• ベストアンサー
  • 困ってます

英語教育で、/a, 逆c:, a:/の区別を教えなくなる(cot-caught merger採用の)可能性は?

よく英和辞典では、cotのo、caughtのau、fatherのa、がそれぞれ違う3つの発音記号で書かれています。それぞれ/a, 逆c:, a:/。 しかし、こと北米の英語に関しては、/a, 逆c:/(それぞれhotのo、thoughtのou)は多くの地域で区別されなくなってきているようです。つまりcotとcaughtが同音異義語ということです。 区別しない地域のネイティブにとっては、この2つが区別されている方言があることさえ知らないようです。 http://en.wikipedia.org/wiki/Phonological_history_of_English_low_back_vowels /a:/(fatherのa)に至っては、ほとんど全域で失われているようです。 ならば、日本の英語教育でもこの"cot-caught merger"をいち早く採用して、これらの母音を同じと教える方向を考えていく可能性は出てきそうでしょうか? これによって、生徒や先生の負担を減らせるのではないでしょうか? そればかりか、日本人は大事な/ou, 逆c:/の区別を混同してしまい、例えばlowとlawを同じに発音してしまいがちですが、cot-caught mergerを採用することで、この混同を防ぐ対策にもなると思うのですが、どうでしょう? 又、発音指導で必ず考慮しなければいけない「受験問題対策」ですが、/a, 逆c:/の区別を問う問題は出題されるのでしょうか?私の記憶では出題されなかった気がしますが・・・記憶違いかもしれません。 もし出題されるようなら、具体例を教えていただければと思います。 受験でも出ないとなると、この区別を教えるメリットは少ないようにも思えますが、どうでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数270
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1556/5682)

面白いと思い調べてみました。 どこの国にも標準語があります。下記に一般的な解説があります。 http://en.wikipedia.org/wiki/Standard_language 米国では General American (Midwestern English) が (非公式にですが) 標準語とされているそうです。外国人のための学校ではこれが米語として教えられるそうです。下記に General American の解説があります。 http://en.wikipedia.org/wiki/General_American さらに世界中の英語方言が下記に纏められています。 http://en.wikipedia.org/wiki/International_Phonetic_Alphabet_for_English これはなかなかよい表だと思います。 これで見ますと今我々が習う(例えば発声してくれる LONGMAN のPC辞書の)発音は General American とはごくわずか違っていて、表の中に "compromise" の欄がありますが、これかなと思います。 General American が標準だと言いながらも、おそらく General American にしても(時代変遷や細かい方言などいろいろあって)一つではないのでしょうし、米国内の他地域を含めて世界語としての英語であるとすれば "compromise" のような考え方が大切なのでしょう。 私が実際に米国で聞いた英語も NHK や CNN で聞く英語も我々が習う発声だと思いますし、教育現場がここからあわてて離れる理由はないように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。これは面白いですね。 たしかに日本で使われているのは、GAと言いつつも全然GA式ではなく(笑)、compromiseですね。 > "compromise" のような考え方が大切なのでしょう。 確かにこの考え方は非常に大切ではないかと私も思います。 compromiseは「あらゆる方言」で米語だけに限ってないようですね。例えばr母音の書き方は、/母音+シュワー+r/の構成になっていますが、シュワーを除けば米、rの除けば英となるように、臨機応変に対応できるためだと聞いたことがあります。 日本語で例えるなら、母音もアイウエオの5母音ではなく、他の方言の母音も入れて6母音にしたり、子音もガ行鼻濁音や「ジ」と「ヂ」の区別、「ズ」と「ヅ」の区別も加えたりするようなもんでしょうかね。 ただ万能な反面、複雑になるという欠点もありますよね。 米と英の2通りの発音記号を載せるなら、米はGAか何かだけにしぼって音素数を減らして指導者・学習者等の負担を減らすか、逆に色々盛り込んで臨機応変にするか、その葛藤でしょうか? しかし臨機応変優位は変わらなそう、という所でしょうか?

関連するQ&A

  • 米語の発音 Cot-caught merger?

    カナダ英語のWikiですが、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80%E8%8B%B1%E8%AA%9E caughtとcotのauとoの部分の発音はアメリカでも西部から中西部の広い範囲でこの区別はなされない、とあります。 1.西部から中西部の広い範囲ではcaughtのauは cotのoの音で発音すると言う事でいいのでしょうか。 2.fourとか後ろにrの音が付いても、西部から中西部の広い範囲では cotのoにrの付いた音、areの[強]の発音になるんですか?? American Accent Trainingという本を見てみましたが、 それにも共通の音ではないと書いてありました。 (ただ私の英語力ではとてもこの本は読めません。なので、違っているかもしれません。) 今までこの音はアメリカの標準的な発音だと思っていました。 中西部の方の発音をGeneral Englishと言うんでしたっけ?? だとすると、このwikiにあるように、どちらも区別しないで発音する方が標準的な発音なんでしょうか??

