• ベストアンサー
  • 困ってます

貯蓄は景気に悪いのか

経済誌などで、日本は貯蓄が多すぎでありこれを消費に回せば景気が良くなるといった論調を見かけます。私は、貯蓄は銀行経由で活用されており、無駄な消費をするよりは貯蓄した方が経済成長に有効と思いますが、いかがでしょうか? 過去の日本の高度成長は高い貯蓄率に支えられていたと思っているからです。銀行がまとまったお金を融資して企業が魅力ある商品を開発して消費者が買うという流れが自然で、魅力ある商品がなければ消費者は貯蓄した方が良いと思うからです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数1090
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

>不景気で銀行が貯蓄を思うように融資できないとき、銀行は、預金者に払う利息や自分たちの利益をどのように確保するのでしょうか。 銀行も、自分たちの利益が確保できなくなります。そのため銀行が倒産する可能性があります。 しかし、銀行が倒産すると取引先企業への影響が大きいため、国が銀行に対して強制的に新株を発行させて国がそれを買い取る形で銀行に『資金注入』をして、一時的に『銀行を国有化する』といった措置が行われました。 また、大手の銀行は、合併して規模の経済性を得ることでコストを削減し、利益を確保しようとして『メガバンク』となりました。とはいっても必ずしも巨大化によるコスト削減が成功しているとも限らないのですが・・・。 >国債で運用するのであれば、貯蓄は国が活用したことになると思うのですがいかがでしょうか? 1930年代のアメリカに発した世界大恐慌の折に、アメリカ政府はダム建設を中心とした開発事業を行うことで建設業界に需要を作り出しました。これによって建設業界は息を吹き返し、従業員の給料が増加し、消費が増加し・・・ という好循環が生じて景気が回復しました。 これがニューディール政策です。 この時の財源の一部に国債も使われました。 ですから、この時代には、貯蓄が国債を通して国に活用されました。 そして、経済の復活により税収が増加すると、それが国債の償還の財源となりました。 日本もこれに倣って景気対策として公共事業が行われてきました。 日本列島改造論や所得倍増計画による公共事業もその一部です。高度成長期はこれらの公共事業による経済成長という側面もあるのです。 ところが公共事業による弊害も出てきました。 たとえば、地方と首都圏を結ぶ高速道路や新幹線が整備された結果、地方に住む消費者が首都圏へ買い物に行くようになり、地方で買い物をしなくなり、地方の経済がさらに落ち込んでしまう。 地方都市に、その都市の集客力以上の規模のコンサートホールが作られたため、維持費がかさんで市町村や都道府県の財政を圧迫する。 などです。 要するに、公共事業を行うような施設が全国に行き渡り『切って』しまったのです。 公共事業で何かの設備を作ろうと思っても、作らなければならないような設備がもうないのです。これ以上作ると設備が余ってしまい、維持費が嵩むだけで、経済効果が少なく、償還財源が不足する、という状況になってきてしまったのです。 ここ数年は公共事業を行っても、一部のゼネコンの売上は上がるが給料には反映されず、従って消費はあまり伸びず、他の産業にまで公共事業投資の効果が波及しない、という状況になってきています。つまり、好循環が起きないのです。 これに対して国がどういう対策をするのが効果的なのか、経済学者がいろいろな意見を言っているのですが、決め手となる方策はまだ見つかっていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ねてのご丁寧な回答誠にありがとうございます。みずほ銀行を調べてみましたが、預金は増加する一方、融資は減少しています。 今後の高齢化社会を考えると将来世代の負担軽減のためには貯蓄も必要でしょうし適切な量が難しいですね。 あと経済効果があるかはよくわからないのですが、介護分野は施設も人も不足しているとニュースにあったと思います。このようなところへ公共投資して欲しいと思います。また、相続税は高くしてもよいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 日本の貯蓄率の高さについて

    日本の貯蓄率の高さの原因について質問なのですが 社会的文化的要因として 1.危険回避のため 2.子供の教育・結婚の費用のため 3.社会保障制度の不備 4.ボーナス仮説 と ライフサイクル仮説の 人口の成長率が高くなることで若年層の比率が上がること 経済成長率が高くなることで所得水準が上がり貯蓄率もあがること ・・・以上の説明だけで十分でしょうか??

