• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険の予定利率について教えてください

平成9年に契約した定期保険付き終身保険があります。 先日保険会社のセールスレディが来て、転換の提案書を持ってこられました。更新型で更新時期がまだあと2年先なのですが、入院特約が5日以上の入院から日帰り入院でも出るタイプに変更出来たり、払込満了時が57歳から65歳に変更出来て定期保険部分の保険期間も65才までに長くなるので安心だったりします。でも、いろいろ検索してみると転換は損だ!という意見が圧倒的ですごく迷っています。 転換すると予定利率が今はすごく低くて損になるでしょうか。更新の時は更新時の予定利率になるのですか。それとも平成9年の契約時のままの予定利率で更新できるのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数565
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

『全労災や県民共済などと民間の保険会社の医療保険ではどちらを勧められますか?』 (A)メインは生保の医療保険です。 医療保険が本当に必要になってくるのは、高齢になってからです。 平均在院日数が、全体では37日なのに、65歳以上では、50日を超えます。 入院の回数そのものも、30歳~59歳に比べれば、60歳以上では、6倍も増えます。 なので、医療保険は、終身である意味があるのです。 どの保険会社が良いか……というのは、簡単には答えられない問題です。 ご参考まで…… http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm 格付けとは、保険会社の実力を測る方法のひとつであって、すべてではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 既存の契約は終身部分は更新し、新に医療保険に加入する方向で 考えてまいります。 いろいろと親身に相談にのっていただき、ありがとうございました。 また保険に関して質問投稿するかもしれませんが、 その時はまた良きアドバイスをお願いします。

関連するQ&A

  • 予定利率3.75%の保険は解約すべきですか?

    夫の保険は1995年終身付き定期保険に加入しています。当時の予定利率は主契約部分(終身部分)に予定利率3.75%がつけられていました。 また昨年葉書で送付されてきた配当金には1万弱がついており、今現在14万ほど積立られています。 そこで質問なのですが、予定利率とは主契約の保険料(2千円弱)に3.75%つくものなのでしょうか?それにしては1万は多すぎる計算ですよね? すでに今のこの保険は解約して新しく定期保険と医療保険に加入しようと思っているのですが、予定利率の良い保険は終身部分のみ残したおいても良いとの話を聞いた事があります。 終身の死亡保険金(200万)は特に今必要ないと思っているのですが、「貯蓄」目的でそのまま残しておいた方が得策なのか、私では全く判断がつかないので、ご意見をお聞かせ下さい。

  • 予定利率と保険料の関係

    予定利率が低いと定期保険の場合は安くなると聞いたのですが、どうしてそうなるのでしょうか

  • 生命保険の予定利率

    二十数年前に入った生命保険があります。 昔の保険ですのでいたってシンプルなものだと思います。 予定利率は確か5.5%です。 いわゆる「お宝保険」と言われているものだと思っており、 意地になって保険の見直しをせず現在に至っております。 (一度、定期更新(?)をしました。) ですが、どこが「お宝」なのでしょうかね?(^^; 以前にネットで調べたり、人に聞いてみたりもしたのですが、 わからずじまいになっています。 保険料が安い以外のメリットって何かあるのでしょうか? ず~っと前から年毎の配当金はついていませんが、これは当たり前だと理解しています。 よもやこのご時勢で、上記の配当金や年々増えていく解約返戻金が5.5%で運用されているとも思えませんし、 あまりにも基本的な質問で恥ずかしい限りですが、どなたか教えていただけら幸いです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

平成9年の予定利率は、2.75%だと思われます。 今は、1.5%~1.8%ぐらいだと思います。 20年後には…… 2.75%だと、172% 1.5%だと、135% これだけの差があります。 (銀行預金の利率とは意味が違うのですが、これだけの差があるということには違いありません) 転換とは、解約して新しい保険に契約することです。 たまたま、同じ会社の同じような保険なので、ちょっとサービスがありますという程度で、「解約して、新規契約をする」という原則には変りありません。 新規契約なので、予定利率など過去の契約の条件は引き継がれません。 告知なども新たにする必要があります。 病歴があると、不担保などの条件が付く場合もあります。 定期特約付終身保険の更新では…… 定期特約の予定利率は、更新時にその時点の予定利率に変更されます。 終身保険の予定利率は、契約時の予定利率がそのまま適用されます。 なぜなら、終身保険には、更新がないからです。 医療保障と死亡保障は、そもそも目的の異なる保障なので、別々の保険に契約するのが原則です。 この機会に、医療特約をはずして、単体の医療保険に契約することをお勧めします。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。とっても役立ちました。 更新時期がまだ先なので、このまま継続して、転換はせずにおくことにしました。 毎月1万2万の保険料の支払いでも、払込満了時点で何百万違いがでるとなると、 やはり転換するのははばかられます。 しかし残念なことに、去年の10月頃、平成5年に契約した主人の定期付き終身保険を 転換してしまいました。 今更どうにもできないですよね~・・・ あの時はこうして第三者の方にアドバイスを仰ぐこともなく、 保険のセールスレディの方にばかりあれやこれやと質問していました。 保険会社にしてやられた!!という感じです。 それからrokutaro36さんは単体の医療保険の契約を勧めておられますが、 全労災や県民共済などと民間の保険会社の医療保険ではどちらを勧められますか? 共済は掛け金が安いけど60や70才になると共済金額が減ってくるし、 民間ではどこがしっかりしてて安心して入れる所なのか分かりません。 また、ネット通販の保険ってちょっと心配なのですが大丈夫なんですかね??? 何はともあれ、今回の転換の話はキリがついたので肩の荷が降ろせました。 医療保険の方はこれからいろいろまた悩んでみようと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 予定利率と解約返戻金について

