• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電気の問題

3Ωと6Ωの抵抗の並列回路に2Ωの並列が直列に接続された抵抗回路がある 抵抗回路全体の合成抵抗を求めよ この抵抗回路全体に4Vの直接電圧を印加したとき、回路に流れる電流を求めよ 抵抗回路全体に直接電圧を印加した時、回路全体に1Aの電流が流れた。 6Ωの抵抗に流れる電流及び印加された直流電圧を求めよ とりあえず残りの問題は殆ど仕上げましたがこれが分かりません 1番最初は(R1×R2)/(R1+R2)から4Ωでしょうけど 2番と3番が分かりません

noname#127615
noname#127615

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数210
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

#3です。 A#3の補足質問の回答です。 #4さんが横レスで補足していただいた通りです。 (R1//R2)は「R1とR2を並列した合成抵抗」をあらわし電気回路ではよく使われます。 内容は (R1//R2)≡1/{(1/R1)+(1/R2)}=R1*R2/(R1+R2) と同義(同じことをあらわす意味)です。 R1とR2は並列接続された抵抗であることも同時に表しています。 今の場合 3Ω//6Ω=(3*6)/(3+6)Ω=18/9Ω=2Ω です。 また数学で図形を扱う場合、辺ABと辺CDが平行であることを AB//CD と表します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気回路

    画像の一番上の回路の右端の矢印を流れる電流の量を求める問題なんですが i)自分の解法では抵抗cとdが並列なので、合成させてその合成抵抗をc-dとし 電流源と直列接続の抵抗をショートさせ、2番目の回路図になりました ii)そして抵抗aと抵抗bはそれぞれ電圧源と並列なので各々をショートさせ 抵抗無限の電流源と電圧源が直列で接続したので電圧源をショートさせ3番目の回路図になりました 3番目の回路図はショートさせたところも残したのですが この3番目の図をみて思うのですが、矢印部分にを含めて3通りの経路があり こういう時はどういうことを考えれば矢印部分の電流がわかるのでしょうか? 3番目の回路図は普通に描くと、抵抗c-dと並列で下向きに流れるように電流源が配置され 矢印部分がどういう風に考えたらいいかわからなくなってしまいます・・・・ また、最初の回路図で抵抗dを経て、矢印部分に電流を流れ込むことも考慮しないといけないのでしょうか? ほかの場所で別の方がこの問題と全く同じものの質問をされて、 Jという電流が流れるらしいことは知っているのですが 解説の意味が完全にはわからなかったので質問させてください 根本的にアプローチが間違っている場合はどういう方法でといたらいいかを教えてください ちなみにVは電圧源、Aは電流源で電流はJとなっています  よろしくお願いします

  • 電気基礎 分流器の問題と抵抗の並列接続について

    こんばんは 参考書の問題で解けない問題があり質問させていただきました。 |--------A--------| |  | *--r1----*----r2--* | | | +    5A 2A 内部抵抗が0.02Ωで、最大目盛が1Aの電流計がある。2A,5Aの最大目盛の端子をもつ多重範囲電流計とするとき、分流器の抵抗r1,r2はいくらか。 電流計には1Aしかながせないので、r1とr2に5A、2Aから1を引いた6を流れるようにするのかと考えたりもしましたが5Aと2Aをどう使えばいいかが分からなく困ってます。 -------------------- | | 5Ω 5Ω |         | a--*------10Ω--------* | | 10Ω 5Ω | | b--*------------------| 端子abからみた合成抵抗を求めよ。 上の方にある2つの5Ωと10Ωが並列であるので5Ωとなり、この5Ωが右下の5Ωと直列であるから10Ωとなる。この10Ωが左下の10Ωと並列であるので、abからみた合成抵抗値は5Ωとなる。 まず、端子abからみた合成抵抗という意味が分かりません。 どのように見ればいいのか。 上の方にある2つの5Ωは直列で10 上の10Ωと並列で5Ωになる。 そして、右下の5Ωと直列で10Ωになりますが 左下の10Ωとは直列ではないのでしょうか? 直列や並列になるのは端子や接続点も関係あるのでしょうか? 簡単な回路の抵抗は求められますが応用になると 手も足も出ない感じです。

