• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

可変費用曲線・・・

 ある問題で、企業が固定費用1万円、限界費用が2千円で生産するときと、固定費用2万円、限界費用千円で生産するときがある。とういうのがありました。  この中で、可変費用は2000yと、1000yでいいのでしょうか?また可変費用曲線を書く場合、生産量は特に設定されていないので1,2,3・・・としていいのですか?(直線になりますが・・)あと、可変費用曲線のほかに、平均可変費用曲線、総費用曲線、平均費用曲線を書いたあとに、どの産出量で企業は固定費用の低い技術を用いるか、どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるかという問題はどのように考えたらいいでしょうか?  質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数764
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tosiro
  • ベストアンサー率30% (57/189)

どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるか? 総費用曲線を用います。この場合、2本の総費用曲線を 書くと、ある産出量以上から、「固定費用の高い技術」の方が総費用が安くなるのが分かると思います(逆にその産出量に達するまでは、「固定費用の低い技術」の方が総費用が安い)。産出量に応じて、安くなる方を用いるわけです。この問題の場合、その、ある生産量yを計算で求めて回答すれば良いわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが、お礼させていただきます。ありがとうございました!やっと理解することができ感謝しております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

総費用(TC) = 可変費用(VC) + 固定費用(FC) 限界費用(MC)はTCを微分したものです MC = 2000 となるには TC = 2000y + FC となります FCにはyは入っていないので微分すると消えます VCはTCの中でyが入ってるもの FCはTCの中でyが入っいないもの です ですから 例ではVCは2000yと、1000yでよいです VC曲線は縦軸に費用、横軸に生産量をとると右上がりの直線になります (1)完全競争市場の場合 市場価格 = MC となる点で生産量が決まります (2)独占企業の場合 限界収入 = MC となる点で生産量が決まります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 総可変費用の意味を教えてください

    『スティグリッツ ミクロ経済学 第3版』の第4章「企業と費用」P.173 の中にさまざまな費用概念が示されています。 1.固定費用:算出水準に関係なくかかる費用 2.可変費用:算出水準に合わせて変化する費用 3.総費用:生産のために必要なすべての費用で、固定費用+可変費用で表わされる。 4.限界費用:産出を1単位増加させるために必要な費用 5.平均費用:総費用を産出量で割ったもの 6.平均可変費用:総可変費用を産出量で割ったもの 6の概念の定義として表わされている「総可変費用」とは、どういう概念なの でしょうか?ご存知の方ご教示願います。

  • 正誤問題で困ってます。教えていただきたいです。

    経済学の勉強をしているのですが答えがなくまったく問題が手につかない状態です。。正誤問題で、×ならなぜ違うのかを書くのですが、このような問題です。。 等量曲線は、一定の産出量を生み出すために投入される生産要素の組み合わせを結んだ線である。○か×か。 限界費用曲線は、平均費用曲線ACがU字型ならば、限界費用曲線の最低点で平均費用曲線と交わらなければならない。○か×か。 固定費用は産出量に一定であり、総費用と可変費用の差に等しい。しかし、平均費用と平均可変費用の差は一定ではない。○か×か。 生産物価格と限界費用が等しいという条件は企業の利潤最大化産出量を決定するための十分条件である。○か×か。 ある要素の限界生産力は、産出量をその投入量で割ったものである。○か×か。 といった問題です、、。本当にまったく参考書?を読んでみても手も足も出ない状態なので、本当に分かる方がいらっしゃいましたら解説をお願いしたいと思っております。よかったらお願いいたします。

  • 費用曲線について

    短期において、限界費用(MC)曲線が、平均(AC)費用曲線と平均可変費用(AVC)曲線の最小点を通りますが、その理由を教えてください。有難うございます!

  • 概念はこの説明でよいでしょうか?固定費用 可変費用 限界費用

    総費用・固定費用・可変費用・限界費用について説明したいのですが・・ 自分で調べた結果、これら4つの概念はこんな感じでよいのでしょうか?(簡素すぎて問題だと思うのですが。。) 企業のコストが生産量の変化とともにどうなっていくのか考えると (今の私の頭にある知識は以下です) 固定費用は、生産量と関係なく発生する費用で、従業員の給料などを指す。可変費用は、生産に応じて増えていく費用のことで、材料費などのことをいいます。総費用は、固定価格と可変価格を足したもので、限界費用は、生産をあと1こ増やした時に増える費用のことをいいます。 まとめるとこんな感じになりましたが・・言葉足らずの部分や、この視点が足りないという点があったら教えてください。 1つ気になるのは、総費用以外は、グラフや座標をみて理解したので そのことを言葉で説明しなくていいのか?という点です。 あと、固定価格 可変価格 限界費用のグラフには必ず平均○○が記載されていたことです。。

  • U字型平均総費用曲線の最低点について

    平均総費用曲線の最低点において、AVC=AFCとなるのは必然ですか? 現在、クルーグマンミクロを読んでいるのですが(P229)本書に「平均固定費用には生産量が増えるとより多くのものが固定費用を分担し合うので、平均固定費用は減少するという拡散効果が働き、平均可変費用には、収穫逓減効果が働き生産量が増えるほど増加する。」との説明があります。ここは理解できるんですがこの次に「U字型平均総費用曲線の最低点はこの2つの効果がちょうど打ち消しあうところだ。」とあり、記載の図では、平均総費用曲線の最低点で(最低点となる産出量のとき)、AVC=AFCとなっています。 ATCの最低点なので、ATC=AVC+AFC の両辺を微分してゼロとおけば、AVC=AFCがみちびけるのかなと思いやってみたんですが、いいように導出出来なくて困っております。お詳しい方教えて下さい。

