• ベストアンサー
  • 困ってます

国債を刷ると景気回復のブレーキになる?

国債をあまり発行しすぎると景気回復が鈍くなることはないでしょうか? すなわち、銀行の国債保有比率が高くなればなるほど、いざ景気回復局面になって国債金利が上昇に転じた時、 時価会計上で国債の評価損を計上し、 その評価損を相殺できるだけの魅力的な融資先を探すのに苦慮し、あるいは貸し渋りが起きて景気回復のブレーキになってしまうのではなでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数177
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> 時価会計上で国債の評価損を計上し、 国債は、銀行等ではあれば普通は「満期保有債券」として保有します。したがって時価評価せず原価(又は償却原価)で評価します。 また、BIS規制による自己資本比率の計算上、国債は額面によって評価されるので、時価が下がったとしても自己資本比率に影響がないため、貸し渋りは起こらないでしょう。 景気が悪化していく局面では、貸倒損失が多く発生するため、銀行のバランスシートが毀損し、本来は優良な貸出先でも貸出を行えない場合も発生します。しかし景気が上昇する局面であれば、このようなパスでの貸し渋りは起こりにくいでしょう。 したがって、利子率の上昇により国債の時価が下落する局面であっても、国債の時価の下落それ自体によって景気回復のブレーキが踏まれる、ということはあまり現実的ではないように思います。 金利の上昇から国債費が上昇することによる財政の圧迫やデフォルトリスクの高まりなどが足を引っ張る可能性が高いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。

質問者からの補足

回答ありがとうございます。1つ補足させて下さい。 日銀が買いオペする時も時価ではなく原価で買い取っているのでしょうか? もし時価だと買いオペを景気回復時に無理矢理やると銀行は売却損が発生すると思いますが、 額面で買い取っているなら問題ないと思います。

関連するQ&A

  • 景気回復の手立てとして

    景気回復にあたって、国債を発行することと、お札を発行すること(印刷数を増やすこと)は具体的にどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのメリットやデメリットを教えていただけたら幸いです。

  • 日本の景気回復に有効な政策は?

    今の日本は、大変景気が悪く、利子率も下がっています。景気回復のためには、赤字国債を発行してでも、財政政策をするべきなんでしょうか?それとも、増税し、先に赤字を減らすべきなんでしょうか?

  • 景気回復の財源に将来の相続税を使用することについて

    以下のニュースですが http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009021102000092.html 今の景気回復の為の財源を確保するために国債を発行し富裕層の購入してもらう。 無利子だけど、見返りに相続税で優遇するということですが如何でしょうか。 高齢化による医療費の増加、少子化による労働力の減少などで財源確保のために消費税を上げる一方で 将来の財源である相続税を経費回復の財源として先食いしています。 逆に景気回復というのであれば、相続、贈与税に増税という決定をすれば、 富裕層から資金が株式とか市場とかに流れて景気が良くなるとか考えられないでしょうか。 まあこんな法律を作ろうと主張する政治家がいるとは思えないですが。 皆さんはどう思われますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3759)

> もし時価だと買いオペを景気回復時に無理矢理やると銀行は売却損が発生すると思いますが、額面で買い取っているなら問題ないと思います。 時価であったと思いますが、影響はありません。 通常行われるのは現先であり、同じものを後で買い戻す特約が付きます。例えば国債を90円で日銀に売り、銀行は一ヶ月後に90円で買い戻す、といった具合です。したがって、売却損が出た場合にも後々同じだけの売却益が出るため、問題はありません。 もし国債価格が下落傾向にあれば89円で買い戻すことになるので、銀行側は1円の利益(利息)を受け取ることになります。 因みに、日銀は国債を時価評価するので、評価損益が計上されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。

関連するQ&A

  • 景気対策として国債10兆円

    お世話になります。 景気対策として10兆円の国債を発行する方針だそうですが、 単純考えをすると、「貯蓄」が10兆円増えるのと同じなので、 国民の買い物が10兆円減り、景気回復に回らないことになると思います。 (たぶん、そんなことにはならないとは思うのですが) 国債を買う人と景気対策の恩恵を受ける人とは違う、 だから、(丸々10兆円分の効果ではないが)景気はよくなるだろう、 ということなのでしょうか? 具体的な解説をしていただけますと幸いです。 ちなみに、こちらは読みましたけど、よくわかりませんでした。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4492547.html

  • 国債購入

    個人の国債購入が日本の景気回復につながると 友人から聞きました。いったいどういう事でしょうか?

  • 景気をよくするため、自由市場を活性化するには、

     景気は、ますます、悪くなっています。 自民党は、景気回復を図って800兆円も、国債残高を積み上げても、景気回復できませんでした。 ギリシアは、たった、34兆円の国債残高を積んで、EUに経済危機を、起こしています。 自民党は、ギリシアの20倍以上も、国債残高を積んでも、景気回復できませんでした。 このように、自民党の無能さは、ギネスブックものです。 そして、それに対する国会での無責任ぶりは、オスカー賞ものです。 責任は、しっかり取ってもらいたいものです。 それはさておき、世界の経済の自由市場は、長期に不景気を呈しています。 その不景気は、世界経済の自由市場での現象です。 この自由市場を、どのように変えたら、景気が良くなるのか、教えて下さい。 世界の中央銀行や政府が、どのように行動したら良くなるのか、教えて下さい。

  • 国債価格暴落と評価損の関係とは

    2月16日のニュースで、 「日銀は本日午前、自民党に対して国債価格暴落の際、金利が年1%上昇すると大手行は2兆円超の評価損を被る可能性があるとの試算を提示した」とありました。 「金利が上昇すると評価損を被る」という点が判りません。 これはどのように解釈すればいいのでしょうか。 大手行が現在保有している国債の代金は支払い済みですし、そのまま保有していれば低いながらも所定の金利が毎年入ってくるので直ちに損にはならないですよね? それとも、現在保有する(低金利の)国債を売却して暴落して金利の高くなった国債に組み替える時に高額な手数料がかかるという意味でしょうか。 流通している国債の実際の取引について全く知見がないので判る方、よろしくお願いします。

  • 国債発行額を減らすには今以上に国債を発行するべき?

