• ベストアンサー
  • 困ってます

間接疑問文?

次の文なんですが、どうしてもわからないので教えて下さい。 what would you advise that I do?(どうすればいいでしょうか?) 一見、間接疑問文のwhatが文頭に移動したように見えますがthatがあります。ということはthat I doはadviseの目的語になっているように思えます。 質問は2つです。この文の作り(特にthatの意味)はどうなってるのでしょうか? thatをなくしてwhat would you advise I do?とするのは間違いですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数113
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

文法的な説明ではありませんが、発語的に考えて、例えば(私はアメリカに在住ですが会話の中で) 「What do you think? 」は「あなたはどう思う?」 という「あなたの意見」を尋ねている状況。 What do you think aboubt my plan? 「私の計画について、どう思いますか。」 という文では「どう」思うかは「you」に属する行為です。 What would you advise that I do? という文でも「どう」「アドバイスする」かは「you」に属する行為です。ですから、「that I do」の部分を無理に訳せば、「私がすること」について「あなた」はどうアドバイスするか。と言えます。 アドバイスする対象としての「私がする」の名詞形「私がすること」を作るための「that」だと思います。 What が「I」自身のの行為に関係しているとは考えにくいのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解答ありがとうございます。確かに最初この会話文を聞いたとき、「何をアドバイスしてくれますか、私がすることを」ととらえてました。それを後で英文をチェックしたら、文の作りがわからず混乱してしまったのです。 どうしても文法にこだわってしまうんですが、それよりも意味が理解できるかに重点をおけば、もっとリスニング力があがるような気がしてきました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • uragmi
  • ベストアンサー率50% (1/2)

回答No.2の補足です。 問題の一文を元の形に戻すと、 you would advise that I (should) do ~. となり、doの目的語の「~」の部分をwhatとして疑問文にしたものと考えられます。 なのでこのthatは、that節を作っているthatで、通常ならば省略可能です。が、仮定法現在の用法の場合、私が見た中では省略しないのが普通のようなのでNo.2のように回答しました。 adviseの目的語がwhat I doで、このwhatが先頭に出たという、yingyuさんの解釈の場合もあり得ると思いますが、そうなるとthatの出所が分からなくなるのでこのように解釈しました。 言葉足らずで失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。意味がわかりました。参考にさせてもらいます。 解答ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • uragmi
  • ベストアンサー率50% (1/2)

結論から ●間接疑問文+仮定法現在(のthat節) ●仮定法現在のthatは省略しないのが普通のようなので、省略しない方が良いと思います。 問題の一文は what do you think that I have? (私が何を持っていると思いますか) のような間接疑問文です。 同時に動詞adviseがあることから、(忠告を表す)仮定法現在が使われていると考えられます。 なので、補足となりますが what would you advise that I (should) do? のようにshouldが省略されていると考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

suggestなどの後ろの節で動詞の原形を使うというのはなんとなく覚えていましたが、恥ずかしい話、仮定法現在という言葉は初めて知りました。shouldが省略されているなんて考えもしませんでした。おかげで今回大変勉強させていただきました。ほんとうにありがとうございます。 ただ今回知りたかったthatに関してですが、adviceの目的語はwhat I doであると思うので、thatが省略されないということ以前に、どこからthatが来たのかわかりません。

  • 回答No.1

advise that SV で「S が V するようにアドバイスする」という意味になります。 この that 節内の部分について,疑問詞 what が用いられ, 「何をするようにアドバイスしますか」とすることが可能です。 ここでは,「あなたは,私が何をするように,アドバイスしますか」 ということです。 この疑問詞 what は,直接的には I do の部分につながり, 「私が何をする」となっています。 What do you think I did? 「私が何をしたと思いますか」と同じパターンです。 Do you know what I did? 「私が何をしたか知っていますか」と対比されます。 一応,上も間接疑問文の一種と習いますね。 そして,このパターンの時,that をつけるとは習いませんが,実際には that があってもかまいません。 that がありながら,疑問詞があるのは正直,説明不可能です。 (実は,that はないものだと思い込んでいたのですが,検索すると普通に用いられています。それだけが理由で,なぜ that があってもいいか,私には説明不可能です) What would you advise I do? でももちろん,かまいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんなにも丁寧に解答してくださってありがとうございます。 What do you think I did と同じパターンであるとわかれば十分です。that は別にあってもいいんだという程度に覚えておきます。最近TOEICのリスニングの勉強をしているのですが、どうしても細かい文法が気になってしまいます。またわからないことがあれば質問しますのでお願いします。

関連するQ&A

  • 以下の文は間接疑問文に分類されるでしょうか?

