-PR-
解決済み

事故での健康保険証。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.43429
  • 閲覧数192
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 75% (348/458)

事故に合い救急車で病院に・・・。
頭を打ったためCTを撮りました。
支払いは「交通事故なので保険が効かない」と言われたの
ですが、後で任意保険の担当の方には「実は使えるんですよ」と言われました・・・。
『厚生省』で、交通事故での保険は使えないと言っている
病院には指導がなされるという話でしたが。。。

その病院に言えば戻ってくるのでしょうか?
6万円も払ったのでイタイ出費でした・・・。
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 23% (6/26)

事故に遭った経験者として、回答させていただきます。
この場合は、事故の過失割合にもよると思います。
例えば、
(1)あなたが100%被害者(相手の過失割合が10割)だった場合
(2)あなた:相手の過失割合が、3:7だった場合
だと、保険をつかうのと使わないのとでは、おおきな違いがあります。

今回の診察料でいうと、
(1)の場合・・・6万円は、後で相手側の自賠責や任意保険から返金されるの
(相手はちゃんと保険に入ってますよね!?)で、一時立替となりますが、
ちゃんとした保険会社なら、すぐに診察の支払い手続きをしてくれるはずです。
(当然、支払った分の清算もやってくれるはずです。)

(2)の場合・・・あなたの自己負担分が、6万×30%=1.8万円となり、自己負担分を減らす為に、健康保険を使ったほうがよいと思います。
(本人なら、1.8万円×2割?=0.36万円の自己負担ですみます。)

病院の理由からとしては、保険を使った診療報酬と、自由診療(健康保険を使わない診療)報酬では、単価が違う(健康保険診療<自由診療)ので、自由診療をしたがるという話を、よく聞きます。

あなたの事故の状況がわからないのですが、(1)か(2)に当てはまると思います。
参考にしてみてください。

P.S 自動車事故なら自分の保険会社に連絡してます?
    もしまだなら、すぐ連絡を!!

from 追突事故経験者(被害)より
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございます。

相手の自賠責を使うと相手の方に負担がかかったりするのでしょうか???
今は訳がわからずパニクっています。
初めての事故なので・・・。
投稿日時 - 2001-02-23 01:36:52
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 43% (24/55)

 恐縮ですが、お差支えのない範囲で事故の状況を教えていただけないでしょうか?また任意保険の担当の方とはご自分側のかたですか?また病院は、どういった病院でしょうか? ...続きを読む
 恐縮ですが、お差支えのない範囲で事故の状況を教えていただけないでしょうか?また任意保険の担当の方とはご自分側のかたですか?また病院は、どういった病院でしょうか?
補足コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

事故状況は正面衝突で、相手は前から来て
こちらは右折する際の瞬間です。
信号のある交差点内です。

どちらもスピードはそれほど出ていません。
ですが、こちら側がシートベルトをしていなかったため
頭をフロントガラスで打ち救急車で病院に運ばれました。

結局8:2でこちらが不利な状況です。

任意保険の担当の発言の方は、こちら側のM井海上火災さんです。

運ばれた病院は市民病院です。
出勤途中の事故ですので、勤務先会社に『労災』について
尋ねると「手続きが面倒なので遠慮して欲しい」との返事
でした。

この6万円については、泣き寝入りでしょうか?
投稿日時 - 2001-02-23 01:28:20


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 9% (28/307)

追加です。第三者行為といいます。届も必要です。 ...続きを読む
追加です。第三者行為といいます。届も必要です。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございました。
まだ頭の中がパニック状態で・・・
考えても考えてもお金のことでいっぱいです。
廃車代金とか、レッカー代金(4万2千円)とか
次の車を買う代金とか・・・。

がんばって解決していきます。
投稿日時 - 2001-02-23 01:33:27
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 9% (28/307)

使えますよでも、それはただ代金を立て替えるだけです。最終的には加害者が払う事になるでしょうね。
使えますよでも、それはただ代金を立て替えるだけです。最終的には加害者が払う事になるでしょうね。
  • 回答No.5