    禅問答のようは、変な質問文で、申し訳ないです。 アチコチ、ネットで調べてみると・・・どうやら、私が思ってる以上に、公共事業(客観的に無駄と思える事業でも)雇用と、景気回復に、何らかのプラス効果がある事が、私にとっては意外でしたが、分かって来ました。 ・・・で、景気が良くなると、国民の所得が上がり、会社の収入が増えるので、国庫の税収が増えるのは、私でも、分かります。 この2つを、結びつけると。。。。。。 今以上に、国債を発行して、今以上に、公共事業を増やせば、景気が良くなり、税収が増えて、国債の残高が減るという結論が導き出せそうです。 ま、思いつきの素人考えですけど。。。。。。 でも、自分でも正解を言ってるようで、絶対に間違ってる気がします。 実際のところはどうなんでしょうか? みなさんのお知恵を貸して下さい!

  • 国債がバブル状況ですが、、、、

    日本の国債の金利がどんどんと下げているようです。 日銀総裁は、これはマイナス金利導入の成果だと言っているようです。 国債の金利がこれだけ下がるという事は、国債がバブル状況だという事ですね。 これは、物価2パーセント、円安、景気回復に対しどのように作用するのですか。 これは、株高を示唆しているのですか。 宜しくお願い致します。

  • 不景気の原因→時価会計制度

    不景気の原因は金融機関の融資が滞っていることが原因と聞きます。 株式の含み損や担保価値の評価損、貸付先企業の破綻など実現していない損が膨らんで融資余力がなくなってしまっている原因は時価会計制度にあると思います。 また今後も貸付先企業の破綻が相次ぎ、更なる株安と更なる評価損と更なる含み損が膨らんでいくのは火を見るより明らかだと思います。 アメリカもヨーロッパもこの世界恐慌に対応して時価会計を凍結する方針と聞きましたが、なぜ日本は諸悪の権化である時価会計制度の凍結を実施しないのですか? そもそも時価会計制度はアメリカの要望で日本で渋々採用した会計制度です。たとえば企業や個人が返済に追われたことにより逼迫して異常なダンピング価格で不動産を始めとする株や資産を売却したとしてもそれが時価と看做されてしまうのも納得できません。 この時価会計制度を凍結して、一刻も早く従来の取得原価主義会計に戻したらいいと思うのですが何か不都合でもあるのですか? 私は経済オンチなのでその事情をご存じの方は是非ご教授ください。

  • FRBの国債買取

    FRBが米国債を購入するということは、国債発行すれば紙幣が刷れるということなんでしょうか?そうなると、米国ではインフレになり、ドル安になるんですか? ドル安でアメリカだけが早く景気回復ということを、日本を含めた各国は許せないので、世界中でインフレ競争が始まりませんか?

  • いわゆる黒田ミックス・・・これまで何兆円?

    いわゆる黒田ミックスの異次元の金融緩和とは一口にいうと日銀が国債を大量に買い込むことだそうですが、これまでに何兆円ぐらい出動したんですか。そのおカネは今誰の手に渡っているのですか。 新発国債でなくて、銀行が保有していたものを買い取ったんだとしたら、そのカネはいま銀行にジャブジャブしているんだと思いますが、それが景気回復の方向に使われないと意味ないわけですがその点どうなんでしょうか。

  • 日本の景気と赤字国債について

    ずぶの素人です。 稚拙な質問をお許しください。 質問1.景気回復のために、赤字国債を発行するのがある意味では常識化してるようですが、これは次世代に対する「借金」なのでしょうか。 何故このような質問をしたかと言いますと、「これについては返してくれという人がいないからいくら赤字国債を発行してもいい」とか「赤字国債は国民への借金ではないので、国民は気にする必要が無い」などの驚くべき意見を聞いたので、正直どういうことなのか疑問を払拭するのと同時に、正しい知識が欲しくて聞いてみました。 質問2.地方は国に借金をしておりますが、夕張は破綻しました。この破綻は借金と返済目処が立たないことが原因だったのでしょうか? 質問1のように赤字国債はいくらでも出せるというのが現実的に可能であれば、赤字国債を発行して夕張支援で財政政策(公共事業)をして救出することも可能だったと思います。 なので質問1の話はどこかに間違いがあると思うのですが、具体的にはわかりません(汗) 具体的に間違いを指摘してくださるとありがたいです。 質問3.インフレ政策ですが、とにかく需給ギャップの40兆をまず穴埋めしなければいけないと言われてますが、この穴埋めは現実的に可能なんでしょうか。ヨーロッパでは需給ギャップが日本の約半分以下だったためにインフレターゲットは実現可能だったと言われてますが、日本では可能なんでしょうか? 日銀では2011年までデフレが続くという見解を出してます。(12/30付け) 質問4.お金なんか帳簿上の話で、札を刷ればなんとでもなると言う人がいますが本当ですか? よくわかりませんが、個人資産1500兆があるから1500兆まで(残り約500兆ですね)赤字国債を発行することはできると言う人がいまして、その人の理屈ではバンバン刷れば景気が良くなるというのですが・・ そんなわけはありませんよね・・? 質問4点お願いします><