解決済み

魔性の女

  • すぐに回答を!
  • 質問No.4172689
  • 閲覧数1456
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

先日、2年間付き合った彼女とお互い同意の下、別れましたが、「寂しい」と連絡があり、ズルズルと会う関係が続き、彼女の知らない部分を見る羽目となりました。
彼女には、付き合ってる間も、何人か特定の男性がおり、少なくとも僕の周りにいた3人の男性が彼女と関係を持っているという噂と真実を聞きました。
付き合ってた頃は、奴隷のように尽くしてくれた為、疑う余地が全くなかったのですが、これが魔性の女というものなのでしょうか?
彼女の言葉や態度が全てウソだった。また、それを信じて信頼していた自分に、憎しみと怒り、情けなさが打ち寄せ、1ヶ月経った今も治まりません。
ちなみに、彼女は24歳で、今も「1番の理解者を失いたくない」など、誘惑メールが来ます。最近1ヶ月は全てシャットアウトしてます。
魔性の女にはまった方の解決方法を教えてください。
失恋は「寂しい」だけですが、それに加え「怒り」と「憎しみ」自分自身の情けなさをどうしていいのか分かりません!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7

>魔性の女にはまった方の解決方法を教えてください。

魔性の女にはまった経験あります。
私の中では、竜宮城の乙姫のような思い出です。
玉手箱あけていないので、私は白髪の爺さんにはなっていませんが。

魔性の女って、まさにドラマ「四つの嘘」の永作博美のように
童顔でふてぶてしい性格の女のことです。
ある意味純粋である意味自分に正直で、自分の心の傷を
恋愛で癒そうとするがゆえに恋多き女になってしまう。
男に身体を許すことにちょっとだけハードルが低い。
パンツの紐が緩んでいるかわりに身体が抜群に引き締まって
いたりもします。
自己愛が弱いのですね。だから全般にM的傾向があり
男性に蹂躙されることで癒される部分があります。
大抵は父親がいなかったり父親への強い愛情希求が原因
だったりしますが。

私の彼女は、既婚者でしたが私が丁度離婚して独身になった
ばかりの頃知り合って、当時私が結婚を意識してつきあって
いた彼女から私を引き離し、かつ別の男と浮気して私を
失望させました。
ベッドの上では極めて奔放で質問者様がおっしゃる
奴隷のように従順でしたね。
「あなたのしたいことを何でもしていいのよ。」わたしを
挑発する彼女に言葉に誘われ男が脳裏で想像していた
あらゆることを彼女にしました。

40代半ばの、本当に夢のような出会いでしたが、13歳年下の
彼女に、私は時間も金もつぎ込みましたね。
離婚していてよかったとつくづく思いましたね。既婚の時代なら
とんでもない大事になっていたはずです。
もっとも、彼女は既婚者で子供もいて、亭主の留守宅に何度か
泊まりにいったりもしました。
休日の買い物の合間に呼び出してホテルで短い時間抱き合ったり
もしたし、旅行にも幾度かえかけました。

解決方法は、自分の持っているものを全部失うことです。
私は、離婚して再スタートのために持っていた貯金800万近くを
彼女との交際のために使い尽くしましたね。
とにかく彼女が求めるのでなく自分が使いたくなってしまう。
ホテル代と深夜のタクシー代と食事代とバーの飲み代
旅行の飛行機代などに消えた金ですが、わたしは全く後悔
していませんね。
彼女は、べつに私居酒屋で飲むとかでもいいのよ。
そう云ったけど、このままいくと果てしなく借金しそうな自分が見えて
いました。それほど彼女の肉体はすばらしかった。

命をとられるまえに引き返したほうがいいですよ。

大丈夫。一度そういう極端な快楽を知っておくと、まともな女性が
いかにありがたいか・・・よーーーーーくわかります。
人生に無駄はないです。逆に、魔性の女など出会いたくても出会えない
人の方が多いのです。だから小説が売れ,TVの視聴率も高い。
感謝経済

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 31% (624/2001)

女性です、ハマった経験はありません。

魔性の女なら、その事実を知っても合わずにいられないと思いますよ。
嘘がバレてる時点で魔性却下です。

質問者様、彼女の正体に気づきましたね。
一人と付き合っていても、満足できないのです。
なんとなく、彼女の中で男性の理想像があると思うのです。
その理想像に足りない部分を常に補っておかなくては満足できないのでしょうね。
質問者様には「1番の理解者」という称号を与えています。
つまり「1番快楽を与えてくれる人」「1番の貢くん」もいる訳です。
男を部品か何かと勘違いしてるのでしょうね。