  • 経済原論の問題

    以下の問題が分からなくて困っています。2002年7月19日にテストがありますので、18日18時辺りまでに解答を頂けたらと思います。 【1】効用関数がU=2Xの2乗+Yの2乗の場合を考える この場合の無差別曲線の形状を述べなさい。 【2】Px、Py、mはそれぞれ、X財、Y財の価格と所得を表しているとする。 (1)Px=1000、Py=500、m=30000の場合の、X財、Y財の最適消費量を導き出せ。 (2)X財の需要曲線を導き出せ。 【3】費用最小化の条件、技術的限界代替率=生産要素の価格比の経済的意味を考えなさい。またこのことを等生産量曲線と関連付けて述べよ。 【4】 (1)企業の短期における利潤最大化の条件、生産物の価格=限界費用を説明しなさい。 (2)(1)における企業の生産量、利潤の大きさを平均費用、限界費用曲線を使って説明しなさい。 (3)損益分岐点、操業停止(生産中止)点を説明しなさい。また、企業の短期の供給曲線とは何か述べなさい。 (4)短期の費用曲線と短期の費用曲線との関連を説明しなさい。 【5】費用関数がC(y)=Yの2乗+30の企業を考える。 (1)固定費用、可変費用を考えなさい。 (2)平均費用関数、平均可変費用関数を求めなさい。 (3)限界費用は、MC=2yとなる。微分の知識のあるものはそれを確かめなさい。 (4)生産物の価格が50の時、利潤最大化を達成する生産量を求めなさい。またその時の利潤の大きさも求めなさい。 以上、よろしくお願い申し上げます。

  • 費用曲線について

    以下の問題の選択肢(3)、(4)の違いがよく理解出来ません。御教授下さいますよう、 御願い申し上げます。 横軸に生産量、縦軸に総費用をとった図において、総費用曲線が通常の逆S字型の 形状をしているものとする。このとき、費用曲線に関する記述のうち、誤っている ものはどれか (1) 短期平均費用曲線の最低点を短期限界費用曲線は通る。 (2) 長期平均費用曲線の最低点を長期限界費用曲線は通る。 (3) 長期平均費用曲線の最低点を短期平均費用曲線は通る。 (4) 短期平均費用曲線の最低点を長期平均費用曲線は通る。 (1)と(2)は、理論的にどうしてそうなるか理解は出来ませんが、それぞれの最低点を 通る図を見たことがありますので、正しい肢であると判別出来ます。(3)と(4)は図を 見たこともありませんし、イメージも出来ません。 下記の解説も理解出来ませんでした。 長期平均費用曲線は短期平均費用曲線に接するが、通常、短期平均費用曲線の最低点 とは一致しない。長期平均費用曲線が水平になる場合には短期平均費用曲線の最低点は 長期平均費用曲線に接する。したがって、(4)が誤りである。 宜しくお願い致します。

  • ミクロ経済学

    ミクロ経済学の問題についてです。以下の経済学の問題が分かりません。どなたか解答と解説よろしくおねがいします! 問題1 ある企業の生産と総費用の関係は以下の表にあるとおりである. 生産量: 総費用 0 :100 1 :110 2 :121 3 :133 4 :146 5 :180 6 :240 7 :288 8 :332 (1) 固定費用はいくらか. (2) 財の価格が40のとき、この企業はいくら生産するか. またこのときの平均可変費用(AVC)と限界費用(MC)を計算せよ. (3) この企業が操業停止する生産量はいくらか. 問題2 ある企業の生産と総費用の関係は以下の表にあるとおりである. 生産量: 可変費用 0 :0 1 :100 2 :220 3 :350 4 :520 5 :740 6 :960 (1) 固定費用が120・価格が180のとき、操業停止する生産量はいくらか. (2) 価格が160に下落したとする. このときの最適な生産量はいくらか. またそのときの利潤を求めよ. (3) (2)のケースにおける平均総費用(ATC)、平均可変費用(AVC)、平均固定費用(AFC)を求めよ.

  • 計算の仕方教えてください!!(ほんと困ってます。。)

    こういうのを出すと宿題かと思われるかもしれませんが、独自に勉強していく中で自分ではどうしてもわからないことなので聞きました。(誰にも聞けないので。。)どれか1つでもいいので教えてください。  まず、固定費用が2万円で限界費用が2千円の、可変費用関数と費用関数の式、平均費用関数の式を教えてください>< そして、賃金率を1000円としたときの生産関数の式もお願いします。  (2)生産関数がy=100√Lとして、(yが産出量、Lが使われる労働時間)固定費洋画2万円、賃金率を1000円/時間とします。このとき、生産物の価格が100円のとき、企業が選択する産出量を計算してください><

  • ミクロ経済学 限界費用と平均可変費用

    (短期)費用関数TC=C(y)=y^3-6y^2+15y+30で表現される技術を持つ企業について考える。 (a)限界費用(MC)と平均可変費用(AVC)を求めなさい。 (b)この企業の操業停止価格はいくらか。 どなたかお願いします><