  • マクロ経済学(貯蓄と投資について)

    貯蓄が経済活動に与える影響について質問です。 (1)貯蓄の増加は資本の蓄積を促し、経済成長につながる  →マクロ経済において、貯蓄=投資なので…? (2)貯蓄の増加は消費を減退させ、経済の停滞につながる 上記のように、同じ出発点から違う結論が導かれてしまうのはなぜでしょうか? (1)と(2)ではおかれている前提に差があるのでしょうか? それとも、(1)と(2)は両方が正しく、どちらの効果が大きく影響するかは貯蓄率によって変わってくるので望ましい貯蓄率(=黄金律)は数学的なモデルを使って計算することによって求めるしかない、ということなのでしょうか? 質問が複数になってしまい、分かりずらいかもしれませんが、一部分だけでも良いのでよろしくお願いします!

  • 戦後・・・

    日本が経済成長を治めましたが、その要因として、1、高い貯蓄率 2、高い教育水準 3、強い貿易力がありますが、それぞれの役割を200字ずつくらいでまとめるとどのようにまとめればよいですか?

その他の回答 (11)

  • 回答No.11

>今後成長のみこまれる中小企業に融資が回る仕組みが必要なのですね。 >かつては、小さかったトヨタに融資したように。 そうなのですが、メガバンクの預金の受け皿として中小企業たちは規模が小さすぎます。かつてはトヨタも小さかったとはいえ中小規模では無く、銀行(金融)も小さかったのです。今の銀行-中小企業の規模差ではありません。 >融資先がないのであれば、なぜ銀行はかし剥がしをして >まで融資を減らそうとしているのですか? 銀行が欲しいのはリターンが見込める優良投資です。損失の可能性が高い投資ではありません。 不況になれば、トヨタが生産調整をしてトヨタにぶら下がっている中小企業の経営が真っ先に悪化します。つまり、融資しても貸し倒れるリスクが高くなります。だから中小企業向けの貸出を渋りますし、できることなら資金を引き上げたいと考えます。 >融資して企業を育てて利益をあげるのが銀行の本業ですよね。 ちょっと違います。企業を育てるのは株主や経営者で銀行の仕事ではありません。銀行はあくまで金融のプロで、各種業界のプロではありませんので、素人が余計な口出しをすべきとは思えません。「ソフトバンクに融資するとして、銀行が経営に口出しすべきか?」「任せるべきでしょう。」 そして、銀行も営利団体です。株主は出資しているお金に対して年利数%のリターンを求めます。 今は少し株価が下がっていますが、三菱UFJの時価総額は10兆円程度です。年5%のリターンを上げるには5000億円の利益を出す必要があります。そして、預金残高は90兆円ほどあります。この金利が年利0.3%としても2700億円の支払いです。つまり、7700億円は稼がなくてはいけません。 そのためには90兆円の預金などを有効活用しなくてはいけないのですが・・・それだけのお金を純粋な融資だけで運用するのは不可能です。トヨタやNTTなどが借りてくれるのであればいいですが、彼らは借りに来ず、来るのは数十万~数百万などといった中小企業がほとんどです。 そして、中小企業相手となると儲かりません。1つ1つが小さいので審査に手間がかかるのでコストが高くなります。1000億円の融資でも1000万円の融資でも審査の手間は1万分の1にはなりません。 本屋さんがマイナーな本を置きません。店に並べるスペース代のコストが高くて利益にならないからです。そんなマイナー部分ではなくベストセラーのヘッド部分で儲けるようにします。売上に悩んでいるからといってマイナー本には手を広げません。銀行も同じです。 しかも、不景気だと貸し倒れリスクが上がっています。中小企業への貸し出しで利益を出すのは困難です。わらしべを家にしろというようなものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ねての回答ありがとうございます。 うーん。銀行は融資するのがメイン業務と思って質問したのですが。 今は、預金なのに、ほとんど融資に回らず投資信託みたいになっているのですね。

