• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電子帳簿保存法

アドバイスお願いします。 今回、webを利用した発注システムを構築するにあたり 取引先(売り手)との間で発注から請求までのデータをすべて この発注システムで完結する方向になっているのですが 現段階での疑問点としまして (1)請求書も売り手から発行がなくなる予定ですが電子帳簿保存法の  概要では相手側の発行する証票は対象外との記述がありました。  売り手が発行する請求書への対応はどのようなものなのでしょうか。 ※今までのシステムでは発注はwebで行うものの納品書、請求書、領収書は紙媒体で発行されておりました。 (2)領収書に対しては電子帳簿保存法とは別にe-tax法なるものが  あるらしくそれによると3万円基準等の規定があるようですが  これらに関しては規定外ではあたりまえの話ですが今までどおり   紙媒体で発行を  お願いすることになるのでしょうか。 (3)発注システムはすべての売り手に対して利用するのではなくほとんど取引先は今までどおりになる予定ですが電子帳簿保存法の基準は取引先ごとでよろしいのでしょうか。 ※対象外の取引先に関しても徐々にシステムへ組み入れていきたいと  考えていますがこの場合の対応方法等 (4)システムの宣伝文句として電子帳簿保存法とありましたもので  恥ずかしながらほとんど法律内容もチェックせずにすすめてしまいま したが今回確認する機会を設けたいと考えております。  その際に念頭においておくべきことや知識や情報として確認するべき ことがありましたら教えて頂ければと思います。 大変申し訳ございませんが 何か1つでも構いませんのでアドバイス頂ければと思います。 よろしくお願いします。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1399
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gutoku2
  • ベストアンサー率66% (894/1349)

>売り手が発行する請求書への対応はどのようなものなのでしょうか。 売り手から請求書が発行されるのですね。 ご記載の内容から請求書は電子媒体によるものと思われます。 例えばPDFで送付されるのであれば、下記が参考になります。 http://blog.antenna.co.jp/PDFTool/archives/cat43/ >これらに関しては規定外ではあたりまえの話ですが今までどおり   紙媒体で発行を  お願いすることになるのでしょうか。 日本においては、紙以外の領収書は一般的ではありません。 http://informatics.cocolog-nifty.com/news/2008/09/e-japan-f408.html 当該法律が想定しているのは、”紙の領収書をスキャニングして保存”です。 その保存でも、3万円未満だけですが・・・・。 よって全ての領収書を紙媒体でもらって、3万円未満を電子媒体で保存します。 (私ならば面倒なので全て紙媒体で保存しますが・・・) また,当該取引の支払いは全て銀行振込で領収書の発行を求めないのであれば それはそれで構いません。銀行の振込依頼書は税務的には支払いの証憑と認め られます。 質問者さんは、領収書を電子的に発行するシステムを想定していると思われます。 これは極めてまっとうな考え方ですが、日本の法律がそこに追いついていません。 電子領収書のフォーマットが決まり、法律が制定されるまで待って下さい。 (いつのことやら分かりませんが・・・) >電子帳簿保存法の基準は取引先ごとでよろしいのでしょうか。 商取引の”帳簿”を電子的に保存するのが当該法律の主旨です。 基本的には、総勘定元帳を電子保存する と考えると分かりやすいと思われます。 総勘定元帳の売掛金のA商店の所は、紙媒体で、B商店の所は電子保存、なんて できません。 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sonota/980528-2/02/02_04.htm (帳簿単位で申請します) >システムの宣伝文句として電子帳簿保存法とありましたもので 具体的なシステムの仕様が分かりませんので何とも言えませんが、当該法律が 想定しているのは、取引そのものを電子化するのではなく、帳簿を保存すると いうものです。 よって、電子帳簿を出力することを想定して作成されたシステム。と解釈すれ ばよろしいかと思われます。 上記の参考URLを読まれた上で、当該システムの開発元とよく話し合って下さい。 (当該システムの仕様が分かった人でないと、完全な回答はできません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 取引が電子取引に該当していたため 発注から請求までを紙媒体で保存する必要がありませんでした。

