• ベストアンサー
  • 困ってます

荒壁とプラスターボードについての効果性を教えてください。

最近の住宅は、断熱材はグラスウール(GW)等を用いて、上にプラスターボード+クロス等(PB)を施工するのが多いと思われますが。 GWの代わりに、荒壁(土壁)を断熱材代わりに設置し、上から大壁仕上げでPBを設置し、クロスを張った場合、荒(土)壁の良さの吸湿効果等は得られるでしょうか? 断熱性はどうでしょうか? その他問題点等はありますでしょうか? すみません、色々と教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数881
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

断熱性能で考えますと、 土壁の熱伝導率は、0.69W/mK。 これに対し、高性能グラスウール16kの熱伝導率は、0.036W/mK。 http://mh.at-g.net/memo/mq0095.htm http://www.sotodan-souken.com/list/ 望ましい断熱性能が得られる高性能グラスウール16kが90mm程度の熱抵抗を得るためには、土壁だと1725mm、つまり、1.7メートルも壁の厚みが必要ですから非現実的です。 土壁100mm程度では、全く断熱性能が得られません。 冬、壁が水蒸気を通すと、外部に移動した水蒸気が、冷やされて露天温度に達すれば、結露します。 結露すれば、構造が腐り、寿命を著しく縮めます。 よく北側のモルタル壁が黒ずんでいる家がありますが、この結露でカビが生えているのです。 壁は透湿すべきではありません。 壁が水蒸気を通すことは、室内環境にとっても、空調負荷としても、悪い結果をまねきます。 空気中の水蒸気の振る舞いを考えたとき、水蒸気は拡散し平衡しようとします。24時間換気が正常に機能している家で、生活で発生する水蒸気が多くなければ、外気と室内の水蒸気量は等しくなります。 空調を使用しない場合、壁が水蒸気を通す通さないに関係ありません。 冷房時には、室内の水蒸気は、冷房により除湿されます。 しかし、水蒸気は拡散平衡しようとします。 ここで、壁が外からの水蒸気を通してしまうと、屋外から室内への水蒸気の流入が起こります。 これは、潜熱であり、空調負荷が増える結果となります。 また、暖房時、冬の外気の水蒸気量は、非常に少ないです。 例えば、5℃60%の外気が室内で20℃に暖められたとします。 この時、湿度は23%ほどになります。 このため、加湿器などを使用したりします。 ところが、水蒸気は拡散平衡しようとします。 ここで、壁が水蒸気を通してしまうと、室内から屋外への水蒸気の流出が起こります。 せっかく加湿しても、流出分の水蒸気が無駄になることになります。 気密と断熱はセットで必要で、どちらが無くても結露を引き起こします。 調湿素材は、防湿された内側に設けることが必要です。 「調湿」という言葉の響きの良さで、騙されないようにしてください。 調湿は、あくまで一時的に水蒸気量が増えたときに吸収して、空気中の水蒸気量が減ったときに放出するもので、無限に吸収出来るわけでありませんし、その量もたかが知れています。除湿器にはなりません。 したがって、キッチンで湯気が出て短時間だけ水蒸気量が増えたようなときは、その上下変動を緩和することはあっても、梅雨~夏の天候のような長時間水蒸気の量が増える状況に対しては、全く湿度を下げる効果は全く期待出来ませんので、そこを理解して採用されるべきでしょう。 偏った宣伝のための本が多いので、それらに惑わされることなく、下記のような本をご一読されることをお勧めします(易しく書かれており一日で読めます)。 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%96%AD%E7%86%B1%E3%83%BB%E6%B0%97%E5%AF%86%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6-%E5%8D%97-%E9%9B%84%E4%B8%89/dp/4534037996/ref=pd_sxp_f_pt