  • 回答No.10
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

#5です。 >過去の日本の高度成長は、高い貯蓄率に支えられていた この認識は正しくありません。 obasuteさんは、貯蓄を『銀行を通して行う間接的な投資である』という視点から論じています。この視点は正しいです。しかし、 『貯蓄率が高いから投資が多い』 と論ずるためには、貯蓄以外の株や債券への直接的な投資が多いか少ないかも含めて考える必要があります。 欧米諸国では自分の資産を貯蓄と株と債券に分散するのが一般的でした。つまり、貯蓄率が低くても、株や債券での直接投資を行っていたのです。日本では資産を分散せず、貯蓄という形での間接的な投資が中心でした。このため欧米では貯蓄率が低く、日本では貯蓄率が高くなっていたのです。 では貯蓄と株、債券を含めた投資全体では、日本と欧米諸国ではどちらが多かったと思いますか? 欧米の方が多かったのです。なぜなら日本は一人当たり国民所得が低かったからです。生活のために最低限度必要な費用は所得の大きさとは関係ありませんから、所得が少なくなると生活に必要な消費の所得に占める割合が大きくなります。残ったお金が投資(貯蓄・株・債券)に使うことのできるお金ですから、所得が少なければ投資(貯蓄・株・債券)に使えるお金の割合は少なくなります。 要するに、日本の投資率は低かったのです。貯蓄率が高くても、直接投資が欧米より少なかったので、投資率は少なかったのです。他方欧米諸国では、貯蓄率は日本より低くても、株式や債権への投資が多かったので、トータルの投資は日本より多かったのです。ですから、貯蓄率が高かったから投資が多かったという認識は誤りです。投資は欧米より少なかったのです。 高い貯蓄率による融資が経済を支えた、というよりは 米国の企業は貯蓄からの融資だけでなく、株式や社債からも資金を得ていたのに、日本の企業の資金源は貯蓄からの融資しかない状況だった、 と解釈すべきです。 また、貯蓄率が高くても、その貯蓄されたお金が全て投資に回るとは限りません。高度成長期に日本人が多くの貯蓄をしたのは、いわゆる3C(Car Cooler ColourTV )などを買いたかったからです。ですから貯金をしてお金が貯まると自動車やカラーテレビを買いました。これが企業の売上となり企業の利益となり給料となってさらに次の貯金、貯まると消費、というように循環したのです。 高度成長期に国民は買うのを控えて貯蓄をしたのですか? 違います。大きな買い物をしたいから貯蓄をしたのです。貯蓄の先には必ず買いたい商品があり、お金が貯まると買ったのです。 貯蓄をして1年後あるいは2年後には消費をしたのです。誰かが貯蓄をしている時に、別の誰かは消費をしているのです。 貯蓄と消費は日本全体で見るとほぼ同時に行われていました。ですから貯蓄のパラドックスは生じませんでした。 ところが最近の貯蓄はこれとは様相が異なります。何かを買うためというより、将来が不安であるから将来に備えて貯蓄をしています。 来年が不安なので今年は買うのを控えて貯蓄をします。 来年になったら消費をするのでしょうか? 来年になると、再来年が不安なので消費を控えて貯蓄をします。 再来年になると再再来年が不安なので消費を控えて貯蓄をします。 5年後になると10年後が不安なので消費を控えて貯蓄をします。 国民全体が消費を控えて貯蓄の方向へ向かっています。 もちろん必要最低限の消費はしますし、それ以上の奢侈的な消費をする人も居ます。 しかし国民全体の大きな流れとしては、消費を控えて貯蓄をする、という方向へ向かっています。 ですから貯蓄のパラドックスが生じやすいのです。 高度成長期には、貯蓄は長くても2~3年後には消費に結びつきました。 しかし今は違います。20年後、30年後が不安なので、そのときに備えて貯蓄しているのです。 『魅力的な新商品が出たな、じゃあ貯金を下ろして買おう!』 ではないのです。 『魅力的な商品が出たな、欲しいな。でも明日リストラされたらオレの30年後はどうなっちゃうんだろう?30年経ったら買おう!』 という時代なのです。魅力的な商品が消費に結びつきにくい時代なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