自動車事故の被害者になったとき、その治療に必要な医療費は、原則として加害者が支払う損害賠償金の中から支払われるべきものです。ですから、医療費は全額加害者負担にし、そのつどかかった医療費を支払ってもらえば一番よいことになります。 ところが、実際問題として、良心的な加害者ばかりいるわけではありません。 また、加害者に支払い能力がないこともあります。それではさしあたって必要な病院への支払いに困って ...続きを読む
自動車事故の被害者になったとき、その治療に必要な医療費は、原則として加害者が支払う損害賠償金の中から支払われるべきものです。ですから、医療費は全額加害者負担にし、そのつどかかった医療費を支払ってもらえば一番よいことになります。

ところが、実際問題として、良心的な加害者ばかりいるわけではありません。

また、加害者に支払い能力がないこともあります。それではさしあたって必要な病院への支払いに困ってしまいます。自費診療では被害者の負担がたいへんです。

そこで、とりあえず必要な治療費は健康保険組合が一時立て替えてもよいことになっています。つまり、被害者となった人は、まず健康保険で治療を受けることができるわけです。

このように、健康保険で治療を受けたときは、健康保険組合が後日加害者に対して、治療に要した費用を請求することになります。そのために、自動車事故によるけがの治療を健康保険で受けたときは、できるだけすみやかに「第三者行為による傷病届」(用紙は健保組合にあります)を健康保険組合に提出してください。
なお、健康保険で治療を受けたときは、示談する前に健康保険組合に治療の終了(含む症状固定)報告を書面(様式自由)にて行ってください。勝手に加害者と示談しないことです。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございました。

こちらが不利の8:2でもこちらが被害者になるのでしょうか???(相手の方はケガ一切なしの状態です)

ただ相手の方はとても良い方ですので
相手の方にいろいろ負担になることは避けたいです。

相手の方は任意も車両も入っていました。
投稿日時 - 2001-02-23 01:42:43
  • 回答No.6

前述のkyaezawaさんの回答で間違いありません。 ここでは、要約させていただきます。 事故の過失、不過失に関わらず、全ての交通事故において 保険(社会保険、国保)が使用できます。 病院側は手続きの複雑さなどから「交通事故なので保険が効かない」と言います。 (これって詐欺罪?) 病院へ行って「役所では保険が使えるといわれた」と言って戻してもらいましょう。100%OKです。 もし、それでも保 ...続きを読む
前述のkyaezawaさんの回答で間違いありません。
ここでは、要約させていただきます。
事故の過失、不過失に関わらず、全ての交通事故において
保険(社会保険、国保)が使用できます。
病院側は手続きの複雑さなどから「交通事故なので保険が効かない」と言います。
(これって詐欺罪?)
病院へ行って「役所では保険が使えるといわれた」と言って戻してもらいましょう。100%OKです。
もし、それでも保険が使えないというのだったら「詐欺罪で告訴する」と脅しましょう。
また、その病院名を公表しよう。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございました。

看護婦さんは自信たっぷりで「使えません」と言っていましたので「ああ。そういうものなんだー」と思いました。

友達の看護婦さんにも聞いてみたところ
「保険は事故には効かない」と言っていたので
看護婦さん自身も知らないものなのかもしれない・・・と
思いましたが・・・実際はどうなのでしょう。。。
投稿日時 - 2001-02-23 01:46:38
  • 回答No.8
レベル7

ベストアンサー率 23% (6/26)

