• 締切済み
  • 困ってます

FORTRANで>>

FORTRANで実数係数をもつ任意の3次代数方程式の解の個数を判別する方法が まったく思い付かなく困ってます。ご教授お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数153
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • imogasi
  • ベストアンサー率27% (4560/16325)

私は詳しくないが、3次方程式は実係数でも複素数でも、複素数を含めて3個の解を持つのでしたね。 であれば質問は実数解の個数ですよね。はっきり書かないと。判別式がありますよね。 それまではわかっていての質問ですか。判別式がわかっておれば、後は加減乗除と平方・立方(根を求める場合開平、開立(?))の計算だけでは。 http://www.interq.or.jp/student/suugaku/taiwa/node9.html http://www.cside4.com/~genryu/yoshitago/donnwa2/sanzihannbetu.htm 数学の分野に質問すれば即解答がありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 定積分について

    自分は大学生です。 今日情報のテストがあり、3次代数方程式の解をニュートン法によって求めろ また係数の読み込み方は自由。という問題と √nを求めるプログラムを作成する。n=1~1000まで求め数表を作成するというものでした。 答えがとても気になるのでどうかお願いします。

  • 【高次方程式の解法】

    実数を係数とする3次方程式x^3-√3x^2+3x+a=0の 異なる3つの解の実部がすべて等しい時、aの値は? 3次方程式の解と係数の関係が使えそうなんですが… 数学の得意な方、お願いします!

  • 実数

    実数係数の3次方程式(x^3)+a(x^2)+bx+c=0は1+√2iを解にもつ。 また、この方程式と(x^2)+ax+8=0がただ1つの解を共有する。 このときの係数a,b,cの値を求めたいのですが 実数係数の方程式の解が1 + (√2)i だけではなく1 - (√2)i も解もどうして持つのかわかりません。 宜しくおねがいします

  • 群の問題

    第一問 3文字1,2,3の置換の中で、偶置換全体をHとかく、Zpを1のp乗根全体のなす集合とするとき、pを適当に選べば準同型φ:H→Zpで自明でないものが存在することを示せ。 第二問 これと5文字1,2,3,4,5の置換との対比で、1度数3次代数方程式の解と1度数5次代数方程式の解について論ぜよ。 先日以上の問題を課題として出されたのですが、私の力では皆目見当がつかず、投稿させていただきました。 なるべく解答だけでなく、私にも理解できるように教えていただけるとありがたいです。

  • 連続関数(証明)

    (1)奇数次の代数方程式    x^2n+1 +A1 x^2n +…+A2n x+A2n+1=0   は少なくとも一つ実数解をもつ。 ※Aの横にあるのは下付きで考えてください。 (2)a>0,q∈Nに対して x^q -a=0は正の解をもつ。 の証明方法が分かりません。どちらも “関数f(x)が[a,b]で連続でf(a)・f(b)<0ならば,方程式f(x)=0の解が存在する。”という定理を使うと思うんですが…。よろしくお願いします。

  • 実数解の個数について

    実数解の個数について xの方程式kx^2+2x-3=0の実数解の個数を求めよ。 という問題なのですが、答えは0>k>-1/3のとき2つ、k=-1/3,0のとき1つ、 k<-1/3のとき実数解はなしとなるそうです。 私はこの問題を判別式を使って考えたのですが、0>kとk=0の求め方がわかりません。 何方かよろしくお願いいたします。

  • 準同型の問題

    3文字1,2,3の置換のなかで偶置換全体をHと書く。 Zpを1のp乗根全体のなす集合とするとき、pを適当に選べば準同型φ:H→Zpが自明でないものが存在する。 これと5文字1,2,3,4,5の置換との対比で1変数3次代数方程式の解と1変数5次代数方程式の解について論ぜよ。 補足説明 φが準同型⇔φ(h1,h2)=φ(h1)φ(h2)がHの各要素h1,h2に対して成り立つ。 φが自明でない⇔Hのある要素hに対してφ(h)≠1 まったくのお手上げです^^; どなたか模範解答のようなものをお願いしますm(_ _)m

  • 数学II 導関数の応用

    aを定数としたとき,3次方程式x^3+x^2-x+a=0の異なる実数解の個数はどのようにして調べるのですか?

  • 解と係数の関係

     xの3次方程式 ax^3+bx^2+cx+d=0 の3つの解α、β、γとするとき解と係数の関係を書き、それを証明せよ。 というもんだいがあるのですが 解答をみると まず解と係数の関係を記す。 つぎに証明に入り 因数定理でa(x-α)(x-β)(x-γ)としてこれを展開して 恒等式として係数比較して。。。。。というながれがかいてあるのですが 私は解答の方法を思いつけず、 まず解と係数の関係を記す。 α+β+γ=-b/a αβ+βγ+γα=c/a αβγ=-d/a これを変形して b=-a(α+β+γ) c=a(αβ+βγ+γα) d=-aαβγ としてはじめの3次方程式へ代入 ax^3-a(α+β+γ)+a(αβ+βγ+γα)-aαβγ=0 ここでx=α、β、γ を代入すると左辺=0=右辺となりこの方程式の解は x=α、β、γとわかる またこの方程式は3次方程式なので解の個数は高々3つ よってこの方程式の解はα、β、γのみ というふうに書いたのですがどうなんでしょうか? この問題は解がα、β、γならば α+β+γ=-b/a αβ+βγ+γα=c/a αβγ=-d/a が成立 をしめすべきなのですが わたしの解答では α+β+γ=-b/a αβ+βγ+γα=c/a αβγ=-d/a ならば 解はα、β、γ を示してしまっていると思います しかし「解がα、β、γのみ」と書いたので 解がα、β、γのならば α+β+γ=-b/a αβ+βγ+γα=c/a αβγ=-d/a という逆も示せているのではないかとも思います 自分ではよくわかりませんのでどなたか教えていただきませんか?

  • 実数係数4次方程式の判別式

    http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/polynomial/discriminant.htm を参照して、判別式について考えています。 そこでの、普通の意味での判別式は、 D = a_0^2(n-1)Π( αi - αj )^2 で、 D=0⇔多項式 F(X) (または、方程式 F(X)=0 )は、重根をもつ です。 2次においては、 D>0ならば、2つの相異なる実数解をもつ D<0ならば、2つの相異なる虚数解をもつ D=0ならば、実数の2重解をもつ 3次においては、 D>0ならば、3つの相異なる実数解をもつ D<0ならば、1つの実数解と2つの虚数解をもつ D=0とする。p=q=0ならば、3重解(解は0のみ)をもつ        pq≠0 ならば、 3つの実数解(2重解とその他の解)をもつ のように、2次や3次に限っては、判別式Dの正負または0の値によって明確に分類されます。 では、4次方程式の場合にはどうなるでしょうか? たとえば、相異なる実数解を4個もつ条件は何でしょうか? (極大値が正、極小値が負という条件を考えましたが、微分した3次方程式を解くことになるし、結果もきれいにならないだろうし、また、より一般には、5次方程式は解けないし、なにか別のいい方法を知りたいと思っています。)