-PR-
締切済み

商用輸入

  • 困ってます
  • 質問No.460645
  • 閲覧数2616
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 20% (1/5)

今回、車の輸入アクセサリー&パーツ屋を開業しようと思っています。今まではインターネットを利用してアメリカのショップから個人輸入し、オークションなどで売っていましたが、正式に開業するにあたって関税の問題に悩んでいます。

1:まずUSPSなどを利用した場合は簡易課税になり転売は出来ないのでしょうか?ほとんどのショップがUSPSのEXPRESSMAILやPRIORITYMAILで発送してきます。USPSでは簡易課税になり転売が出来ない場合、取り引き先のショップにはどのように発送してもらえば良いのでしょうか?

2:また取り引き先が国際宅急便を使用して送ってきた場合は、一般課税が使われるために転売はOKなのでしょうか?

3:開業してからは直接買い付けに行くことも考えているのですが、よく一般貨物での輸入と聞きますが、一般貨物とはどこに持ち込めば良いのでしょうか?

わかる方どうか教えて下さい。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 35% (748/2135)

今まで 個人輸入をしてるので 大体の状況は判ると思います。 USPSは 郵便で送る事ですよね。

個人輸入は 基本的に 個人で使用するもので、転売目的はダメですが  実際には調べようがないのです。

関税については、郵便でも宅急便でも、どの税率を選択
するかは 税関次第です。 USPSだから簡易課税と決めつけるのは 宜しくないです!!!

個人輸入でも 宅急便が使われますが、この場合ほぼ確実に税金が掛かります。 1個づつ荷物の申請をするため
見逃しがないのです。
ほとんど自動通関に近いので、税金、送料を払えば、
自宅に届きます。

一般貨物の場合 飛行機にしろ船にしろ、手続きがややこしいです。 書類作成が素人には出来ないので、乙仲に
頼むしか有りません。  個人輸入の経験で通関できるなら自分でやるのも良いと思います。
時間とお金を 浪費する可能性も大きいですが、
一度覚えれば 楽でしょうね??  

文章を見ると 通関が出来そうも有りませんね。

乙仲に任せるなら、 米国の出荷から面倒を見て貰った方がよいでしょうね??

量が知れてるなら、宅急便で送りましょう。
経費は掛かりますが 楽です。

昔は、鉄砲メーカーの看板、モデルガン、アウトドア用品
輸入してましたけど。

タマゴッチも アメリカから逆輸入して、大儲けしました。 あの頃は 1個1万円以上で売れましたね。

それでは。

出来れば計画をもう少し 教えて下さいね。
補足コメント
master_key

お礼率 20% (1/5)

ご回答ありがとうございます。
今の私の実力では、海外への買いつけ時には乙仲業者へ相談し、海外支店へ持ち込んだ方がよさそうです。
バンパーなど大きな物もあるので宅急便も無理のようですし。

>個人輸入は 基本的に 個人で使用するもので、転売目的はダメですが  実際には調べようがないのです。

個人売買では転売してもわからないとは思いますが、今までのように個人輸入したものを店頭で売っていてもわからないと言うことでしょうか? ばれた時には脱税になると思いますが・・・。輸入品の帳簿のつけ方も勉強していかなければならないのですが、免税された場合など帳簿などからわからないのでしょうか?

また現在個人輸入している取り引き先のショップが国際郵便にしろ、国際宅急便にしろ一般課税が適用されている場合なら転売は問題無いのでしょうか?
投稿日時 - 2003-02-01 02:32:30
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『会社設立、開業、法人化に関する』悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

起業支援の専門家
アックス
経営支援事業部

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 35% (748/2135)

輸入に関しては、通関時に 税金が掛かれば払ったら、
それで終わりです。 偽装工作がしていなければ何も
問題が無いでしょう。  虚偽の申告をすれば罪になり、
追徴課税は有ります。 (中身が違うとかね?)

解釈が曖昧ですが、個人輸入はあくまで個人使用として
輸入する物ですが、 あなたのように数が多ければ
実際は個人輸入ではなく 並行輸入(貿易)だと思います。 バンパー10個も輸入するなら もう貿易の仲間です。 個人使用を越えてます。 税関も判ってますが、
いちいち細かいことは言わないでしょうね。

私もバブルの頃に 外車を数台輸入したことが有ります。
もちろん転売目的でしたけど。
車の場合は 輸入手続きが面倒でしたが、知り合いに
外車屋がいたので おねがいしてしまいました。
その頃は 外車購入ツアーが有ったので、便乗して行ったのです。 純利益で セルシオ1台分有ったかな?
一応 建前は 個人輸入でしたよ。??

