 ただ、英語の副詞の定義を見ると『動詞、形容詞、副詞を修飾するほか、文頭や文末、或いは挿入構文として文中に置くこと で文自体を条件付ける文修飾』 thereはgoを修飾しているようには見えないのですがやはり 修飾しているということになるのでしょうか? 副詞について専門的な解説をいただけたら幸いです

  • 名詞を修飾する副詞の用法

    副詞の基本的な用法は動詞・形容詞・他の副詞を修飾するというものですが、一部の副詞には名詞や代名詞を修飾する用法もあると習いました。ここで気になるのはnotの用法です。 Not a word was spoken. という表現がありますが、この場合Notはaという冠詞を修飾していると考えられます。 Not you but I am to read a paper. という表現もありますが、こちらは通常では熟語表現と考えられているもので、一般性のある用例なのか疑問です。 Only Mr. Parker understood what was happening. この文のOnlyのようにnotが直接名詞や代名詞を修飾する用法はあるのでしょうか。

  • 副詞的用法は名詞も修飾できる?

    To receive periodic updates regarding your journal subscription status, please provide an e-mail address on the order form. このTo receiveは、to不定詞の副詞的用法ですよね? しかし、就職しているのはupdatesという名詞ですよね?副詞的用法は、副詞だから、動詞、形容詞、副詞、文全体等を修飾して、名詞は修飾できないんじゃなかったでしたっけ?

  • ofの用法について教えて下さい。

    ウィズダム英和辞典第2版のbenefitの例文に The scheme would be of benefit to poor people. (その計画は貧しい人々のためになるであろう)とあります。 この例文の"of"の用法がわかりません。 この辞典で調べてもよくわかりませんでした。 よろしくご教示ください。

  • 叙述用法の形容詞の修飾語句

    修飾語句Mは文の要素になりませんよね? 副詞はわかるんですが、形容詞は叙述用法のときには文の要素になりますよね? では、 叙述用法の形容詞の修飾語句Mというのはありますか?