• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生命保険 万が一とはどのくらいの確率なの?

 生命保険について質問です。  生命保険に加入している人は、みんな「万が一の時」の事を考えて加入されていると思います。  勤め先に保険のセールスが来て説明を受けていると、確かに「万が一の時」を考え、保険に加入しておかなければという気になってきます。    でも、この「万が一」って、実際にはどのくらいの確率なのでしょうか?言い換えれば、実際保険に加入している人の中で、掛け金以上の保険金をもらえる人は何パーセントくらい居るのでしょうか?  ご存知の方が居られましたら、是非ご教授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1321
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • SS900IE
  • ベストアンサー率66% (18/27)

#6です。 保険料に占める保険会社経費分というのは、実は非常に少ないです。払込み保険料総額からいったら、おそらく数%程度でしょう。しかも、保険会社が預かった保険料は常に運用され増えていきますので、経費分は実質的に無視できるほど相対的に小さくなると考えて良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  保険会社の経費は、ほぼ無視しても構わないレベルなのですね。  ということは、簡単に大まかな確率が計算できそうです。  大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険について

    現在、生命保険に加入しているのですが 先日 その生命保険のセールスレディが来て自由に使えるお金が有りますと言われ 何のことやらさっぱり解らず その時聞けば良かったのですが 仕事中だったので聞けませんでした。生命保険に関しては無頓着な自分なので どなたかわかる方いらっしゃいますか?よろしくお願いします。

  • 生命保険の勧誘について。

    質問お願いいたします。 つい最近生命保険のセールスレディの仕事に受かりました。 しかし研修していくうちに、睡眠薬などの精神安定剤系を飲んでいる人は加入出来ないことを知りました。上司から「働いてもらうようになったら生命保険に入ってもらうから」と言われてましたがこの時点で不安はありました。 結局自分から辞めてしまったのですが少し後悔が残ります。 生命保険に入れない人でも、セールスレディは出来るのでしょうか? それとも辞めて良かったのでしょうか‥?

  • 生命保険について

    先日、某テレビドラマを見て、遺産について考えたのですが、 複数(3~4人)の兄弟がいたとして、その中の誰かが、ほかの兄弟に秘密で、父母に生命保険をかけさせ、毎月の掛け金は、その本人(保険加入を勧めた本人)が払いつづけていたとします。何年後かに、父母が亡くなった場合、受け取る保険金は、全額を保険加入を計画し、支払いを続けた者が受け取れるのですか?  それとも不動産や預貯金のように、兄弟で均等に分配されるのでしょうか? ほかの兄弟が、その保険金について、知ってしまったらどうなりますか? もちろん、保険金の受取人は、支払いをしていた人になっているはずですが。 このへんの仕組みがよく解りません。 8

その他の回答 (7)

  • 回答No.7

NO.4です。すみません、言葉が抜けていたために全然違った意味の回答になりました。 訂正させてください。 >正確な数字はお答えできませんが、一般的に言うと60歳までに死亡する人の 統計は3%以下です。 >正確な数字はお答えできませんが、一般的に言うと60歳までに死亡する人の 「各年齢ごとの」統計は3%以下です。 同じ年、例えば2007年1月1日から12月31日までに死亡した同年齢の人の 死亡率は各年齢ごとに3%以下と言う意味になります。 従って、平均寿命的に一律で0歳から60歳までの死亡率とは全く違った数字になります。 前回の私の回答では全く違った意味になってしまいました。訂正させてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • SS900IE
  • ベストアンサー率66% (18/27)

死亡保障について、実際に起こる確率がどれくらいなのかを知る目安になるのは、保険料です。 保険金を支払う可能性の高い保険は、保険料も高く、逆に支払いの可能性の低いものは保険料も安いです。 例えば、保障期間10年間、保障額1000万円の死亡保障で、保険料が年額1万円だったとします。10年間に10万円支払うことになります。この10年間に本当に死ぬ人が100人に1人いたとすると、100人の加入者から集められた総額1000万円は、その1人の死亡者のために支払われてちょうどなくなります。もし、同じ10年間で2人死ぬのだとすると、保険料を2万円にすれば、ちょうど採算が合います。 生命保険の保険料はこのように決まっています。 ですから、一生の死亡保障がある「終身保険」が最も高い保険ということになります。(なぜなら、人間は一生の内に死ぬ可能性は100%だからです。) 保障額に対する保険料総額の割合から、その保障の対象になる可能性を導き出すことができるということです。 ですから、安い保険の保障対象になる可能性は低く、高い保険の保障対象になる可能性は高いということです。逆に言うと、保険料なりの可能性は必ずあるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 アドバイスありがとうございます。  掛け金の少ない保険商品ほど、リスクの発生確率が少ないというのは非常に納得できる話で、大変参考になりました。  保険商品同士を比較する場合、この方法でリスクの差を計算することが出来そうですが、それを確率という数字で表わそうとした場合、保険会社も商売だから、実際には掛け金からかなりの金額を保険会社が吸い上げている(賭博で言うところのテラ銭)と思いますので、単純に掛け金を保険額で割っただけでは計算できないですよね。この辺の数字については公開されていないのでしょうか?

