• ベストアンサー
  • 困ってます

ハバードハミルトニアンについて

今、一次元の金属を考えて、同じ原子の上に電子がきた時のみ 相互作用を考えるハバード模型について勉強を始めました。 この系のハミルトニアンは H=Σ_k (E_k)(n_k)+Σ_i U(n_i,↑)(n_i,↓) 1項目は電子の運動エネルギー、2項目がクーロン相互作用 エネルギーの項です。 ここの第2項のn_i,↑はi番目の原子上にある上向きスピンを持つ 電子の数(0か1)です。 ここでこのn_i,σ (σ=↑,↓)をフーリエ変換 n_i,σ=(1/NA)Σ_q (n_q,σ)exp(iqr_i)を使って書き直すと 第2項は (1/NA)Σ_q (n_q,↑)(n_-q,↓)という風に成るらしいのです。 自分自身でやってみようとすると Σ_i(1/NA)^2Σ_qΣ_q'(n_q,σ)exp(iqr_i)(n_q',σ)exp(iq'r_i) となり、フーリエ成分を代入しただけで詰まってしまいます。 (n_q,↑)(n_-q,↓)の2成分以外は消えてしまっているのですが、 ただ代入するというはじめから間違っているのでしょうか・・・ どうかご教授願います。

noname#147743
noname#147743

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数358
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

その後、 Σ_j exp(ikr_j) がk=0の時にNA、k≠0の時に0になる事を利用するだけですね。(今の場合はk=q+q')

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

kについての和を実行した時に k=0以外はキャンセルされるということでしょうか・・・ 状況が異なるのかもしれませんが、k=πのときの項と 相殺してしまいそうな感じがしてうまくもっていけずにいます・・・ また結果の(n_q,↑)(n_-q,↓)で、qの時には↑、-qの時には↓が残る 理由が分かりません・・・(パウリの排他則か何かでしょうか???) どうかご指摘、ご教授お願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

各原子が等間隔に並んでいる場合には、 Σ_j exp(ikr_j) って、単なる等比級数ですからね。 >状況が異なるのかもしれませんが、k=πのときの項と >相殺してしまいそうな感じがしてうまくもっていけずにいます・ k=πの時の項と何が相殺すると思っていて、そう思う理由はなんでしょうか。 #n_qがqにどう依存しているか分からない以上、最初にqに関する和を取る方法は上手く計算できないような気がするのですが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 和に関して勘違いしておりました。実際にはiに関しての 和のところを、なぜかずっとkに関する和と思いながら考えてました・・・。

  • 回答No.3

> q+q'の和を実行した時に、q+q'=0を対称にして正負の項 > でキャンセルされるということでしょうか? 納得がいかないのであれば、これはいろいろな教科書に載っていると思いますよ。本で探したらいかがですか? > 結果の(n_q,↑)(n_-q,↓)という項で、qの時に↑、-qの時に↓が > 残る理由が分かりません。(パウリの排他則か何かでしょうか???) qの時に↓、-qの時に↑でもいいんです。qについて和をとるわけですから。そもそもハバードが片方の演算子は↑、もう片方は↓に なっているでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 いろいろと勘違いしながら考えていました・・・。

  • 回答No.2

exp(iqri)とexp(iq'ri)を一緒にして下さい。 exp(i(q+q')ri) これをΣq'する。 ヒント:デルタ関数

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

q+q'=0の時のみ値が残ってくる理由を考えてみたのですが、 q+q'の範囲は第一ブリュアンゾーン(第2?)で q+q'の和を実行した時に、q+q'=0を対称にして正負の項 でキャンセルされるということでしょうか? またNo.1の方への補足にも書いたのですが、 結果の(n_q,↑)(n_-q,↓)という項で、qの時に↑、-qの時に↓が 残る理由が分かりません。(パウリの排他則か何かでしょうか???) どうかご指摘、ご教授お願い致します。

関連するQ&A

  • ハミルトニアンと磁場

    通常の分子のハミルトニアンでは、ポテンシャルはクーロン相互作用によるもののみですが、電子が動 くことによって発生する磁場の寄与は考えなくて良いのでしょうか?

