• ベストアンサー
  • 困ってます

脳の記憶について

  • 質問No.4357243
  • 閲覧数98
  • ありがとう数2
  • 回答数2

お礼率 58% (70/120)

本を何冊か読んでネットで情報を探した程度の知識ですが、みなさんの意見を聞かせてください。


最近ビタミンB12が脳の神経細胞を修復?するなど知りましたが(アメリカのニュースでも痴呆症にいいと報道されてました)、たとえば5年前に覚えてた英単語などを忘れてしまって、大量にビタミンB12やらビタミンCや脳にいいとされる栄養素を取って、英単語帳の目次をざっとみるだけで記憶が復活するっといった事はありえますか? 弱くなっていたシナプスがシャキッとして記憶が鮮明になるとかです。

そういう事を考えたら勉強や復習も栄養はあなどれないと思うのですが…。 たとえば記憶喪失の人に特定の栄養素やなんらかの刺激を与えると、その刺激のシナプスとその周辺が元気になって記憶を思い出したりといったことはありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 68% (816/1194)

こんにちは。
「記憶を蘇らせる薬」となれば、これはノーベル賞級の研究です。
栄養学には全く知識がないのですが、この場合の脳の記憶といいますのは「長期記憶」に当たり、それは神経細胞同士の「シナプス結合の長期増強」によって保持されているものです。
この「シナプス結合の強化」を行うための「物質・栄養エネルギー・たんぱく質」といいますのは、みな神経細胞の「細胞体の中」で合成され、供給されるものです。ですから、「細胞の外から送り込まれた物質(薬)」が記憶の形成・再生に直接作用するということはありません。そして、もしこのような物質(薬)が発見されたとしますならば、それは間違いなくノーベル賞ということになります。

効果があったとするならば、それは「神経細胞の活性化」に作用したということだと思います。ビタミンを摂って悪いということは何もないんですよね。日頃から栄養バランスの不足する現代人ですから、ビタミンをちゃんと摂って身体がしゃんとするならば、やはり脳の方も冴えてくるということではないでしょうか。
そして、「脳の健康」「栄養」「年齢」、この三つは明らかに関係があり、ご質問にあります「痴呆」といいますのは、現在ではその大半が「生活習慣病」と考えられています。若い頃の暴飲暴食や仕事のストレスが溜まり、その多くが高齢になって発症します。ですから、現代人の「慢性的な健康不良」によってこのような障害が発生するということの方が大きな社会問題であり、これを防ごうとするならば高齢になってからビタミンを飲むのではなく、結局、普段から健康には気を付けていなければならないということになると思います。
とは言いましても、恥ずかしながら私は酒・タバコの不健康生活ですので、最近どうも忘れっぽいです。もし脳の健康に良いということでありますならば、B12、ちょっと飲んでみようかな……。
お礼コメント
cyber777

お礼率 58% (70/120)

ご回答ありがとうございます。

記憶を蘇らせる薬をだれか発明してくれればなぁっと思います。
いつの日か発明されなくもないかなっと思うのですが。

栄養にきをつけストレスをためない様な生活を送りたいと思います。
投稿日時:2008/10/05 21:10

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
VB12は血管拡張剤なので「血の巡りが良くなる」んです。
心筋梗塞、脳梗塞、突発性難聴…みんな処方されます。
でも神経細胞を直接修復する機能は無いなー。
補足コメント
cyber777

お礼率 58% (70/120)

ご回答ありがとうございます。
血の巡りが良くなるだけですか(??)少しガッカリです。

http://wcbstv.com/topstories/vitamin.b12.brain.2.813726.html
投稿日時:2008/09/26 08:10
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