重ねてのご丁寧な回答ありがとうございます。 高度成長期は、貯蓄、融資、開発、生産、給料、消費が、好循環していたということですね。 つまり、いつも貯蓄が銀行経由で融資として活用されるわけではなく、適切な消費がないと、貯蓄が銀行に留まってしまうことがあると。 ここで重ねての質問で恐縮ですが、不景気で銀行が貯蓄を思うように融資できないとき、銀行は、預金者に払う利息や自分たちの利益をどのように確保するのでしょうか。国債で運用するのであれば、貯蓄は国が活用したことになると思いのですがいかがでしょうか?

  • 回答No.9

端的に言うと、預けられても融資先がないということです。 トヨタなどの企業は昔は銀行から資金を調達して規模を拡大して経営をしていました。しかし、そこで大きな利益を得て内部留保が増えた結果、銀行から借りる必要が無い無借金経営となってしまいした。他にも日本の大企業が銀行からお金を借りてくれなくなってしまいました。つまり、日本の企業が成長して基盤がしっかりしてしまった結果、銀行の貸出先がなくなったのです。 そこで、銀行はお金を預けられても融資先がなくなり、投資に走らざるを得なくなりました。本来なら銀行の投資となると彼らは決算があり、バランスシートや自己資本比率などに気を配らなければいけませんので、そう簡単にリスク資産へ投資するべきではありません。しかし、融資先がなくなったために、利益を得るために投資せざるを得なくなった結果、今の信用不安が発生しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 今後成長のみこまれる中小企業に融資が回る仕組みが必要なのですね。かつては、小さかったトヨタに融資したように。 しかし、融資先がないのであれば、なぜ銀行はかし剥がしをしてまで融資を減らそうとしているのですか? 少ない融資を維持出来ないほど投機失敗して自己資本を減らしてしまったのですか? そうなのであれば、本来の銀行の融資する役割に影響がでないように預金を投機に回し過ぎないよう規制すべきとおもいます。融資して企業を育てて利益をあげるのが銀行の本業ですよね。

  • 回答No.8
  • kyts
  • ベストアンサー率6% (8/117)

では、今回なぜ定額給付金が現金ではなくたったのでしょうか?それが答えではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

現在は「消費は美徳」です。 90年のバブル崩壊までは、高い貯蓄率と銀行から企業への貸し出しの歯車が合っていましたが、現在、貯蓄は銀行経由で、企業に活用されていません。 企業は90年の土地バブル崩壊と、00年のITバブル崩壊で、あまりお金を借りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。なぜ今は歯車が合わなくなってしまったのか、もう少し教えていただけますでしょうか?

  • 回答No.6
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

魅力的な商品という漠然とした設定ですので何とも・・・ 企業の資金調達は、金融機関からの融資(間接金融)と 株式や債券の発行による直接金融とがありますので、 貯蓄さえすれば企業に資金が回るとは言えません。 実際問題、充分な融資先を確保できない、地方中小金融機関等では貸し出しだけでなく、 金融債権(それこそ話題のサブライムローンを担保にした様なモノ)で運用している場合も多いのです。 なので、いくら金融機関の預金量が増えても、経済成長に結びつけるのは無理矢理の様に思いますが。 まあ、専門家じゃないんでね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。無駄な消費させるよりは、債権を買うのも企業などの設備投資へのお金の有効活用と思います。 ただサブプライムのようにバブルが怖い。銀行融資も同様にバブルが怖いですね。このてんは市場では防げないようですから、規制が必要と思います。