憎しみは愛情の裏返しなので、好きであればあるほど憎めますが、裏がえしなので、何かのきっかけで、ひっくり返ると困ります。
憎むのはもうやめましょう。
送られてきたメールは見ない。
メールアドレスと携帯の番号変えたらいかがです?
気持ち悪いメール受信して、いちいち気持ちがザワつくなら安いものです。

こういう女性にハマってしまった質問者様にも、引き寄せてしまう要因があったと思うので、自分を変えましょう。
奴隷のようにいう事を聞く女はいません。
そこまで好きにしていいというからには、裏があるのです。
つまり浮気をしまくっている後ろめたさ。
男が常にいないと平常心を保っていられない依存。
病的です。
そういう女性に関わってしまうのは、愛情と必要、快楽と性を見間違えているからです。
必要だからいて欲しいは、自己中心な欲求でしかありません。
愛は自由を与えることです。
快楽は最高のストレス解消方法です。
麻薬と同じです。
性は互いの尊重する気持ちとともに、繋がりを確かめ合える大切なものです。
陳腐な麻薬と同じにしてはいけません。
彼女は快楽を与える単なる道具に自らを貶めているのです。
女性として性を道具にする以上に悲しいことはありません。
道具だから、質問者様を繋ぎ止めるために簡単に使うのです。

哀れです。
まるで泥沼の中でもがいているように見えませんか?
また同じような泥沼で彼女と一緒にもがきたいですか?
楽しく見えて、穢れる一方です。
自分を貶めてはいけない。
偽善と言われようが、真面目と言われようが気にせず、ご自分が正しい、美しいと思う方を目指してください。
心が疲れているのなら、温泉をすすめます。
温泉行くついでに近くの神社でお参りしましょう。
そして上手くストレスを解消してください。
自分なりの解消方法が必ずあるから探してくださいね。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 24% (6/25)

#4 PS 縁を切る一番の方法は

「~~でお金100万貸してくれ」で逃げて行く。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 26% (42/156)

魔性というよりも、ただの尻軽、男好き、(NO2さんの仰る)愛情こじき、でしょう。

別れた後に質問者様にいじきたなく連絡してくるところを見ると、モテない女性のようですし・・。
いつまでも相手にしてると、周囲の男友達に馬鹿にされちゃいますよ。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 24% (6/25)

真面目人間ほど、こんな崩れた節操もない女に惹かれるんだよ。

こんな女は「出来ちゃった!」と言ってやりまくった男全員から
お金をまきあげるんだなー(>_<)

おまけに病気まで移されて、、、
質問者は、まだ、あの味忘れられないみたいだね。(●^o^●)
思いっきり、泥沼に嵌ってみれば、人生経験だ!!
  • 回答No.3

ベストアンサー率 17% (43/247)

20代男性です。
魔性の女性というのは男をだめにする人だと思いますが、彼女は単に浮気癖があっただけだと思います。まあ終わったことなので忘れて次の女性がそうでないことを祈りましょう。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (1916/6193)

こんにちは

私の推測ですが、彼女は「魔性の女」ではなく、
「愛情こじき」だと思います。
同じ土俵で戦う必要ありません。
お気の毒に思って離れてあげてください。

たぶん、親がDQNな人たちだったんだと思います。
まともに愛情注いで育てられていないんでしょうね、きっと。
かわいそうですが彼女はこれからの人生大変です。
10年くらいしたらいくらか変わっているかもしれないですが。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 18% (5/27)

いますね、そういう女性。

さて、解決策ですが、
「この女といてたら、自分がだめになるだけ」
心から強く思いましょう。それを強く強く思うのです。
よくよく考えてみて下さい。あなたは結婚しないでしょう?その女性と。その女性にはまらなければいいだけです。風俗女だと思えばいいんです。

忘れたいなら、他の女性にはまりましょう。
その女性に費やすパワーがあるなら、それを他の女性との出会いに。

もったいないなら、恋愛感情をぬいて、友達としてつきあっていけばいいんです。
いろいろなところでその女性は使えますよ。便利です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