  • ハミルトニアンのユニタリー変換

     原子核が原点に位置する,電子数 Z 個の原子と,光との相互作用を表すハミルトニアンを考えているのですが,ミニマル結合ハミルトニアンのユニタリー変換の過程が良く分かりません.教えていただけないでしょうか? ミニマル結合ハミルトニアンを    H' = (1/2m) Σ_{j} { p_{j}+ e A (r_{j}) }^{2}      + (1/2) ∫σ(r) φ(r) dr      + (1/2) (εE^{2} + (1/μ)B^{2}) とします.ややこしい式ですが,右辺第 1 項にだけ注目するので,説明は控えさせて下さい.  このハミルトニアンに対し    U = exp {- (ie/h~) Σ_{j} ∫_{0}^{1} r_{j}・A (λ r_{j}) dλ}     = exp {- (ie/h~) Σ_{j} B (r_{j})} なるユニタリー演算子を用いて H = U^{-1} H' U というユニタリー変換を考えます.  ただし,h~ = h/2π であり,また ∫ の積分範囲は 0 から 1 まで.また r_{j} は電子の座標です.A (r) はベクトルポテンシャル演算子です.B は,A の積分表記が複雑なので置き換えただけの演算子です.また p_{j} = p = - ih~ ∇_{j} は運動量演算子です.  H' の右辺第一項に対しユニタリー変換を行うと    U~{-1} { p + e A (r_{j}) } U = p - e ∇_{j} B + e A (r_{j}) となるらしいのですが,なぜこうなるのかが分かりません.具体的には,U^{-1} e A U = e A となるのは分かるのですが,U^{-1} p U = p - e ∇ B となるのが,なぜだか分かりません.  どなたか,ご教授いただけないでしょうか?

  • 定常磁場のディラック方程式と相互作用ハミルトニアン

    相対論的量子力学を勉強しているのですが、わからないところがあるので質問です。 一様定常磁場B内の電子(質量m、電荷-e)を考えたとき、ベクトルポテンシャルをAとして、電子の従うディラック方程式はどのようになりますか?? また、そのディラック方程式を用いて、電子のスピンと磁場との相互作用ハミルトニアンを H=e/2m(σ・B) と示すことは出来ますでしょうか?? 図書館などでも調べたのですが、わからなかったのでどうぞよろしくお願いします。

  • 多電子原子の電子配置

    多電子原子では、電子数が増えるにつれ、電子は順に1s→2s→2p→3s→3p→4s→3d→4p・・・の軌道を占めていくと聞きます(n+l則: Krechkuwsky則)。水素原子における電子状態の計算では、2s軌道と2p軌道は縮退していますが、多電子系では2sのエネルギー準位が2pより低くなるのはなぜでしょうか? 多電子系では、電子間のクーロン相互作用のために縮退が解けているというのは予想できますが、2s軌道のエネルギー準位が2pのそれよりも低くなる(逆ではない)事を直感的にイメージする方法はあるでしょうか?

  • 原子間相互作用について

    隣接する原子同士がとる、例えばpπ-pπ相互作用というのはどのような相互作用なのですか?

  • キッテル 固体物理学入門

    キッテル 固体物理学入門の上巻のP.142一次元のエネルギー準位に 「近似的な状態はN個の電子をN個の異なる軌道に配置することによって作られる.各軌道は1電子に対する波動方程式の解である.軌道モデルは電子間に相互作用が存在しないときにのみ厳密である.」 とかかれていますが,これはスピンを無視していませんか?スピンを考えると各軌道に2個まで電子が入ることができますよね?相互作用がなくてもスピンはふたつあると思うのですが.