  • 電気の問題

    2Ω、3Ω、5Ωの抵抗の直並列回路がある 全体の端子電圧が5Vの時、3Ωの抵抗の端子電圧を求めよ 2Ωの抵抗の端子電圧が2Vの時、5Ωの抵抗の端子電圧を求めよ。 8Ω、12Ωの抵抗の並列回路で8Ωの抵抗に流れる電流が6Aの時、12Ωの抵抗に流れる電流を求めよ。 2Ω、4Ω、5Ωの抵抗の並列接続回路がある。この並列回路の合成抵抗を求めよ。 5Ωの抵抗に流れる電流が4Aの時、全抵抗に流れる電流の総和を求めよ。また2Ωの抵抗に流れる電流を求めよ 以上ですがこれがわかりません 大問2はいいんですが、せめて大問1を教えてください

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#175206
noname#175206

 横レスです。 >3Ω//6Ω=2Ωってどういう意味でしょうか?  並列とか平行のとき「//」って書くことがあるんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

#3です。 質問者さんには正確に質問を書いていただかないと、回答者に迷惑をかけますので、今後質問される場合は、回答の結果が変わってしまうような間違いをしないように、慎重に投稿して下さい。回答者に指摘される前に、間違いに気づいた場合は即座に質問を取り下げ、正しい質問を再投稿してください。 A#2の補足の質問の重大な訂正 >3Ωと6Ωの抵抗の並列接続に2Ωの抵抗が直列に接続された抵抗回路 この重大な訂正でA#3の回答も大きく値が訂正になります。 >抵抗回路全体の合成抵抗Rを求めよ R=(3Ω//6Ω)+2Ω=2Ω+2Ω=4Ω >この抵抗回路全体に4Vの直接電圧を印加したとき、回路に流れる電流Iを求めよ I=4V/4Ω=1A >抵抗回路全体に直接電圧を印加した時、回路全体に1Aの電流が流れた。 >6Ωの抵抗に流れる電流及び印加された直流電圧を求めよ 3Ω//6Ω=2Ωなので並列抵抗には1A*2Ω=2V…(A)の直流電圧がかかります。 従って,6Ωに流れる電流I6=2V/6Ω=1/3A 2Ωの抵抗には1A*2Ω=2V…(B)の直流電圧がかかります。 印加された直流電圧は (A)+(B)=4V となる。 と解答が変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

3Ω//6Ω=2Ωってどういう意味でしょうか? すみません

質問者からの補足

ごめんなさい

  • 回答No.3

><3Ωと6Ωの抵抗の並列回路>に<2Ωの並列>が直列に接続された抵抗回路 <3Ωと6Ωの抵抗の並列回路>=3*6/(3+6)=18/9=2Ω <2Ωの並列>=2*2/(2+2)=4/4=1Ω なので、これを置き換えると ><2Ω>に<1Ω>が直列に接続された抵抗回路 =3Ω ↑「抵抗回路全体の合成抵抗を求めよ 」の答 >この抵抗回路全体に4Vの直接電圧を印加したとき、回路に流れる電流を求めよ I=4V/3Ω=(4/3)A > 抵抗回路全体に直接電圧Vを印加した時、回路全体に1Aの電流が流れた。 >印加された直流電圧を求めよ V=3Ω*1A=3V <3Ωと6Ωの抵抗の並列回路>=2Ωによる電圧降下V36 V36=1A*2Ω=2V > 6Ωの抵抗に流れる電流I6 I6=2V/6Ω=1/3A (参考) 3Ωに流れる電流I3=2V/3Ω=2/3A <2Ωの並列>=1Ωの電圧降下V1 V1=1A*1Ω=1V 2オームに流れる電流I2 2Ωの並列であるから電流が2等分され I2=1A/2=1/2A (0.5A) となる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

>3Ωと6Ωの抵抗の並列回路に2Ωの並列が直列に接続された抵抗回路・・ とありますが、「2Ωの並列が直列に・・」というのはどのような接続 でしょうか。このとおりの問題文なのですか?(丸投げでないとすると 原文はどこか違うのではないでしょうか) 2Ωが二つあって2Ωどうしが並列になっているのでしょうか。 一般論としては: 何本かの抵抗の合成をする、ということは、全体を1本の抵抗で置き換 えることに相当します。なので、合成抵抗がRΩだとすると、4Vを 与えるのですから4V / RΩ が流れます。 抵抗網全体に1Aが流れたのですから、6Ωの抵抗と3Ωの抵抗の両方 の電流を足すと1Aになるはずです。この電流がどのようにこのふたつの 抵抗に分配されるかは教科書に必ず出ています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

