• 締切済み
  • 困ってます

経済学の勉強で・・・

経済学の生産者活動におけるところで、「費用が最小となる生産量は生産要素一単位あたりの限界生産力が等しくなる水準で決定され、これを加重限界生産力均等の法則という」という説明があるんです。 しかしこのことが理解できません。等産出曲線の原点に近い点の接線の傾きが費用最小の生産要素の組み合わせであることは理解できましたが、そこから追記で前述のように書いてあって理解ができなくなりました。どなたか教えていただけませんでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数510
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

簡単のため、生産要素が2種類の場合を考えます。それを y1, y2 とすると、生産量 x は y1, y2 の関数で、それを f(y1, y2) とすれば、等産出曲線 f(y1, y2)=const.(=x) の切線の勾配は (-∂f/∂y1)/(∂f/∂y2) で与えられます(法線の方向は(∂f/∂y1, ∂f/∂y2))。 費用を TC とすると、それは TC=q1*y1+q2*y2 (q1, q2 はそれぞれ y1, y2 の価格)であり,直線 TC=const. の切線の勾配は -q1/q2 です(法線の方向は(q1, q2)) から、直線 TC=const.が曲線 f=const. に接するときは -q1/q2=(-∂f/∂y1)/(∂f/∂y2) 、つまり、(∂f/∂y1)/q1=(∂f/∂y2)/q2 となる。これが「加重限界生産力均等の法則」と言われるものではありませんか。 生産要素の数が2より大きい場合もこれを数学的に拡張すればよいだけで、曲面 f(y1,y2,...,yn)=const.(=x) と平面 q1*y1+q2*y2+...+qn*yn=const.(=TC) とのそれぞれの法線方向が一致する条件を記述すれば、それが「加重限界生産力均等の法則」の数学的表現になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 経済学上の利潤がゼロになる条件について

    マンキューマクロ経済学の71ページによると, 「(1)規模に関して収穫一定,(2)利潤最大化,(3)競争, という3つの条件がそろうと経済学上の利潤は ゼロになる」とありますが, この条件に「(3)競争」を含む必要がどうしてあるのですか? 規模に関して収穫一定でなければ,オイラーの定理が 成立しないので,(1)については理解できます. 利潤最大化をしなければ,生産要素の限界生産力と その実質要素価格が等しくならない可能性があるので (2)についても理解できます. この2つの条件のみでも 経済学上の利潤がゼロになると 言えるのではないのですか? 条件に(3)が必要な理由を教えてください. よろしくお願いいたします.

  • 経済学の問題ですわかりません、お願いします

    大学の経済学の問題です、どのように解けばいいのか全然解りません。 教えてください。お願いします。 ある企業が次の費用関数をもっているとする。 C=10×yの2乗+160 問1、 生産量が10のときの平均費用と限界費用を求めよ。 問2、 平均費用が最小となるとき、限界費用はいくらになるか。 の問題です。 お願いします(;_;)/~~~

  • 経済原論の問題で・・

    利潤関数の性質という内容の問題で次の部分が分かりません。 「要素需要(投入)や生産量は価格に関してゼロ次同次であることに注意。さらに企業の生産要素需要(投入)は次式で示される。dy/dx=w/p(限界生産力=実質の生産要素価格」 とう文の内容なんですけど、ゼロ次同次って何でしょうか?以前、1次同次生産関数っていうのもどこかで聞いた気がするのですが、いったい何のことを意味しているのか分かりません。教えて下さい。

  • 経済学の質問です。

    経済学の質問です。 機械(1台の価格が200)と労働(1単位の賃金が2)の2つの生産要素から生産を行う企業を考える。機械は1台だけ既に導入されているとして、労働投入量Lだけが変更できるという状況で、生産関数がy=√L/2という形で与えられている。 この時の費用関数を求めたいのですが、途中式も回答も分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか…

  • 費用関数について

    どうしてもわからないので質問します。 生産関数x=y1^(1/2)*y2^(1/4) xが生産物数量、y1とy2が生産要素の投入量であり、 生産物価格p=32で、生産要素価格(q1、q2)=(16、1)のときの費用関数を求めたいのですがどうしてもわかりません! 限界生産力の比と生産要素価格の比を使えばいいのでしょうか?? 何を使えばいいのか判らず困り果てています。 どなたか解法を教えていただけたら幸いです。

  • 経済学の問題

    経済学の問題です。 独占市場を考える。この市場を独占している企業の費用関数がC(q)=q^2であり、この市場の逆需要関数はp=a-qという形であったとする(qは生産量、pは価格として、a>0を仮定する)。 この企業の利潤を最大にする最適生産量を求めなさい。また、売上収入を最大にする生産量も計算し、最適生産量と比較しなさい。 この問題、わかる方いらっしゃいましたら解説おねがいいたします!!