  • 英和辞典の発音記号で、/a/と/a:/と/逆c:/ は区別しなくてもい

    英和辞典の発音記号で、/a/と/a:/と/逆c:/ は区別しなくてもいいか区別すべきか? 米英語では、日本の辞書ではたいてい、 /a/ 例 nod /a:/ 例 father /逆c:/ 例 caught という3種類の区別をしてますが、 ●日本人英語学習者用の英和辞典では、これら3つの区別は無くして1つにしてしまってもいいと思いますか? (いわゆるcaught-cot mergerを日本の辞書の反映してもいいという考え方。) ●それとも3つ、又は/a/と/逆c:/の2つは区別した方がいいと思いますか? (caught-cot mergerを日本の辞書の反映しない方がいいという考え方。) できればそのように考える理由も書いていただけると助かります。 ※ あくまで米英語の話です。英では話は全く変わってきますので。 ちなみに私自身は、まだどちらがいいと主張できる決定的な証拠は持ってませんが、 どちらかと言えば、様々な理由から、 3つとも一緒にした方が、色々とメリットがあり、 3つ、又は2つを分ける方がデメリットは大きいのではと考えています。

  • 英語の「長母音」「短母音」とはそもそも何でしょう?

    日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、 言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。) Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。 短 --- /I, e, 逆さv, U/ 中 --- /i:, u:/ 長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/ ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いはずの/i:/に、長音記号:をつけ、より長いはずの/ae/に、:をつけません。事実、辞書の発音の説明の欄にも、「aeは長めに発音される」とわざわざ書いてあるにも関わらずです。 cot、caughtも、発音を区別する地域なら、前者は/a/、後者は/逆c:/、音声的に同じ長さのはずの後者にだけ:があります。(辞書によっては前者も:がある。) つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね? そこでもっと音韻的に考えると、Durand (2005)が、各母音のモーラ数の話をしています。 I, e, ae, U, 逆さv,(方言によってはaも)は1モーラ母音、他は2モーラ。その理由は、「1モーラ母音はコーダを必要とし、語末に来れない。2モーラ母音は、語末に来れる。」 例えば“pit”, “put”, “putt”等は全てコーダがあり、[*pI] [*pU] [*p逆v]というような発音は英語として有り得ない。 つまり、日本の英和辞典の:の有無の基準は、音声的な長さでは決してなく、もっと抽象的な概念で、 ★「1モーラ母音を短母音、2モーラ母音を長母音」 という基準で:の有無を決めているのでしょうか? 又、英和辞典とは別に、もっと一般的に「長母音」「短母音」と言う場合は、 ★ 英語本来の音声とも音韻とも全く関係なく、「カタカナ英語で伸ばす音を長母音、のばさない音を短母音」 という使い方も便宜上しませんか? beatやcaughtは、カタカナ発音で「ビート」「コート」と伸ばすから長母音。 batやcotは、カタカナ発音で「バット」「コット」と伸ばさないから短母音。 実際の音声では、beatの方がbatやcotより短くても前者は長、後者は短、 方言によっては(おそらくほとんどの方言では)caughtもcotも両方2モーラ母音だけど、前者は長、後者は短、 という具合に。 人によっては、借用語やカタカナ発音の干渉が強すぎて、カタカナで伸ばす音を実際の英語でも長い、カタカナで伸ばさない音を実際の英語でも短い、と勘違いしてしまっている人も多いでしょう。 これは英語教育の大きな課題でしょうね。 又、ネイティブが子供の頃に習う場合、音声的な長さと関係なく、 ei, i:, ai, ou, ju: のようなアルファベット読みの母音をLong Vowels ae, e, I, a, v のようなアルファベット読みじゃない方をShort Vowels と呼びますが、日本人が言う長母音、短母音は、通常これとは関係ないようですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

質問は, 具体的には, 発音記号と, 発音との2つの質問になっています。 発音記号についてお答えすると, 現在の学習指導要領では, 教えなくてもよいことになっています。 発音の違いについては, 同じ発音になる傾向があるからといって, ひとつにまとめる必要はないと思います。 逆に使い分けてる例があるわけですから。 受験問題については分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 > 現在の学習指導要領では,教えなくてもよいことになっています。 なるほど。つまりこれら3つは同じと教えて良いということでしょうか? > ひとつにまとめる必要はないと思います。 なるほど、確かに積極的にひとつにまとめる必要はないかもしれませんね。逆に言えば、積極的に2つ又は3つに分ける必要もないかもしれませんね。 ということは、決め手になるのは、指導側、学習側、出版側等の労力やコストが最低限に抑えられるのは、今のまま区別するのと、ひとつにまとめるのとどっちか、ということでしょうかね?突然ひとつにまとめても、学習者も混乱するかもしれませんし。

関連するQ&A

  • 英語教育について

    来年度から東京の大学院に進学することが決まりました 東京で生活するにあたって、英語を学べる学校などでダブルスクールをしたいと考えています 特にリスニング・スピーキングを学びたいと考えています テンプル大学のESL等も考えています テンプル大学を含め、情報をいただけませんか? よろしくお願いします

  • 英語教育は何歳からどのようにはじめるのが適当ですか?

