• ベストアンサー

コンデンサとコイルの特性について

コンデンサは低周波では抵抗値が上がり、高周波では逆に下がります。 一方でコイル低周波では抵抗値が下がり、高周波では逆に上がります。 この特性とコンデンサでは位相が遅れ、コイルでは位相が進むという特性は等価なのでしょうか? 上の特性から下の特性或いは下の特性から上の特性を説明出来る方法がありましたら教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • angkor_h
  • ベストアンサー率35% (551/1557)
回答No.3

コンデンサやコイルは交流電源に対して電流制限を与える「抵抗」の役目を示しますが、これは「抵抗値」とは呼ばず、「リアクタンス」と呼びます。 純粋なコンデンサやコイルでは位相が90度になり、周波数で変わるのはリアクタンスの値です。 いわゆる「抵抗」と「コンデンサ(或いは、及びコイル)=リアクタンス」とが含まれた回路では、「抵抗値」は周波数に関らず一定、「リアクタンス値」は周波数で変化するので、周波数によって大きさが変わった「リアクタンス」の大きさが位相変化をもたらします。 これらを説明するのは、もう少しお勉強しないと説明し切れません… あえて記すならば、インピーダンス=R+jX、(位相)tanθ=(X/R)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

回答No.2

理想的なコンデンサなら、位相ずれは周波数に関係無く一定です。 従って、位相の変化とインピーダンスの変化は等価ではありません。 (周波数に関係して増減するのは”インピーダンス”であり、”抵抗値”ではありません。)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)
回答No.1

周波数があがると、インピーダンスがあがる/下がる と 電圧の位相が送れる、進む は関係しています。(ある条件のもとで、1:1に対応することが証明出来ます。) 電気回路的に説明すると、 コイルの電圧は電流の微分に比例→角速度ωの正弦波を加えると、V=jωLI コンデンサの電流は電圧の微分に比例→正弦波を加えると I=jωCV と微分がjωのセットで表されます。 このうちjが位相の遅れ進みをあらわし、ωが周波数が高くなったときの挙動に対応しますので、位相の遅れ進みとインピーダンスの増減は対応する、ということになります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • コイル→微分、コンデンサ→積分と単純でないのはなぜですか?

    簡単に考えるとコイルは高周波カット、コンデンサは低周波カットなので、コイル→微分、コンデンサ→積分としても良さそうですが、なんかそういう簡単なものではないというような説明を聞いたことがあります。これはなぜなのでしょうか? 考えられることとしては、 ・パスする帯域が、RCやLC回路とは異なり平坦ではない。つまり不完全微分積分になってしまうため ・コイル、コンデンサには寄生容量、等価直列抵抗などが存在し、理想とは違う周波数応答を持つため といったことが考えられますが、実際どうなのでしょうか? それとも全く検討外れの考えでしょうか?

  • コンデンサとコイル

    理想的なコンデンサは、抵抗成分やインダクタンス成分を持たないとされていますが、実際のコンデンサは何Ωぐらいの抵抗成分があるのですか? また、コイルについても同様なことが言えるのですか?その場合の抵抗成分の数値も教えてください。

  • 【電気】放電コイル内蔵のコンデンサでは、コンデンサ

    【電気】放電コイル内蔵のコンデンサでは、コンデンサと放電コイルが一体化しているため、結線状態でも放電コイルの抵抗値を測定することが可能です。 なぜ放電コイル内臓コンデンサはコンデンサと放電コイルが一体化していると結線状態でも放電コイルの抵抗値が分かるのですか?

  • コイルとコンデンサでアンテナを作れますか。

    コイルで磁界は作れますが周波数は低く放射がほとんどしないとします。同様に空気コンデンサで電界を作ります。やはり波長に対してサイズが小さくほとんど放射しないとします。 コイルとコンデンサの位置関係をうまく調整して同相で電界、磁界を作り直交するようにします。このときコイル、コンデンサ単体の電磁波の放射よりも強い放射が期待できるでしょうか。勿論周波数は互いに同じとします。ポインテイングベクトルが構成でき放射波と結合しやすいため私は放射性の良いアンテナになると思うのですが・・・ご意見をお聞かせください。なおアンテナ技術者ではありませんが電磁波のことは多少解ります。よろしくお願いします。

  • 【電気】コンデンサの放電コイルは、コンデンサの渡り

    【電気】コンデンサの放電コイルは、コンデンサの渡りを繋いだ状態で測定したときと、コンデンサの渡りを離した状態で測定するのとでは絶縁抵抗値が異なりますが、放電コイルの正しい測定方法はコンデンサの渡りを外して測定するのが正解ですか? また正解の電気的理由も教えてください。 ケーブルを繋いだ状態と外した状態で放電コイルの抵抗値は500Ω異なりました。放電コイルの500Ωの差は誤差の範囲なので、放電コイルの絶縁抵抗値を測る場合、普通はケーブルを繋いだ状態で測るのでしょうか? 電気のプロの方、回答をお願いします。

  • 【制御】周波数応答のオープン特性について

    こんにちは。 周波数応答のオープン特性の位相について教えてください。 ムービングコイル等のアクチュエータは、 入力に対して速度がきまるので、 周波数応答のオープン特性は、 一次遅れの特性になると思います。 (位相はしばらく-90°に張り付く) それに対し、ステッピングモータ等の 入力に対して、位置が決まるアクチュエータでは、 周波数応答のオープン、位相特性はどのようになるのでしょうか? (しばらく0°にはりつく?)