    先日も質問させていただいたのですが、わからないことが多く再度質問させてください。 生命保険の予定利率なのですが、いろいろ読んだりして予定利率が高いほど保険料の割引率が大きい(保険料が安くなる)、ということはなんとなくわかったのですが、解約返戻金の額にも関係あるのでしょうか?例えば同じ条件の保険でも予定利率の高い方が解約返戻金の額も高くなるとか…。 もう一つ、定期保険特約付終身保険の定期保険特約部分を解約した場合、保険証券に書いてある解約返戻金額表の額は変わってくるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 生命保険の更新時

    今月生命保険の更新があります。 定期保険特約付終身保険で、予定利率が5.5%の時代に入っているものです。今回、定期部分を減額する予定なのですが、終身保険の買い増しもどうか?との営業員の方の提案がありました。この場合の予定利率は加入時の予定利率が引き継がれるように説明されたのですが、送られてきた設計書では、買い増し金額と払込金額がさほど変わず、5.5%の利率ではないことは明らかでした。 更新時での終身保険買い増しはその時点での予定利率が適用されるのでしょうか? お教え下さい。

  • 予定利率の決り方について

    生命保険の予定利率はどのように決まるのでしょうか? 利率変動型保険の加入を考えていますが、予定利率の決り方を知りません。 平成13年4月以降、長期国債利回りは最高と最低で1%以上の差があるにもかかわらず、生命保険の予定利率はほぼ変わっていないように聞きます。予定利率は各社が独自に設定するすることが原則とは思いますが、一般的な決定方法を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願します。

  • 予定利率について

    昨日、生命保険大手7社が 2001年3月期決算を発表しましたね。 そのなかで予定利率を引き下げるかどうかという事を言っていたのですが、予定利率っていったいなんですか?どの利率のことをいっているのか、わからなくて…。どうか教えて下さい!

  • 生命保険の契約更改について

    保険契約更新で質問があります。 現在以下の保険に加入しています。 契約23歳、最初の更新期間15年、現在36歳で再来年更新となります。 更新前になって、保険のおばちゃんが契約変更の話を持ってきてくれるのですが、どう考えてもおかしいなぁ?と思う事が多く質問しました。 ○現在の契約 定期付終身保険 利率3.75% 終身保険 500万円(60歳払い込み) 死亡定期保険 2500万円(最初15年、その後10年更新) +入院保険少々 保険料 現 在(23~38歳)約13000円/月     更新後(38~48歳)約18000円/月(終身保険がステップ払いなのでその分増額されている) ○おばちゃん案(転換) 5年ごと配当付終身保険 利率1.65% 終身保険 300万円(80歳払い込み) 死亡定期保険2000万円 +入院保険少々といわゆる「以後の保険料はいりません」特約 保険料18000 保険のおばちゃんに何回か案を出して貰ったのですが、どうやっても「転換」か「契約変更」を迫ってきます。 払い込み期間が60歳だったものが80歳に延長 終身保険部分も10年ごとに契約(つまり10年ごとに支払額増)になる 予定利率が3.75%だったものが1.65%に下げられる。 こんなに不利な点があるのに、なぜこんな契約を勧めるのか分かりません。 こんな案だったら、現在の契約をそのまま更新or終身部分のみを残して他の保険会社にした方がいいのかなぁと思っています。 皆さんはどのようにお考えでしょうか?

  • 予定利率2.75%って

    私の今入っている生命保険は特別養老保険という郵便局のものです。H9年に加入したのですが、見直しを考えています。あるFPの方は、この保険は予定利率が2.75%だから、持っていた方が良いといいます。で、郵便局に問い合わせ、今この同じブランで21歳として(私が加入時21歳の為)加入した場合、月額料がどう変わるのか試算して頂いたら、ほぼ同じでした。加入当時が予定利率2.75%だから、今入ると利率が低い為に月額料は高くなる筈だと思っていたためにびっくりでした。私の保険は予定利率は関係していないのでしょうか。郵便局の保険の場合は予定利率は影響受けないのでしょうか。ちなみに私の保証内容は下記の通りです。 26歳 女 会社員(両親を扶養に入れています)   保険開始日H9.1.10終期H24.1.9 保険期間15年   満期保険金 50万 死亡保険金5百万   入院保険金7千5百(5日より120日)*けがの場合も同様   手術 10.20.40倍   健康祝金25万(今のところ患ってないので受け取れます)   通院療養給付金   毎月保険料 ¥6,300.- 今迄に色々な素晴らしい方々にご教授頂き、その結果医療の特約部ははずして単体で終身医療を検討中ですが、死亡保障の部分が、まだ整理ついていない為、重複した質問を投げかけ皆様にご迷惑をおかしています事をお詫び申し上げます。

  • 予定利率って自分で計算出来ますか?

