• ベストアンサー
  • 困ってます

セミナー資料を配賦?配布?

こんにちは。 とても迷っているので教えてください。 セミナー資料を配布するというのは、 配賦という字では間違っているのでしょうか。 配賦?配布?どちらが正しいですか? 教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数245
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

配布…広くゆきわたるように配ること。 配賦…割り当てること。 セミナー資料をはいふするというのは「配布」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりました。 助かりました、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 予定配賦(正常配賦)は英語では??

    予定配賦(正常配賦)は英語では?? 私はシステム関係の仕事を海外でしています。 予定配賦(正常配賦)を外人に説明したいのですが、相手は専門家でもないし英語しか通じないので説明に非常に困っています。予定配賦(正常配賦)を英語の専門用語でなんと表現すればよいのでしょうか? ○○は一般的な手法だから勉強しろ! と言いたいです。 もう数ヶ月も同じやりとりをしていて困っています!助けて!!

  • 予定配賦率とは標準配賦率のことですか?

    用語の解説をお願いします。 おそらく、予定配賦率とは基準配賦率と基準操業度を元に算出された標準配賦率のことだと思うのですが、どこを探してもハッキリと書かれていなかったため、不安になり質問いたします。 もし、間違っているようなら、これが予定配賦率の算出方法だよというものを教えてください。

  • 予定配賦率と標準配賦率

    単刀直入ですが、予定配賦率と標準配賦率のちがいってなんでしょうか?短文失礼しました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • LN-TF
  • ベストアンサー率53% (319/595)

書類を配る意味ですから、「配布」です。 「配賦」は「経費を配賦する」などのように使い「わりあてる」と云う意味です。「配賦」では資料作成費用の負担割合を按分するように聞こえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 参考になりました

関連するQ&A

  • 配賦とは

    配賦とはどのタイミングのことですか? 間接材料費100円が 【1】製造間接費 100円/間接材料費 100円 【2】仕掛品     100円/製造間接費 100円 とどちらになることを配賦というのでしょうか? 製造間接費勘定へ行くことなのか、製造間接費勘定から出ることなのか、教えてください。

  • 標準配賦率と予定配賦率は同じ意味ですか?

    標準配賦率と予定配賦率は同じ意味ですか? 同じ意味っぽいんですけど 2つの言葉が出てくるため混乱しています。

  • 原価計算における「配賦率」の定義について

    工業簿記の原価計算の中で「配賦率」という言葉が使われますが、この「配賦率」の定義が、どうも日本語としてなじめずにおります。 「率」という言葉の意味は、国語辞典にも「全体に対する部分の割合」と出ていますので、「配賦率」を文字通りに理解すると、「配賦率=各対象への配賦割合=配賦額/配賦総額」で「単位は常に%で表せる」はずではないでしょうか。 原価計算の教科書には、   配賦基準量 × 配賦率 = 配賦額 のように書かれていますが、この「配賦率」は単位を変換させている係数であるため、   配賦基準量 × 配賦係数 = 配賦額 とすべきだろうと思えてなりません。 決まっている言葉だからつべこべ言わずにそのまま憶えろと言われればそれまでですが、「率」という言葉の使い方が間違っているように思います。 なぜ「配賦総額/配賦基準総量」を「配賦率」という言葉で定義してしまったのか、歴史的な経緯でもあるのでしょうか。

  • 原価計算における配賦

    業務中、ある人に質問され答えられなかったのですが、 部門別直接原価計算において、共通経費を各部門 へ配賦する際、その配賦基準で疑問があります。 1.売上高を基準とする 2.粗利高(OR粗利率)を基準とする 上記の2つの場合、それぞれのメリット・デメリットは どう考えられますか。 なお、各部門の粗利率は全部異なります。 粗利高で配賦すれば、粗利がいいのに共通経費が多く 配賦されてしまい、結果経常利益は薄くなるのでは? 売上高で配賦すると、粗利の低い部門の成果が厳しく 表されるのでは? よろしく御教授ください。

  • 製造間接費の配賦率とは?

    製造間接費/間接材料費       間接労務費       間接経費     ↓ 仕掛品/製造間接費 と言う様に 製造間接費を仕掛品へ振り返る額を 「配賦額」と認識しているのですが そしたら配賦率はなんでしょう? 標準原価計算を学習していると 原価標準を出すための製造間接費の式が 「標準配賦率×標準直接作業時間」 となっていました。 「配賦率」とはなんでしょう? よろしくお願い致します。

  • 【過去問】114回 第4問 (4) 配賦率について

    【問題文】 当月の直接作業時間は200時間であったので、これに基づき予定配賦率を適用して製造間接費を製造指図書に配賦する。 なお、年間の製造間接費予算は22,500,000円であり、配賦基準となる難関の総直接作業時間は2500時間を予定している。 答えの出し方はわかったのですが なぜ「当月」の費用を計算するのに年間の配賦率@9,000円で計算するのでしょうか? 最初、当月とのことなので9,000÷12の 「@750円」で計算してしまいました。 なぜ12ヶ月で割らないのか教えてください! よろしくお願いします。