  • 回答No.5
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

世界が人口100人の村だとします。 村人の収入を1人当たり年間800万円とします。 村全体の年間収入は 800万円×100人=8億円 になります。 村人は、収入の50%を貯蓄し、50%を消費に回したとします。 村全体の年間消費は4億円になります。 消費したということは、買い物をしたということですから、消費に使った4億円がそのまま村の産業の年間売上高になります。 さて、銀行を通じて投資を拡大するために、貯蓄を増やすことにします。 いままでは50%を貯蓄していましたが、60%を貯蓄することにしました。 1人あたりの年間貯蓄額は 800万円×60%=480万円 ですから、村全体の貯蓄は4億8千万円になります。また、消費は40%になりますから、村全体の産業の売上高は3億2千万円になってしまいます。 売上は80%に減ってしまったわけです。 村の産業が銀行からお金を借りて新商品開発をしようとすると、借入金の利息を払わなければいけません。つまり、年間のコストが増えるわけです。このコストを賄うためには売上が増えなければいけないのですが、売上が8千万円も減ってしまっており、利益額も減少しているのでさらに利息を払うようなことをしたくありません。 そのため投資をやめてしまいます。銀行にお金があっても、投資をすると経営が苦しくなるので投資をしたがらなくなります。 それに、売上が減るということは、売れた商品の個数が減ったということです。 ということは、今までと同じ数の商品を生産していたら売れ残ってしまいますから、生産量を減らさなければなりません。生産設備を廃棄するとお金がかかりますから、設備の稼働時間を減らすことになります。稼働時間が減るということは、その設備を運転している従業員が余るということです。仕事をしない(させる仕事がない)従業員をそのまま雇って給料を払っていると、経営がさらに苦しくなりますから、解雇するか就業時間数を減らしてその分の給料を減らすかして、人件費を減らさないと会社が立ち行かなくなるかもしれません。 結局、村人全体の年間収入が減少することになります。 売上が80%になってしまったので、企業がこれに併せて給料を80%に減らすと、村人1人当たりの年間収入は 800万円×80%=640万円 になります。この60%を貯蓄すると 640万円×60%=384万円 となり、貯蓄額は減ってしまいます。 つまり、収入を銀行を通じて投資に回そうとして貯蓄に回す『割合』を増やすと、投資に回せる貯蓄の『額』は逆に減少してしまうわけです。 これは貯蓄のパラドックスと言われています。 さて、銀行はこの状態をどう見るでしょう? 融資をしようと思っていた産業は、売上が4億円から3億2千万円に減ってしまっています。当然利益額も減少しています。新商品を開発しても、その商品が間違いなく売れるという保証はあるのでしょうか?売れないかもしれません。新商品が売れないで借入金の返済が滞り、倒産などということになったら困ります。危ない産業には貸したくありません。ですから貸し渋ります。 結局、貯蓄が増えすぎると産業が冷え込んでしまうのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧な回答ありがとうございます。貯蓄が融資に回らなければタンス預金と同じで世の役にたちませんね。 ただこれまで日本が、貯蓄のジレンマの影響を受けずに成長できたのはなぜでしょうか? 売上が落ちた時こそ新たなアイデアが出てそこに融資すればジレンマを打ち破って成長していくように思います。 また、集まった貯蓄を融資せずにやっていける銀行が不思議です。

  • 回答No.4
noname#81859

No.1です。 >銀行経由で活用されるのではないでしょうか? ですから「何か買った方が良い」といっているのです。 銀行経由で間接的にお金を回すより、直接企業にお金が入った方が「銀行に借りた分の利息を払う必要がない」のでより効果があるのです。 > 相続税も国が活用するわけで、無理に消費するよりは社会に良いと思いますがいかがでしょうか 何十年もタンスの肥やしにしておくよりは、最終的な経済効果は無駄に消費したとしても方に分があります。 結論としては、貯蓄に意味がないとは言わないが、使った方が経済効果は大きい、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

景気をよくするとは、ずばり金回りをよくすることです。 もう少し具体化すると、  ・個人消費を増やす  ・企業の設備投資を増やす の二つの方法があります。 もし個人が貯蓄せずに個人消費に回せば、ダイレクトに金が回ります。 しかし、銀行に貯金した場合、銀行が企業に融資して設備投資に回さなければ、金は使われません。 ところが銀行は、景気が悪くなると貸し渋りにすぐに走るため、企業に金が回らず設備投資もされないという結果になります。 よって、貯金せずに消費した方が、景気回復には好都合なわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。貸し渋りは預金が活用されず問題ですね。銀行は預金者に利息を払わなくてはならないのに、貸し渋りできるのが不思議です。不景気で貸し出し先が見つからないのかもしれませんが、預金を今後成長の見込まれる企業に回す方法を考えた方が、無理に個人消費させるよりも、経済成長に有効ではと思いました。いかがでしょうか?