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土壁と断熱材

    フラット35を利用して土壁の住宅を建設中です。 土壁+断熱材で断熱するように指導があり、その方法について検討しています。 費用面と、土壁の良さを生かした工法を模索中です。 よい案がないかアドバイスをお願いします。 フラット35の優遇措置は対象外の一般仕様です。 通常のフラット35の技術基準での断熱の施工義務レベルを基準としていただければと思います。 建設中の住宅の仕様ですが、小舞土壁下地に外側はラスモルタル+ワラジュラク塗り、内側は、断熱材(カネライト)+大壁のボード+珪藻土の内壁という仕様です。 この仕様の中で気になったのが、内側の断熱材でした。 小舞土壁下地と大壁のボードの内側を透湿性の無い断熱材で埋めてしまったら、小舞土壁下地の調湿機能が損なわれてしまうだろう。と、思ったのです。 断熱の方法として、外断熱か内断熱でどちらが効果的か? 工法として、セルロースファイバーを内断熱で施工するのが一番好ましいことは分かったのですが、費用面で採用できそうにありません。 セルロースファイバーを使用しない場合の断熱方法をご紹介いただいて、メリット・デメリットをご教示頂けるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • アルミ遮熱断熱材について

    断熱材について、ここしばらく悩んでいます。 最近「アルミ遮熱断熱材」が良いとお聞きしました。 「遮熱断熱材」とのことですが、 これは単体で断熱材の代わりとなるものでしょうか。 それとも、 グラスウール等の断熱材と併用した方が良いものでしょうか。 ご自宅に使用されている方、 また専門家の方で知識のある方、 使用感についてのご意見、 またアドバイスをいただけましたら幸いです。 何卒よろしくお願い致します。

  • 断熱材用のダウンライト

    断熱材のダウンライトについて。新築時に廊下にLEDのダウンライトを付けました。これが店舗用のダウンライトで、住宅用の断熱材使用の物ではなかったので交換させました。天井へ上がって確認すると、断熱材(グラスウール)をめくる様にダウンライトの部分が設置されていました。ソケットの部分が大きく、断熱材を覆っても浮いてしまうようです。ソケットも断熱材用の物があるのでしょうか?詳しい方、宜しくお願い致しますm(_ _)m

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

むやみにコストがかかるだけで中途半端でしょうね。 あと建物重量が上がるので耐震に不利でしょう。 吸湿だけなら珪藻土とか仕上材で効果を期待すればすむことですし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • 真壁の構造について(長文です)

    真壁の構造について迷っています。 リビング、ダイニングや主寝室、子供部屋など主要な部屋のほとんどを真壁にして左官(しっくいor珪藻土等)で仕上の予定ですが、外壁の仕様について、 (A)内部を土壁にするか、(B)断熱材を入れてせっこうボードに左官にするか迷っています。 (B)の仕様に対して 土壁のメリットは、 1.調吸湿作用がある。 2.内部結露をおこさない。 3.遮音効果が高い  等があり、またデメリットは、 1.断熱効果が弱い。 2.コストがかかる。 3.空配管などスペースが取りにくい。 等があるかと思います。 わが家のリビングダイニングの上部は吹抜にする予定で、外壁に断熱効果が必要かなと思い。(B)の仕様に傾きつつあります。土壁のメリットの1の調吸湿作用については、床を無垢板とすることで対応し、また、2の内部結露に対しては水分を含まない断熱材を入れ、適切に空気層、防風透湿シート、防湿シートを施工することで対応すればよく、遮音効果以外は(A)の仕様に負けない仕様となるような気がしています。 ただ、仕様を決定する前に私の知らないその他のメリット、デメリットがあれば教えて頂きたいと思い投稿いたします。 みなさまのご意見が頂ければありがたいです。

  • コンクリート面、室内結露の対処法

    コンクリート打放しの室内壁面がひどく結露します。(冬、山形) 対策として、断熱パネルの直付けや、 壁をふかして断熱材を入れる方法等あるのでしょうが、もっと簡単に 例えば吸湿性の高い特殊なクロスのようなもので解決出来ないでしょうか?(薄く納めたいんです) どうか良い方法ご存知の方教えて下さい、宜しくお願いします。 尚、外断熱は考えていません。