店を構えたら 確定申告をしないと脱税になります。
ちゃんと 帳簿を付けて下さいね。
関税と納税は別物ですので 勘違いしないでね。
この件は判りませんので 回答しませんが。

個人売買は調べようがないし、調べても伝票の控えが
無いので 税務署も調査しないと思います。
人手が足らないので 1件づつ当たれないでしょう。
最近 警察が違法な物を出品していないか、オークション等を見ていると思われます。
警察に指摘が入ると、税務署も根掘り葉堀調べるかも
知れませんね。

あなたの商品は、関税が掛からないととしても、消費税は
掛かるでしょうね。 税関でも輸入回数の多い人は、
チェックしてますので、データーベースを見ればすぐに
判るでしょう。

税率について記載されてますが、一般課税だから転売していいかなと書いてありますが 間違いです。
前も書いたと思いますが、これは税関の判断で決まります。 商品により業者の輸入でも無税の場合も有るし、
個人輸入でも 一般税率の場合が有ります。

ナイキの靴でも、 商品により60%税金掛かる物が有りますが、個人では60%課税で ナイキ・ジャパンの輸入では10%ぐらいの課税になることが有ります。
これは 私も理解できないことですが、 過去の実績で
税率が決まる 特例も有るんです。

考えの間違いを しておきます。
前の返事にも書いた気がします???

会社を作ったら、 会社名の輸入を勧めます。
個人名でコソコソやってると、逆にマークされて、
税務署にも、過去に渡り追徴課税されますよ。

こんな感じでどうでしょう??
少しは理解して貰えましたか??

参考までに 私は一応本職では有りませんが、
貿易実務の勉強はしてました。
個人輸入は 20年近く前からやってますが、
最近は 輸入品が安く入るので あまりしてません。

昔は雑誌に載っている商品は 高額だし、近くで売っていなかったので、個人輸入を始めました。
20年前に 個人売買 オークションが出来たなら、
すぐに 家が1軒建つほど 儲けれたと思います。
マグライトが日本で1万円以上した時代に、送料込みで
2500円で買えましたから。

   
 
お礼コメント
master_key

お礼率 20% (1/5)

ご回答ありがとうございます。
考えたあげく、開業し今までの方法でやって行くことにしました。
土地も店も全て祖父が借してくれた物があるので家賃が要りませんし、
間違いを指摘され追徴課税されても家賃&勉強代を払っているものと思います。
そして実務をこなしながら確実に一つ一つ覚えていき、同じ過ちは2度繰り返さないようにします。
商売ってビビっていても何一つ出来ないし、かといってなめてかかるとヒドイ目に合いますし、駆け引きが難しいですね。
最近は海外から輸出の依頼を受けたりもしますし、はやく起動に載せて商売繁盛させたいです。
輸入の仕事って難しそうですけど、凄くやりがいありそうです。
22、23歳までには軽くベンツを転がせるよう頑張ります。
行き詰まった時はまたご相談にのっていただければ幸いです。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-02-03 00:57:15
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (173/760)

「個人輸入 雑貨 通関」を入れると、下記を含めヒットします。ご参考に。
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 69% (9/13)

3:開業してからは直接買い付けに行くことも考えているのですが、よく一般貨物での輸入と聞きますが、一般貨物とはどこに持ち込めば良いのでしょうか?

お答えします。
一般貨物とは商用貨物のことです。個人で使用するのではなく、業として、輸入し、他人に販売するのは、簡易税率を使用できず、一般貨物として申告し、一般税率を納税しなければなりません。簡易税率を使用する場合、税関検査、関税も(消費税を含む)も安く収まりますが、一般税率は、CIF(貨物の代金+運賃+保険)金額に関税、消費税がかかりますので、個人ではなかなか通関することができません。また、税関検査になる恐れがありますので、検査に立ち会わなければなりませんので、ほとんどの方が、専門の業者にお願いしています。(乙仲(通関業者)

まずは、海外から日本に船、航空で到着すると、日本国内の保税地域に荷物を置くことになります。その後、船社、航空会社からアライバル(到着通知)が着ますので、その書類と、インボイス、PACKINGを通関業者に渡すと、税関の申告、検査、納税の立替を行ってもらえますので、許可になれば、そこで、保税地域から引き取ることができます。税関申告から窓口までの配達も通関業者が行っていますので、お願いすることができます。費用はかかりますが

以上 大まかに説明させていただきました。説明がややこしくなって、大変申し訳ございません

荷物が到着する港、空港などの最寄の税関、通関業者に連絡すれば、もっと詳しい説明が聞くことができますよ。
  • 回答No.5
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/0)

1.業務としての輸入は日本国内の消費税法では製造業者とみなし、消費税の対象となります。
輸入する商品(貨物)は正しく輸入申告して関税、消費税の納税を行なっていることを証明できるようにしておく必要があります。

2.国際宅急便の輸入でも、再転売については制約はありません。

3.一般貨物とは貨物輸送業者ですね。それぞれの都市にありますが大きな都市なら日系の会社も沢山あります。

2007年からUSPSが船便サービスをやめてしまったので割高な航空便か、貨物輸送業者の船便輸送だと、日本での通関に相当の経費がかかってしまいますが、私は米国のカルブリッジトレーディングという会社を見つけて輸送をやってもらいました。日本語で連絡して運賃もすごく安かったです。
通関費用が込みでどんなサイズの貨物でも混載で輸送ができるそうです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