    0歳児から教材が販売されてますが、英語教育は何歳からどのようにはじめるのが適当ですか? 日本人は、中学から大学教育まで入れれば10年間も勉強しているのに満足に話せない、と言うことが言われておりますので期間ではないのかと思いますが、適切なアドバイスをお願いいたします。

  • 英語教育は必要か

    こんにちは。 あなたは英語教育は必要だと思いますか? その理由もおしえてください。 私は大学で英文学を専攻しました。 TOEICもそれなりの点数を取りました. しかし,新卒時に就職活動で 企業の人事に言われた事は 「英語が出来ても何の魅力も感じない」 と言う事でした. 仕事が決まらなかった、だけが理由ではありませんが 今まで中高+大学の10年、英語を勉強して 時間とお金の無駄だったなと思います. 現在幸い仕事を持っていますが,英語を使う仕事では ありませんし, 現職に採用された理由は 英語力ではありません. 確かにここは日本で 英語は公用語ではありません. 英語が出来なくとも生活できます. 外国映画や海外旅行に行かなくとも国内で十分 人生を楽しむ事ができます。 「国際化の時代、国際協力が必要だ」 と言われます。確かに世界中で貧困にあえでいる子供も 多いです.でも日本国内でも解決すべき問題はたくさんあります. 海外問題云々言う前に まず出来る事,日本の問題 から解決出来なければ 外国のおおきな問題も解決できないと 思います. 少し話はそれますが、イラクで難民支援に出向き テロリストに身柄拘束された方がいますが, 日本政府はその方に対し「自己責任」と非難しました. 政府側も言い過ぎだと思いますが,そういう事を言われる 世の中です. 本当に英語教育は必要なのでしょうか. 英語を義務教育で必修とする意味が分かりません.

  • 使える英語教育はどこにある?

    シンガポールは授業料だけではなく、寮費まで支給して、優秀な留学生をアジア各地からかき集め、卒業後はシンガポールでの就労を義務付け、また、大学院に半年在籍しただけでも永住権を与えたりしているようです。授業はもちろん英語です。韓国での英語熱、留学熱はひろく知られています。 例えば、「受験英語」の牙城、大学入試において、各大学で似たようなテストを用意するのは教育産業を喜ばせるだけではないでしょうか。各大学個別の入試より、センター試験、英検、TOEICなどを優先してもいいのではないでしょうか? 日本は「英語の習得」に、もっと注力するべきだと思うのです。 日本で、あまり勉強ができない生徒でも実践的な英語を習得する方法はあるのでしょうか? 「日本人の英語」に革命は起こりますか? * アジア各国での真剣な取り組みに引き換え、日本では Gさんも嘆いていたように、つい数年前まで奇妙な日本式の英語が「英語」に適用されていたような有様です。 当時の状況は最悪で、私には耐えがたいものがありました。Gさんは偉いです。最近は、このサイトでも英語に詳しい人が増えたので、以前のことを知らない人には理解できない話かもしれませんが。 それと最近、よく考えるのは、「正解はひとつではない」ということです。たとえ、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーから聞いた話でも、日本人による日本語の話がすべて正解とは言えないことを考えれば、簡単に「正解」「不正解」と判定してしまうのは間違いかも知れません。「使える英語」を考える上での重要なポイントに見えます。

  • 英語教育について

    私は、教員志望なんですが、中学生に英語を教えるときに一番大切なことって何でしょうか? 精神面、授業のテクニックなど何でもいいので教えてください。

  • 英語教育はいつから?

    日本の英語教育はいつから始まったんでしょうか?英語がたくさんの人に話されていて、国際語になっているのはわかりますが別に英語だけじゃなくて中学校のときから学びたい言語を学べたっていいのに、と思います。

  • 英語教育

    日本の小学校では英語の科目は取り入れられたのですか?

  • 英語教育について

    英語教育におけるインタラクションの意義ってなんだと思いますか? インタラクションについて教えてください。困ってます!!

  • 英語教育について

    英語が話せる方々に質問させて下さい。 もうすぐ、四歳になる娘がいますが英語を将来話せるように なって欲しいと願っています。レベルがあると思うのですが、ビジネスレベルくらいは話せるようにと考えています。そこで、週に1、2回程度、1時間のレッスンに通わすか、毎年一ヶ月程、留学させるか?(親戚がオーストラリアに住んでいるため)と色々考えております。 出せるお金が限られているため、インターナショナルスクールは厳しいです。 英語を獲得された方々は、どのような教育を受けられてきたのか?また、良いアドバイスをご助言下さい。お願いします。

  • 英語教育について

    私は英語の読む、話す、聞く(特に聞く)学ぶためにユーキャンの通信教育を受けようと思いますが「ピンズラーアメリカ英語、リスニングから始める英会話、耳慣れビクス英会話、これだけでいいよ!英会話」の4種類のうちどれが一番学習適していると思いますか? 教えてください。