    以下の文は間接疑問文に分類されるでしょうか? Who do you think that man is? や、 How do you think we can make our products more competitive? などです。なぜこれらの文が間接疑問文かどうか疑問に思ったかといいますと、間接疑問文とは文中に疑問詞を含む文がある文の事を指すと習った覚えがあるので、文頭に疑問詞がおかれる場合「間接疑問文」ではなく単に「疑問文」として分類されるのではないかと疑いをもった為です。 その道に詳しい方、回答お待ちしております。

  • 間接疑問文で

    普通の間接疑問文(語弊があるかもしれませんが)なら、例えばこんな文章ですよね。 I don't know what this is. ですが、think を使うときはこうならずに Do you think what this is? ではなく What do you think this is? となります。 なぜ、上の文ではなく、下の文になるのか、文法的に解説をお願いします。

  • 間接疑問文について

    Do you know what will happen? という付加疑問文は Do you know will happen? という表現は出来ません。 しかし、 what do you think will happen? という付加疑問文は正しいですが、 what do you think what will happen? と表現されないのは何故でしょうか?

  • 間接疑問文について

    間接疑問文について質問があります. あるwebページに, 「疑問詞+主語+述語」を間接疑問文といい,文中で一つの節を作ります,とありました. また,そのwebページには, What do you think were the ten main news items of this year? という文章は間違いで,正確な文法で考えると What do you think the ten main news items of this year were? です. と書かれていました.これを読んだときに,納得できました.「疑問詞+主語+述語」の語順になっているので,確かに上の文章は間違いで下の文章が正しいことが理解できました. しかし,この説明に対してある人が,そのwebページの管理者に, What do you think is the next best way? という文章がジーニアス英和辞典に記載されていましたが、この文も本当は間違いで, What do you think the best way is? が正しいのですか? と質問したところ, これはWhat が主語と解釈できますので,元の文章が間違っているのではありません. と管理者が回答されていました.私はこの説明がよく理解できなかったです. What do you think is the next best way?の文でWhat が主語と解釈できるのならば, What do you think were the ten main news items of this year?の文でもWhatが主語と解釈できるのではないでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします.

  • 間接疑問文と。

    私があなたが何をしているのか知っています。 I know what you are doing. という文があるとき、間接疑問文となりますよね。日本語から、英文に直すとき、「あ、これは間接疑問文だ」とわかるには、日本文のどこを見て理解できますか? そして、 I am listening to the radio now. という文がありますが、なぜ"the"をつけなければいけないのでしょうか?"I am listening to music."は"the"はつかないのに、"radio"はなぜ付くんでしょう? ややこしい質問でごめんなさい!よろしくお願いします。

  • 間接疑問文について

    間接疑問文が理解できません。 2つの英文を完成させる問題で、 (1)I want to know+What happened to Devid? (2)Do you know+Which bus goes to Seattle? (3)Please tell me+When can you go shopping with me? (4)I don't know+How did Dan get so much money? 上の4問全てそのまま2つの英文を繋げたらいいのではないかと思いましたが、それだとこの問題の意味がないですよね。 どこを変えて2つの英文を繋げたらいいのでしょうか?

  • 間接疑問文について

    Sometimes, I mistake who a subject is. 時々、私は誰が主語なのか間違える。 という文章を作成したいのですが、上記で文法的に正しいでしょうか? 間接疑問文の Who を調べたところ、目的語の前に来る動詞は限られているとのことでした。 だとするならば、どう上記のニュアンスを表現すれば良いでしょうか? ご教示頂けますと幸いです。宜しくお願い致します。

  • 疑問文の助動詞について

    疑問文を作る際に、疑問詞を文頭へ置いた場合、 助動詞の使い方がよく理解できておりません。 例えば、 What did you eat last night ? という文では、"what"が"eat"の目的語になっているのは 解ります。 しかし、 What do you think he ate last night ? が What do you think does he eat last night ? とならない理由が解りません。 "do you think"が、文中に挿入されると、 "does"を使うことはできないのでしょうか? "do you think"と、軽めの表現なので 省略できるかと思っているのですが、 What do you think he ate last night ? という文では、"do you think"の箇所を削除すると What he ate last night ? と文法的に成り立たないのが疑問です。 "do you think"という表現を省略しても 文として成り立つためには、 What do you think does he eat last night ? でなくてはならないのだと思うのですが…。 言語なので、「そのようなものだ」と言われてしまえば それまでなのかもしれませんが、文法的に説明がつくので あれば、お知恵を拝借願えませんでしょうか?

  • 間接疑問文と名詞節

    間接疑問文は疑問文が文中の一部となっているもので 名詞節は名詞の働きをしている 参考書を見ていると ○名詞節  1、that,if,whetherの節 2、疑問詞、関係詞の節と    This is what I wanted    That is why I got up early this morning ○間接疑問 I know what his name is とありますが、”間接疑問”と”名詞節の疑問詞、関係詞の節” の違いが分かりません。

  • 疑問詞が文頭にくる間接疑問文について。

    間接疑問文でWhat dou you think he is?のように動詞がthink,imagine,guess,suppose,sayのときは疑問詞が文頭に来るのはなぜなんでしょうか。覚えろといえばそれで終わってしまいますが、文法的根拠がおわかりの方お願いします。