  • 回答No.5

>加入するにあたって、リスクに対する毎月の掛け金が高いか安いかを判断する材料、つまり保険金を貰うような事象が起こる確率を知る必要があるのでは?と思ったのです。 どの保険商品で考えるかによって効率が良い悪いのか変わります。 事象を考えて保険に入るのも悪くないですが その少ない確率に該当したときの気持ちを考えた方が良いです。 私はその少ないうちの一つに該当した一人です。 募集人でもなんでもないので素直な気持ちでいえますが、 大切な家族を守るために保険は必要でした。 でも必要以上に無駄な保険に入るのは反対ですよ。 以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 アドバイスありがとうございます。  そうですね。保険というものは、少ない確率に遭遇したとき、自分や家族を金銭的に救うものですね。  もし加入する場合は、家族と十分に話し合ってから決めたいと思います。

  • 回答No.4

正確な数字はお答えできませんが、一般的に言うと60歳までに死亡する人の統計は 3%以下です。 若い内の死亡原因の多くは事故が占めています。高齢になるほど病気のか確率が 上がっていきます。 平均寿命は、正確には色々言われていますが、だいたい男性約78歳、女性約84歳くらい と言われています。 掛け金以上の保険金をもらえる人のデータと言う点からは、はっきりとした事は 言えませんが、個別の保険という意味では、若い内に入った終身の死亡保障においては ほとんどの場合、支払総額より受け取り保険金が上回っていますので、掛け金以上の 保険金を受け取っている人はかなり多数居ます。 問題はいわゆる掛け捨ての保険ですが、この保険は定期保険と言って「一定期間の保障を買う」 種類の保険ですから、保険期間を過ぎてしまえば、保障終了ですので、掛け金の 元を取る的発送から言えば全くの無駄です。 しかし、もともと生命保険とは「保障」という商品を買う事なので、基本的に 「貯金」や「投資」とは違う種類のもので、「保障」という目に見えない商品を 買っているという事を理すべきと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  3%以下となると、かなり低い確率ですね。  保険金が貰える確率が知りたかった理由は、大体#3の方のお礼に書いた通りです。  実は先日、ある保険会社のセールスの方から、保険の設計書を頂いたのですが、主に医療、介護に重点を置き、死亡時2000万の保険で、毎月の支払が1万5千円程度でした。(因みに当方37歳です。)  しかも、その時は説明されなかったのですが、後でよく内容を確認してみると、1万5千円というのは契約当初10年間の保険料で、47歳からは毎月の支払額が2万9千円とほぼ倍増するのです。  ハッキリ言って、毎月の家計からこれだけの金額を捻出するのは非常に苦しく、また、10年後に給料がアップしている保証もありません。  というわけで、確率を知ることにより、掛け金とリスクを天秤にかけて加入の是非を判断したかったのです。

  • 回答No.3

若い方が保険金を受け取るのは数パーセントですが無い訳ではないですから 自分がその数パーセントになってしまった場合はたまらないですよね。 医療保険の給付金を受ける確率はもう少し高くなると思いますが・・・ 回答にはなりませんが・・・ 万が一というのは突然来ますから 少ないお金で大きなお金を得ることが出来、人を経済的困窮から救うための人間の英知の結晶です。 決して多く入れば良いというものではないです。周りと同じものに入れば良いというものではありません。 ご自身の生活状況等に合わせて保険を設計すべきです。 残されたご家族が困らないように加入して下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  確かに、保険は万が一のリスク回避するために加入するものなので、制度としては素晴らしいものだと思います。  しかし、加入するにあたって、リスクに対する毎月の掛け金が高いか安いかを判断する材料、つまり保険金を貰うような事象が起こる確率を知る必要があるのでは?と思ったのです。  

  • 回答No.2

例えば、男性の生存率は、平成18年簡易生命表(厚生労働省)によれば、60歳で90.6%です。 20歳までの生存率が99.3%を超えているので、20歳以上の男性全員が60歳満期の生命保険に契約していると仮定すれば、保険金を受取れるのは99.3-90.6=8.7(%)となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  簡易生命表なるものの存在は知りませんでした。  しかし、8.7%のうち、おそらく半分くらいの人は病気療養中などのため、生命保険に加入できない人が居ると思われるので、実質4~5%くらいと考えた方が良いかもしれないですね。

  • 回答No.1
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

回答になっておりませんが・・ 保険料の額を決める為の係数に「予定死亡率」や「予定運用率」等がございます。 この係数を算出する職業人『アクチュアリー』の方が具体的な資料をお持ちです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 アドバイスありがとうございます。  「予定死亡率」や「予定運用率」で調べてみましたが、保険会社のHP等では公開されていないのですね。

関連するQ&A

  • 【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

    【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか? もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか? 生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

  • 生命保険にいつ加入しているのですか

    生命保険のセールスレディを始めました。 ほとんどの人は既になんらかの生命保険に加入しているから新規契約は 難しい、だから見直ししてもらうようにもっていくのが基本だとか 聞きました。 しかし、最初に加入する人はどうしてるんでしょうか、わざわざ生命保険 会社に連絡したりして加入しているのでしょうか。 最初に加入する時期もどうなんでしょうか、結婚を機に加入したり、産まれ てすぐ加入したりしている人もいるのでしょうか?