  • コイルのリアクタンスについて

    http://uploda.cc/img/img516e9026bc1bd.jpg 詳しくは画像をご覧ください。 補聴器用にテレコイルという、コイルを利用して音楽等を磁気で送信する装置がありますが、友人に頼まれて自作していると問題があるようでした。 コイルを使って音を送信するは、コイルの周波数特性上からどうしても低音(低周波)が送信できないです。 なので、コンデンサやその他回路を組み合わせて周波数特性をフラットに、もしくは低周波を強くしたいのですが。どのような方法、回路で実現できるでしょうか。 ちなみに、コイルの定数は2uHです。 少なくとも100Hzを0.1Ωとかに引き上げるのはムリだとは思います。 元の信号をアンプで増幅して、コンデンサをどこかに配置して高周波成分を減衰させる。などは考えましたが、電子工学は専門ではないのでよい回路の設計と定数の設定ができずに悩んでいます。 とっかかり、でもあればあとは個人的に勉強したいと思います。 お願いいたします。

  • 周波数特性と回路定数の推定

    回路の周波数特性(ゲイン、位相)を求め、求めた周波数特性から回路の時定数と、回路のコンデンサ容量Cを推定する問題です。 ゲインと位相はCH1とCH2のVから求まりましたが時定数とコンデンサ容量Cの求め方が全くわかりません、よろしければどなたか教えてください、お願いします。 下図が回路です CH1 ・----抵抗R--・------・ CH2             │             │ IN            C     OUT             │             │ GND ・-----------・------・

  • 電池・抵抗・コイル・コンデンサ回路における式

    電池と抵抗・コイル・コンデンサなどで回路をつくったときの式の立て方で質問です。 私は,全部直列だと仮定すると 電源電圧=RI+L(dI/dt)+q/C ※ 電源電圧は抵抗とコイルとコンデンサによる電圧降下と同じ と式をたててきました。 ところが,最近この関連の本を改めて読むと 電源電圧-L(dI/dt)=RI+q/C ※ 電源電圧-コイルの逆起電力=抵抗の電圧降下+コンデンサの電圧降下 と説明しています。 さらには,充電したコンデンサとコイルだけの回路で -L(dI/dt)=-q/C と式をたてた後,コンデンサの電荷と電流の向きから I=-qより L(dI/dt)=-q/C と説明している本があります。  そこで質問です。 1 コイルを逆起電力(電池の一種?)と見なして式をたてても,私のように式をたてても結果的には一緒になると思うのですが,わざわざコイルを電池と見なす理由は何でしょうか。コイルによる電圧降下と単純に考えるのは安易なのでしょうか。 2 充電したコンデンサとコイルの回路の説明は意味が分かりませんでした。単純に電池のない回路と見なして,L(dI/dt)+q/C=0としても式としては同じです。私の理解が安易なのでしょうか。  御指導いただければ幸いです。 

  • 物理の交流、コンデンサー、コイルについて

    高校物理IIの範囲でわからないところが たくさんあります。 (1)コイルと抵抗1を並列につないだ回路についてです。 導線が並列になる手前?に抵抗2があります。 (わかりにくくてすみません) 参考書にはこの回路のスイッチをいれた直後、 コイルには電流が流れないと書いてあります。 コイルに電流が流れないということは、 抵抗1に電流が流れるということですよね…? スイッチをいれた直後、 抵抗1に電流が流れると電位差が出来るので 抵抗1と並列つなぎをしているコイルにも 電位差がなくてはいけないと思うのですが、 コイルに電流は流れないので、電位差はないですよね これは抵抗2が何か関係あるんですか? (2)交流についてです。 抵抗、コンデンサー、コイルがある回路があるとします。 この回路では何が起きてるんでしょうか? 教科書には抵抗の電圧とコンデンサー、コイルの電圧は π/2遅れるとか進むとか書いてあって sin、cosを使った計算による証明も書いてあり それは理解できて問題もある程度解けるのですが、 理屈?で考えようとするとうまくいきません。 例えば、コイルは巻き方によって 電圧が正か負か変わる気がします… あと、コンデンサーも計算で証明したように 電圧が変化するのがよくわかりません 交流回路で何が起こってるかを 計算ではなく、理屈?で理解したいです。 (1)と(2)のどちらかでもいいので、 わかる方教えて頂きたいです! よろしくお願いします。

Thunderbolt Softwareが不起動
このQ&Aのポイント
  • Windows10pro 22H2でThinkPad X1 Yoga 3rd- Type 20LDを使用していますが、ThinkPad Thunderbolt 3 DockからUSB接続できなくなりました。
  • Windowsのメンテナンスプログラムで問題は解決しましたが、Intel Thunderbolt Softwareが起動しない状態です。
  • カスペルスキーからESETへの乗り換えとWindows Updateの同時実行が原因かもしれません。解決方法を教えてください。
回答を見る