  • 回答No.2
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

>無駄な消費をするよりは貯蓄した方が >魅力ある商品を開発して消費者が買う 自己矛盾を感じませんか? 皆が消費を控えて貯蓄ばかりすれば、企業が作った製品は売れません。 企業は売れない製品の為に、銀行から資金を借りて設備投資したり研究開発などしません。 設備投資も研究開発もなくなれば、魅力的な商品など生まれません。 魅力的な製品が無くなれば、消費者は何も買わなくなりますね。 まあ、卵と鶏論争に陥りそうですし、貯蓄が多いのは製品の魅力云々では無く、将来に対する漠然とした不安に対する自己防衛の面もあるでしょうから 闇雲に借金してでも消費する、ブッシュさんのお国の様になれないけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 消費者は魅力ある商品は買う。魅力のない商品は買わずに預金する。預金は銀行経由で魅力ある商品作りに活用する。 というサイクルが良いと思った次第です。矛盾してますでしょうか?

関連するQ&A

  • 経済成長とは?景気回復とは?いつしますか?

    アベノミクス・アベノミクス・経済成長・景気回復と念仏のように繰り返してはいますが、具体的に何を目指しているのか、どうなったら経済成長・景気回復をしたといえるのか全く述べられていないように思います。 例えば消費税関連法案の附則には以下のいわゆる景気条項がありました。 # ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条) # ・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを # 条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び # 経済の活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において # 名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した # 望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の # 実施その他の必要な措置を講ずる。 これはよく分かります。期限も分かるし何をいくつにするという数字がすべて具体的に述べられているので、何を目指しているのか、どうなったら景気回復といえると考えているのかよくわかります。 が、10%アップの時期を延期するとともに、この景気条項を削除する予定のようで、経済成長などしなくてもかまわずアップしていい事にしようとしているように見えます。ここれはもう達成できなさそうだから削除をするというのならまぁそれでもいいとは思うのですが、単に削除するのではなく、普通なら新たな目標設定が必要だと思うのですが、どうも見当たりません。マニュフェスト・発言何でもいいのですが。 質問は (0)「平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度」はなぜ削除するのでしょうか?もう達成不可能であきらめていて、「達成できなかった」といわれるのを防ぐために削除するのでしょうか? (1)ここ半年くらいの政府・与党の公式な発言・発表で、経済成長・景気回復の具体的な目標値がありましたか? (1-1)ある場合:その内容を教えてください。 (1-2)ない場合:なぜないのでしょうか? (2)あなたは個人的に、いつまでに何がどうなったら経済成長・景気回復といえると思いますか? 例 ・平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度 ・就業者全体平均の賃金上昇率が、物価上昇率を上回ったとき。たぶん3-5年後。 よろしくお願いします。

  • 日本の景気の行方

    気になることがあります。 1・2004年度の経済成長率 2・今は好景気か不景気か 3・これから景気がよくなる見込みはあるか。 また、景気がよくなりそうなのはいつごろからだと 思いますか?

  • 経済成長論についての質問です

    学部のときにソローモデルに触れ、人口成長や貯蓄率、全要素生産性が経済成長の原動力だと習いました。これ対して新聞記事などではよく、衰退産業から成長産業へ労働・資本を移転することで経済成長促進をもたらそうという論調が見られます。こういった主張は、どなたの論文、もしくはモデルが基になっているのでしょうか。わかり易い教科書などあれば、併せてご紹介頂けると幸いです。 私見では、こうした産業部門間の資源配分は、短期的には効果はあっても、長期的(もしくは潜在成長率)には影響はないのではないかと思いますが・・・。

  • アメリカの貯蓄率について

    仕事でアメリカの貯蓄率について調べています。 知りたいデータは以下の2つです。 ・1990年から今までの貯蓄率の推移。 ・至近年(2000年とか)の国際比較。(日本○%、米国○%、英国○%・・) 日銀の国際比較統計は2000年をもって発行停止になっちゃうし、東洋経済の統計月報は1994年までしか溯れないし、私の調査能力ではそれ以上思いつきません。 ところで、「家計貯蓄率」と「個人貯蓄率」ってどう違うのでせう?