  • 生命保険勧誘の断り方

    加入している生命保険の掛け金がアップするのを期にセールスレディーに生命保険の新規加入を勧められています。 新規加入すれば今の保険を継続するよりメリットがあるとのこと。 比較表を見せられましたが新規加入だと今までと同じ保障プラス別の保障もあらたに付くようです。マイナスになることは比較の表を見ている限り無さそうです。 新規加入でなく継続したい理由は現在鬱病にかかっており新規加入できないと思うからです。セールスレディーは知り合いなので鬱病を告知したくありません。 円満に新規加入を断りたいのですがどうしたら良いでしょうか? 新規加入のデメリットもあれば教えて下さい。

  • 生命保険ってなんだろう?

    生命保険というのは、毎月掛け金を払い、加入者が死亡したときにお金を受け取るものですよね?ということは、必ず保険金をもらえるものであり、ある種の金融商品のように思えるのですが、これは合っていますか?そして規定期間掛け金を支払った後ならば、早く死んだ方が得と言うことですよね? 生命保険が金融商品として買われているのならば、それは他の金融商品と比べて、得だからですか? また、毎月の掛け金から、利益率を計算するのはどうしたらいいのでしょうか? そのようにして計算した場合、死亡年齢によって利益はどのような範囲で変化するのでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 初めての生命保険

    先日結婚し、生命保険加入の話題が家庭内で出始めた28歳の男性です。 これまで1度も保険には入ったことがございません。勤め先が福利厚生で大同生命の保険に加入している関係で、話を聞く機会があったのですが、賞味のところ何が良いのか分かりません。単純に月ベースの保険金額で決めるのが良いのか?積み立てってなんだ?という具合です。 勉強不足は承知ですが、皆さんお願いします。

  • 生命保険について

    40代後半 男性 サラリ-マンです。家族5人(妻、大学3年、高校3年、高校1年)おります。今回、年齢的に生命保険の中身の契約内容を変えないと、掛け金がかなりアップしてしまう旨の話が、生命保険会社よりありました。 そこで一般的にお聞きしたいのですが、子供達がもう大きくなり(まだ未成年が二人おりますが・・・)、今までの掛け金(⇒保険金)よりは、かなり少なくしてもいいのでは?と思ったりするのですが、いかがなものでしょうか。宜しくお願い致します。

  • 老人が生命保険入ってメリットありますか?

    65歳主人のことで 顔は広くなくても、生命保険勧誘がとても多い 65歳高血圧、アル中、うつ、 で通院している高齢者が今更生命保険掛けて、死亡時本当に保険金おりますかね? そうなろうと思えば、相当な掛け金になりますよね?それが普通ですよね? いざ、死亡時死亡保険金が下りなかった場合(細則なので) 掛け金は戻らないですよね?(掛け捨ての場合)

  • 生命保険の必要性について。

     はじめて質問します。 現在、生命保険として定期付終身保険に入っています。現在34歳ですが、22歳の時に「若いときに入っておいた方が得」と勧誘されて、そのまま何の知識もなく加入しました。 保証内容は死亡または高度障害の際に1000万円の保険金が出るプランで、月々3200円支払っております。 しかし、この不景気で収入の上昇はなかなか見込めないため、支出を見直していると本当に生命保険が必要なのか疑問に思えてきました。独身で貯蓄も800万程あるので、万が一の場合もすぐに困る場面もないと思います。医療保険は別に入っています。 あまり、保険の知識がないので、よろしければご教授お願いします。

  • 空港での生命保険

    空港の生命保険についてですが、もしも受取人が知らせずに 自分に生命保険をかけて万が一自分が死んだ場合、受 取人に知らせて保険金は受け取れるのでしょうか? いつも海外旅行の出発寸前の空港で妻を受取人にして 生命保険をかけていますが、保険会社が妻に知らせて くれなければ、分からないなぁ・・・と疑問に思って います。ひょっとして生命保険にかけるたびに受取人 には知らせるべき?

  • 生命保険を見直したい

    結婚して2年目で、来月第一子を出産予定の妊婦です。 出産するまでに主人の生命保険を見直したいと思っているのですが 今検討中の保険が本当に私たち夫婦に見合っているのかわからないので質問させていただきます。 主人は自営業で32歳です。私は出産後も今働いている職場に復帰する予定です。 検討中の保険の内容ですが、死亡保険金が60歳まで2,000万で60歳以降だと200万になります。 入院特約があって日額1万で80歳まで保障されます。 それで掛け金が1ヶ月17,000円ほどになります。 主人に万が一のことがあったらどれだけの保障があればいいのかということを考えれば 自然と答えが出てくるはずなんでしょうが、考えても考えても答えがでません・・・。 どこまで説明していいのかすらわからない状態なので説明不足であればすみません。