    現在生命保険の見直しを検討しております。 現在の保険は、1993年10月1日契約日の 定期保険特約付終身保険です。(M生命) そこで質問なのですが、その終身部分の予定利率を 自分で計算できるならその計算方法知りたいと思います。 どなたか、分かる方教えて頂けないでしょうか? 保険金240万円 保険料が月額2,273円 払込期間40年です。 よろしくお願いします。

  • もし、予定利率の引き下げが行われたら?

    H2契約、H27払込終了の終身保険(定期なし、医療特約付き)1800万円に加入して、ほぼ半分の期間を経過したところです。 貯蓄性もあり、もしH27の払込終了時に解約すれば430万円の解約払戻金が見こまれますので、遺族(未成年の子)の生活保障が必要なくなった後は解約して老後資金の足しにしようと思っておりました。 確認していませんが、当時の予定利率は5.5%のはずです。 最近、予定利率の引き下げが再び話題になっているので、とても不安に思っています。以下の事をどなたか教えてください! (1)予定利率の引き下げが行われた場合、この保険の死亡保障額、解約払戻金はどれくらい下がるものなのでしょうか? (2)現時点での解約払戻金は確定していると思っていましたが、引き下げにより減額されることはありますか? (3)払い済み終身保険にした場合でも、引き下げの影響をうけますか? なお、現時点での解約払戻金は約160万円、払い済み終身に変更した場合は約1060万円の保障額となります。 (4)それと、これは回答が難しいと思いますが、客観的に見て、継続・解約・払い済みに変更、のいずれが良いと思われますか? S&PでBBBの生命保険会社です。

  • 予定利率引下げのリスクって・・・。

    29歳の会社員、結婚4ヶ月ほどが経過し、保険加入を検討しています。 さまざまな保険の掲示板、専門家のHP、商品カタログなどを見て、 次のような加入を考えています。 ●医療保険 入院時の医療費を全額もらうつもりはありません。 アリコジャパン終身医療保険 入院時1日目から日額5000円 1入院120日まで 通算730日まで保障 手術時20,10,5万円 男:60歳払済 月3,475円 年39,850円 女:60歳払済 月3,725円 年42,735円 ・夫婦型とこのプランの男+女×80%の保険料と大差がない ・入院の通算日数が夫婦とも合算される という点から二人を別契約で加入します。 ●終身保険 葬儀代の気持ちをこめています。 東京海上あんしん生命 長割り終身 500万 男:60歳払済 月額8,425円 ・保険料払込中の解約返戻金が低いので保険料が安い。 ・保険料払済後の解約返戻金が高い ・保障はいつでも500万円 という点から選んでいます。 ●定期保険  子供が生まれてから加入を考えています。  今はまだいないので第一候補の検討だけしています。 オリックス定期保険 2000~2500万 5年定期 5年ごとに保険金額の見直しをする予定でいます。 DIY組み立て保険も考えましたが定期保険は会社がつぶれても 解約返戻金がほとんどない分、掛けかえ時のリスクが少なそう なので、保険料の安いオリックスにと考えました。 しかし、ここまで決めて予定利率引下げがあるかもしれないことを 全く考えていませんでした。 加入後に予定利率が引き下げられると、保険料が上がるなり、保険金額が下がるなりなんらかのリスクがあるのではないかと予想できます。 そのため今加入するのが良いのかどうか迷っています。 長くなりましたが、メインはこちらです。 どなたか助言ををいただけませんか? プランについての助言も大歓迎です。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについてです。(長文です)

    現在加入の保険 定期保険特約 2500万円 終身保険 300万円 5日以上入院後の通院 3000円 入院特約 8000円  更新は10年後の48歳の夫婦型のものです。 先日保険屋さんが転換契約で今より年間779円高く なるだけで保険料払込特約つきの保険にできると言って きました。 定期特約 2300万円 終身 100万円 3大疾病一時金 100万円 病気による身体障害 500万円 要介護状態 500万円 成人病による入院 5000円 短期入院 8000円 がんによる入院 5000円 52歳更新 です。 主人も私も内容はよいと思っているのですが、今の保険の予定利率がよいときのもの(平成7年加入)なので 転換してまで見直してよいのか悩んでいます。 特に専門家の方のご意見をうかがいたいと思います。 よろしくお願いします。 ちなみに主人37歳 妻34歳 子供なしです。

専門家に質問してみよう