  • 原価計算 相互配賦法

    Y社では、製造間接費についてのみ部門別計算を実施しており、補助部門費の配賦計算法として相互配賦法(第2次配賦については直接配賦法による)を採用している。 同社の当月における次の資料に基づき、問題34~36に答えなさい。なお、必要な場合は部門費振替表を適宜使用しなさい。 <資料> A.製造間接費実際発生額の第1次集計額に関する資料 製造部門:第1製造部 826,000円 第2製造部 533,000円 補助部門:動 力 部 264,000円 修 繕 部 324,000円 工場事務部 280,000円 B.補助部門費の配賦基準に関する資料 配 賦 基 準 第1製造部 第2製造部 動力部 修 繕 部 工場事務部 動 力 供 給 量 650万kW-h 350万kW-h ― 100万kW-h ― 修繕作業時間 70時間 110時間 20時間 ― ― 従 業 員 数 68人 56人 10人 6人 20人 問題34 次のうち、第1次配賦において第1製造部に配賦される工場事務部費として、正しいものを選びなさい。 ア. 98,000円 イ.112,000円 ウ.119,000円 エ.136,000円 問題35 次のうち、第2次配賦において第1製造部に配賦される修繕部費として、正しいものを選びなさい。 ア.12,600円 イ.14,000円 ウ.19,800円 エ.22,000円 問題36 次のうち、第1製造部に集計される製造部門費の合計として、正しいものを選びなさい。 ア. 947,540円 イ. 949,900円 ウ.1,277,100円 エ.1,279,460円 問題34 :下の感じであっていますか? 自部門には配賦しない 68人+56人+10人+6人=140 280,000円/140*68=エ.136,000円 問題35 :下の計算と思いましたが選択肢がありません、正しい計算をお願いします(正解:イ.14,000円) 650万kW-h+350万kW-h+100万kW-h=1100 324,000円/1100*100*(70時間/(70時間+110時間))=11,454.5 ↓これでも違う 70時間+110時間+20時間=200 324,000円/200*20*(650万kW-h/(650万kW-h+350万kW-h))=21,060 問題36 :↑が違うのでこない?正しい計算をお願いします(正解:エ.1,279,460円) 修繕部費 70時間+110時間+20時間=200 324,000円/200*70=113,400 動力費 650万kW-h+350万kW-h+100万kW-h=1100 264,000円/1100*650=156,000 工場事務部費 68人+56人+10人+6人=140 280,000円/140*68=136,000 第1次配賦 113,400+156,000+136,000=405,400 修繕部費 70時間+110時間+20時間=200 324,000円/200*20*(650万kW-h/(650万kW-h+350万kW-h))=21,060 動力費 650万kW-h+350万kW-h+100万kW-h=1100 264,000円/1100*100*(70時間/(70時間+110時間))=9,333 第2次配賦 21,060+9,333=30,393 826,000円+405,400+30,393=1,261,793

  • 予定配賦に関する仕訳をするタイミングを教えて下さい

    予定配賦及び製造間接費配賦差異を仕分けするタイミングを細かく教えて頂けますでしょうか? 順で言えば、予定配賦→配賦差異の計上と思いますが、時間軸で言うと仮の原価計算期間を10月とすると、 11月1日以降にまず作業時間がわかり、10月の実際直接作業時間を割り振る。 この時点で、予定配賦を行い 予定配賦額;600円×当月実際直接作業時間;1,300時間=780,000円 (仕掛品)780,000 (製造間接費)780,000  その後、直接費と間接費が判明し、その差異額が判明する。 その時点で製造間接費配賦差異の処理を行い 借方差異の場合 (製造間接費配賦差異)xxxxx (製造間接費)xxxxx 又は 貸方差異の場合 (製造間接費)xxxxx (製造間接費配賦差異)xxxxx となる。 以上で大丈夫でしょうか?

  • 部門別原価計算、「直接配賦法」と「相互配賦法」意味

    テキストの説明書きには、 直接配賦法「補助部門相互間の用役(サービス)の授受を計算上考慮に入れず、補助部門費を製造部門のみへ配布する方法」 相互配賦法:「補助部門相互間の用役(サービス)の授受を全て考慮し、補助部門日を用役(サービス)の提供のある関係部門すべてに配布する方法」 と書いてありますが、ここで質問です。 1.ここで行っている用役(サービス)とは何ですか? 調べても良く意味がわかりません。 2.補助部門相互間の用役(サービス)の授受とはなんですか? 用役??を受け渡すってどういうことですか? 3.これらの用法は簡単に言うと、つまりどういうことですか? 脳みそが小さいので、わかりやすくご教授お願いします。

  • 製造間接費の予定配賦を計算するのはいつですか?

    製造間接費の予定配賦を計算するのはいつですか? 簿記2級をテキストで学習しています。 その中で、 製造間接費の予定配賦額の計算式 ・予定配賦率×実際消費量  とあり、その後 「月末に実際発生額との差異を把握する」 と書いてありました。 はじめの計算式にある「実際消費量」は、 月末じゃないと分からないのですよね? とすると、製造間接費の予定配賦と差異の処理は 両方とも月末に行っているのでしょうか? 「月末の実際発生額から計算するので時間がかかる」 という実際配賦のデメリットも、 予定配賦でなぜ解消できるのか、いまいちピンときません。 ぜひ教えてください。よろしくお願いします。