• 締切
  • 困ってます

香港を経由した三国間貿易

  • 質問No.4575423
  • 閲覧数2109
  • ありがとう数1
  • 回答数2

お礼率 0% (0/2)

よく香港貿易会社を経由した三国間貿易について話を聞きます。
顧客は日本または欧米、原料は諸外国から調達、製造は中国工場で行うとします。

原材料はすべて中国へ輸入します(諸外国→中国)
ただし、お金と書類は香港経由になります。(諸外国→香港→中国)
輸出もおなじく商品は 中国→日本、欧米へ直接ですが、
お金と書類は香港経由になります。 中国→香港→日本、欧米

上記のような仕組みはなにか利益があるのでしょうか?
たとえば、中国⇔日本 直貿の場合や、日本の商社を通す場合、
または、香港ではなく、中国の貿易会社を通す場合と比較した場合、
なぜ香港経由にする必要があるのでしょうか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (318/1044)

確かに香港経由というのは多いですね。

○香港の法人支店お金を落としたい。同所の業績upの為、あるいは日本の税金より軽減を狙って等。(同一グループとして)
○ビジネスのインフラ(通信や出張時のホテル等)が香港の方が便利で、香港を広東省の工場等のコントロールタワーあるいは営業窓口とする考えある。必要なときに香港から出張すればいい。(-同上-)
○香港の方が、通関等の手続きがスムースに行くことが多い。(経験、コネ、アンダーザテーブル?)
○香港地場系資本の商社だと、中国との支払条件や通関のバッファーになる機能が?(決済が元という可能性も含め) 歴史的に中国ビジネスに長けたノーハウがある?

というようなこと考えれます。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (3635/18948)

原産地の偽装
直接貿易の制限回避
銀行の都合
その他色々
補足コメント
takahk09

お礼率 0% (0/2)

ご返事ありがとうございます。
下記補足です。
売主は日本で、日本の商社、香港の貿易会社、中国の貿易会社、中国工場ともにグループ会社という設定です。
売り主側から見て、日本の商社や中国の貿易会社を利用するより、香港の貿易会社を利用するメリットはありますか?
以上何かわかりましたら、教えてください。
投稿日時:2008/12/22 17:19
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