うろ覚えですが(自分の保険会社の担当者に聞いてみてください)、今回のあなたの場合、過失割合がついているので、相手の自賠責保険に請求はできたと思います。 また、相手の自賠責保険を使用しても、相手には迷惑はかからなかったと思います。(書類上の手間は相手の保険会社などに発生するかもしれませんが。) とはいえ、残念ながら8:2の過失割合がついているので、満額はでなと思っておいた方がいいと思いますよ。
うろ覚えですが(自分の保険会社の担当者に聞いてみてください)、今回のあなたの場合、過失割合がついているので、相手の自賠責保険に請求はできたと思います。
また、相手の自賠責保険を使用しても、相手には迷惑はかからなかったと思います。(書類上の手間は相手の保険会社などに発生するかもしれませんが。)

とはいえ、残念ながら8:2の過失割合がついているので、満額はでなと思っておいた方がいいと思いますよ。
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 23% (18/76)

皆さんが回答されているとおり、保険で診療はできますがあくまで保険が立て替えて、その後加害者に請求します。 ところが、病院は保険診療をしたくない理由があります。診療は点数で計算しますので、たとえば初診料○○点、薬剤料○○点、検査料○○点とそれぞれを合計し、その点数に10円を乗じたものが保険の診療費です。(患者は保険の種別により診療費の2割又は3割を自己負担)しかし、交通事故は加害者がいるので本来保険診療の ...続きを読む
皆さんが回答されているとおり、保険で診療はできますがあくまで保険が立て替えて、その後加害者に請求します。
ところが、病院は保険診療をしたくない理由があります。診療は点数で計算しますので、たとえば初診料○○点、薬剤料○○点、検査料○○点とそれぞれを合計し、その点数に10円を乗じたものが保険の診療費です。(患者は保険の種別により診療費の2割又は3割を自己負担)しかし、交通事故は加害者がいるので本来保険診療の対象外(使えるというのは保険の立替です)となり、自由診療ですから1点につき20円でも30円でもその病院の営業方針で自由に定められます。従って自賠責や任意保険へは高く請求でき、当然収入も多くなります。そうすると支払う側の保険会社は金額が高いので健康保険を使った1点10円の診療費による請求をして欲しいわけです。通常は自賠責や任意保険の補償額を超えてしまったときに、保険の了解を得て病院が保険扱いをします。第三者行為はあくまでもその原因者が支払う義務を負うものですので、6万円は加害者に請求する性質のものです。自損事故でしたら請求できませんが、、、、、。
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

ありがとうございました。

あきらめるしかないのですね・・・。
今回は良い勉強になりました。。。

JAFに入っていたのにレッカーを別で呼ぶことに
なって結局4万払う結果になってしまったり・・・

無知だったため出て行くお金も多かったです。
投稿日時 - 2001-02-24 06:51:09
  • 回答No.9
レベル7

ベストアンサー率 23% (6/26)

追加です: 自賠責保険で保証される部分は、あくまで人身の部分のみで、物損(車関係)の部分はでません。 自分の保険で、車両保険に入っていないと保証はたしかされなかったと思います。 自分の任意保険は、対人:対物は1000万円以上は入ってます? (本当は両方とも無制限の方がいいのですが。) 今回の事故は、御自分も大変でしょうが、扱いはあなたが加害者になるので、 相手への誠意もちゃんとしてあげ ...続きを読む
追加です:
自賠責保険で保証される部分は、あくまで人身の部分のみで、物損(車関係)の部分はでません。
自分の保険で、車両保険に入っていないと保証はたしかされなかったと思います。

自分の任意保険は、対人:対物は1000万円以上は入ってます?
(本当は両方とも無制限の方がいいのですが。)

今回の事故は、御自分も大変でしょうが、扱いはあなたが加害者になるので、
相手への誠意もちゃんとしてあげてください。
(金銭的な部分は保険会社に任せて、それ以外の保険会社ではサポートできない部分を。)
お礼コメント
kopi

お礼率 75% (348/458)

対人は無制限で
対物は1000万円でした。

相手の方にはしっかり連絡を取っております。
今回は相手の方にも負担や迷惑がかかるのを避けて
『人身事故扱い』を示談にすることにしました。

本当にいろいろありがとうございました!!!
投稿日時 - 2001-02-24 06:56:52
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