  • ペーパーバリア不完全の場合

    はじめましてです。宜しくお願いいたします。 現在新築中の者です。内装材について質問です。 福岡地区 木造軸組 外壁通気工法 モルタル 断熱材は袋入り耳付ロックウール 室内側はプラスターボード です 断熱材は柱内にタッカー止めするため、防湿層(ペーパーバリア)は不完全な状態です。 このような場合、壁内結露をさけるためには、プラスターボードに施す内装材は透湿性の低いもの(ビニールクロス)にした方が良いのでしょうか?ビニールクロスは見た目が嫌いなのですが。。。 ちなみにリビングはタナクリーム(生石灰クリーム)を施工、その他の場所はクロス張りの予定です。 考え過ぎでしょうか?どうぞ、みなさん突っ込んでやってください!! お願いします!

  • 断熱材は充分でしょうか?

    輸入住宅(カナダ、2×4)で建て替えを予定しています。 見積りの断熱材の記載が、   1F基礎内断熱 スタイロフォーム 55mm   外壁 グラスウールH16K 100mm   屋根・天井裏 グラスウールH16K 140mm とありました。 今住んでいる家が古くて寒いので、暖かい家にしたいと思っています。 こちらは雪のほとんど降らない寒冷地ですが、本当にこれで充分なのでしょうか? 日当たりは良く、窓はマーヴィン社(インテグリティ)が標準です。 暖房は、畜暖を検討中で、全室20度設定で各部屋に2~7KWを約10台設置がベストと見積もりもいただきました。 HMさんには、充分暖かいと言われるのですが・・ 断熱材をアイシネンに変更か、グラスウールをもっと入れてもらうことも考えています。 断熱材についてお詳しい方、アドバイスをお願いします。 断熱材を変更または増やすべきでしょうか? 具体的に何をどのくらいとアドバイスを頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • 1階車庫上の断熱材の施工について

    断熱材の防湿面について 1階が車庫でその上に和室を作るのですが、車庫の天井の断熱材に グラスウール100ミリを使用しています。 断熱材の防湿面(この面を室内側にして下さいと書かれている面) が車庫側に向いています。室内側は上にあたるのですが これは問題ないのでしょうか? また、和室→ベランダとつながっており、車庫の天井がベランダ下まであります。この場合ベランダ下にも断熱材は必要なのでしょうか? 分かりずらい説明で申し訳ありませんが、回答お願いします。

  • エアコンの設置工事はどうでした?

    先週末、エアコンの設置工事をしてもらいました。 某量販店で購入して設置したのですが、壁にスリーブを設置されませんでした。 家の仕様は、外壁はサイディングでグラスウールの断熱材が入っています。 みなさんのお宅もこのような設置方法でしたか?

  • 床の気密シートについて

    床の気密シートを、合板の上に敷くべきか、下に敷くべきか ご意見をお聞かせください。 現在、木造外張り断熱で、床下断熱を採用しています。 無垢の床材を施工するため、できるだけ湿気を抑えようと 床に気密シートを施工するよう業者にお願いしています。 その際の気密シートの施工位置ですが、 建築者側は、施工手間の関係上、床合板を張ってから 気密シートを張りたいと言っています。 私としては床合板を張る前に、大引・断熱材を施工した上から シートを張ってもらいたいと思っています。 その理由は、大引間に施工する断熱材が、 室内側に防水気密処理がされているもので、 それと同じ位置で気密シートを張った方がよいのではないかと 思ったからです。 合板を張った後にシートを張ると、断熱材の気密層と、気密シートの間に合板が挟まれる形になります。 気密シートは合板の上に敷いても問題ないのでしょうか? 上に敷くとどのような問題があるか、逆に下に敷くとどのような問題が あるか教えてください。 なお、補足情報を下記にいくつかあげておきます。  ・床断熱材は床トップ(大引間施工)  ・その上に根太レス合板  ・その上にプラスターボード9.5mmを捨て張り  ・その上に無垢床材20mmを施工

専門家に質問してみよう