関連するQ&A

  • 電子帳簿保存法について

    いつもお世話になります。 当社はPOSシステムを導入しており、 POSシステムにて売上入金を集計し、 会計システムに転記(手入力)しております。 そこで質問なのですが、 POSシステムの使用は、国税庁が定めている 「電子帳簿保存法」に従って、 申請する必要があるのでしょうか? 当該法律で定めている「国税関係帳簿」が何たるかも 分かりましたら教えてください(URL含めて)。 よろしくお願いします。

  • 電子帳簿保存法について

    電子帳簿保存法の申請を考えてますが、よく解らない点があります。例えば仕訳を計上する際の内部証憑(売上原価振替明細・旅費精算書等)は、電子帳簿保存の帳簿・書類に該当するのでしょうか?(他ホームページでは該当しないとあったが・・・。何故か理由が解りません)当社は、原価や旅費精算はシステム化しており、手書き修正はなく直接データを会計システムに自動取込みしており、帳簿として申請するつもりでいます。  どなたか明確な回答方宜しくお願い致します。 また、帳簿の具体的な範囲(仕訳帳、総勘定元帳、固定資産台帳、貸借対照表、損益計算書などとは書いてあるが・・・その他に何が該当するか定義の仕方がわからないでいます(泣))も併せてご教授頂けると大変有り難いです。 よろしくお願いします。

  • 電子帳簿保存法とe文書法について

    会計上の「帳簿」「書類」を、紙媒体でなく電子形式で保存する場合、電子帳簿保存法とe文書法が絡んでくることは知っています。「帳簿」「書類」と各法の関係について、理解を明確にしておきたいと思います。今の私の認識を下に書きますので、誤解などありましたらドンドンご指摘いただけないでしょうか。 ●「帳簿」―総勘定元帳など (1)電子帳簿保存法の申請により、帳簿のデータベースを保存しなければならない。 (2)e文書法の申請の対象にはならない。したがって、同法に基づき、一貫して電子計算機を使って帳簿データをPDF形式の「電子帳票」として保存して置くだけでは認められない。電子帳簿保存法に従った、データベースの保存がなければならない。 ●「書類」―損益計算書など決算書類 (1) 電子帳簿保存法の対象外。従って、データベースとしての保存は必要ない? (2)-1 e文書法の「(紙をスキャンした)電子化」の対象外だが、同法の「(一貫して電子計算機を使って作成した)電子保存」の対象である。 (2)-2 従って、一貫して電子計算機を使って、PDF形式の「電子帳票」として作成・保存して置くだけで良い?というか、それが推奨されている? (2)-3 でも、求められる検索機能の要件は、帳簿の場合と比べても、さほど甘くなりはしない?帳簿の場合と同等程度の検索機能は、求められる? (2)-4 また、その場合は必ず、全てのPDF保存した電子帳票について、タイムスタンプや電子署名が必要で、コストもかかる?

  • 電子帳簿保存法とAdobeAcrobat

    お世話になります。 販売管理システムから出力される得意先元帳が毎月A4用紙で20cmほどになるので電子化できないか検討しています。 AdobeAcrobatによりPDF化しておけばいいように思うのですが、電子署名やタイムスタンプの保証などいろいろ条件があるようです。 電子帳簿保存法に適合したAdobeAcrobatの運用事例などありませんでしょうか?