3Ωと6Ωの抵抗の並列接続に2Ωの抵抗が直列に接続された抵抗回路がある でした

  • 回答No.1
  • fjnobu
  • ベストアンサー率20% (487/2325)

4Ωは有っています。 回路に流れる電流は、I=E/R, I=4V/4Ωで計算してください。 6Ωに流れる電流は3Ωと分流して1:2で流れます。すなわち抵抗に逆比例します。 電圧は、3Ωと6Ωの合成抵抗と2Ωが同じ値ですから、掛けた電圧の半分が6Ωに掛かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電流源と電圧源の変換について(基礎問題)

    電流源と電圧源の変換についての電圧の計算がよく分かりません。 電圧源の場合 電圧=10vとして、直列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。 計算として、流れる電流は、(電圧)/(合成抵抗)より、10V/10kΩ=1mA。 とすると、電流源は1mAですよね? 電流源の場合(こちらが分からない) 電流=1mAとして、並列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。 計算として、合成抵抗を出す。9kΩと1kΩが並列だから、0.9kΩ。 電流1mAをかけて、1mA*0.9KΩは、10Vにならない。 よって、電流源と電圧源の式が合わない。 ということで、困っています。 どこが間違っているのでしょうか? 教えてください。

  • テブナンの定理

     --R1---ー-R2--  |     |       |  |     A        |  |             |  |     B        |  |     |       |  --ωL----1/ωc-  |             |  |             |  -----←-----      電流源 この回路についての質問です。 端子A-B間から見た回路を、テブナン型等価回路に書き換えたいんですけど、その時のインピーダンスZをどう出すかで迷ってます。自分は、[R1とjωLの並列抵抗]と[R2と1/jωCの並列抵抗]が直列接続された形で求めたんですけど、[R1とR2の並列抵抗]と[jωLと1/jωCの並列抵抗]の直列接続だという人もいるのですが、実際はどうなのでしょうか?どう考えても後者は成り立たないと思うのですが・・・。 なんだかいろいろな意見で混乱してしまって・・・。よろしくお願いします。

  • ホイートストンブリッジにテブナンの定理を

    図のホイートストンブリッジで抵抗R5に流れる電流I5をテブナンの定理を用いて求めよという問題なのですが、端子bc間の電位差は{R2/(R1+R2)-R4/(R3+R4)}Eとなるのはわかります。 抵抗R5を取り去ったとして端子bcから見た回路の等価抵抗R0は、起電力Eを短絡したときの合成抵抗であるから、わかりやすくみれば図(右)のような回路の端子bc間の抵抗である。 よって,R1とR2の並列抵抗とR3とR4の並列抵抗が直列に接続された回路が求める等価回路である。 したがって、R0=R1R2/(R1+R2)+R3R4/(R3+R4) この起電力Eを短絡したときの合成抵抗というのはわかりますが、だからといってなぜR1とR2の並列抵抗とR3とR4の並列抵抗が直列に接続されたものになるのかがわかりません。 そもそもわかりやすくいえばa→dに導線を引いた図になるといっていますが、なぜこのような図になるのか理解できません。ただ単に起電力Eがないものと考えればいいんではないのですか? 私の考えではa→dに導線をひいていない図(左)についてc→b方向に電流を流したときに流れる電流の道から、R1とR3の直列抵抗とR2とR4の直列抵抗が並列に接続されたもののように思えるのですが、なぜこのようにならないんですか? このことについてわかる方がいらっしゃいましたら是非教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 電子回路の問題について。

               --R2-- ---R1--------|    |--- |←V1→    --R3---   | |       ←V2→      | |                  | -----------||------------          + - V[V] 上手く表示できませんがこのような回路で R1=8[Ω] R2=20[Ω] R3=30[Ω] V=10[V]です。 (1)抵抗R1の両端の電圧V1、および抵抗R2の両端電圧V2を求めなさい。 (2)抵抗R2、R3に流れる電流I2、I3を求めなさい。 という二つの問題がわかりません。 直列だといいのですが並列となると途端にわからなくなってしまいます。 どういう式を立てたら答えがでるのでしょうか?