  • 正誤問題で困ってます。教えていただきたいです。

    経済学の勉強をしているのですが答えがなくまったく問題が手につかない状態です。。正誤問題で、×ならなぜ違うのかを書くのですが、このような問題です。。 等量曲線は、一定の産出量を生み出すために投入される生産要素の組み合わせを結んだ線である。○か×か。 限界費用曲線は、平均費用曲線ACがU字型ならば、限界費用曲線の最低点で平均費用曲線と交わらなければならない。○か×か。 固定費用は産出量に一定であり、総費用と可変費用の差に等しい。しかし、平均費用と平均可変費用の差は一定ではない。○か×か。 生産物価格と限界費用が等しいという条件は企業の利潤最大化産出量を決定するための十分条件である。○か×か。 ある要素の限界生産力は、産出量をその投入量で割ったものである。○か×か。 といった問題です、、。本当にまったく参考書?を読んでみても手も足も出ない状態なので、本当に分かる方がいらっしゃいましたら解説をお願いしたいと思っております。よかったらお願いいたします。

  • 公務員試験 ミクロ経済

    問題 完全競争市場における、ある企業の生産関数が次のように与えられる。 Y=K^(0.2)L^(0.8) ここでYは生産量、Kは資本量Lは労働量をあらわす。実質賃金率が20のとき労働の物的平均生産性Y/Lの値は? 解答 物的平均生産性Y/Lは Y/L=K^(0.2)L^(0.8)/L=(K/L)^0.2・・・(1) また利潤最大化条件は労働の限界生産力と実質賃金率が等しくなることで表せる。よって労働の限界生産力を求めると 労働の限界生産力=0.8(K/L)^0.2 となりこの値と実質賃金率が等しいので 0.8(K/L)^0.2=20・・・(2) (1)と(2)より Y/L=25 となっていたのですが利潤最大化条件は労働の限界生産力と実質賃金率が等しくなることで表せる。の部分で労働の限界生産力は 労働の限界生産力=実質賃金率/財の価格  となるのではないのですか? 経済学は初めてなので簡単な説明でお願いします

  • 経済学の問題

    経済学の問題です。 生産可能性フロンティアとかの問題です。 一問でもお力を貸して頂ければ幸いです。 Q: 2国(A国、B国)、二財(1財、2財)一生産要素の世界を考える。 いま、両国 が両財を生産するのに下のような労役投入量が必要だとしよう。 A国: 一財 10、二財 15 B国: 一財 6、 二財 5 また、A国には150、B国には120の労働が存在しているとする。 問一、A国、B国の生産可能性フロンティアを図示しなさい。 問ニ、このとき両財に関する絶対優位はどちらの国にあるか、理由をつけて解答しなさい。 問三、両財に関する比較優位はどちらにあるか、理由をつけて解答しなさい。 問四、この状況下で両国はどのように貿易を行うのが好ましいか説明せよ。 問五、問四で答えた通りに両国が貿易を行った場合、世界全体の生産可能性フロンティアはどのようになるか図示しなさい。 問六、リカード•モデルの前提となる仮定のひとつに、「両国の間で生産要素(この場合労働)が移動しない」というものがある。もし移動が可能であるとすればどのようなことが起こると予想されるか。説明せよ。 問七、リカード•モデルの前提となる仮定の一つに「国内の二つの産業間(この場合は一、ニ財)では生産要素(労働)が自由に移動できる」もいうものがある。もし移動が自由でないとすればどのようなことが起こると予想されるか。説明しなさい。 お願い致します。

  • ミクロ経済・生産関数の問題

    ある財の短期の生産関数がZ=x^1/4・y^1/2であるとする(xとyは生産要素aとbの投入量)。 生産要素aとbの価格が1と2、固定費用をFとする。 1.この財の費用最小化問題を解き、費用関数を求めよ。 2.限界費用、平均費用、平均可変費用を求めよ。 3.損益分岐点での財の価格pを求めよ。 この解答について 1.限界生産性の比=価格比だからa=b。よって費用関数は3a+F 2.限界費用=3、平均費用=3+F/a、平均可変費用=3 と解答していたのですが、3.の答えが出せない状態です。 1.、2.の解答がおかしいのか、また3.の解答をご教授いただければ幸いです。