  • 電子帳簿保存法について教えてください

    カテ違いかもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、電子帳簿保存法の申請を考えておりますが、いわゆる「得意先元帳」「請求書控」等、販売実績の履歴となるような帳票類も、電子帳簿化することは可能でしょうか。また、電子帳簿化する場合、一部分だけの申請(例えば、総勘定元帳だけ等)というのは許可されるのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

  • 電子帳簿保存法における電子取引データ保存について

    電子帳簿保存法においては、メールのやり取りにより見積書を交わす場合は電子取引とみなされ、7年分は保存しておかないといけないんですよね?これに関して (1)まず「3万円で見積もり出します」という内容の見積もりメールが届く。その数分後に「ごめん、やっぱり4万円に訂正して見積もります」というメールが届きそれで4万円に決定した場合。この場合は、その両方についてメールを保存しておかないといけないんですよね?最終決定した4万円の方のメールだけ保管してても駄目なんですよね? (2)同法第10条「ただし、財務省令で定めるところにより、当該電磁的記録を出力することにより作成した書面又は電子計算機出力マイクロフィルムを保存する場合は、この限りでない。」より、紙に打ち出して保存するというやり方も認められるのでしょうか?「電子取引に係るメール及び添付ファイルは全部、整然と印刷して保存するんだ」という運用方針を決め、実際にそれがちゃんと守られれば、メールの電子データの方は破棄しても印刷した紙を示すことで許可されるのでしょうか? (3)メールは7年保管しておくのが理想だと解釈しています。この保存は、容量の関係でサーバから消えていても、会社の各自のローカルPCに保存されていれば認められるのでしょうか? (4)上記(3)が許されず、しかもサーバの容量も増強が困難だという場合、電子帳簿保存法の要件を満たすために、どのような対策を取れば良いのでしょうか? 出来れば、ソースも示してご回答いただけないでしょうか。一部の質問番号だけについての回答でも構いません。

  • 元帳等を電磁的記録にするための心得(電子帳簿保存法)

    電磁的記録をするためには、電子帳簿保存法という法律に基づき、税務署へ申請して、法律要件を満たすシステムであることを証明する必要があるそうですが・・・。 このシステムっていうのが、国税のHPを見ると非常に分かり辛いのですが、具体的にはどういうことでしょうか?? 税務署の承認を得るためにはどうすればよいのでしょうか? どういう準備が必要でしょうか?? アドバイスお願いします。

  • 請求書の電子化てどこまでできるの?

    請求書の電子化について調べています。 「電子帳簿保存法」や「e文書法」を調べていると、当社がお客様へ請求する立場だとした場合、こちらは請求書の控えを、 お客様は請求書そのものをスキャナで読んで電子で保存できることまではわかりました。 しかし、結局は請求書は紙で発行しなくてはならいのでしょうか? 自分を振り返ると、例えば携帯の請求などは紙の請求書は送られてこないで、請求のお知らせがメールできた後は明細が送られてくるだけですが(要は紙の請求書はない)、これは何で大丈夫なのでしょうか? ※的外れだったらスミマセン・・・ 請求書の電子化がうまくいっている事例なども併せて教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします!

  • 電子帳簿保存法のための保存媒体について

    電子帳簿保存法のための保存媒体について教えてください。 2015年に3万円以上の領収証も電子保存が認めらるかもしれないということで、電子保存を検討し始めました。 そこで、気になったのは、保存媒体。いくつかの要件をみたせば何でも良いようですが、返ってよくわかりません。 訂正・削除の履歴の確保って、DVD-Rでもいいってことでしょうか?(訂正も削除もできないですよね?) その場合、バックアップは認められるのでしょうか? また、一貫して電子作成した文書はCOMでもいいってことですが、COMって何でしょう? 検索してもよくわからなくて・・・。 そのほか、導入に際して注意すべきことってありますでしょうか? 経理としてのスキルは、税理士に相談しながらの別表作成・税務申告5回くらい、 (PCA会計X使用、eDOCXが使えるのかな?と思っています) システム系のスキルは、10年くらい前にシスアド初級をとった程度の知識しかありません。 お教えいただけると幸いです。

  • 電子帳簿保存法について

    現在はわくわく青色申告2という会計ソフトを使っています。 令和2年分からの変更に備えてソフトメーカーに問い合わせたところ、電子帳簿に対応した製品の取り扱いはないとの回答を受けました。 電子帳簿保存法に対応した会計ソフトをご存知の方がいらっしゃいましたら、価格やソフト名をご教授頂きたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。