  • 電磁気相互作用と物体の運動について

    電磁気相互作用と物体の運動について 教えて下さい。 相互作用は基本的に4つ (1)重力相互作用 (2)電磁気相互作用 (3)強い相互作用(核力) (4)弱い相互作用(β崩壊) と聞きました。 そのうち物体の運動は突き詰めると(2)の電磁 気相互作用に該当するらいしのですが? 物質の原子や分子がイオンなどの電荷が中性 でないときは電磁気的に作用することは判るの ですが、通常は電荷的に中性状態で安定して いるといいます。 それがなぜ電磁気相互作用で説明できるるの でしょうか? たとえば2個の純水の氷があって片方でもう一 方を押すと動きますが、ともに電荷は中性な はずで電磁気相互作用で説明できるのは?? ?なのですが... ある文献に外殻電子同士の「負電荷が反発する」 とありましたが、イオンでなければ電子は原子核 の正電荷と中性を保っているので安定分子は 全体として中性と認識していたものですから... よろしくお願いします。

  • Morseの凝集エネルギーについて

    どの物理学の教科書をみても答えを導き出せません><どなたか、考え方を教えてくださいませ。 原子間相互作用がMorseポテンシャル *0はユーゼロのことです。 u(r)=u0 exp{-2β(r-r0 )}-2u0 exp{-β(r-r0 )} で与えられている2N+1個の同一原子が平行原子間距離R0で一直線上に配列した1次元結晶の凝集エネルギーUcを求めよ。 Nは非常に大きいとする。 なのですが、どのように考えればよいのでしょうか? 答えではなく考え方のみでいいのでよろしくおねがいします。

  • 光電効果とコンプトン効果について

    光電効果やコンプトン効果は直接電子と相互作用しているのですか?それとも原子と相互作用しエネルギーを電子に与えているのですか? 以下のような説明が混在しており理解できません。 1.光子が物質中の電子(軌道電子)と衝突し、光子が持っていたエネルギーを電子が獲得して。。。(中略)電子が物質(原子の軌道)から飛び出す現象のこと。 2.光子が原子により吸収され消滅し、そのエネルギーを受けて軌道電子が放出される。 もし、2.なら光子は原子のどこに吸収されているのでしょうか?軌道電子?原子核? また、光電効果は内殻の電子のほうが放出されやすいとなっておりますが、なぜかわかりません。光子のエネルギーが束縛エネルギー以上であれば、K殻でもL殻でもさほど変わらないように思います。外殻にいくほど束縛エネルギーが低いのでコンプトン効果がおこりやすいから、でしょうか? コンプトンについても直接電子と相互作用しているのでしょうか?また、なぜ外殻の電子のほうがはじき飛ばされやすいのかがよくわかりません。 あと内殻の電子が空位になった結果特性X線が発生するのはなんとなくわかるのですが、オージェ電子を放出したときは内殻の空位のところはどうやって埋められるのでしょうか? 質問ばかりですがよろしくお願いいたします。

  • 交換相互作用の計算について

    物理の初学者です。 すみません、わかる方教えていらっしゃいましたら教えていただきたいです。 平面波を使って多電子間の交換相互作用を計算するとき、 φi=exp(ikr), φi'=exp(ik'r')、rはi電子とi'電子の距離として素直に計算すると -(1/2)Σi,Σi'∫drdr’φi*(r)φi'*(r')(1/r_i,i')φi(r')φi'(r) =-(1/2)Σi,Σi'∫drdr’exp(-ikr)exp(-ik'r')(1/r_i,i')exp(ik'r')exp(ikr) =-(1/2)Σi,Σi'(1/r_i,i') になってしまうような気がするのですが、 私の計算はどこか間違っていますでしょうか。 配置を交換したにもかかわらず、計算の後に残る項が クーロン積分と変わらない結果になってしまうように思います。 (今のところクーロン積分と交換積分が打ち消しあって0) これでいいのでしょうか・・・? 見にくい表記ですみませんが、 どうぞよろしくお願いいたします。