  • 経済成長

    政治家は、常に経済成長といっていますが、 資源も、消費者も有限なので、無限の 経済成長は不可能だと思います。 日本市場がだめだと言って海外に 進出しても海外市場も無限ではありません。 何故、日本の政治家は気が付かないのでしょうか。 私は、経済学は専門ではありませんが、 ある程度経済成長すると後は、 縮小再生産しかないと考えています。 経済学が専門の方、分かりやすく回答を お願いします。

  • 消費増税と歳出抑制

    2014年度から消費税が増税され、さらに歳出抑制に取り組むことで経済成長を高めようとしていますが、あなたはどう思いますか? 消費者物価指数をみれば日本はデフレ状態ですし、平成9年の5%への消費増税への経験から考えれば経済成長を高めるどころか低下すると思うのですがどうでしょうか?

  • 自民党マニフェストの消費税アップ時期で

    自民党のマニフェストでは「消費税率は景気の回復後にアップする」としています。 また「10年後に家庭の手取りを100万円増」とあり、「2010年度後半に年率2%の経済成長」 つまり来年度後半には年率2%の経済成長が見込まれ、その後も毎年2%の経済成長が続くという事ですが、 それらの内容からして自民党政権の場合、2011年度から消費税率がアップされると考えて宜しいのでしょうか?

  • 日本の貯蓄率が減っている理由

    は、何ですか? 今、日本の貯蓄率が減っていると聞きました。 私は、「不景気で収入が減ったことにより、可処分所得が減り、貯蓄からお金を使っているから」だと思いましたが間違っていますか? その対策として、日銀の公定歩合を下げ、お金回りをよくして景気を良くし、可処分所得を増やせばいいと思いましたがどうでしょうか。 しかし、一方では、金利を(利子率?)を上げ、貯蓄した時に利子を多くもらえるようにすれば貯蓄が増えるのでは、、、とも思いました。 実際はどうなんでしょうか。 私の知識が乏しく、漠然とした質問で答えにくいかもしれませんがよろしくお願いします。 また、マクロ経済学の勉強も少しだけしたので、マクロの視点から見たらどうなるかも教えていただけたらと思っております。

  • 世界はアメリカ人を食いものにしているのではないでしょうか。

    アメリカの景気が良くなれば世界の景気も良くなるとテレビで聞いたのですが、 日本やヨーロッパと比べるとアメリカ人の貯蓄率は非常に低いらしいです。 貯蓄率が低いのは収入が低いからではなく、支出が多いからだと思われます。 これはある見方をすると、世界中がアメリカ人の消費癖を利用しているようにも見えないでしょうか。 もちろん、アメリカ人が何を買おうが自由なのですが。 毎日おいしい餌を食べている羊は太っているように見えるが、 ウールは人間が持って行ってしまい、 毛のない羊は実はガリガリでした。 そんな風に思えるのですが。

  • 今と今後の景気について

    2002年からの長期的な景気回復期は、終わりを告げたのでしょうか? 成長率も-12.7%で円高、製造業、車会社や大手家電会社も赤字が目立って来て、実感なき景気回復どころか景気は後退する一方に見えるのですが…。 対外直接投資が増えていた日本の製造業は、世界的な経済危機で売り上げが伸び悩み、さらに円高で輸出も減るというダブルパンチ、そこで非正規社員を減らし、ついには正規社員をも切ろうとしています。 また原油価格の下落にも関わらず、他の物価は下がる気配なし。スタグフレーションが来てしまったのですか? これらに効く対策はなんでしょうか?公共投資でしょうか?減税?金融政策? 不景気は続き消費者の財布のヒモは固くしまるばかり、こんなにも遅れた定額給付金が効果があるとは思えません。