  • 高校物理(電気)について

    下記の問の(1)、(2)はできるのですが(3)がよくわかりません。 解き方を教えてください。 下図において、R1=11.4Ω、R2=0.54Ω、R3=0.054Ω、R4=0.006Ωである。 電流計Aの内部抵抗は3.0Ωで、端子a,dを利用したとき、電流計Aで最大2.5Aまで 測定できる。以下の各問にこたえよ。 (1)端子a,dを利用しているときR1とR2を流れる電流の比 →1:24 (2)電流計Aを単独で用いたとき、最大何Aまで測れるか? →0.10A (3)端子b,dを利用したとき、電流計Aで最大何Aまで測定できるか? →答えは25A 上側が左からR2,R1,電流計A、 下側が左からR3,R4の並列回路になる。 電流計の抵抗(3Ω)と電流(2.5A)が分かっているので そこから電流計A、R1、R2の電圧を求め、上側と下側の回路にかかる電圧を求める。又、R1~R4の抵抗値も 与えられているので下側の電流の値をもとめて 2.5Aと足したのですが答えが合いません。 正しい解き方を教えてください。

  • 保全 回路 抵抗(合成抵抗) 電流 電圧

    {回路・合成抵抗・電流についての質問} R1・R2・R3=1.2kΩが並列になっていて、V=10Vの回路図の場合、合成抵抗Rは400Ωで、電流Iは2.5mAとなる。 上の文章は正しいことを述べているか? ○× & できれば理由を教えて下さい。

  • 電気回路の問題(大学1年)

    「純抵抗R=12Ωと純キャパシタンスC=31.3μFが直列に接続され、電圧v=100cos(2000t-20°)Vが与えられた。同じ抵抗とキャパシタンスが並列接続され、印加電圧も同じとすると、直列時、並列時にはいくらの電圧が流れたか。」 という問題が出されました。 問題の答えがわからない前に、問題の意味を考えてしまいます。まず、最後の、「いくらの電圧が流れたか」についてですが、電圧とは流れるものなのですか?電圧とはかかるものだと思いますが・・・。もし、「流れる」が「かかる」の間違いだとして問題を解くとしたら、「各因子にかかる電圧」としてといてよいのでしょうか。(だとしたら並列回路についてはvそのものですよね) それとも問題文に間違いはないのでしょうか?その場合、問題をどう解釈したらいいのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 電気は流れないような気がします。でも理由が

    こんな事を考えてみました。 直流電源E1、E2がありそれぞれ電圧は3Vとします。 抵抗が6個ありそれぞれR1・・・R6とします。また抵抗値はすべて 等しいとします。 電源E1に抵抗R1、R2、R3をプラス極側から番号順にを直列につないだ回路1を作ります。 電源E2に抵抗R4、R5、R6をプラス極側から番号順に直列につないだ回路2を作ります。 ここで回路1のR1とR2の間の点P1と回路2のR5とR6の間のP2を導線で接続します。 この時P1とP2の間に電流は流れるでしょうか? 私の直感では流れないような気がします。 でも電位差がP1とP2の間にはあるはずなので流れなくてはおかしいような気がします。 流れるにしても流れないにしても理由を教えていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • ブリッジ回路の合成抵抗について

    ブリッジ回路(左上,右上,左下,右下に抵抗R1,R2,R3,R4があり,左と右を結ぶ回路に電池がある.R1,R2の間からR3,R4の間に岐路がある.)の合成抵抗の解説で 「R1R3/(R1+R3) + R2R4/(R2+R4)」とありました. いかにもR1とR3の並列回路とR2とR4の並列回路の直列接続の合成抵抗のような気がします. しかし,左上,右上,中央,左下,右上に5Ω,20Ω,10Ω,20Ω,5Ωの抵抗があり,上の式が正しいなら 4+10+4=18 になりませんか? 中央の岐路に抵抗がある場合とない場合では式が違うのですか?

  • 電気回路で用いる記号法に関して

    [質問] インピーダンスとして用いる1/jωCやjωLといった個々のインピーダンスを回路網として直列、並列に繋ぐとき、これらをただの抵抗素子の場合の直列や並列と同等に扱ってよい理由がわかりません。ので、これらに関して詳しく書いてある本がありましたら教えてください。 [状況] 参考図書 改版 基礎電気回路I 川上正光著 を読んで勉強をして現在趣味で電気回路をやっていますが、上記の質問のように、CやLのインピーダンスを直列・並列に繋げたときの、電圧・電流・分圧・合成インピーダンスなどを求めるとき、抵抗と同様の計算式で取り扱いますが、自分はこれが納得いかず、証明もできません。本を読んでも、「問題ない」程度の一言で終わっています。実用上では使えるのですが、どうも納得がいかないので是非この当たりの理屈的なつながりを教えていただけると幸いです。(直列なら電流を基準に取れば証明できそうなのですが、並列が入るとできません)

専門家に質問してみよう